かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:韓紙

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2021/05/24(月) 22:53:34.54 ID:CAP_USER
    「千年紙」復活する…韓紙の過去と現在、そして未来
    -51年頃、韓紙に印刷した世界最古の木版印刷物「無垢浄光大陀羅尼経」
    -世界で最も古い木版印刷物「無垢浄光大陀羅尼経」堅牢性立証
    -統一新羅時代、土着化…朝鮮時代の繁栄、壁紙・葛帽などの生活用品にも変身
    -洋紙入って来て産業急速度崩壊 1990年代に入って研究・政府支援再開
    -衣類・スピーカー振動板など使い道多様

    751年頃、韓紙に印刷された現存する世界最古の木版印刷物『無垢浄光大陀羅尼経』。
    no title

    韓紙に油をしみこませ作った葛帽、雨降りの時に傘のように使った。
    no title

    韓紙で作ったポソン(※韓国の足袋)の型紙
    no title

    韓紙書類箱。かつては捨てる韓紙を箱やタバコ箱などに再利用した。 写真提供=ヒョンアム寺
    no title

    紙を振動板として活用したスピーカー。 響きがいい。 写真提供=ソノダイン
    no title

    韓紙糸にシルクなど他の糸を編んで作った韓紙服(2009年12月開校20周年記念韓紙糸の作品を展示)。 写真提供=エスモードソウル
    no title


    ・西洋文化財の復元活用… 全世界注目、今年4月に「ユネスコ登録推進団」発足
    紙の時代が去って、デジタル時代が到来した。しかし、その比重は減ってはいるものの、紙の力は依然として屈強だ。我々が朝鮮王朝について知ることができるのは、その歴史が韓紙に余すことなく入り込んでいるからではないだろうか。紙の中でも、伝統韓紙は千年以上保存されていることが歴史的にすでに証明されている。それに韓紙はもう古紙ではない。多様な生活用品に活用される他、世界的にも優秀性が認められ、最近ではユネスコ人類無形文化遺産に登録しようとする動きも起きている。

    ・堅固な千年の紙、興亡盛衰を経る
    韓紙は三国時代に中国の製紙法を受け入れて作られたものと伝えられている。品質が優秀で中国でも良い評価を受けた。現存する世界最古の木版印刷物「無垢浄光大陀羅尼経」がその証拠だ。これは751年頃、韓紙に印刷したものとして、770年頃の日本の「百万塔陀羅尼経」よりも先だ。それだけではない。ユネスコ世界記録遺産に登録された16件のうち、『訓民正音』『朝鮮王朝実録』『承政院日記』など13件が伝統韓紙を使用している。

    統一新羅時代は楮の繊維で作られた韓紙が土着化した時期だ。楮の木は全国どこでも栽培が可能で、韓国固有の紙原料として土着化した。高麗時代は韓紙の発展期だった。地理的条件が良い場所に紙所を設置して、ここを中心に色んな原料を使った特色ある韓紙が作られた。

    朝鮮時代前期は製紙技術の完成期だった。統制機関の設置、原料と技術の多様化、用途の大衆化が成り立った時期だ。太宗時代は、国営の造紙所を設置し、楮紙で作ったお金である楮貨2000枚を発行していた。しかし、壬辰倭乱(※文禄・慶長の役のこと)を起点に、韓紙産業は徐々に下方局面にさしかかる。

    その後、高宗21年(1884年)に一般紙(洋紙)が入ってきた。1945年解放後の60年間は、急速度で韓紙産業が崩壊した時期だ。1970年代以降、一般紙が大勢を占めて、人手不足や技術伝授の難しさを経験した。

    忘れかけている韓紙を再び振り返ったのは1990年代からだ。 この時から韓紙に関する研究が活発に行われて、2000年代に入って、政府は韓紙産業化のために各種の支援に乗り出した。

    キム・ドウン記者

    農民新聞(韓国語)
    https://www.nongmin.com/nature/NAT/ETC/338576/view


    【【捏造する韓国文化】 世界最古の木版印刷物がその証拠、「千年の紙」復活する…韓紙の過去と現在、そして未来】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2021/04/24(土) 18:37:32.21 ID:CAP_USER
    「韓中日の伝統紙の中で最高…韓紙産業の活性化努めなければ」
    [インタビュー]イ・ベヨン韓紙ユネスコ登載推進団長

    イベヨン団長。「韓国の書院」をユネスコ登録に成功した勢いに乗って、「韓紙」の登録でも先頭に立つ
    no title


    「中国の伝統紙の宣紙(ソンジ)と日本の伝統紙の和紙(ファジ)は、ユネスコ文化遺産に登録されましたが、世界最高水準の朝鮮時代の私たちの韓紙(ハンジ)はまだ名を上げられずにいます。遅れはしましたが、品質は抜群で保存価値の高い韓紙の人類無形文化遺産への登録に全国民が力を合わせなければならない」。

    イ・ベヨン(74)「伝統韓紙のユネスコ人類無形文化遺産登録推進団」団長は、「韓中日の伝統紙の中で最も優秀な韓紙のユネスコ登録は、当然ながら実現されなければならない」と力説した。

    イ団長は、韓国の書院を世界文化遺産に登録しようという最初のアイデアを提案、2019年7月のアゼルバイジャン・バクー会議で、ユネスコ世界文化遺産への登録が決定されるまで情熱的な努力を傾けて、ついに成し遂げた。 そして、その後も「韓国の書院統合保存管理団理事長」として、韓国の伝統「書院文化」を世界に知らせるために力を注いでいる。

    第13代(2006-10年)、梨花(イファ)女子大総長を務めたイ団長は、周囲から「ピンクの小さい戦車」と呼ばれているほど推進力が認められている。

    今回の推進団発足式に先立ち、イ団長は2年前から「韓紙匠」の実態調査と「伝統韓紙」の伝承現場踏査などに続き、20回以上の討論会を行った。この過程には、キム・ヒョンドン国会議員、シン・ジョングン委員長、ノ・ヨンヘ理事長、イ・ヨンゴル会長、チェ・ヒョンサ会長、キム・ヒョンジン教授、イ・ジェガプ安東市議会運営委員長らが参加した。

    「簡単ではありません。韓国の書院がユネスコ登録されるまでに9年を要しました。しかし、現場踏査をして韓国の韓紙の優秀性を実感しました。紙を漉く過程で、2枚ずつ出てくる日本の「サンバル・トゥギ(双簀・漉き)」は、韓国の韓紙より短時間で多く生産できるが、「ウェバル・トゥギ(片簀・漉き)」で作られる韓紙より繊維組織が弱いということを確認しました。このように韓紙が優れているだけに、十分な勝算があります」。

    イ団長は、むしろ私たち国民が韓紙をなおざりにして、斜陽の道に入っているということに悔しさを表した。

    「私たちの伝統韓紙産業は苦しいので、なおさら韓紙のユネスコ登録が必要です。書院の場合を見てください。ユネスコに登録された後、世界の人から注目を集め、最近はコロナのせいで減ったとはいえ、外国からの訪問客が多く見に来ています。韓紙がユネスコ登録されれば、海外だけでなく、私たち国民も韓紙の優秀性を実感することができるでしょう。韓紙を活用した芸術品をはじめ、実用的な面でも韓紙の位相は高まると思われます。

    イ・ギョンテク記者

    e大韓経済(韓国語)
    https://www.dnews.co.kr/uhtml/view.jsp?idxno=202104221309215070414


    【【韓国】 韓中日の伝統紙の中で最高…韓紙産業の活性化、ユネスコ登録実現されるべき】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル