かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:韓国海軍

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/03/03(火) 18:52:20.18 ID:CAP_USER
     kr250
    韓国海軍が3日、高速艇の海上射撃訓練中に海上用手りゅう弾が爆発し、6人が負傷したと発表した。海軍によると、負傷者らは応急手当を受けたのち、近くの病院に搬送中だ。このうち2人は重傷を負ったが意識はあるとのことだ。海軍は現在事故原因を調査中だ。

    ピョン・ジヒ記者

    朝鮮日報 2020/03/03 15:15

    【【韓国海軍】高速艇の海上射撃訓練中に手りゅう弾が爆発、6人けが、このうち2人重傷 海軍は現在事故原因を調査中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2020/02/13(木) 19:08:02.70 ID:CAP_USER
    4DEC063F-6538-469D-9C7D-50BF6ED1956E

    1970年代水準の旧型ソナー(音波探知機)を搭載し、「防衛産業不正の代名詞」とまでいわれた韓国海軍の救難艦「統営」が、引き渡しから6年を経て新型ソナーを搭載した。「統営」問題は2014年、不良ソナー搭載の事実が明らかになったことで始まった。海軍は15年、ソナーなしで「何も見えない」統営を引き渡されたが、作戦遂行には困難を抱えてきた。

     ある韓国軍関係者は12日「統営にタレスUK製ソナー2193を今月初めに搭載した」「今後1カ月かけてきちんと動くかテスト運営する計画だ」と語った。統営の主な任務は、沈没あるいは座礁した艦艇の救助、港湾や水路の障害物除去、艦艇のえい航だ。しかしこれまではソナーがなかったため、流失した対艦ミサイルの引き揚げや漁場の海底に残る廃棄物の除去支援などしか行ってこなかった。また掃海艇に設置されたソナーで目標海域を捜索した後にしか救助作戦はできなかった。

     6年にわたって統営にソナーを搭載できなかった理由について、韓国軍は「海外メーカーと法的な問題解決に長い時間がかかった」と説明した。韓国軍関係者は「艦艇は全体が有機的な一つのシステムとなっているので、単純にどんなソナーでも搭載できるわけではない」「今回搭載したソナーが問題なく運用できることを願っている」とコメントした。韓国軍内部では「小さな防衛産業不正一つが軍にどれだけ多くの打撃を与えるかを示した」との声が上がっている。

    梁昇植(ヤン・スンシク)記者

    朝鮮日報 2020/02/13 09:40
    【【韓国】問題発覚から6年、韓国海軍救難艦「統営」が新型ソナー搭載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/05/24(金) 17:04:31.50 ID:CAP_USER
    崔瑩
     
    ソマリア・アデン湾で6カ月間任務を完了させて帰ってきた海軍清海(チョンへ)部隊の駆逐艦「崔瑩(チェ・ヨン」の入港歓迎行事で事故が発生して海軍兵長1人が亡くなり4人が負傷した。 

      24日午前10時15分ごろ、慶尚南道昌原市鎮海区(キョンサンナムド・チャンウォンシ・チンヘグ)の鎮海海軍基地司令部内の埠頭に停泊していた崔瑩の船首側の甲板で、係留索(船等が停泊したときに埠頭とつなぐロープの一種)が「バン」という音とともに破断して軍人5人が倒れた。負傷者はこの日午前10時30分、行事場所周辺に待機していた救急車で軍病院と民間病院に運ばれた。兵長1人は顔を重症を負って近くの病院に運ばれて治療を受けたが、亡くなったと海軍が確認した。残りの4人は腕などを負傷して治療を受けている。 

      海軍は艦艇を停泊させるために埠頭と船を連結する係留索が大きな音と共に破断し、周囲にいた兵士たちがこのロープの直撃を受けて負傷したとみている。海軍関係者は「係留索の補強作業をしている間、極度な力で引っ張られた係留索が突然大きな音とともに勢いよく破断して兵士たちを直撃したものと推定される」とし「軍捜査機関が正確な経緯を確認している」と話した。 

      事故に遭った軍人は全員清海部隊の所属で、アデン湾作戦遂行を無事に終えて復帰の途中で被害に遭った。事故当時、埠頭には駆逐艦「崔瑩」将兵の家族、知人ら数百人が参加する中で、清海部隊入港歓迎行事が開かれていた。一部の行事出席者は、患者の搬送など軍の対応が遅れたとして不満を爆発させた。 

      清海部隊第28陣の崔瑩(4400トン)はアデン湾海域で6カ月間の船舶護送と海賊退治任務などを遂行した後、この日帰航した。清海部隊は史上初の海外派遣戦闘艦部隊で、2009年3月に初めて出港した。第1陣の「文武大王」出港をはじめ、今回事故のあった第28陣「崔瑩」まで、ソマリア海域で任務を遂行してきた。 

      一方、2017年2月にも補給艦「華川(ファチョン)」が鎮海軍港で入港している間に係留索が破断して副士官1人と水兵2人が負傷する事故があった。

    中央日報 2019年05月24日 14時19分
    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=253727&servcode=400&sectcode=430


    【【最強精鋭・韓国無敵艦隊】韓国海軍清海部隊の入港行事で事故…軍人1人死亡・4人負傷】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル