かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:鬱陵島

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★
     2019/04/05(金) 17:30:33.31 ID:CAP_USER
     takesima
    2019年4月4日、韓国・聯合ニュースによると、韓国南東部の慶尚北道が推進中の鬱陵島(ウルルンド)のユネスコ世界自然遺産登録をめぐり、登録対象に「竹島(韓国名:独島)」が含まれていないことが物議を醸している。

    記事によると、慶尚北道は鬱陵島を対外的に広くPRし、素晴らしい自然景観、地質学的重要性、特殊で豊かな生態系の価値への認定を受け、国のブランド価値を高めるために世界自然遺産登録を推進している。
    また、鬱陵島の海洋生態系と陸上生態系の価値を発掘し、自然環境を保存したい考えという。今年から登録に向けた準備を始め、学術セミナーなどを経て2023年までの登録を目指している。

    慶尚北道は今回、登録の可能性を高めるという実利的な面から、日韓が領有権を争う「竹島(鬱陵島から東南東へ約90キロメートルに位置する)」を登録対象から除外した。

    慶尚北道関係者は「独島を含めると世界遺産委員会に所属する日本が反対するなど問題が生じる可能性があり、登録が見送られる確率が高いため今回は除外した」と説明。ただ、「独島は鬱陵郡に属しているため、鬱陵島が世界自然遺産に登録されれば独島にも同じ効果が期待できる」と強調したという。

    しかし、これについて韓国のネットユーザーからは「独島を除外したら何の意味もない」「領有権を争っていることを自ら認めることになる」「鬱陵島ではなく独島の世界遺産登録を推進するべきなのに」「それならいっそ登録しない方がまし」「なぜわざわざ独島を除いてするのか、国民が納得できる説明をしてほしい。
    日本に領有権主張の根拠を与えることになるだけだ。本当の実利を考えてほしい」「世界遺産登録より国土を守ることの方が大切だ!」など反発の声が続出している。(翻訳・編集/堂本)

    Record China 2019/04/05 17:10
    https://www.recordchina.co.jp/b700488-s0-c10-d0058.html

    【【竹島】なぜ「独島」を除外する?韓国、世界自然遺産登録計画にネットが猛反発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ひろし ★ 2019/02/23(土) 17:59:45.36 ID:CAP_USER

     7F7CC9AA-C476-4830-BD0E-FC2107ED2880
    2/23(土) 16:30配信

     【ソウル時事】韓国軍合同参謀本部は23日、中国の軍用機1機が同日、韓国の防空識別圏に入り、日本海にある「鬱陵島と独島(島根県竹島の韓国名)の間」を飛行したと発表した。

     中国軍機が両島の間の上空を飛行したのは初めてという。

     韓国国防省と外務省はそれぞれ、中国の駐在官を呼び、中国軍用機が事前通報なしに防空識別圏に入ったことに厳重抗議し、再発防止を求めた。 

    ヤフーニュース(時事通信)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-00000065-jij-kr

    航空自衛隊はスクランブル発進し、写真撮影。
    http://www.mod.go.jp/js/Press/press2019/press_pdf/p20190223_01.pdf

    【【空自はスクランブル】中国軍機、竹島近くを飛行=韓国が厳重抗議 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/18(火) 17:51:09.97 ID:CAP_USER
    no title


    「巨文島(コムンド)の人々は、独島(トクド=日本名竹島)でワカメも採り、可支魚(アシカ)を捕獲して油を作って農家で肝要に使う」

    巨文島(全羅南道麗水市三山面)で生涯を暮らしたキム・ビョンスン氏(1915~2010)が残した記録だ。嶺南(ヨンナム)大学独島研究所は今年初め、巨文島の現地を調査した結果、巨文島の住民たちが19世紀から20世紀初頭まで独島で漁猟活動をした記録を確保したと発表した。

    湖南(ホナム)の漁民が独島に出漁に出たのは、独島の領有権と関連している。韓国学界では、全羅道(チョンラド)の南海岸地域でトルソムを「トクソム」と呼んでいるが、この地域の漁民たちが独島に出漁したことが、独島の語源になったとみている。この時期に巨文島と草島(チョド)の住民たちが独島に出向いて漁猟活動をしたことは、口述を通じては知られているが、関連記録はなかった。

    独島研究所のパク・ジヨン研究教授は、「キム氏の記録では独島で採取したワカメなどを船に載せてきて、国内農家に販売していたことまでは知ることができる」とし、「住民が直接記録した資料が確認されたのは今回が初めてだ」と明らかにした。アシカ油は、主に農家で灯油として使っていたことが知られている。

    研究所がキム氏の息子であるテス氏(76)を通して入手したこの記録には、巨文島と近隣の草島などの住民たちの生活史と関連して、鬱陵島(ウルンド)や独島に関するいくつかの貴重な記憶が含まれている。記録狂であるキム氏は、本人が認知している事実と住民から聞いた内容を1960年代から記録してきた。

    「巨文島の人たちは1800年代に鬱陵島を往来しながら本島の生産物であるワカメや薬草などを運搬した。…島民たちは原木を船舶用として伐採するときは、斧で半径ぐらいまで切った後、高い端に縄を結んで数人が引っ張ると、丸太の半分が割れる。日本人たちが入ってきて、ノコギリを使って盜伐をしていったという」

    キム氏は、巨文島の住民たちが鬱陵島から取り寄せた木材を使って建てた住宅とハムジバク(大きな容器)の写真も残した。パク研究教授は、「巨文島の住民たちが鬱陵島に行ってきたという物証だ」と説明した。

    麗水(ヨス)と順天(スンチョン)地域の住民たちが、朝鮮時代に鬱陵島と独島で漁労活動をしたことは、1693年に安龍福(アン・ヨンボク)が日本に拉致された時の陳述にも出ている。安龍福は当時、鬱陵島に渡っていった経緯について語りながら、鬱陵島で3隻の船が操業していたが、その1隻が順天の船だと主張した。粛宗(スクジョン)実録も、安龍福が1696年、日本に渡航した際の一行の中に「順天僧」5名が含まれていたと記録した。

    独島研究所は、キム氏が残した資料の原本を写真で撮影して「鬱陵島・独島関連巨文島資料Ⅰ、Ⅱ」(図書出版ソンイン)で最近出版した。20日午後2時に、麗水市梧桐島(オドンド)路にあるマティユホテルで出版記念セミナーを開催する。

    趙鍾燁

    東亜日報
    http://www.newspim.com/news/view/20180917000293
    【【竹島問題】 「独島でワカメやアシカをとっていた」…巨文島の住民が残した記録を発見 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ニライカナイφ ★ 2018/08/05(日) 21:14:00.85 ID:CAP_USER
    takesima
     
    ◆日本の漁民、韓国に輸出税を払って独島でアシカ漁

    明治維新の直後、国政を総括する最高権力機関として存在していたのが太政官だ。
    1877年3月29日、太政官は内務省の問い合わせに答える指令を確定させた。

    「竹島外一島の儀、本邦関係無きの儀と相心得べき事」。
    当時日本が言及した「竹島」とは鬱陵島で、「一島」とは、添付された略図に「竹島」と共に登場する「松島」、すなわち独島だった。
    日本が、独島は朝鮮領であることを公に認めたという明白な証拠だ。

    韓亜文化研究所の代表を務める著者は、韓国有数の独島(日本名:竹島)専門家だ。
    柳氏は、検証されていない独島情報があふれる中で、冷静かつ緻密に「事実確認」を進めた。

    『世宗実録』に登場する于山島は、武陵島(鬱陵島)から天気のいい日にだけ肉眼で見えると記録されており、この条件に合う島は独島だけだ。
    1904年に日本は独島を「無主地」だと言い張って自国領に編入したが、それ以前に日本人は独島にアシカを捕りに行く際、大韓帝国の鬱陵島の島監に輸出税を納付していた。
    後に日本が主張する「固有の領土」論は、「無主地の先占」とはあべこべで合致しない論理だという。

    兪碩在(ユ・ソクチェ)記者

    朝鮮日報 2018/08/05 05:02
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2018080301625

    【【また嘘を】日本の漁民は韓国に輸出税を払って独島でアシカ漁をしていた 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ガラケー記者 ★ 2018/05/19(土) 15:42:09.01 ID:CAP_USER
    186CDE63-BF4D-40FC-8AEC-644D502066E6
     
     韓国側が竹島(島根県隠岐の島町、韓国名・独島(トクト))の領有権を主張する際の論拠として持ち出す明治政府の文書「太政官(だじょうかん)指令」にある「竹島ほか一島は日本国とは関係がない」とする記述について、「竹島」は実在しない島を、「一島」は鬱陵島(ウルルンド)を指すことを示す地図「日本府県略図」が見つかった。専門家は、指令で日本は現在の竹島の領有権を放棄したとする、韓国側主張の論拠を崩す資料になると指摘する。
     太政官は後の内閣に当たる最高機関で、1877年の指令で「竹島外(ほか)一島之儀本邦関係無之儀ト可相心得事」(竹島ともう一つの島はわが国と関係ない)と内務省に指示した。韓国側は「もう一つの島」が竹島とし、1905年の島根県編入まで日本側に自国領の認識がなかったと主張している。
    【詳しくは本紙紙面をご覧ください】
    山陰中央新報
    2018年5月19日
    http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1526694068941/

    【【日本府県略図】「竹島外一島」は鬱陵島 韓国側主張崩す地図発見】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2018/01/28(日) 21:09:56.02 ID:CAP_USER
    no title

    ▲竹島渡海禁止令デジタルファイル

    「322年前の今日は日本が「竹島(鬱陵島)渡海禁止令」を出した日です。」

    韓国広報専門家のソ・ギョンドク誠信(ソンシン)女子大教授がこのような内容のデジタルファイルを28日、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどSNSにいっせいに上げた。

    ファイルには「日本、江戸幕府は1696年1月28日、日本人の鬱陵島出漁を禁止する「竹島渡海禁止令」を下した。これは日本が鬱陵島と独島(ドクト、日本名:竹島)が朝鮮の領土であることを自ら認めた決定だった」という内容が含まれている。

    この禁止令は1877年、日本の最高行政機関が「鬱陵島と独島は日本と関係がない」と作成した「太政官指令」と共に日本が独島は韓国領土あることを自ら認めた歴史的な文書だ。

    ソ教授は「去る25日、日本政府が東京の中心街に『独島展示館』(記者注:『領土・主権展示館』のこと)を開館するなど、露骨な独島野心を見せているが、私たちはこの様な日本に決定的に不利な歴史的飼料を持って全方向的な広報を広げることが重要と考えて、二つのファイルを上げることにした」と説明した。

    二つのファイルのSNS掲示はソ教授が広げる「独島知識キャンペーン」の一つ。
    (後略)

    ワン・キロァン記者

    聯合ニュース(韓国語) 「322年前今日(1月28日)日本は独島を朝鮮の土だと認めた」
    http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2018/01/26/0200000000AKR20180126121100371.HTML

    【【当時は鬱陵島が竹島で、竹島は松島と呼ばれていました】 「322年前の今日、日本は独島を朝鮮領土と認めた」~韓国広報専門家のソ・ギョンドク教授、資料を公開】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル