かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:関東大震災

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロ ★ 2020/08/08(土) 00:15:46.37 ID:CAP_USER9

    koike
     小池百合子東京都知事は7日の定例記者会見で、9月1日に都立横網町公園(墨田区)で市民団体が開く関東大震災時に虐殺された朝鮮人犠牲者の追悼式典に、今年も追悼文を送らない考えを示した。歴代知事は毎年送付していたが、小池氏は2017年以降、送るのをやめている。

     小池氏は送付しない理由について、以前から「全ての犠牲者に哀悼の意を示しており、個別の追悼文は控える」としている。7日の会見では「毎年送っていない」と述べるにとどめた。

     小池氏はこれまでの記者会見でも送付をやめた詳細な理由や虐殺への認識について、「さまざまな見方がある」などとして明言していない。こうした小池氏の姿勢に、批判の声を上げる市民もいる。

     今月6日には、小池氏に追悼文を送るよう求めるデモが新宿駅前で開かれた。参加した在日コリアンの男性は「歴史を直視するのは恥ずかしいことではない。向き合わないことの方が恥ずかしい。テレビでも本でも(在日コリアンらへの)ヘイトがあふれている今だからこそ、知事が送る追悼文には意味がある」と訴えた。

     ヘイト問題に詳しいジャーナリストの安田浩一さんは「知事は『全ての人に哀悼の意を表したい』と言うが、震災の犠牲者と、震災を生き延びたのに人の手で殺された被害者は全く違う。天災の中に人災を閉じ込めてはいけない」と小池氏の対応を批判した。

     1923年の関東大震災時には、混乱に乗じて「朝鮮人が井戸に毒を入れた」などのデマが拡散。信じた住民らが朝鮮人らを多数殺害した。【南茂芽育】

    毎日新聞
    2020年8月7日 17時44分
    https://mainichi.jp/articles/20200807/k00/00m/040/157000c

    【【小池都知事】関東大震災の朝鮮人虐殺追悼式 今年も追悼文を出さない意向】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロ ★ 2020/08/03(月) 23:37:56.91 ID:CAP_USER9

    ireihi
     東京都が関東大震災の朝鮮人犠牲者追悼式を主催する団体に対し、会場となる都立公園の使用を許可せず、批判を受けていた問題で、都は3日、許可を出す方向で調整していることを明らかにした。

     実行委員会が、虐殺された朝鮮人の追悼式を都立横網町公園で毎年実施。2017年からは保守系団体がすぐ近くで別の行事を開くようになり、実行委は「虚偽の主張とヘイトスピーチで追悼式が妨害されている」と訴えていた。

     都はトラブルと判断。双方に誓約書を書かなければ使用申請を受理しないと要求。実行委が反発し、知識人100人以上が使用許可を求める声明を出したほか、3万人の署名も集まった。

    共同通信
    2020/8/3 21:40 (JST)
    https://this.kiji.is/662997477400757345

    【【東京都】関東大震災の朝鮮人虐殺追悼式、許可へ 批判受け方針転換】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2020/07/25(土) 05:35:55.22 ID:CAP_USER
    601ADABA-B008-4FBE-A6C6-2F75BE2B99D0

     こうしたおかしな行いが自由な社会を窒息させ、都政に対する不信を膨らませると、小池百合子知事は気づくべきだ。

     関東大震災後の混乱の中で虐殺された朝鮮人や中国人の追悼式典を開いてきた団体が、会場の公園を管理する都から「誓約書」の提出を求められている。

     内容は、▽参加者に管理の支障となるような行為をさせない▽順守されなければ都の式典中止指示に従う▽次年度以降、公園利用が許可されなくなっても異存はない、というものだ。

     なぜ問題か。虐殺の事実を否定する団体が3年前から式典と同じ時間帯に「犠牲者慰霊祭」と称して集まり、大音量で「虐殺はでっち上げだ」などと演説を行っているためだ。昨年はこれに抗議する人たちとの間で衝突もあった。

     同様のことが起きれば来年から式典を開けなくなる恐れがある。否定派の団体の関係者はブログで「目標は両方の慰霊祭が許可されないこと」だと公言している。その思惑に手を貸し、歴史の改ざんにつながる「誓約書」になりかねない。

     そもそも地方自治法は「正当な理由がない限り、住民が公の施設を利用することを拒んではならない」と定め、安易な規制は許されないとする最高裁の判例もある。都の対応は集会や表現の自由への理解を欠き、いきすぎと言わざるを得ない。

     知事の姿勢が影響していることはないだろうか。小池氏は歴代知事が式典宛てに出してきた追悼文をとりやめ、虐殺について「様々な見方がある」などとあいまいな発言を繰り返す。

     だが「朝鮮人が暴動を起こした」「井戸に毒を投げ込んだ」といった虚偽の話が広がり、市民や軍、警察によって各地で虐殺が行われたのは厳然たる事実だ。多くの公的記録や証言があり、内閣府中央防災会議の報告書にも明記されている。にもかかわらず、否定派の団体は差別的表現を使いながら、暴動やテロがあったと言い募る。

     小池氏は先の知事選で、ヘイトスピーチ対策を盛り込んだ都条例の制定を1期目の成果に挙げた。そうであるなら、事実に基づかぬ差別的な言説を放置せず、適切に対応するのが知事の務めではないか。自らも歴史に誠実に向き合い、都民の代表として追悼文を出すべきだ。

     災害時のデマは過去の問題ではない。東日本大震災では外国人窃盗団が暗躍しているとの流言が広がり、現下のコロナ禍でも外国人の排斥や感染者へのいわれない攻撃が起きている。

     社会不安が広がるとどんなことが起き、そうさせないために日頃からどうすべきか。97年前の惨劇から学ぶことは多い。

    朝日新聞 2020年7月25日 5時00分
    https://www.asahi.com/articles/DA3S14562025.html

    【【また嘘を書く朝日新聞】虐殺の史実 都は改ざんに手貸すな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/07/13(月) 09:12:36.42 ID:CAP_USER
    作家の村上春樹氏(71)が、関東大地震後に起こった朝鮮人虐殺事件を取り上げて排他主義に対する懸念を表わした。

    村上氏は12日、毎日新聞とのインタビューで「こういう一種の危機的状況にある場合には、例えば関東大震災の時の朝鮮人虐殺のように、人々が変な方向に動いていく可能性がある」とし「そういうのを落ち着かせていくというのはメディアの責任だと僕は思う」と語った。

    新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)が世界に広がりながら、危機感が高まっている中で自国中心主義が強くなったことについて「危機的状況」と診断したのだ。

    1923年9月1日にマグニチュード7.9の地震が関東地方を襲った後、「朝鮮人が井戸に毒を入れた」「朝鮮人が放火して回り、暴動を起こそうとしている」「朝鮮人の背後に社会主義者がいる」などのデマが広がり大量虐殺が起きた。

    当時、日本人の自警団や警察、軍人が在日朝鮮人と社会主義者を組織的に殺害しながら犠牲者だけで少なくとも数千人にのぼることが分かった。日本政府とメディアが先に立って扇動してほう助したという主張もあったが、きちんとした真相究明は行われなかった。

    インタビューに先立って行われたラジオ放送収録で、ドイツ独裁者ヒトラーのプロパガンダについての話を引用した村上氏は「僕は60~70年代の学園紛争時代に、言葉が一人歩きして、強い言葉がどんどん闊歩(かっぽ)していく時代に生きていた」とし「強い言葉が一人歩きする状況は嫌だし、怖い」との意見を明らかにした。続いて「その時代が過ぎ去ったら、全部そんな言葉って消えちゃう。誰も責任取らない」とし「そういうのを見てきたから、そういう言葉に対する警報を発したいという気持ちが強いです、右であれ左であれ」と付け加えた。

    ツイッターを利用して一方的なメッセージを発信するドナルド・トランプ米大統領のコミュニケーション方式に対しても疑問を投げかけた。

    村上氏は「今、ツイッターみたいな、トランプ米大統領がやっているみたいな、限られた文字で言いたいことだけを言うSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が一種の発信の中心になっていますよね」と指摘した。続いて「あんな短い文章で言いたいことが言えるわけないと思う」とし「僕はそうじゃないやり方で、そうじゃないメッセージを発したい」と願いを明らかにした。

    そのようなコミュニケーション方法として小説と音楽を例にあげた。新型コロナ緊急事態発令当時、ラジオ番組を放送して人々の心を和ませた村上氏は「ステートメント(声明)みたいなものって、僕はあまり信用しない。長く強くは残らないと僕は思う」とし「でも音楽はロジックを超えたもの」としつつ、音楽は共感させる力が大きく、それは小説も同じだと語った。


    中央日報 2020.07.13 07:14
    https://japanese.joins.com/JArticle/267993

    【【アホパヨク】村上春樹「コロナ危機、朝鮮人虐殺のように動く可能性がある」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ザ・ワールド ★ 2020/07/04(土) 13:29:47.98 ID:CAP_USER
    津田大介
    毎年、9月1日に、東京都墨田区の横網町公園で行われている、関東大震災で虐殺された朝鮮人犠牲者を追悼する式典について伺いたいです。
    歴代の知事が式典に追悼文を寄せていましたが、小池さんの知事就任直後、16年は送付したんですが、17年からやめられています。

    その理由は「震災の犠牲者すべてを対象とする法要で哀悼の意を示しているから」ということですが、
    そもそも虐殺で殺された人たちと、震災で亡くなった人たちは性格が異なるものであるという指摘があります。
    対して小池さんは、「さまざまな歴史認識がある」と曖昧にお答えされている。

    それとも関連しますが、追悼式典の実行委員会が出している、この横網町公園の占用許可の申請受理を、都が3回にわたって拒否しています。
    それに抗議するネット署名が3万以上集まってもいます。
    それに対して、なぜ17年からこれをやめられたのか。どのような歴史認識で行われているのか、はっきりお答えいただければと思います。

    小池都知事 
    毎年、9月、3月、横網町の公園内の慰霊堂で開かれております大法要で、関東大震災、
    その先の大戦の犠牲となられた方々への哀悼の意を表しているところであります。
    大きな災害で犠牲になられた方々、それにつづいて、さまざまな事情で犠牲になられた方。
    これらのすべての方々へ対しての慰霊の気持ちに変わりはございません。そして、なんでしたかしら?

    津田大介
    であれば、なぜ一時は出していたものを、取りやめという形にしたのか?

    小池都知事 
    いえ、それはですね、今申し上げましたように、さまざまな事情で犠牲になられた方。大きな災害で犠牲になられた方。
    その方々の、お気持ち、お心、ということで、哀悼の意を表させていただくのが、毎年9月、3月の慰霊堂での式であるということであります。

    津田大介
    虐殺と自然災害のものを、一緒くたにして問題ないという認識ということでよろしいでしょうか。

    小池都知事
    慰霊をするという点で、この大法要での慰霊に合わせていただいております。

    no title

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b1ba69ac089417bbd9e79ce2c0c8d596c6883665

    【【パヨク】小池都知事に執拗に絡む津田大介「なぜ一時は朝鮮人犠牲者追悼式典を出していたのが、取りやめという形にしたのか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/06/12(金) 09:29:27.91 ID:CAP_USER
    B41541B1-96CA-4198-9D2F-9EC4EE705524
     
    ■東京・横網町公園での追悼式、今年は使用を許可せず 
    ■妨害集会と「同級」で「自制」を要求し、誓約書を要求 
    ■知識人ら「民族差別を扇動する集会と同列で規制するのは不当」批判 
    ■ある市民は個人的に3万人署名を集めて東京都に提出


    東京都が関東大震災で虐殺された朝鮮人犠牲者追悼式を事実上許可していないことについて、日本の男性が追悼祭の許可を求める市民約3万人の署名を集めて提出し、知識人らも同趣旨の声明を発表した。

    共同通信は「ある会社員の男性(42)が11日に東京都庁を訪れ、追悼式開催のための公園の使用許可を求める請願に3万1846人の署名を集め提出した」と報じた。日本の知識人117人も、東京都に例年のように追悼式を許可するよう声明を提出した。

    毎年9月1日、東京都墨田区の横網町公園で朝鮮人虐殺犠牲者追悼祭を行ってきた「9・1関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典実行委員会」(以下、実行委)はこの日、知識人117人と1団体が参加した「文化人声明」を東京都に提出した。

    知識人らは声明で、東京都が今年の追悼式開催に必要な「公園占有許可」を出していない事態を批判した。毎年9月1日には関東各地で朝鮮人虐殺犠牲者追悼式が行われ、横網町公園で行われる追悼式が代表的に知られている。

    問題の発端は、東京都が追悼式を主催する実行委に、占有許可を出すことを条件に昨年末から「誓約書」の提出を求めたことから始まった。誓約書には、「(都の大法要と重なる時間は)拡声音量装置を使用しない」などの内容が含まれている。

    この内容を遵守できない場合、「(行事開催のための)公園地の占有が許可されない場合があることに異存はない」という内容も含まれていた。

    同公園では1974年から毎年追悼式が行われているが、東京都がこのような誓約書を要求したのは今年が初めて。東京都は誓約書の提出を要求する根拠として、日本の右翼団体が3年前から始めた妨害集会を取り上げる。

    日本の右翼団体は、2017年から朝鮮人虐殺犠牲者追悼式典が行われる場所の向かい側で虐殺被害を否定する集会を開いている。東京都は同団体にも同じ内容の誓約書を要求した。

    知識人たちは11日に発表した文化人声明で、「民族差別の犠牲者を追悼する式典と、民族差別を扇動する集会とを同列に扱い規制することは『公平』でもなければ『公正』でもない」と批判した。


    2020-06-12 09:09
    ハンギョレ新聞
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/36923.html

    【【韓国人とパヨク】「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式を許可せよ」…日本で3万人署名、知識人117人声明 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ガーディス ★ 2019/08/09(金) 18:22:26.87 ID:gevK0IlW9
    AC37D92D-A60E-4E11-9869-719043CD64C1
     
    毎年9月に市民団体が行っている、関東大震災の混乱で殺害された朝鮮人犠牲者の追悼式をめぐり、東京都の小池知事は、追悼文の送付を3年連続で見送る考えを明らかにしました。

    この追悼式は、市民団体が関東大震災の混乱で殺害された朝鮮人犠牲者を追悼するため、毎年9月1日に行っていて、東京都は3年前まで知事の名前で追悼文を送付していましたが、おととしから送付を見送っています。

    これについて、追悼式を主催する市民団体は8日、都庁を訪れ、「オリンピック・パラリンピックの開催都市として、平和、友好、安全の都市を目指している今だからこそ、もう1回、知事に立ち止まって考えてもらいたい」などとして、小池知事に対し、ことしの追悼式に追悼文を送付することなどを求める署名を提出しました。

    これについて、小池知事は9日の記者会見で、都が追悼式と同じ日に開いている大法要で、すべての犠牲者に追悼の意を表しているとして、3年連続で送付を見送る考えを明らかにしました。
    そのうえで「関東大震災という大きな災害で犠牲になられた方々、そして、それに続いてさまざまな事情で犠牲になられたすべての方々に対しての慰霊という気持ちには変わりがない」と述べました。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190809/k10012029841000.html

    【【パヨク悲報】関東大震災の混乱で殺害の朝鮮人 東京都が3年連続で追悼文見送り 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2018/09/10(月) 14:52:45.76 ID:CAP_USER9
    no title


    1923年の関東大震災後に起きた朝鮮人虐殺の犠牲者の慰霊碑がある成道寺(群馬県藤岡市)で9日、恒例の慰霊祭が営まれ、碑に名が刻まれた男性の孫権在益さん(61)が韓国から来日し、初めて参拝した。これまで男性の親族は誰も訪れていないといい、権さんは「弔いに来るのに95年かかった。慰霊に感謝している」と語った。

    慰霊祭は日朝友好連帯群馬県民会議(共同代表・角田義一元参院副議長)などが主催。県民会議によると、寺の記録に、同震災後の23年9月、当時の藤岡警察署に保護された朝鮮人17人が押しかけた民衆に殺され、遺骨を墓地に埋葬したとする記述がある。

    2018/9/9 17:11
    共同通信
    https://this.kiji.is/411431681335166049

    【【今まで何してた】虐殺朝鮮人、群馬・成道寺で慰霊祭 95年後に韓国の孫が初の参拝 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2018/09/08(土) 08:46:33.53 ID:CAP_USER
    no title

    【こちら特報部】都知事の追悼文取りやめ きっかけは都議
    (東京新聞 2018/09/01)

     関東大震災発生後、デマなどが原因で虐殺された朝鮮人犠牲者の追悼式が今日、
    東京都墨田区の公園で行われる。追悼式をめぐっては、歴代知事が追悼文を
    送付してきたが、小池百合子知事は昨年に続き、今年も取りやめる。きっかけは、
    都議会でのある都議の質問とされるが、その中身を読むと「虐殺はなかった」と
    する本からの引用など、問題だらけだ。都議の意向に従った形の小池知事だが、
    負の歴史に向き合おうとする大多数の都民の思いを踏みにじっていないか。(石井紀代美、大村歩)

    東京新聞
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2018090102000169.html

    【【一部のパヨクだけ】朝鮮人虐殺の負の歴史に向き合おうとする大多数の都民の思いを小池都知事は踏みにじっていないか 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/08(土) 00:16:18.73 ID:CAP_USER
    no title


     関東大震災(1923年9月1日)で虐殺された朝鮮人の遺族2人が来日し、東京都内で7日、記者会見した。韓国で昨年8月に遺族会が結成されてからメンバーの訪日は初めて。「埋もれている事実は多い。遺族にとっても過去について改めて知るのはつらいが、真実は明らかにされるべきだ」と訴えた。 

     来日したのは、祖父を殺害された権在益(クォン・ジェイク)さん(61)と、祖父の兄が犠牲になった曹光煥(ソ・ガンファン)さん(57)。 

     権さんの祖父(当時30歳)は震災の2カ月前、出稼ぎのため日本に入国し、群馬県で働いていた。韓国の除籍謄本には、震災の4日後、群馬県の藤岡警察署で死亡したとの記載が残されている。17人が殺害された「藤岡事件」の被害者の一人だ。権さんは「日韓の市民の多くは虐殺事件について知らないのではないか。埋もれている真実がもっと明らかになれば、日韓関係は改善し、東アジアの平和につながると思う」と語った。 

     曹さんは、9月1日の朝鮮人犠牲者追悼式典への追悼文送付を小池百合子東京都知事が取りやめたことについて「だからといって虐殺の事実がなくなるわけではない。日韓双方が発展的な見地から協力して事実を明らかにし、追悼することが大事だ」と話した。 

     2人は8日、墨田区で行われる民間団体主催の追悼行事に参加。9日には権さんの祖父の名前が刻まれた追悼碑のある群馬県藤岡市を訪れる。 

     関東大震災では「朝鮮人が攻めてくる」「井戸に毒を入れている」などのデマが拡大。信じた自警団らによって朝鮮人、中国人ら数千人が虐殺された。【井田純】 

    毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20180908/k00/00m/040/088000c

    【【関東大震災】 虐殺朝鮮人遺族2人が来日「真実が明らかになれば、日韓関係は改善し、東アジアの平和につながる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 樽悶 ★ 2018/09/02(日) 14:31:34.63 ID:CAP_USER9
    1923年9月、捏造写真の基になった皇居前広場に避難した群衆。背景には皇居が写っている(報知新聞撮影、東京都慰霊協会提供)
    no title

    その背景を描き変え、被服廠跡惨事直前の写真のように捏造された絵はがき(東京都慰霊協会提供)
    no title


    1923年9月18日、焼け落ちた銀座を巡視される摂政宮(後の昭和天皇)。左手前の街灯は銀座らしさを示すため貼り込んだもので、影が出ていない
    no title


     1923(大正12)年9月1日に発生した関東大震災の報道写真の中に、捏造や改ざんされたものが数多くあることが、東京都復興記念館(東京・両国)と共同通信社の過去5年間の調査で明らかになった。東京・本所の陸軍被服廠跡とされる写真や摂政宮(後の昭和天皇)が巡視される写真などが含まれ、国内外の論文や著作に引用されてきた。 

     遺体が積み重なる被服廠跡の写真を載せた新聞社が、警察当局から発禁処分を受けたため、遺体が写っていない捏造写真が出回ったとみられる。 

     被服廠跡には、周辺住民数万人が避難した。間もなく火災旋風が群衆を襲い約3万8000人が死亡。猛火に包まれる前に撮影したとされたのが「被服廠跡惨事直前写真」だ。 

     ところが、調査の結果、皇居前広場の避難者の写真を加工したものだと判明した。基になったのは報知新聞が皇居前広場を撮った3枚組みの写真。このうち右端の写真に誰かが手を加え、背景の皇居を炎と煙に描き変えていた。写真は絵はがきとなり、大量に流通した。 

     摂政宮の写真には街灯が貼り込まれていた。騎馬にある影が、街灯にはないことから分かった。火災で発生した積乱雲の写真に、地震発生時刻の11時58分で止まった時計がある中央気象台観測塔を貼り込んだ合成写真も見つかっている。 

    ★専門家の目 

    災害史研究家・北原糸子氏 

    「これら一連の捏造写真は長い間捏造とは思われずに活用されてきた。なぜいま、事実が判明したのか。写真データなどあらゆる情報がデジタル化され、疑問に思うことについてオリジナルデータに当たって調べられる時代になったことが大きいだろう」 

    2018.9.2 05:01
    サンスポ
    https://www.sanspo.com/geino/news/20180902/acc18090205010001-n1.html

    【【東京】関東大震災報道写真は捏造だった…東京都復興記念館など調査で明らかに 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/02(日) 15:04:49.94 ID:CAP_USER
    http://news.kbs.co.kr/data/fckeditor/new/image/0902kye00.jpg
    ▲2013年公開された「関東大地震朝鮮人虐殺推定写真「2013年公開された「関東大地震朝鮮人虐殺推定写真」

    1923年9月1日午前11時58分、東京近郊で大地震が起きた。いわゆる「関東大地震」。ほぼ100年前、日本の首都圏で起きた大地震をまだ私たちが記憶しているのは当時「朝鮮人が井戸にドクを入れた。」、「朝鮮人が暴動を起こした。」などのデマとともに朝鮮人6,000人余りが殺害されたからだ。 

    1日、大地震95周年をむかえて東京横網町公園の朝鮮人犠牲者追悼費の前では追悼式が行われた。ところが昨年からこの追悼式をめぐって東京都と主宰側の間に小さい摩擦がおきている。小池東京都知事がこれまで毎年、東京都知事が送ってきた「追悼文」を昨年から送っていない。 

    小池知事は先月初めの記者会見で関東大地震犠牲者大法要に参加する予定で今年も朝鮮人犠牲者追悼式に追悼文を送ることは慎みたいと明らかにした。表面的には全体犠牲者のための行事に参加するだけで個別的行事には意を表わさないという意味だが、大地震による自然災害犠牲者と虐殺犠牲者を同一視する行為自体に批判の声が強い。 

    特にその背景には朝鮮人犠牲者追悼碑に記されている「誤った扇動とデマで6千人余りの朝鮮人が大切な命を奪われた」という表現に対する日本右翼らの反発があるという分析だ。右翼指向の小池知事がこれを問題にしたのか、東京新聞は1日、これと関連して日本極右政治家の根拠のない主張が背景になったと報道した。 

    □「朝鮮人虐殺背景は独立活動家」 

    昨年3月東京都議会。自民党所属の古賀俊昭議員が一般質問を行った。古賀議員は朝鮮人追悼碑に彫られた犠牲者6,000人という表現について「事実に反する一方的な政治的主張」とし、「日本人に対するヘイトスピーチ(嫌悪発言)であり、とうてい容認できない」と声を高めた。 

    それと共に多くの朝鮮人が殺害された背景には「独立」を目標にする朝鮮人活動家の存在があったと主張した。「このような治安状況の中で日本人自警団が過激になり、関係のなかった朝鮮人までまきこまれて殺害された」と話して、デマなどによる虐殺という通説を否定した。 

    上の主張は混乱した状況の中で朝鮮人独立活動家を対象にした自警団の活動がこうじて一般人に対する攻撃まで続いた面では虐殺自体に正当性を付与しようとする試みだ。さらに朝鮮人集団殺害を否定する「関東大地震朝鮮人虐殺の真相」という本を持ち出して「根拠が希薄なばかりか、都知事が歴史を歪曲する行為に加担することになりかねない」と話した。そして追悼文を送ってはならない。追悼碑を撤去しなければならないと主張した。 

    これについて小池知事は返事を通じて「事務側から通例により追悼文を送ってきた」として「以後にはよく見た後に適切な判断を下す」と返事、そして以後、追悼文発送は中断された。 

    □朝鮮人虐殺事実を認めた日本政府 

    2009年日本政府中央防災会の専門家集団である「災害教訓の継承に関する専門調査会」は17世紀江戸時代以後、日本で発生した災害を分析した報告書を発行する。報告書2編「殺傷事件の発生」部分には関東大地震の死亡・行方不明者が10万5000人以上でありこのうち1%から数パーセントが殺害されたと推定されると書いている。1%としても1万5千人を越える数字だ。 

    また「官僚、被災者や周辺住民による殺傷行為が多数発生した。虐殺という表現が妥当な例が多かった。対象になったものには朝鮮人が最も多かった。中国人、内地人(自国人)も少なからず被害をこうむった」と記述されている。これと共にデマが広がった経緯も詳細に調査して入れた。 

    しかし、このような専門家集団が調査した歴史的真実も日本右翼要人の一方的主張でその歴史性が不正当な状況だ。 
    (後略)

    イ・スンチョル記者

    KBSニュース(韓国語) 
    http://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=4032721


    【【その写真明治の物ですよ】 「関東大地震朝鮮人虐殺は独立運動のせい」~日本極右政治家が根拠のない主張】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2018/09/01(土) 19:47:01.55 ID:CAP_USER9
    関東大震災の歴史 1923年 
    最初に炎が踊り、そして暴徒のリンチが解き放たれた 

    1923年9月1日、東京と横浜で地震が起こった。ガス漏れによる延焼も起こり、14万人の死者が出る。そして、疑いをかけられたマイノリティへのリンチが行われた。 

    疑わしい者へのリンチは刀や竹槍で行われ、6000人以上の疑いをかけられた運の悪い在日朝鮮人や日本人が殺された。 

    ヨーロッパにおけるユダヤ人への迫害が偶然ではなかったことをこの関東大震災の事例は教えてくれる。 

    GESCHICHTE KANTO-ERDBEBEN 1923 

    Erst die Feuerwalze, dann der entfesselte Lynchmob 

    Am 1. September 1923 bebte in Tokio und Yokohama der Boden. Austretendes Gas verwandelte die Städte in ein Flammenmeer. 140.000 Menschen starben. Angehörige verdächtiger Minderheiten wurden gelyncht. 

    Stand: 09:06 Uhr | Lesedauer: 5 Minuten 
    Von Florian Stark 

    Die vermeintlich Schuldigen waren schnell gefunden. Noch während über Tokio und Yokohama Feuersäulen von den Zerstörung der beiden größten Städte Japans zeugten, rotteten sich Überlebende zusammen. Mit Schwertern und Bambusspeeren machten sie sich auf die Jagd nach Koreanern. Sie wurden erschlagen, geköpft, aufgespießt. Nach offiziellen Angaben fielen mehrere Hundert, nach anderen Schätzungen mehr als 6000 Koreaner oder Japaner, die das Pech hatten, für solche gehalten zu werden, dem Lynchmob zum Opfer. 

    Parallelen zu den Judenpogromen in Europa sind nicht zufällig. Denn der Vorwurf, der den Koreanern gemacht wurde, lautete hier wie da: Sie haben die Brunnen vergiftet, die prekäre Wasserversorgung in der Katastrophe, die Hunderttausende getötet und Millionen obdachlos gemacht hat. Das Erdbeben, das am 1. September 1923 gegen 11.58 Uhr über Tokio und Yokohama hereinbrach, erreichte wohl eine Stärke von 7,9 auf der (1935 eingeführten) Richterskala und zählt mit mehr als 140.000 Toten zu den opferreichsten Naturkatastrophen in den vergangenen Jahrhunderten. Da sein Epizentrum auf der Kanto-Ebene auf der japanischen Hauptinsel Honshu lag, ist es als „Großes Kanto-Erdbeben“ in die Geschichte eingegangen. 
    (リンク先に続きあり) 

    14万人以上の人が死に、そのほとんどが焼死だった。 
    Mehr als 140.000 Menschen verloren ihr Leben, die meisten verbrannten 
    Quelle: picture alliance / CPA Media Co. 
    https://www.welt.de/img/geschichte/mobile181380678/5872508427-ci102l-w1024/Japan-Scene-of-destruction-in-Tokyo-after-the-Great-Kanto-Earthquake-of-1923-Pi.jpg
    【【捏造韓国の言ってる通りの記事】ドイツ紙で関東大震災とリンチ事件を取り上げる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚯蚓φ ★ 2018/08/02(木) 22:30:35.35 ID:CAP_USER
    no title


     東京都の小池百合子知事=写真、潟沼義樹撮影=は一日、知事就任から二年の節目となる二日を前に本紙の単独インタビューに応じた。

     毎年九月に都内で営まれる関東大震災で虐殺された朝鮮人犠牲者追悼式で、歴代知事が送ってきた追悼文の送付を昨年取りやめた問題で、今年も送付しないと明言した。追悼文送付を求めて署名を集めている市民団体は近く、小池氏に面会を要請して署名を手渡し、再考を訴えたいと希望している。

     小池氏は、都慰霊協会が主催する関東大震災の大法要で、「都知事として全ての犠牲者に哀悼の意を示している。個別の形での追悼文の送付は控える」と、昨年と同じ理由を説明。「慰霊の気持ちには変わりはない」とも付け加えた。

     都民らからは反発の声が上がる。追悼式を主催し、署名に取り組む市民団体の一つ、日朝協会都連合会の赤石英夫さん(77)は「震災の犠牲者と、人の手で虐殺された死は違う。その事実を認めず、埋没させるのは負の歴史を反省せず、現代において民族排外主義やヘイトスピーチの容認にもつながる」と批判する。

     署名は約八千人と百三十近い団体から集まっている。「事実を忘却させず、二度と同じ過ちを繰り返させない」と訴える内容だ。

     朝鮮人虐殺を伝える劇を東京都世田谷区で上演中の劇団「燐光群(りんこうぐん)」の坂手洋二(さかてようじ)さん(56)は「五輪の国際協調の精神を尊ぶのなら、送付をやめるのは問題。加害者であった事実を葬り去り、歴史を捏造(ねつぞう)する動きに拍車をかける」と憂える。

     朝鮮人虐殺を扱う企画展を開催中の認定NPO法人高麗博物館(新宿区)の新井勝紘(かつひろ)館長(73)は「朝鮮人というだけで殺してしまった、その歴史の中での重みを知事は理解されてないのか」と残念がった。 (川田篤志、辻渕智之)

    東京新聞<「朝鮮人追悼文 今年も控える」 小池都知事、市民団体再考要請へ>
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201808/CK2018080202000135.html

    【【関東大震災】 小池都知事「朝鮮人追悼文、今年も控える」~市民団体「震災の犠牲者と人の手で虐殺された死は違う」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/07/24(火) 10:20:26.00 ID:CAP_USER
    ■ 1923年と現在の東京の様子を交差させ、連続性を強調 
    ■ 原作者の加藤直樹氏「右翼たちは過去を消そうとしている」 
    ■ 演出の坂手洋二氏「虐殺は事実、加害者もはっきりしている」


    「95年前と今は、そう違わないかもしれない」 

    22日、東京都世田谷区にある小劇場「ザ・スズナリ」で公演された演劇『九月、東京の路上で』の最後の部分で俳優たちはこう繰り返した。『九月、東京の路上で』は、加藤直樹が関東大震災当時の朝鮮人虐殺を扱った同名のノンフィクションをもとに、劇団「燐光群」が作った演劇だ。劇は2018年の東京の姿と朝鮮人虐殺当時の1923年9月の風景を絶えず交差して見せる。東京東部の荒川堤防建設に動員された朝鮮人たちが日本刀で無惨に殺害される様子、警察署に収容され騎兵隊に銃殺される様子など、関東地方各地で起こった惨劇を映し出す。 

    当時、「朝鮮人が井戸に毒を入れた」というようなデマが流れ、軍人や警察、自警団が朝鮮人6000人以上を虐殺したと推定される。日本政府が記録をありのままに残しておらず、正確な犠牲者数は把握すらできない。演劇には、昨年、小池百合子東京都知事が朝鮮人犠牲者追悼式に追悼文を送らず、その理由として「犠牲者全員を対象に追悼文を送るので(朝鮮だけを対象に)別途追悼文を送らない」と述べたシーンも含まれている。 
      
    また、原作にはない現役の自衛隊将校が主要な登場人物として登場する。4月に国会前の大通りで野党議員に「お前は国民の敵だ」と暴言を浴びせた実際の人物をモデルにした。このような暴言は、1932年に青年将校たちが犬養毅首相を暗殺するなど暴走し、軍国主義と第2次世界大戦の扉を開いた過去を想起させるという批判を受けた。このような設定は、日本の過去と現在が断絶されていないことを見せるものだ。 

    劇場で会った原作者の加藤氏は、「2013年にヘイトスピーチ(在日朝鮮人に対する差別的表現)が盛んだったとき、それに反対する人でさえ、関東大震災の朝鮮人虐殺を知らないということを見て、ブログに朝鮮人虐殺に関する文章を書き始めた」とし、「最初は本で出版されることになるとは想像もしなかった」と話した。加藤氏は「小池知事の追悼文送付の拒否は、東京墨田区横網町公園にある朝鮮人犠牲者追悼碑を撤去し、事件そのものを忘れさせようという右翼の圧力のためとみられる」とし、「ただ、小池知事の追悼文送付拒否でむしろ多くの日本人が朝鮮人虐殺を知った」と話した。彼は「最近はメディアを通じて韓国を嘲弄する軽いかたちの嫌韓が広まっている点も懸念される」と話した。 

    演出の坂手洋二氏は「去年の小池知事の追悼文送付拒否に反対する声明に参加してほしいという加藤さんの連絡を受けたことがきっかけで、演劇を作った」とし、「虐殺は事実だ。誰が加害者だったのかもはっきりしている」と話した。 

    日本社会では朝鮮人犠牲者数が不明だとして虐殺の責任を回避しようとする動きが広がっている。昨年、小池知事が追悼文送付を拒否したとき、保守派は横網町公園の追悼碑に書いてある“犠牲者は6000人以上”という表現が検証された事実ではないとし、問題視した。 

    最近、220人以上が犠牲となった日本西南部の豪雨のときも「外国人が犯罪を犯すかもしれない」というデマがインターネットで広がりもした。劇の終盤、俳優たちは「記憶することは生き残った者の義務」と語った。公演は来月5日まで行われる。 

    ハンギョレ
    http://japan.hani.co.kr/arti/culture/31193.html

    【【反日活動】東京で関東大震災の朝鮮人虐殺を照らした演劇、ノンフィクションを基にした『9月、東京の路上で』公演】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル