1: MacaronCino ★ 2018/07/30(月) 06:44:47.23 ID:CAP_USER9
 LGBTと呼ばれる人たちの人権の確立につなげるため、立憲民主党は、同性どうしの結婚を可能にする法整備に憲法上の支障はないとして、具体的に検討していくことにしています。

 同性どうしの結婚は、日本では法的に認められていませんが、東京 渋谷区などの自治体では、同性のカップルを結婚に相当する関係と認める制度が導入されています。

 立憲民主党は、さきにまとめた「憲法に関する考え方」の中で、LGBTと呼ばれる人たちの人権について「あらゆる場面での差別解消など人権の確保・確立が必要だ」と指摘しました。
そして、同性婚について「可能とするよう法的整備をすることに憲法上の支障はないものと認識する」としていて、今後、具体的に検討していくことにしています。

NHK 7月30日
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180730/k10011555561000.html

【【その前に憲法改正が必要ですよ】 立憲民主党「あらゆる差別解消や人権確保が必要だ」 同性婚を認めて可能にする法整備を検討開始へ 】の続きを読む