かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:野球

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2020/07/22(水) 20:07:31.98 ID:CAP_USER
    2020年7月17日、韓国・MKスポーツによると、ソウルにある韓国唯一のドーム球場、高尺(ゴチョク)スカイドームで行われた韓国プロ野球(KBO)の試合で本塁打判定が覆り、ドームの設備に問題があるとして物議を呼んでいる。

    KBOリーグは16日、スカイドームでNCダイノス対キウムヒーローズが行われ、NCノ・ジンヒョクの打球が左中間フェンスを直撃し、スタンド側に落ちた。防護マットとフェンスの間の隙間に球が入ったとして、審判は2塁打と判定した。ノ・ジンヒョクは3試合連続本塁打、3シーズン連続2桁本塁打を達成したかと思われたが、キウム側がビデオ判定を要請。審判団が判定に入り、わずか3分後に本塁打は2塁打と訂正されたという。NCのイ・ドンウク監督はイニング終了後、審判団に激しく抗議した。

    6月5日のLGツインズ対キウムヒーローズ戦でも、LGロベルト・ラモスの打球が左中間の同じような状況の場所に向かい、「球がフェンス下の隙間に入ったかどうか」の論争となった。この時は審判団が本塁打と認定したという。

    スカイドームはフェンスと鉄条網の間に10センチほどの空間があり、球がここに入った場合は本塁打か否かの判断が難しいという。今回の件を受け、スカイドームを管理するソウル施設公団は「問題を把握し、隙間を塞ぐクッションのようなものを発注した。17日から補修を行う計画だ」と話している。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは「この試合の中継を見てたよ。100%ホームランだったのに!」「ラモスは本塁打、ノ・ジンヒョクは2塁打…」「スカイドームは失敗作」「公団の責任だ。この問題が初めて確認されたのは数年前なのに、今まで補修してなかったなんて」など、怒りの声が殺到している。

    また、「ドームより、まずビデオ判定センターの方をどうにかするべきじゃない?」「ドーム球場ルールを作ればいい。日本はドームごとにルールがあって面白いよ」などの意見も見られた。(翻訳・編集/麻江)


    レコードチャイナ 配信日時:2020年7月20日(月) 13時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b821718-s0-c50-d0144.html

    【【やきう】韓国唯一のドーム球場は「失敗作」?設備問題でホームラン判定覆る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/01/13(月) 15:17:22.80 ID:CAP_USER
    ※動画
    顔面付近に死球を当て、謝罪どころか唾を吐く悪態… 韓国人投手が巻き起こしたあわや乱闘騒ぎになった豪州WLでの一部始終
    https://youtu.be/UVB7Nx-iDQs



    ■ジーロング・コリアのイ・チャンソクは11日の試合で顔面付近に死球を当てた
     
    開催中の豪州ウインターリーグで、韓国人投手が相手打者の頭部に死球をぶつけながらも謝罪することなく逆切れして悪態をつく動画が投稿され、話題になっている。

    動画によれば、両チームの選手が小競り合いとなり、スタンドではファン同士も“衝突”している。

    11日に行われたジーロング・コリア対メルボルン・エイシズ戦で“事件”は起きた。

    3回1死でジーロングのイ・チャンソク投手の投げた137キロのボールが、メルボルンのアラン・デサンミゲル捕手の顔面付近を直撃した。デサンミゲルは倒れはしかなったものの鼻の付近を押さえてうずくまった。

    ここで驚きの行動に出たのがイ・チャンソク投手だった。球場にツバを吐くや、メルボルン側の三塁ベンチに歩を進めようとするなど、悪びれる様子は一切なし。

    球審のグレッグ・ハワード氏はチャンソクに対して退場を宣告し、怒りに火がついたメルボルンのコーチ、選手らがグラウンドに飛び出した。これにジーロングの選手も応戦して“一触即発”のにらみ合い状態に。あわや乱闘の事態になった。

    スタンドでも騒動は起きていた。両チームのファン同士が罵声を浴びせ合い、つかみ合う状態に。球場内外であわや乱闘の騒ぎとなった。

    試合はこの時点メルボルンが9-1とリードする一方的な展開。先発して炎上していたチャンソクは敗戦投手になった。一方、サンミゲルはベンチで手当てを受け、大事には至らなかった様子。いずれにせよ、イ・チャンソク投手の悪態が乱闘騒ぎを引き起こしてしまったことは間違いない。


    https://full-count.jp/2020/01/13/post660159/

    【【韓国】豪州WLであわや大乱闘…死球当てた韓国投手が逆ギレ! ツバ吐くなど悪態三昧】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2020/01/03(金) 01:45:35.37 ID:CAP_USER
    2020.01.02。午後02:40

    米プロ野球(MLB)選手のキム・グァンヒョン(32 セントルイス・カージナルス)とリュ・ヒョンジン(33 トロント・ブルージェイズ)が
    沖縄で個人練習をする計画を発表したことをめぐり、オンラインが騒々しい。

    「この時期になぜ日本に行くのか」と批判する声が出てくる中で、「訓練もビジネスの一部だと理解できないのか」という意見もある。…中略…

    この他にも、すでに沖縄で個人訓練をしているチョン・ウラム(35 ハンファイーグルス)や宋恩範(36 LGツインズ)も合流する予定だ。…中略…

    ほとんどのインターネットユーザーは、「よりによって日本に行くのか」(粋****)、
    「韓国、米国で稼いだお金を日本で使う」(あ****)、 「多くの国民が日本と戦っている途中でこの概念ない行動は分からない」(マイ****)、 …中略…
    など2選手に向けた批判的な反応が続いた。

    一方、一部のネチズンは「プロが自分に一番適した場所に行って体を作るのは当然ではないか」(ソール****)、…中略…
    など二人の選手を擁護する立場を残した

    NAVER(韓国語)
    https://sports.news.naver.com/news.nhn?oid=469&aid=0000453880

    【【野球】韓国野球選手が続々と沖縄で個人練習 ネチズン発狂】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/12/01(土) 10:06:44.30 ID:CAP_USER

    no title

    ▲ アジアウインターベースボールリーグ(AWB)

    スーパースターはいないが、それでも『プロ』である韓国プロ野球(KBO)連合チームが、日本の社会人野球選手に恥をかかされた。

    日本の銀行員の投手から17三振を喫して『完投負け』したKBO連合チームは、3日後に行われた試合で再び20歳の日本の社会人野球チームの投手に10個以上の三振を受けてしまった。

    去る29日、KBO連合チームは台湾で日本の社会人チーム(実業リーグ所属)と2018アジアウィンターベースボール(AWB)5回戦の試合を行った。

    この日、日本の先発投手である河野竜生(20歳)は、7イニングで2被安打、3四球、1失点、『13三振』で連合チームの打者をこちんこちんに縛った。

    no title

    ▲ アジアウインターベースボールリーグ(AWB)

    26日に日本の社会人野球チームの小島康明(26歳)に17三振を喫した後、2戦連続で『10+@』の三振を受けたのである。

    この時の17奪三振は、歴代AWBの1試合最多奪三振の新記録になった。9イニング17奪三振は、柳賢振(リュ・ヒョンジン)が持っているKBOの歴代1試合最多奪三振とタイ記録である。

    竜生の圧倒的な球に翻弄された連合チームは彼が退いた8回表、交代した阿部翔太(26歳)の球を打って4点を挽回した。そのおかげで勝負は5対5で終った。

    no title

    ▲ アジアウインターベースボールリーグ(AWB)

    逆転に失敗した連合チームは5試合2分け3敗を記録して、たったの1勝も記録する事ができなかった。

    野球ファンは、いくら何でも仮にもプロなら、もう少し良い姿を見せなければならないと口をそろえている。

    一方、日本の社会人野球チームに属する選手は、日本プロ野球のドラフトに選ばれなかった選手であり、プロを夢見る選手である。

    インサイト(韓国語)
    https://www.insight.co.kr/news/194922
    【【野球】韓国プロ野球(KBO)連合チーム、プロになれなかった日本の社会人投手に『屈辱』 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/09/14(金) 04:09:10.08 ID:CAP_USER
    no title
     
    2018アジア大会・野球代表のソン・ドンヨル監督(55)が、請託を受けてオ・ジファン(LG所属)を選抜したとの疑惑に包まれている。

    社団法人「韓国清廉運動本部」は13日、ソン監督を「不正請託および金品など授受禁止に関する法律(請託禁止法)違反容疑で、国民権益委員会に告発した」と明らかにした。

    韓国清廉運動本部は、ソン韓国がアジア大会代表先発の過程で、球団側の関係者または第三者の請託を受け、オ・ジファン選手を先発したと主張している。

    一方、ソン監督率いる韓国野球代表チームはアジア大会で金メダルを獲得したが、アジア大会代表チームが選手らの兵役免除の道具として使われたとし厳しい批判が続いていた。

    ワウコリア
    http://www.wowkorea.jp/news/korea/2018/0913/10220330.html

    【【韓国】野球韓国代表のソン・ドンヨル監督(アジア大会金メダル)、「請託禁止法」違反容疑か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/09/13(木) 09:20:43.63 ID:CAP_USER
    no title

    第12回・アジアジュニア野球選手権で優勝カップを手にした18歳以下の野球代表チームは、日本メディアの唐突なペットボトルセレモニー問題に対し、残念だという本音を打ち明けた。 一部の日本メディアが指摘しているが、散らかしてはいないというのである。一部の選手はセレモニーに使ったペットボトルは全て片付けたと記憶している。コーチ陣はむしろ、大会期間に日本側の食事メニューで差別を受けた事があったと打ち明けた。 

    ジュニア野球代表チームは11日、仁川(インチョン)空港に帰国してインタビューを行った。1人メディアである『ホン・ユンウのEPISODE』で、選手とコーチ陣のインタビューが翌日の12日に詳細に紹介された。このインタビューは、多くのコミュニティーで広がって話題になった。特に、日本側が韓国代表チームに残念なもてなしをした部分があるという言葉に対し、ネチズンが注目した。 

    ジュニア野球代表チームのイ・デスン(トレーナー)はこのメディアとのインタビューで、「いやらしい話だが、選手団がホテルで食事をしていると我々が先に食べているのに、後から来て配膳を受けた日本選手にはステーキが提供されていた」とし、「ホテルの従業員になぜ違うにかと尋ねたら、ニコリと笑って返事をしてくれなかった。少し酷いと思った。公平に待偶しなければいけないのではと思った」と話した。 

    コーチ陣と選手は、日本メディアが問題視したペットボトルセレモニーに対し、過剰な批判であると口をそろえた。 

    主将のキム・チャンピョンは、「自分たちはセレモニーの後、散らかしていた物を全て片付けた」とし、「なぜそのような記事が出たのか分からない。優勝できなくて悔しかったのだろうか」と話した。ソ・ジュンウォンも、「(優勝して)気分が良かったけど、世論が悪い感じなので気に障る。自分たちが全て片付けた」と話した。 

    イ・デスン(トレーナー)は、選手が全部片付ける事はできなかったが、メディアが指摘したようにペットボトルが至る場所に散乱されてはないと説明した。日本メディアのスポーツ報知は、「韓国選手がベンチからマウンドに飛び出して喜びを満喫した。ところが再整列した時、マウンド上にペットボトルが散乱していた」とし、「大会関係者は、“マナーが非常に悪い” と激怒した。大会関係者は通訳に “選手にペットボトルを片付けさせなさい” と忠告しようとしたが、選手団には伝わらなかった。 結局、大会関係者がペットボトルを片付けた」と報道した。 

    ジュニア野球代表チームは10日、日本の宮崎サンマリンスタジアムで行われた第12回・アジア野球連盟(BFA)・アジアジュニア野球選手権大会の決勝で、台湾を延長10回に打撃戦の末に7-5で破った。 

    NAVER/国民日報(韓国語)
    https://sports.news.naver.com/kbaseball/news/read.nhn?oid=005&aid=0001131053

    【【息をするように嘘をつく】U-18野球韓国代表、「ペットボトルは全部片付けた」、「むしろ日本選手との食事メニューで差別を受けた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: えりにゃん φ ★ 2018/09/10(月) 22:48:45.06 ID:CAP_USER
     「U18アジア選手権・決勝、韓国7-5台湾」(10日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎)
    no title

    no title

     韓国が優勝を決めた後、残念なシーンがあった。韓国ナインは延長十回タイブレークを制すると、マウンド上で歓喜の輪を作った。一塁ベンチから飛び出した選手たちは、
    水が入ったペットボトルを持って駆け出しており、マウンド周辺でウオーターシャワーをして歓喜した。

     その後に両チームが本塁であいさつをかわしたが、ペットボトルはマウンド周辺に投げられたまま。韓国ナインはそのまま一塁スタンドへのあいさつへ向かった。

     結局、ペットボトルは投げ捨てられたままで、スタッフが拾い集めて閉会式の準備が進められた。力を見せて優勝しただけに、残念なシーンだった。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00000157-dal-base

    【【いつもの韓国】U18優勝で歓喜の韓国 マウンド周辺にペットボトル散らかし放置 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/09/06(木) 07:11:28.81 ID:CAP_USER9
    野球の第12回U18アジア選手権大会第3日(5日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎)、日本が韓国戦でラフプレーを受けた。

     9回の日本の守備、二死二塁の場面で、この日先制の3ランを放っていた二塁走者キム・デハンが三盗を試みるも、タイミングは完全にアウト。スライディングで三塁に突入すると、三塁手の中川のグラブを踏みつけた。そのまま足をどけなかったため、中川も怒気をあらわにした。

     試合後の取材で中川は「スライディングして踏まれたまま、どかれなかったので。それだけです」と感情を押し殺して話した。

     高野連の竹中事務局長は「アウトのタイミングであれは絶対にやったらアカン。フェアプレーの精神を持たないと。中川が怒るのは珍しい。よっぽどのことですよ」と主将の胸中をおもんぱかった。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180905-00000073-tospoweb-base


    【【野球U18】 中川が韓国選手のグラブ踏みつけラフプレーに激怒】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: カーディフ ★ 2018/09/01(土) 20:42:50.02 ID:CAP_USER9
    ジャカルタ・アジア大会は第15日の1日、野球の決勝が行われた。社会人で構成する日本はオールプロの韓国に0-3で破れ、1994年広島大会以来6大会ぶりの優勝を逃した。
    この種目の日本の銀メダルは2006年ドーハ大会以来3大会ぶり。

    http://mainichi.jp/articles/20180902/k00/00m/050/064000c

    【【日本アマ、韓国プロ】アジア大会 野球 日本「銀」、韓国に0-3で破れる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2018/08/26(日) 23:29:11.84 ID:CAP_USER
    89771043-5B4F-427A-97FC-55EDDEF64511
     
    グループB

    台湾 200 000 000 - 2
    韓国 000 100 000 - 1

    https://sports.news.naver.com/gameCenter/textRelay.nhn?category=ag2018&gameId=88880826TWKR02018


    【アジア大会】まさかの大惨事・・・韓国、台湾に1-2衝撃敗北
    http://sports.news.nate.com/view/20180826n22609?mid=s9960

    【【野球】韓国、台湾に敗れる アジア大会 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 3倍理論 ★ 2018/02/16(金) 14:04:10.82 ID:CAP_USER9
    スポーツのライブストリーミングサービス『DAZN(ダゾーン)』を提供するPerform Group(パフォーム・グループ)は16日、2018年放送予定のスポーツコンテンツを発表した。サッカーコンテンツでは、今まで毎節最大5試合となっていたプレミアリーグとラ・リーガのライブ中継が全試合に拡大する。

    先日、ソフトバンク株式会社と『スポナビライブ』で提供するコンテンツを2018年2月9日からDAZNで提供することについて合意していたパフォーム・グループ。具体的なコンテンツは明らかにされていなかったため、発表が注目されていた。

    これまで両リーグを毎節最大5試合ライブ中継していたDAZNだが、今回の提携によって配信試合数が大幅に増加。世界で最も視聴者数の多いリーグであるプレミアリーグのビッグマッチや、バルセロナやレアル・マドリーの試合を欠かさず視聴することが可能となった。

    DAZNはこの2リーグ以外にも、イタリアのセリエAやドイツのブンデスリーガ、フランスのリーグ・アンを配信中。さらに、来シーズンからはUEFAチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグの中継もすでに決まっている。

    2017シーズンよりJリーグの放映権を取得したことで“黒船”として注目を集めるDAZN。日本におけるサッカーの視聴サービスという点においては、「一強状態」を築きつつあると言えそうだ。

    なお、DAZNはプロ野球の広島東洋カープ、東京ヤクルトスワローズ、阪神タイガース、横浜DeNAベイスターズ、中日ドラゴンズ、北海道日本ハムファイターズ、東北楽天ゴールデンイーグルス、埼玉西武ライオンズ、千葉ロッテマリーンズ、オリックス・バファローズ、福岡ソフトバンクホークスの計11球団の中継やプロバスケットボールのB.LEAGUE(Bリーグ)など、国内外130 以上のコンテンツ、年間 7,500 試合以上のスポーツを配信することも同時に発表している。

    gooニュース
    https://news.goo.ne.jp/article/goal/sports/goal-18kiuak6k5t9e1gxpckmioehzn.html

    【【サッカー】DAZN、プレミアリーグとラ・リーガ全試合中継を発表!サッカー中継は「一強時代」に 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル