かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:韓国海軍

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/09/16(水) 23:34:19.41 ID:CAP_USER
    2020年9月16日、韓国・朝鮮日報は、11日から13日までグアム近くの海上で行われた日本、米国、豪州、韓国による合同演習で、韓国海軍のヘリが初めて日本の海上自衛隊のヘリ空母に着艦する訓練を行ったと伝えた。

    記事によると、日本の海上自衛隊は最近、ウェブサイトに韓国海軍のヘリがひゅうが級ヘリ空母「いせ」に着艦する様子の写真を掲載した。韓国海軍のヘリは韓国型駆逐艦である李舜臣艦からいせに着艦したという。記事は「日韓は探索救助訓練などで駆逐艦にヘリを離着陸させる訓練を行ったことはあるが、ヘリ空母への着艦は初めて」と伝えている。

    海上自衛隊と韓国海軍の合同訓練は昨年の日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了問題や慰安婦問題などでの対立により中断されていた。しかし今回、ヘリ着艦訓練まで実施されたことで「回復に向かいつつある」とみられているという。

    これについて韓国のネットユーザーからは「屈辱的だ」「なぜそんなことを?文政権は反日ではなかったのか?」「外国人の旭日旗使用はさんざん批判するのに、韓国海軍は旭日旗のついた空母で訓練か」「海軍は隠していたのに日本に公開されてしまったのか」「今すぐGSOMIAを破棄すべき」など反発の声が上がっている。

    一方で「ごく当たり前の訓練をしただけなのになぜ問題になるのか」「日本とは仲良くするべきだよ。国が大変なときはなおさら」との声もある。

    この合同演習をめぐっては、日本の艦艇に掲げられた「旭日旗」も韓国で物議を醸した。韓国海軍は「日韓だけでなく多国籍訓練のため問題ない」との立場だが、一部から「国際社会における戦犯旗の使用を公認したことになる」と批判の声が上がっている。
    (翻訳・編集/堂本)

    2020年 09月16日 22時20分 Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b836075-s0-c10-d0058.html

    【【レコチャ】韓国軍ヘリが旭日旗がついた日本のヘリ空母に初着艦、韓国ネットで問題に「外国人の旭日旗使用は批判するのに」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚯蚓φ ★ 2020/09/14(月) 11:52:19.89 ID:CAP_USER
    no title


    最近、グアムで韓国海軍と「クアッドブロック」3カ国が参加した2回の連合訓練現場で、日本海上自衛隊が堂々と旭日旗を付けて来た事実が明らかになって論議がおきています。

    海自隊(ヘジャデ)によれば去る9日から五日間開かれた連合機会訓練と「パシフィックバンガード(Pacific Vanguard)」訓練でいせ、あしがら護衛艦はどちらも旭日旗を掲揚したまま日程を消化しました。

    これに対して海軍は「韓日二国ではなく多国籍訓練であるだけに問題ない」という立場だが、「国際社会での戦犯旗使用を公認したよう」という批判も起きています。

    OBSニュース(韓国語)
    http://www.obsnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=1232436


    【【ケチをつけたのは約10年前から】 韓国海軍、旭日旗かかげた日本海上自衛隊と連合訓練…「国際社会で戦犯旗使用を公認したよう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/09/10(木) 08:21:59.14 ID:CAP_USER
    kantei
    2020年9月9日、韓国・ニュース1によると、韓国の防衛産業庁が韓国型駆逐艦(KDX)「楊萬春艦」の性能を改良し、海軍に引き渡すと発表した。

    記事によると、韓国の技術で基本設計から制作まで行われた楊萬春艦は2000年に実戦配備され、海域艦隊の指揮艦として中心的役割を担っている。

    防衛産業庁は16年9月から楊萬春艦を含む駆逐艦3隻について老朽化した戦闘システムやセンサーなどの性能を改良する「韓国型駆逐艦性能改良事業」を行っており、楊萬春艦は最近テスト・評価を終えて最先端の頭脳とセンサーを備えた艦艇に生まれ変わった。

    性能改良された韓国型駆逐艦は、人間の頭脳に該当する戦闘システムが韓国の技術で開発した装備に変更された。これにより標的管理能力が3倍以上、情報処理速度が100倍以上増加し、戦闘指揮能力が大きく向上。

    さらに、国産化したことで整備にかかる時間の短縮、費用削減にもつながったという。

    防衛産業庁は21年までに残りの2隻の性能改良も行い、順次海軍に引き渡す予定という。

    これに韓国のネットユーザーからは

    「自主国防に向けて頑張れ」
    「世界最高の最先端韓国産兵器の威力を世界に見せてやろう。誇らしいな」
    「自主国防を強化して米国からの兵器輸入を少しずつ減らしていこう」

    など称賛や自主国防に向けた応援の声が上がっている。その他

    「陸上戦力は大きく向上したけど、中国、日本、ロシアという強大国に囲まれた韓国の特性上、空軍力と海軍力も向上させなければならない」
    「日本より海軍力・空軍力が劣っていることは深刻な問題」
    「日本がまた韓国をけん制してくるかも」

    などの声も見られた。


    2020年9月10日(木) 8時0分 Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b834273-s0-c10-d0058.html

    【【韓国型駆逐艦】 装備を韓国産に改良し性能が大幅向上=ネットで称賛 「日本がけん制してくる」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/08/03(月) 10:15:06.01 ID:CAP_USER
    09C6A9D1-DB1C-4179-A2C9-E778793FA2C9
     
     総額約7兆8000億ウォン(約6900億円)に達する韓国型次期駆逐艦(KDDX)事業の重要装備である戦闘システムの入札が7月30日に締め切られ、2020年代で最大の海軍関連事業の受注競争が本格化している。KDDXは国産の先端戦闘システム、レーダー、ソナー(音響探知装置)、兵器などを備えた海軍の次世代主力戦闘艦だ。韓国海軍で初となる6000トン級のステルス駆逐艦となる。20年代末から30年代半ばにかけ、6隻が導入される。

     大手軍需メーカーはKDDXの頭脳、中枢神経に当たる戦闘システム事業、造船大手各社は船の基本設計の受注に参入を表明している段階だ。戦闘システムではハンファシステム、LIGネクスワン、船の基本設計では現代重工業、大宇造船海洋が対決する。

     軍消息筋は2日、ハンファシステムとLIGネクスワンが7月30日に戦闘システムの試作事業に関する入札提案書を国防科学研究所に提出したとし、優先交渉対象者は早ければ来月始めにも決まるとの見通しを明らかにした。

     建造費用は1隻当たり1兆3000億ウォンで、総事業費は7兆8000億ウォン余りと推計されている。海軍は北朝鮮の脅威だけでなく、中国の北海艦隊、東海艦隊、日本の海上自衛隊の2個護衛艦隊(機動艦隊)による脅威も考慮し、適切に対処できる戦力の整備を進めている。KDDXは有事に際し、中国や日本のイージス艦などに対応する韓国の水上艦の主力戦力となる。海軍機動艦隊の3個機動戦団に2隻ずつ配備される。

     KDDX戦闘システムは艦船の先端レーダー、ソナーなどさまざまなセンサーで収集した情報を活用し、速やかに対空、対艦、対潜、対地ミサイル、魚雷などに対処できるようにするシステムだ。開発費だけで約6700億ウォンを見込む。戦闘システムで最も注目されているのが尖った形状の統合マストだ。統合マストにはレーダー、通信、赤外線捜索追尾システム(IRST)などさまざまなセンサーが搭載されており、ステルス機能が大きく向上する。これまではこうしたセンサーが艦上のあちこちに分散していた。

     KDDXには48基の韓国型垂直発射器(KVLS2)が設置され、さまざまなミサイルが搭載される。戦術艦対地ミサイル、ホンサンオ対潜水艦ミサイル、天弓またはL-SAM(長距離対空ミサイル)改良型対空ミサイル、海星艦対艦ミサイル、魚雷などを搭載できるとされる。

    ユ・ヨンウォン軍事専門記者

    朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020080380012

    【【K-駆逐艦】1隻当たり1.3兆ウォン、韓国海軍初のステルス駆逐艦6隻を建造へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/07/19(日) 08:53:30.16 ID:CAP_USER
     kr250
    2020年7月16日、韓国・ニューシスなどによると、韓国海軍の次世代新型高速艇で相次いでエンジンの故障が発生した原因は、製造企業の設計ミスだったことが分かった。

    記事によると、韓国軍関係者はエンジン故障に関する調査結果について「設計ミスによりエンジン(シリンダーヘッド)に海水が流入する欠陥が発生した」と発表した。

    また、海水流入以外にも「艦艇の重量増加がエンジンの疲労度を高め、シリンダーヘッドに亀裂が生じた可能性がある」と分析した。製造企業の韓進重工業側も設計ミスを認めているという。

    韓進重工業は2014年から昨年までに4回の入札を経て新型高速艇16隻を受注した。1隻当たり約600~650億ウォン(約53~58億円)で、契約規模は約1兆ウォン。現在までに8隻が建造され、そのうち4隻が海軍に引き渡され配備されたが、4隻全てのエンジンに亀裂が発生し、海水が流入していた。

    これに韓国のネットユーザーからは

    「また国民をだましたな」
    「関係者を取り調べて不正がなかったか明らかにするべきだ」
    「不正をなくさなければならない。これは国防力の低下につながり得る。国を裏切るスパイ行為のようなものだ」
    「このポンコツ高速艇を造るためにどれだけ裏工作をしたのだろう」
    「防衛産業に関する不正は民間検察に捜査させてほしい」

    など不正を疑う声が数多く上がっている。その他

    「韓進重工業にはもう頼めない」
    「戦力化する前にテスト運航したはずでは?この企業は前にも問題を起こしていた」との声や、
    「ああ恥ずかしい。こんなんじゃ金正恩(キム・ジョンウン)委員長に笑われる」
    「ヘリも軍艦も潜水艦も『韓国の技術は世界最高』と言っておきながら、まともに造れたことがない」

    などと嘆く声も上がっている。


    2020年7月19日(日) 8時10分
    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b821359-s0-c10-d0058.html

    【【韓国海軍】新型高速艇4隻全て故障、原因は?=韓国ネット激怒「また国民をだました」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/03/03(火) 18:52:20.18 ID:CAP_USER
     kr250
    韓国海軍が3日、高速艇の海上射撃訓練中に海上用手りゅう弾が爆発し、6人が負傷したと発表した。海軍によると、負傷者らは応急手当を受けたのち、近くの病院に搬送中だ。このうち2人は重傷を負ったが意識はあるとのことだ。海軍は現在事故原因を調査中だ。

    ピョン・ジヒ記者

    朝鮮日報 2020/03/03 15:15

    【【韓国海軍】高速艇の海上射撃訓練中に手りゅう弾が爆発、6人けが、このうち2人重傷 海軍は現在事故原因を調査中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2020/02/13(木) 19:08:02.70 ID:CAP_USER
    4DEC063F-6538-469D-9C7D-50BF6ED1956E

    1970年代水準の旧型ソナー(音波探知機)を搭載し、「防衛産業不正の代名詞」とまでいわれた韓国海軍の救難艦「統営」が、引き渡しから6年を経て新型ソナーを搭載した。「統営」問題は2014年、不良ソナー搭載の事実が明らかになったことで始まった。海軍は15年、ソナーなしで「何も見えない」統営を引き渡されたが、作戦遂行には困難を抱えてきた。

     ある韓国軍関係者は12日「統営にタレスUK製ソナー2193を今月初めに搭載した」「今後1カ月かけてきちんと動くかテスト運営する計画だ」と語った。統営の主な任務は、沈没あるいは座礁した艦艇の救助、港湾や水路の障害物除去、艦艇のえい航だ。しかしこれまではソナーがなかったため、流失した対艦ミサイルの引き揚げや漁場の海底に残る廃棄物の除去支援などしか行ってこなかった。また掃海艇に設置されたソナーで目標海域を捜索した後にしか救助作戦はできなかった。

     6年にわたって統営にソナーを搭載できなかった理由について、韓国軍は「海外メーカーと法的な問題解決に長い時間がかかった」と説明した。韓国軍関係者は「艦艇は全体が有機的な一つのシステムとなっているので、単純にどんなソナーでも搭載できるわけではない」「今回搭載したソナーが問題なく運用できることを願っている」とコメントした。韓国軍内部では「小さな防衛産業不正一つが軍にどれだけ多くの打撃を与えるかを示した」との声が上がっている。

    梁昇植(ヤン・スンシク)記者

    朝鮮日報 2020/02/13 09:40
    【【韓国】問題発覚から6年、韓国海軍救難艦「統営」が新型ソナー搭載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/05/24(金) 17:04:31.50 ID:CAP_USER
    崔瑩
     
    ソマリア・アデン湾で6カ月間任務を完了させて帰ってきた海軍清海(チョンへ)部隊の駆逐艦「崔瑩(チェ・ヨン」の入港歓迎行事で事故が発生して海軍兵長1人が亡くなり4人が負傷した。 

      24日午前10時15分ごろ、慶尚南道昌原市鎮海区(キョンサンナムド・チャンウォンシ・チンヘグ)の鎮海海軍基地司令部内の埠頭に停泊していた崔瑩の船首側の甲板で、係留索(船等が停泊したときに埠頭とつなぐロープの一種)が「バン」という音とともに破断して軍人5人が倒れた。負傷者はこの日午前10時30分、行事場所周辺に待機していた救急車で軍病院と民間病院に運ばれた。兵長1人は顔を重症を負って近くの病院に運ばれて治療を受けたが、亡くなったと海軍が確認した。残りの4人は腕などを負傷して治療を受けている。 

      海軍は艦艇を停泊させるために埠頭と船を連結する係留索が大きな音と共に破断し、周囲にいた兵士たちがこのロープの直撃を受けて負傷したとみている。海軍関係者は「係留索の補強作業をしている間、極度な力で引っ張られた係留索が突然大きな音とともに勢いよく破断して兵士たちを直撃したものと推定される」とし「軍捜査機関が正確な経緯を確認している」と話した。 

      事故に遭った軍人は全員清海部隊の所属で、アデン湾作戦遂行を無事に終えて復帰の途中で被害に遭った。事故当時、埠頭には駆逐艦「崔瑩」将兵の家族、知人ら数百人が参加する中で、清海部隊入港歓迎行事が開かれていた。一部の行事出席者は、患者の搬送など軍の対応が遅れたとして不満を爆発させた。 

      清海部隊第28陣の崔瑩(4400トン)はアデン湾海域で6カ月間の船舶護送と海賊退治任務などを遂行した後、この日帰航した。清海部隊は史上初の海外派遣戦闘艦部隊で、2009年3月に初めて出港した。第1陣の「文武大王」出港をはじめ、今回事故のあった第28陣「崔瑩」まで、ソマリア海域で任務を遂行してきた。 

      一方、2017年2月にも補給艦「華川(ファチョン)」が鎮海軍港で入港している間に係留索が破断して副士官1人と水兵2人が負傷する事故があった。

    中央日報 2019年05月24日 14時19分
    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=253727&servcode=400&sectcode=430


    【【最強精鋭・韓国無敵艦隊】韓国海軍清海部隊の入港行事で事故…軍人1人死亡・4人負傷】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル