かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:那覇空港

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2019/07/22(月) 16:19:50.85 ID:73j77oVK9
    no title
     
    21日、那覇空港で、韓国の旅客機が管制官の許可のないまま滑走路に進入し、別の旅客機が着陸を途中でやり直すトラブルがありました。国の運輸安全委員会は事故につながりかねない重大インシデントとして原因を調べています。

    国土交通省によりますと、21日午後1時すぎ、韓国・アシアナ航空の旅客機が管制官の許可がないまま誤って滑走路に進入しました。

    このため、すでに着陸許可を受けていた日本トランスオーシャン航空の旅客機が滑走路の手前3.7キロ付近で再び高度を上げ、およそ20分後に着陸をやり直しましたということです。

    このトラブルによるけが人はいませんでした。

    アシアナ航空によりますと、パイロットは会社の聞き取りに対し、「管制塔の指示に従わずに滑走路に入ってしまった」などという趣旨の話をしているということです。

    国の運輸安全委員会は重大インシデントとして、原因を調査しています。

    アシアナ航空は「今回のトラブルはあってはならないことで、今後、同様の事例が発生しないよう、再発防止を図りたい」とコメントしています。

    2019年7月22日 14時33分
    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190722/k10012003241000.html
     

    【【またやらかす】那覇空港で韓国・アシアナ航空が許可なく滑走路進入 運輸安全委が調査 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 水星虫 ★ 2018/08/04(土) 00:52:22.51 ID:CAP_USER9
     
    空港でゴム片発見 一時閉鎖
    BC76C963-8B76-44F5-980C-BE3597C60196

    3日午後、那覇空港の滑走路で複数のゴム片が見つかり、およそ20分にわたって滑走路が閉鎖されました。 空港事務所は、韓国の旅客機のタイヤが破損したとみて、当時の詳しい状況を調べています。

    那覇空港事務所によりますと、3日午後2時ごろ、滑走路を離陸した航空機のパイロットから
    「滑走路上に落下物が落ちている」と連絡がありました。
    空港事務所が調べたところ、滑走路上で複数のゴム片が見つかったということです。

    NHKが空港に設置したカメラには、空港事務所の職員が滑走路上でゴム片とみられる細長いものを見つけ、写真を撮影してから回収する様子が映っていました。

    このトラブルで、滑走路はおよそ20分にわたって閉鎖されましたが、旅客機の運航に遅れなどの目立った影響はありませんでした。

    空港事務所が確認を進めたところ、午後2時ごろに到着した韓国の「イースター航空」の旅客機のタイヤが破損しているのが見つかったということです。

    空港事務所は、ゴム片は破損した旅客機のタイヤの一部とみて、当時の詳しい状況を調べています。

    08/03 17:35
    NHK 
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/20180803/5090003898.html 
    【【また韓国の航空会社】那覇空港でゴム片発見 一時閉鎖 韓国イースター航空の旅客機のタイヤが破損しているのが見つかったのでそいつのせいらしい 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2018/06/16(土) 08:32:12.64 ID:CAP_USER9
    photo26
    航空自衛隊ホームページより 
     
    国土交通省は15日、那覇空港で14日夜に、航空自衛隊のF15戦闘機が管制官の指示に反し、滑走路内に進入するトラブルがあったと発表した。当時、別の民間機が着陸態勢に入っていたため、管制官は民間機への着陸許可を取り消す対応を取ったという。

     国交省は15日夜、深刻な事故につながりかねない重大インシデントに認定。国の運輸安全委員会は16日に事故調査官を現地に派遣することを決めた。

     国交省によると、F15戦闘機は14日午後8時25分ごろ、管制官から滑走路手前の誘導路上で待機するよう指示されていたのに、そのまま停止位置を越えて滑走路内に進入した。これに気づいた管制官が同機に滑走路からの離脱を指示。すでに着陸態勢に入っていた琉球エアーコミューター804便(ボンバルディアDHC―8―402型、乗客乗員35人)に対しては、着陸許可を取り消すことを伝えた。

     F15戦闘機はすぐに滑走路から離脱。管制官は琉球エアーコミューター機に再度、着陸許可を出し、同機は同8時27分に着陸した。けが人はいなかったという。

     那覇空港では15年6月、航空自衛隊のヘリコプターと民間機2機が接近するトラブルが発生。運輸安全委員会が調査報告書で、ヘリの操縦士が管制官の指示内容を誤認したことなどがトラブルにつながった、と指摘していた。

    2018年6月16日02時49分
    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASL6J0SHCL6HUTIL06D.html


    【【スクランブル発進中】那覇空港 自衛隊のF15戦闘機、管制官の指示に反して滑走路へ 重大インシデントに認定 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル