かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:防衛費

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2022/06/26(日) 11:56:36.25 ID:CAP_USER
    cn250
     
    美国的推波助澜,让日本头脑发热!中国看在眼里:要让日本透心凉(2022-06-25 14:48:56出典)
    https://www.163.com/dy/article/HANEA4VP0515CFRI.html

    最近の日本の防衛分野の動向に中国が批判のトーンをますます強めている。

    共産党系紙は「日本の各政治勢力が防衛力の強化や種々雑多な『敵国攻撃論』を吹聴している。この状況は戦後なかったことだ」と指摘。「国際社会はのぼせ上がった日本に冷や水を浴びせる必要がある」と主張した。

    中国網が紹介した共産党機関紙・人民日報系の環球時報の記事は、日本について「過去数十年にわたり、防衛分野において全体的に国際社会に対して『低姿勢』『自制的』との印象を与えた。しかし、これは日本が(無害な)『ハローキティ』であることを意味しない」と前置き。

    「米国メディアは日本の平素から訓練を積んでおり、優れた装備を持つ自衛隊は現在すでに世界で最も強い武装勢力の一つになっていると伝えた」と続けた。

    特に「ロシアとウクライナの衝突が勃発し、日本右翼の『再軍事化』の野心を刺激した」と言及。

    「岸田文雄首相を含む与野党党首テレビ討論では、原子力潜水艦の保有問題が議論された。自民党は5年内に防衛費の対GDP(国内総生産)比を1%から2%に引き上げるとした。国の重心を経済発展から徐々に『軍事力拡張』に移す日本は、東アジアの平和と安定の最大のリスクになろうとしている」と述べた。

    米国との関係では「米国の融和主義的な態度が日本右翼政治家に非現実的な幻想を抱かせている」と説明。

    「米国はかつて日本軍国主義を縛った縄を解こうとしている。日本を利用し対中包囲網を構築しようという功利的な心理が地域のリスクと悪い結果に対して持つべき懸念を圧倒していることは明らかだ」と断じた。

    さらに「日本は政界要人が第2次大戦の侵略の歴史を公然と否定している世界で唯一の国だが、米国は地政学的な私利のために絶えず日本の野心を後押ししている」と論評。

    「米国は日本が地政学的衝撃において玉砕することを気にかけておらず、日本は米国の私心を利用し、軍事・政治面の束縛から徹底的に脱却しようとしている。これは両国の言わずとも心の中で分かり合っている危険な企てだ」と非難した。

    その上で記事は「日本の政界には全体的に熱くなり、静さを失う傾向が見られる」と分析。

    「現在の日本社会の全体的な思想は第2次大戦前と比べ大きく変化しており、軍国主義復活の土壌がまだ十分ではないが、危機を利用し過激な主張の社会的制約を打破する可能性を無視できない」として、「米日にどのような口実があるとしても、日本の現在の行為はいずれも客観的に地域の軍備競争を刺激し、平和で安定的な地域の環境を打破している。歴史の傷跡はまだ眼前にあり、現実的な危険が忍び寄っている」と訴えた。


    2022年6月26日(日) 11時0分 RecordChina
    https://www.recordchina.co.jp/b896477-s25-c100-d0059.html

    【【中国共産党系紙】「国際社会はのぼせ上がった日本に冷や水浴びせる必要がある」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロ ★ 2022/06/04(土) 15:32:42.85 ID:CAP_USER9
    iwaya
    <安保戦略見直し~私はこう考える>
     自民党提言は全体として、わが国が直面する防衛上の諸課題に、的確に提案をまとめている。ただ政府が改定予定の「国家安全保障戦略」は本来、もっと統合的・総合的であってしかるべきで、そのための提言としては外交や経済、経済安全保障の観点などまだ十分でないところもある。

     そもそも「敵基地攻撃能力」との言い方は、わが国の防衛政策を語る言葉としてふさわしくない。攻撃を受けた際に、これを防ぐに他に手段がなくやむを得ない場合は反撃せざるを得ないわけだから「反撃能力」と称するのは理解できる。
     反撃能力の対象に「相手国の指揮統制機能等も含む」と明記したことは、いたずらに周辺国を刺激するだけでなく、対処のための準備を促し、軍拡競争につながる恐れがある。「安全保障のジレンマ」という言葉があるが、かえって衝突の危険を高めることにつながりかねない。無益であるばかりでなく、むしろ有害なことではないか。
     防衛費については最初に金額目標があり、そこに届くまでどんどん買い足していくような乱暴なやり方は、日本の防衛力整備のあり方としてふさわしくない。現行憲法下で、わが国の自衛権は必要で最小限でなければならず、これまでの装備も国民の理解を得られるよう丁寧にチェックし整備してきた。現在の国際情勢やわが国を取り巻く諸情勢を鑑みれば、防衛力を充実強化しなければならないという問題意識は全く同じだが、最初に金額目標を掲げるやり方は適切ではない。
     国内総生産(GDP)比2%というと、あと5兆円以上増やすことになる。その財源をどう見つけ、使っていくかを説明する責任が政治にはあり、それこそが政治の仕事だ。借金を当てに防衛費を積み上げていくやり方は取るべきでない。
     専守防衛は日本の専売特許ではなく、国際法、国連憲章の精神だ。反撃は許されるが、先制攻撃は許されない。それを変える必要はないし、変えてはならない。(聞き手・村上一樹)

     いわや・たけし 衆院大分3区。現在、衆院議員9期目。大分県議を経て、90年衆院初当選。防衛政務官、外務副大臣などを歴任。18年10月~19年9月に防衛相。大分県別府市出身。早稲田大卒。64歳。

        ◇  ◇
     日本を取り巻く安保環境が厳しくなる中、武力による備えを強化していくのか、それとも軍拡競争を避け外交努力に徹するべきなのか。さまざまな考えを持つ与野党の国会議員や有識者らに聞いています。

    東京新聞
    2022年6月3日 06時00分
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/181170

    【【パヨク】自民・岩屋元防衛相 防衛費、最初にGDP比2%目標、適切ではない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: powder snow ★ 2022/05/30(月) 15:57:46.83 ID:M2NnnPs69
    https://news.ntv.co.jp/category/politics/85376062d807453b86c97b4b0359b507

    岸田総理大臣が、防衛費の相当な増額を表明したことをめぐり野党側は、台湾有事を起こさないために外交努力で中国を抑えるべきだと岸田総理大臣をただしました。

    野党側はウクライナ情勢をきっかけに軍備増強の世論が広がっているのは非常に危険だと指摘した上で岸田総理に外交の力をもっと強調するべきだと求めました。

    立憲民主党・有田芳生議員「外交の力で中国を抑える。台湾有事をやらない。そして万が一何か動きがあっても、米軍が動かないような交渉をやってほしいんです。一番危ないのは沖縄なんですよ」

    岸田総理「我が国の防衛力の強化と日米同盟の抑止力対処力の強化、これは大事だと思います。ただしこの前提として我が国として外交力を使って、我が国にとって好ましい国際環境をつくり出していく、こうした努力をすることがまず求められると考えます」

    その上で岸田総理は「不透明な国際情勢の中で、いかなる事態においても、国民の命や暮らしを守るために、政府として何を備えなければいけないのか。こうした議論も並行して進めていきたい」と述べ、防衛費の相当な増額などにも理解を求めました。

    【【パヨク】立憲議員 「外交努力で中国抑えるべき。何か動きがあっても米軍が動かない交渉を」 岸田総理の防衛費増額表明に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2022/05/26(木) 19:17:27.08 ID:CAP_USER
    5月25日、参院本会議で令和4年度補正予算案について質疑が行われ、立憲民主党から白眞勲参院議員が登壇し、(1)知床遊覧船事故(2)防衛費の増額(3)予備費の積増し――等について政府の姿勢をただしました。

    (略)

    (2)防衛費の増額

     「防衛費を対GDP比2%へと倍増すべき」との主張があることについて白議員は、「人口減少・少子高齢化が進む中で、隊員の採用は極めて厳しい状況」であり、「装備品ばかり増やしたところで、それに伴う人員配置ができないのでは意味がありません」と白議員は指摘。

     また、岸田総理が日米首脳会談で「日本の防衛力の抜本的強化を行い、その裏付けとなる防衛費の相当な増額を確保する決意」を述べたこと関し白議員は、防衛費の数値目標や財源について岸田総理に問いただしました。岸田総理は、「今後の予算編成過程を通じて検討」と述べるにとどめ、具体的な財源確保策についての言及はありませんでした。

     さらに白議員は、「防衛費を2倍にすれば、日本の周りの国が『参りました』とでも言うのでしょうか。逆に北東アジアの緊張関係がより高まっていく恐れはないのでしょうか」と指摘するとともに、「われわれは、そういう国々といかに平和的に物事を解決するか、その智慧を絞るのが我々政治家の役割である」と訴えました。

    全文はソースで

    立憲民主党
    https://cdp-japan.jp/news/20220525_3711


    【【東アジア】立民・白眞勲議員「防衛費を2倍にすれば、日本の周りの国が『参りました』とでも言うのでしょうか」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ろこもこ ★ 2021/08/14(土) 08:14:52.07 ID:CAP_USER
    main_183
    海上自衛隊ホームページより

     近年、日本の防衛費は右肩上がりで増加しており、毎年のように過去最大を更新しているが、中国メディアの網易は10日、防衛費を拡大し続ける日本に警戒するよう呼びかける記事を掲載した。

     記事はまず、「軍事費でその国の軍事力のほどが分かる」と主張した。軍事支出が世界一の米国は軍事力も世界一で、軍事費3位のインドも技術力はないがやはり軍事力があると見るべきだとした。それで言えば、軍事費を増やし続ける日本は危険な国だと注意を呼び掛けているが、軍事費で世界2位は中国であり、26年連続で増加中であることには触れていない。

     しかし、日本は軍隊を持てない国なのではないだろうか。記事は、中国では「日本には自衛隊しかなく、米国に抑えられているので大した脅威ではないと誤解している人は少なくない」と指摘する一方、日本がここ10年近く防衛費を増やし続けているところを見ると「ずっと前からすでに軍事大国だったことがわかる」と主張。中国人が気付かないうちに日本は軍事大国になっていたと主張している。

     さらに、自衛隊がどれほどの実力を持っているかについて、米国からF35を喜んで購入し、F35を搭載できるように護衛艦を改修して事実上の空母化を進めるなど、敵基地攻撃能力を保有しようとしているのが現実と主張した。

     記事の中国人筆者は、日本の軍事力拡張に危機感を募らせているようだが、日本の防衛費は他国に比べるとそれほど多くはない。世界全体の軍事支出の約半分を米中2カ国が占めているのが実情だ。日本は世界全体の2.5%で、GDPに占める軍事支出の割合も1%未満と、世界平均の2.4%を大きく下回っている。それでも中国がこれほど日本を警戒しているということは、それだけ日本の潜在的な力を認めているということなのだろう。(編集担当:村山健二)

    サーチナ
    http://news.searchina.net/id/1701430?page=1


    【【中国メディア】軍事費を増やし続ける日本は危険な国だ 警戒せよ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚤の市 ★ 2021/08/12(木) 14:11:05.86 ID:QTcpJfCw9

    boueisyou
     防衛省が今月まとめる2022年度予算案の概算要求は、過去最高だった今年度当初予算の5兆3422億円を大きく上回る規模になる見通しだ。4月の日米首脳共同声明に日本の「防衛力の強化」を意味する文言が入ったことが背景にある。政府・自民党内では、対GDP(国内総生産)比1%突破を目指す動きも出ている。

    …(以下有料版で,残り1541文字)

    朝日新聞 2021年8月12日 5時00分
    https://www.asahi.com/articles/DA3S15007677.html?iref=pc_ss_date_article

    【【朝日新聞】防衛費大幅増、要求見通し GDP比1%突破めざす動きも 日米共同声明が背景】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2021/03/14(日) 07:33:29.89 ID:ZmnAhqZp9
    751702EB-F6CD-47E3-8EEB-5EBEE14F94C4

     毎年3月は、海上自衛隊の新たな艦艇が進水・就役するシーズンだ。2021年は護衛艦「はぐろ」を始め、複数の艦艇が就役を予定しているが、中国メディアの百家号は、進水したばかりの新型護衛艦「もがみ」に着目する記事を掲載した。

     記事はまず、日本が多くの艦艇を就役・進水させていることから、「日本の野心は明らかだ」と主張。戦争になれば日本はあっという間に軍備を拡大できることを意味しており、非常に危険で警戒すべきだと論じた。

     なかでも護衛艦「もがみ」は注目に値するそうだ。「もがみ」について記事は、建造費が約500億円で、満載排水量は5500トン、全長約132.5メートル、幅16メートルだと紹介。7万馬力のエンジンを備え速力は30ノット以上だと伝えた。

     また、「もがみ」はレーダーで発見されにくい「ステルス性」を備えていると指摘。Mk45 5インチ砲や17式艦対艦誘導弾を装備し、対空、対艦、対潜水艦能力が高いとしている。そして、日本はこの高性能な「もがみ型護衛艦」を数年以内に8隻建造する予定だと伝えた。

     最後に記事は、日本が毎年防衛費を増大し続けているのは「軍事的野心」をよく示しており、同時に米国がアジア太平洋戦略を強化するため日本に対する軍事面での制限を緩めていることを意味していると主張した。日本が国防を強化すればするほど、中国には「軍事的野心を持っている」と映るようだ。(編集担当:村山健二)

    【【ブーメラン】中国メディア、日本が毎年防衛費を増大し続けているのは「軍事的野心」をよく示している 警戒せよ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロ ★ 2020/09/25(金) 16:44:47.74 ID:CAP_USER9
     E4295912-7409-42B5-A851-EBD7BEE1D290
     前川喜平元文部科学事務次官が25日までにツイッターに投稿。防衛費が拡大していくことを指摘し、「軍事大国へまっしぐらだ」と憂えた。

     前川氏は「8年前2012年度の防衛省当初予算額は4兆7千億円だった。それが2020年度には5兆3千億円になり、初めて文部科学省予算を上回った」と指摘。「教育・科学・文化・スポーツを合わせた予算より軍事予算が上回るようになったのだ。防衛省の来年度要求額は5兆4千億円になるという。軍事大国へまっしぐらだ」と懸念した。

     さらに前川氏は「敵基地攻撃能力なんか要らないから、防衛費を減らして少人数学級に回せ」と投稿した。

    デイリー
    2020.09.25(Fri)
    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/09/25/0013727862.shtml

    【【パヨク】前川喜平、拡大する防衛費を懸念…「軍事大国へまっしぐらだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/09/17(木) 21:51:25.71 ID:CAP_USER

    kometyoukan
     【ワシントン時事】エスパー米国防長官は16日、西部カリフォルニア州のシンクタンク「ランド研究所」での講演で、中国、ロシアとの大国間競争に備えるためには同盟・パートナー国との連携強化が必要と強調し、日本を含む全同盟国に防衛費を国内総生産(GDP)比2%以上に引き上げるよう求めた。

     安全保障面で同盟国に「応分の負担」を求めるトランプ政権は、ドイツなど北大西洋条約機構(NATO)加盟国に対し、国防費をGDP比2%以上に引き上げるよう求めてきた。NATO以外の同盟国に同様の基準を提示したのは、今回が初めてとみられる。

     エスパー氏は講演で、米国が急速な軍備拡大を進める中国に対抗し、今後も軍事的優位性を維持していくためには産学官一体となった取り組みが必要だと指摘。その上で「世界中の同盟・パートナー国に対しては、共通の利益や価値を守り、安全を維持するという目標を達成するため、国防費を少なくともGDP比2%に増やし、軍事力向上に必要な投資を行うよう求める」と述べた。 

    時事通信 9/17(木) 20:34
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d4e2a155cd7be2bd87be7d011088bd82f5466dee

    【【時事通信】防衛費、GDP比2%以上に 米長官が日本を含む全同盟国に要請、対中国で 軍事力向上に必要な投資を行うよう求める】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 臼羅昆布 ★ 2020/03/25(水) 17:45:38.65 ID:9oCikOxs9
    no title


    25日放送の『バイキング』(フジテレビ系)に出演したタレント・松尾貴史のある発言が物議を醸している。
    この日、番組では新型コロナウイルス感染拡大により、経済が大打撃を受けていることを特集。
    公演やイベントが中止や延期に追い込まれているほか、テーマパークも休園となっているが、これについて 話を振られた松尾は、自身も手洗いを徹底し、むやみにものに触れないように気を付けていると話していた。
    また、テーマパークなどについては、「こういうとこも本当はできるだけ閉園してもらって」と前置きし、 「これ、防衛問題だと思うんで、防衛費を『なんでこんなもん買うんだろう』っていう莫大な
    お金をこっち(保障)に回すとか、そういうことは考えられないのかな」と発言。
    MCの坂上忍はこれに、「確かに防衛費、使った方がいいって小木くんも言ってたもんね」とその類の発言を 全くしていないおぎやはぎの小木博明に回し、小木に「俺、言ったことないですけど」とツッコませ、自然に話をそらしていた。

    「自衛隊はダイヤモンド・プリンセス号対応に約2700人を投入し、約1カ月間活動。
    医療支援、船内消毒、乗客輸送支援などを行いましたが、感染者0人と警戒を徹底していたり、24日には
    自衛隊中央病院で受け入れた104人の症例を異例の公開に踏み切るなどその対応が称賛されています。
    一方で、北朝鮮が21日にも短距離弾道ミサイルが発射するなどしており、防衛には手を抜けないのが現状。
    こうしたタイミングの悪さもあり、ネットからは疑問の声が上がってしまったようです」(芸能ライター)

    2020年03月25日 16時50分 
    リアルライブ
    http://npn.co.jp/article/detail/200002533 

    【【アホパヨク】松尾貴史「防衛費こっちに回すとか…」新型コロナの保障に使う提案?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍法帖【Lv=17,ぶとうか,tdu】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2019/03/20(水)06:35:14 ID:???
    kp250
     
    北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は17日、日本が「軍費増額に熱を上げている」と非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

    論評は、日本政府が「国内総生産額(GDP)の1%を超えてはならなくなった軍事費を2023年まで1.3%に
    増額する方案を検討している」と指摘。
    「今後、日本が新しい太平洋戦争挑発に踏み出さないという保証はどこにもない」などと主張した。

    ただ、これは事実を歪曲、あるいは誤認した上での主張と思われる。日本政府が今後、防衛費がGDP比1.3%の枠内で算定されるようにすることを検討しているのは事実だが、それはトランプ米大統領が同盟国に防衛費の増額を求めていることに対応した措置。
    従来の防衛省所管の予算に加え、旧軍人遺族らの恩給費(総務省)と国連のPKO分担金(外務省)も
    防衛費として計上しようというもので、その合計がGDP比1.3%の水準となる。

    予算内の項目を組み替えるだけなので、実質的に防衛費が大きく増えるわけではない。海外では北大西洋条約機構(NATO)が、こうした防衛費算出の指針を加盟国に示している。

    同通信の報道全文は次のとおり。…(以下略)

    Daily NK
    https://dailynk.jp/archives/122313

    【【北朝鮮】北朝鮮「カン違い」で日本非難か…防衛費の増額巡り (今まで他省の予算だった項目を防衛費として計上)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2018/11/26(月) 19:06:53.10 ID:CAP_USER9
    no title


    菅官房長官 「防衛費にGDP比1%枠はない」
    2018年11月26日 13時23分

    菅官房長官は午前の記者会見で、防衛予算について、GDP=国内総生産の1%程度で推移してきたのは事実だとする一方、今はGDPの1%枠というものがあるわけではないという認識を示しました。

    年度ごとの防衛費について、政府は昭和51年に、GNP=国民総生産の1%に相当する額を超えないようにすることを閣議決定しましたが、その10年後には、1%枠を適用しないことを閣議決定しています。

    菅官房長官は午前の記者会見で、防衛予算について、「GDPの1%程度で推移してきたのは事実だが、現在は1%枠というものがあるわけではないと考えている」と述べました。

    また、自民党が提言で、NATO=北大西洋条約機構が目標としている、GDPの2%を日本も参考にすべきだとしていることについて、「防衛費の在り方は、必要な装備品という要因と、外的要因の双方を踏まえる必要があり、現在、NATOの基準に合わせるという方針を固めたことはない」と述べました。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181126/k10011723621000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_048 
    【【菅官房長官】「防衛費にGDP比1%枠はない」 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル