かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:週刊朝日

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2021/02/25(木) 18:10:59.55 ID:CAP_USER9
    ACAA4D60-8210-4A53-B98E-3B9C8F6C9C21

     権力はメディアを操って戦意を高揚させ、国民を戦争に導く。利用されたメディアは、戦争で売り上げを伸ばす。過去、何度も繰り返されてきた戦争とメディアの関係だ。

     太平洋戦争中の週刊朝日も例外ではなかった。開戦前から「日米の対立は宿命である」と題した記事を掲載するなど、日本中が焦土になった戦争を賛美した過去がある。

     実際の誌面はどのようなものだったのか。記者たちは軍の圧力にどのように屈していったのか。本誌「週刊朝日」は99周年を迎える今年、昭和史を研究するノンフィクション作家で、近著に『陰謀の日本近現代史』(朝日新書)がある保阪正康氏を取材し、これまであまり触れられてこなかった戦争中の記事を検証した。

    ◆     ◆
     記事が“興奮”している。一目でそれとわかる誌面だ。

     ハワイ・オアフ島の真珠湾に日本海軍350機が奇襲攻撃を仕掛けた1941年12月8日、日本は米国を相手に戦争を始めた。これが破滅への道につながったことは今では誰もが知るところだが、開戦特集を組んだ週刊朝日(12月28日号)には、戦争を賛美する言葉が躍った。

    「皇道世界維新戦」「日本は神国である」「八紘一宇」……。真珠湾攻撃は国民にとって「待ちに待った開戦だ」と、うかれたトーンが目立つ。保阪氏はその意味をこう分析する。

    「当時の週刊朝日の誌面を読むと、記事に『戦争の物語性』を入れることを重視していたことがわかります。世界史的な文脈から戦争を必然的なものと位置づけ、日本人は他民族より勝っているという根拠なき優越感が語られている。そこに冷静な思考はありません」

     開戦特集号では、大本営海軍報道部の平出英夫大佐のインタビュー記事「ハワイ マレー沖 両大海戦を讃ふ」が8ページにわたって掲載された。

     平出は、奇襲作戦が成功した理由は、「米軍は土日に訓練を休むから」という珍妙な分析を披露。こう語っている。

    「日本の海軍には土曜も日曜もない、いわゆる月月火水木金金という曜日でやっているし、夜になれば、さあ、これからが猛訓練だというわけで、とても訓練の状況が違うのです」

     そして、日本兵の「精神力」が、米軍に打撃を与えたと力説する。


    (略)

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ad0467664760275d69ba5a3f50acc9dca3c2b29e?page=1 


    【太平洋戦争中の週刊朝日、開戦前から「日米の対立は宿命である」と題した記事を掲載するなど、日本中が焦土になった戦争を賛美した過去】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/11/19(木) 16:41:59.83 ID:CAP_USER

    no title
    日本政府は、新型コロナウイルス感染症の再拡散を理由に、来年初め頃「東京オリンピック中止」を公式発表する可能性があるという主張が出ている。

    週刊朝日 27日付けの最新号(17日発売)によると、ノンフィクション作家の本間龍氏は「国際オリンピック委員会(IOC)がすでに日本政府と大会組織委員会に『開催はもはや難しい』という旨を伝達しているという情報を、10月21日 複数の関係者から入手した」と明かした。

    本間氏は「あとは日本側がこれを認めるかどうかということだ」とし「日本政府の発表は来年1月頃のようだ。選手たちの立場を考えれば、そのあたりがデッドラインだ」と語った。

    一方 トーマス・バッハIOC会長は、今月の15日から18日までの訪日に先立ち、記者たちに「オリンピック中止の話し合いはない」と語っていた。

    また バッハ会長は訪日中に菅義偉首相および東京オリンピック組織委員会の関係者などと会った席では「安全なオリンピック開催のために、日本側と協力していく」とし、特に 国内外の観覧客を伴った“有観客競技”を目指している」と強調していた。

    しかし 本間氏は「あらゆる可能性を検討するべきIOCとして、オリンピック中止を議題にあげないのは、逆に不自然だ」と指摘した。

    朝日新聞の記者・TBSのアンカー出身の星浩氏も「東京オリンピック組織委員会と外務省関係者の間でも、開催に後ろ向きな発言が出ている」とし「バッハ会長が日本の状況を把握したので、ヨーロッパなどの反応を聞きながら、11月下旬から12月上旬にかけて判断するのではないかとみている」と予想した。

    WoW!Korea 11/19(木) 16:10
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d104243e26d07323b187fcf7f113669f360bcd3c


    【【韓国報道】日本「来年1月“東京五輪中止”の発表」? ソースは週刊朝日とTBSの星浩氏】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル