かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:ASEAN

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: すりみ ★ 2023/07/13(木) 17:25:50.99 ID:J4M1F5oc
    東京電力福島第一原発の処理水の海洋放出を巡り、中国側がインドネシアのジャカルタで11日に開幕した東南アジア諸国連合(ASEAN)外相の関連会合で問題化するよう、求めていることが分かった。

    中国は会議で採択される文書に盛り込み、日本の海洋放出に反対する国際世論づくりを働きかける構えだが、議題になる見込みは薄いとみられている。

    《後略》
     

    朝日新聞DIGITAL |ジャカルタ=斎藤徳彦 半田尚子|2023/7/11 22:06
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASR7C75PJR7CUHBI02T.html?iref=sp_ss_date_article

    【【大朝鮮】中国、処理水の問題化狙うも不発?ASEAN関連会合で賛同広がらず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2022/11/15(火) 21:34:03.00 ID:V4ksm/Kt
    【バリ島聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が15日(現地時間)、カンボジアとインドネシアの歴訪日程を終え、専用機でインドネシアのバリ国際空港から帰国の途に就く。同地で15日に開幕した主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)は16日までの日程だが、尹大統領は15日夜に出発し、16日午前に京畿道・城南のソウル空港(軍用空港)に到着する予定だ。

     尹大統領は11日にカンボジアのプノンペンを訪問。韓国・東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議やASEANプラス3(韓中日)首脳会議、東アジア首脳会議(EAS)などに出席した。13日午後には韓日、韓米、韓米日首脳会談に臨み、北朝鮮問題などで連携を確認した。

     インドネシアに移動後、14~15日にはG20各国の経済団体や企業によるビジネスサミット(B20サミット)やG20サミットなどに出席した。

     今回の歴訪のキーワードとして「韓国版インド太平洋戦略」が挙げられる。これを通じて米国のインド太平洋戦略に歩調を合わせながら、習近平・中国国家主席との韓中首脳会談を通じて「対中けん制」にある程度距離を置く姿勢を示した。

     また韓米日3カ国首脳がそれぞれ会談することで、対北朝鮮政策で協力していく意思も改めて確認した。

     ◇韓国版インド太平洋戦略を宣言 中国けん制には距離

     尹大統領が11日の韓国・ASEAN首脳会議で発表した自由・平和・繁栄を3大ビジョンとする「韓国版インド太平洋戦略」は韓国政府初の地域外交戦略だ。

     米国が中国けん制を念頭にした「インド太平洋戦略」を打ち出す中、これへの態度をあいまいにしていた文在寅(ムン・ジェイン)前政権と異なり、米国との共同歩調を明確にした。

     米中競争の最大の激戦地とされる東南アジアを舞台に独自の戦略を公開したことも注目に値する。

     韓国は米国の対中政策の基調に全面的に同調するのではなく、ASEANを中心に独自の地域外交戦略を駆使するという意思を強調。そのため歴訪最終日に実現した韓中首脳会談にも関心が集まった。

     尹大統領は米国の対中けん制戦略に無条件に同調しないという意思を首脳会談で示したとみられる。

     ◇東南アジアを舞台にした「北朝鮮の核巡る外交戦」

     韓中首脳会談をはじめ、様々な首脳外交のもう一つのキーワードは「北朝鮮核問題」だ。

     北朝鮮による挑発が続き、7回目の核実験がいつ強行されるか分からない状況で、韓米、韓中日、韓日、韓中首脳会談が順次開催された。

     特にプノンペンで行われた韓米日首脳会談では共同声明を採択した。韓国大統領室によると、韓米日3カ国の首脳による包括的な内容が盛り込まれた共同声明の採択は今回が初めて。

     また米国が韓日に提供する拡大抑止策を巡り、核を含んだ防衛力の提供を明言し、韓米日が収集した北朝鮮のミサイル警戒情報をリアルタイムで共有することで合意したことは注目に値する。

     事実上、韓日間の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の正常化であると同時に、韓日軍事協力の拡大に道を開いたとの評価も出ている。

     中国側との接触でも、北朝鮮の非核化を引き出すため積極的な役割を担うよう要請した。

     このほかにも、フィリピンのマルコス大統領、カンボジアのフン・セン首相、タイのプラユット首相、インドネシアのジョコ大統領などとの首脳会談を開催した。

    11/15(火) 21:00配信
    聯合ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0f7fdb037d7cbd1c83f62db762f4aeecefdf2dc2

    【尹大統領の東南アジア歴訪終了 キーワードは「韓国版インド太平洋戦略」 「対中牽制」にある程度距離を置く姿勢】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚤の市 ★ 2022/11/13(日) 18:44:09.74 ID:IjXmlhxv9
    kisidaasean
    【プノンペン=重田俊介】岸田文雄首相は13日、東南アジア諸国連合(ASEAN)に日本や中国、米国、ロシアなどを加えた東アジア首脳会議(EAS)に出席した。東シナ海で「中国による日本の主権を侵害する活動が継続・強化されている」と指摘し、名指しで中国を批判した。

    沖縄県・尖閣諸島周辺で中国船の領海侵入が相次ぐ。首相は南シナ海でも「軍事化や威圧的な活動など地域の緊張を高める行為が続く」と懸念を示した。

    ペロシ米下院議長の台湾訪問を受け、中国軍が8月に発射したミサイルが日本の排他的経済水域(EEZ)内に着弾したことに首相は言及した。「台湾海峡の平和と安定も地域の安全保障に直結する重要な問題だ」と強調した。

    ロシアのウクライナ侵攻を巡っては、世界で核兵器が77年間使用されていない歴史があると語った。そのうえで「仮に今回使用されることがあれば、人類に対する敵対行為」だと訴えた。

    北朝鮮情勢では大量破壊兵器とあらゆる射程の弾道ミサイルの「完全で検証可能かつ不可逆的な非核化」に向け協力を呼びかけた。香港や新疆ウイグル自治区の人権状況についても深刻な懸念を伝えた。

    日本経済新聞 2022年11月13日 18:30
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA131UE0T11C22A1000000/


    【岸田首相、中国を名指し批判 東シナ海で「主権侵害」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2022/07/31(日) 20:35:11.45 ID:CAP_USER
    日本メディア、8月ASEAN会議「日韓外交長官会談調整」=韓国報道

    来月、カンボジアで開かれるアセアン(ASEAN・東南アジア国家連合)外交長官会議で日韓外交長官が会談する方向で調整していると日本メディアが報道した。

    30日、日本読売新聞によると、パク・ジン外交部長官と日本の林芳正外務大臣は、8月3日から5日までカンボジアで開かれるASEAN関連連鎖外交長官会議に出席する予定だ。

    日本政府は、日韓外交長官会談以外にも米国・オーストラリア・日本の三者、日中両者外交長官会談を開催する案を調整していると伝えられた。

    一方、パク長官は、就任後の7月18日、日本を初訪問、林外務大臣と会談を開き、徴用工被害者賠償問題など両国間の懸案を議論した。パク長官は「カンボジアで開かれるASEAN関連外交長官会談で、林外務大臣に会うことを期待する」とし「日韓間の“シャトル対話”を続けるだろう」と明らかにした。

    WOW!Korea
    https://www.wowkorea.jp/news/korea/2022/0730/10358070.html


    【【韓国報道】 日本メディア、8月ASEAN会議「日韓外交長官会談調整」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2022/05/25(水) 21:01:12.68 ID:sTIeUOQd9
    外務省が海外で行った世論調査の結果、ASEAN=東南アジア諸国連合の国々で「今後の重要なパートナー」として1位になったのは中国で、3年前に1位だった日本は逆転される形となりました。

    この調査は、外務省が去年12月から今年2月にかけて世界各国で行ったもので、ASEANに加盟する国々では、ミャンマーを除く9か国で合わせて2700人を対象に行われました。

    「G20の中で今後の重要なパートナーは」という質問に、48%の人が中国と答え、前回3年前の調査では51%で1位だった日本は43%に減らし、中国に次いで2位となりました。中国の影響力が東南アジアの国々でも強まっていることがうかがえます。

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/841ad97cf829c6ddfbfb8c2e681c956ec465ae22

    【日本が中国に逆転許す ASEANにとっての「今後の重要なパートナー」 対日世論調査】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2022/01/25(火) 10:06:21.53 ID:CAP_USER
    kr250
    ASEAN(東南アジア国家連合)の若者が最も信頼する国は「韓国」と調査された。

     その一方、韓国の若者が最も信頼する国は米国だった。

    これは、韓・ASEANセンターが実施し25日に発表した「2021韓・ASEAN青年相互認識度調査」からわかった結果だ。


     この調査は昨年8〜9月、ミャンマーを除くASEAN9か国の若者1800人と、韓国に住むASEAN出身の若者500人、韓国人の若者およそ1000人の計3300人を対象におこなわれた。

     ASEANはインドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ブルネイ、ベトナム、ラオス、ミャンマー、カンボジアなど東南アジア10か国。人口6億6000万人が居住し、2020年の国家総生産(GDP)は3兆1062億ドルに達する。

     調査の結果によれば、現地ASEANの若者の93.6%、在韓ASEANの若者の96.7%が「最も信頼する国(重複回答可能)」として「韓国」を選んだ。続いて、現地に住む若者は日本(92%)とオーストラリア(87.6%)、在韓ASEANの若者も日本(88.2%)とオーストラリア(91.7%)を「信頼する」と回答したことがわかった。

     しかし、中国に対する信頼度は現地に住む若者(57.9%)と在韓の若者(38.9%)どちらも「低い」結果となった。

     韓国の若者のASEAN国家に対する信頼度は64.4%で、日本(39%)と中国(6.7%)より高かった。ただし、米国(82.7%)、オーストラリア(80.1%)よりは低かった。

     また、自国の未来に最も「助け」となる国はどこかを問う質問に対してASEANの若者は「ASEAN地域」を1位(92.5%)に選び、在韓ASEANの若者は「韓国」(96.9%)を選んだ。

    ヤフーニュース(WOW!Korea)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b4b2851ed775e75460c5d106fd8bc6093cb4e035

    【【お手盛り調査でホルホル】ASEANの若者、最も信頼する国は「韓国」…2位「日本」をわずかに上回る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/10/28(木) 07:50:29.15 ID:CAP_USER
    無題-34
    ASEAN(=東南アジア諸国連合)と日中韓3か国による首脳会議で、韓国の文在寅大統領が、議長らへの挨拶のあと、岸田総理大臣に向けて呼びかける場面がありました。

    文大統領「日本の岸田総理大臣、歓迎いたします」

    岸田総理と文大統領は今月すでに電話会談をしていますが、互いの顔を見ながら会議に参加したのはこれが初めてです。

    文大統領は27日からヨーロッパ歴訪に出発し、来週、イギリスで行われる気候変動問題を話し合う国際会議「COP26」にも出席する予定で、韓国メディアは、日韓首脳の直接の対話が実現する可能性があると伝え注目しています。

    ヤフーニュース(日テレnews24)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/47dab569aea004a11bf5fad00f6c40ee9cf933c7

    【【ASEAN首脳会議】韓国・文大統領「日本の岸田総理大臣、歓迎いたします」と呼びかける】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2021/10/15(金) 12:16:51.15 ID:CAP_USER
    mm250

    ミャンマー軍は、ASEAN=東南アジア諸国連合の特使の受け入れを拒否したことを明らかにしました。特使がアウン・サン・スー・チー国家顧問らとの面会にこだわったため、拒否したとみられ、ASEAN側の反発が予想されます。

    ミャンマーの国営テレビは、14日、軍による「暫定政府」の声明を読み上げ、ASEANの特使であるブルネイのエルワン第2外相が求めた今月11日から14日までのミャンマー訪問の受け入れを拒否したことを明らかにしました。

    拒否の理由について「特使はすべての関係者の面会を求めてきたが、わが国が国内の安定と法の支配に重点を置いている現在、特定の任務を遂行することは困難だ」などとしています。

    軍はエルワン第2外相が、拘束されて裁判が行われているアウン・サン・スー・チー国家顧問やウィン・ミン大統領らとの面会にこだわったため、受け入れを拒否したとみられます。

    また、声明では「まずは相互の信頼を構築するべきだ」として、スー・チー氏らとの面会を希望しない訪問であればすぐにでも歓迎するとしています。

    今回、特使の訪問が実現しなかったことで、ASEAN側の反発が予想され、15日、緊急の外相会議を開いて今後の対応について協議するものとみられます。

    NHK  2021年10月15日 8時49分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211015/k10013308101000.html

    【【東南アジア】ミャンマー軍 ASEAN特使の受け入れを拒否】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼  2021/08/07(土) 11:31:30.68 ID:CAP_USER
     【ワシントン時事】バイデン米政権が、トランプ前政権がおろそかにした東南アジア諸国との関係構築を加速させている。米政府は、「唯一の競争相手」と見なす中国に対抗する上で、日米とオーストラリア、インド4カ国の枠組み「クアッド」を重視する姿勢を明確にしてきたが、中国と経済面でつながりの深い東南アジア諸国の取り込みが、クアッド強化と並び重要だと発信し始めた。

     ブリンケン国務長官は今週、オンライン形式で行われた一連の東南アジア諸国連合(ASEAN)の会合に出席。新型コロナウイルス対策で、ASEAN諸国に2300万回分のワクチンを提供したことをアピールした。

     バイデン大統領は、同盟・友好国との連携を軸に、中国に対処していく方針だ。3月にクアッドのテレビ首脳会議を行い、4月には菅義偉首相を米国に招待。6月の初外遊では、欧州で先進7カ国首脳会議(G7サミット)、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席し、サミットでは台湾情勢などで中国をけん制する首脳宣言の採択を主導した。中国をにらみ、クアッド、日米同盟、米欧同盟という枠組みの強化を図った形だ。

     バイデン政権にとって、ASEAN諸国への接近は、これに続く課題となる。バイデン氏は5~6月、ASEAN会合に先立ち、インドネシア、カンボジア、タイにシャーマン国務副長官を派遣。オースティン国防長官も7月、シンガポール、ベトナム、フィリピンを歴訪した。今月中には、ハリス副大統領が初のアジア外遊としてベトナム、シンガポールを訪れる予定だ。

     東南アジア外交では、安全保障に加え経済面での関与拡大が焦点の一つで、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」への対案となるインフラ整備支援が重要課題に浮上している。今秋開催予定のクアッドの対面首脳会議では、4カ国協調による東南アジア向け支援が議題になる可能性がある。

     ただ、当のASEAN側には、地域が米中の「草刈り場」と化し、加盟国間の分断につながるという懸念も根強い。国務省高官も「米国か中国か選ぶよう求めたことはない。(ASEANが)中国と良好な関係を持つ必要があることを認識している」と配慮を見せる。米政府は、対中非難で同調するよう求めるより、トランプ前政権下で低下した信頼を回復させることを優先する構えだ。

    時事ドットコム 2021年08月07日07時22分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021080600721&g=int

    no title

    オースティン米国防長官(左)と握手するフィリピンのロレンザーナ国防相=7月30日、マニラ(AFP時事)

    no title

    オースティン米国防長官(中央)を迎えるベトナムのファン・バン・ザン国防相(右)=ハノイ、ベトナム通信(VNA)が7月29日配信(AFP時事)

    no title

    ベトナム、シンガポールを訪れる予定のハリス米副大統領=7月27日、ワシントン(AFP時事)


    【【米国バイデン政権】ASEAN外交に本腰 4カ国連携に続き中国けん制 クアッド、日米同盟、米欧同盟という枠組みの強化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼  2021/08/03(火) 20:41:52.15 ID:CAP_USER
    kr250
    【ソウル聯合ニュース】韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官は3日、オンライン開催された韓国・東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議に出席し、関係発展策や朝鮮半島問題などの地域情勢を巡り協議した。

     外交部によると、鄭氏は朝鮮半島情勢に関し、北朝鮮との通信連絡線の復旧などの進展を説明した。また、対話と外交を通じて朝鮮半島の完全な非核化と恒久的な平和定着の実質的な進展を図るため、引き続き建設的な役割を果たしてほしいとASEAN側に求めた。

     ASEAN諸国は南北間の通信連絡線の復旧を歓迎し、南北の対話や協力を支持する姿勢を示すとともに、既存の南北・米朝間の合意に基づいた早期の対話再開へ努力すると表明した。

     鄭氏は同日、ASEANプラス3(韓中日)外相会議にも出席する。4日には東アジア首脳会議(EAS)外相会議、6日には北朝鮮も加わるASEAN地域フォーラム(ARF)外相会議にそれぞれ出席する。新型コロナウイルスの影響で、いずれもオンライン開催となる。

     ARFの会議には昨年と同様、北朝鮮から安光日(アン・グァンイル)駐ASEAN代表部大使兼駐インドネシア大使が出席する公算が大きいが、本来の出席対象者である李善権(リ・ソングォン)外相となる可能性もある。

    WOWKorea 2021/08/03 16:42配信 聯合
    https://s.wowkorea.jp/news/read/309805/

    【韓国・ASEAN外相会議開催 韓国は南北通信線復旧など説明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2021/08/02(月) 01:25:26.01 ID:ERK1fGt99
    no title

    ミャンマーで軍がクーデターを起こしてから半年となった1日、軍トップのミン・アウン・フライン司令官はテレビ演説を行い、再来年(2023年)の8月までに総選挙を行う方針を示しました。
    これに対して、クーデターに抗議する市民は軍の統治の即時停止を求めており、反発をさらに強めるものとみられます。

    ミャンマーの国営テレビなどで1日放送された演説で、ミン・アウン・フライン司令官は「われわれは、民主主義と連邦制に基づいた国をつくることを保証する。期限内に選挙の準備を完了させる」と述べ、再来年の8月までに総選挙を実施し、勝利した政党に権力を委譲する考えを示しました。

    そのうえで、ミャンマーでも新型コロナウイルスの感染が急拡大していることについて「すべての国民が団結し、手を取り合い、協力して立ち向かわなければならない」と訴え、コロナ対策への協力を繰り返し求めました。

    ミャンマーでは、多くの医療関係者や公務員が軍の統治を拒否して職務を放棄する不服従運動を展開するなか、医療は崩壊状態に陥り、先月1か月間の死者数は保健当局が把握しているだけでも6000人に上ります。

    また、現地の人権団体のまとめでミャンマー軍の弾圧による犠牲者が940人に上るなか、クーデターに抗議する市民は、軍の統治の即時停止を求めており、コロナ対策への協力の呼びかけを拒否し、反発をさらに強めるものとみられます。

    ミャンマー軍トップ「ASEANと協力する用意ある」

    ASEAN=東南アジア諸国連合は、ことし4月ミン・アウン・フライン司令官も出席した首脳級の会議を開き、軍と民主派勢力の対話を仲介するASEANの特使をミャンマーに派遣することで合意しましたが、それから3か月余りがたっても特使の派遣は実現していません。

    これについてミン・アウン・フライン司令官は1日のテレビ演説で、特使の人選をめぐってミャンマー側が回答を伝えたあとで「ASEAN側が新たな提案を出してきたため、先へ進めなくなった」などと経緯を説明しました。

    そのうえで「ミャンマーは特使との対話を含め、ASEANと協力する用意ができている」と述べました。

    国家統治評議会 “暫定政府”を発足と発表

    ミャンマー軍がクーデター後に設置した最高意思決定機関「国家統治評議会」は1日、「暫定政府」を発足させ、ミン・アウン・フライン司令官が「暫定首相」に就くと国営テレビで発表しました。

    目的は「評議会の業務をより迅速かつ効果的に進めるためだ」と説明していますが、みずからの権威づけや統治の正当化を図ることがねらいとみられます。

    NHKニュース 2021年8月1日 21時56分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210801/k10013175011000.html

    【【ミャンマー軍/フライン司令官】「暫定政府」を発足「暫定首相」に就くと国営テレビで発表 “再来年8月までに総選挙” 反発強まるか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 千尋 ★ 2021/04/28(水) 15:08:19.11 ID:wIT6kqSs9
    日中韓や豪州、東南アジア諸国連合(ASEAN)など15か国による地域包括的経済連携(RCEP)が 28日午前、参院本会議で与党などの賛成多数で可決、承認された。
    参加国合計の人口と国内総生産(GDP)はいずれも世界全体の3割に上る。
    日本は中国や韓国と初めての自由貿易協定となる。

     ただ、参加国の多くは国内手続きが進んでおらず、発効時期のめどは立っていない。

     政府は今後、関税の撤廃や引き下げなどができるよう政令改正を進め、
    今夏にも事務局のASEANへ批准を通知する方針だ。

     シンガポールと中国はすでに批准しているが、発効にはASEAN10か国のうち少なくとも6か国と、 それ以外の国のうち3か国が批准する必要がある。

    読売新聞
    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20210428-OYT1T50149/

    【【発行時期のめどは立ってない】 韓国や中国と初の自由貿易協定、「RCEP」国会で承認】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 少考さん ★ 2021/04/25(日) 09:10:06.18 ID:psd6287H
    K10012996331_2104250515_2104250521_01_02

    ASEAN 特使をミャンマー派遣で対話仲介へ 議長声明を発表

    ミャンマー情勢をめぐるASEAN=東南アジア諸国連合の首脳級の会議が24日開かれ、平和的な解決に向けてASEANの特使をミャンマーに派遣して対話を仲介するなどとした議長声明を発表しました。

    ASEANの首脳級会議は24日インドネシアの首都ジャカルタで行われ、クーデターを起こしたミャンマー軍のトップ、ミン・アウン・フライン司令官も出席しました。

    会議のあと議長声明が発表され、出席者は深刻な懸念を表明したうえで、平和的な解決に向けた5つの項目について合意したとしています。

    合意内容には、暴力を直ちに停止しすべての当事者が自制することやASEAN議長国の特使が対話プロセスを仲介すること、特使が現地のすべての当事者と面会することなどが盛り込まれています。

    会議に出席したシンガポールのリー・シェンロン首相は地元メディアに対して、ミン・アウン・フライン司令官が会議の中で「ASEAN代表団の訪問や人道支援に反対しない」などと述べたことを明らかにしました。

    一方、5項目には、アウン・サン・スー・チー氏などクーデターで拘束された人たちの解放については盛り込まれず、議長声明の中で「解放を求める声もあった」という表現にとどまりました。

    ASEANとしては地域の共同体として事態の打開に向けて主導的役割を打ち出した形ですが、民主化を目指す勢力と激しく対立する軍から今後どれだけ協力を引き出せるかが問われることになりそうです。

    ミャンマー軍に対抗し発足「国民統一政府」が声明

    ミャンマーで民主化を目指す勢力が軍に対抗して発足させた「国民統一政府」の報道官を務めるササ氏は「ASEANの指導者たちが軍の暴力を停止し政治犯を釈放しなければならないとの考えで一致したというニュースを歓迎する」とした声明を発表しました。

    声明はまた「今回の決定に従い私たちが民主主義と自由を取り戻すためASEANの揺るぎない行動を期待する」としています。

    ミャンマー国営テレビ 合意内容については触れず
    ミン・アウン・フライン司令官の今回の会議の出席はクーデター後初の外国訪問となりました。

    24日夜のミャンマーの国営テレビは司令官の出席をトップニュースで取り上げ「司令官らはミャンマー国内の政治的な進展や今後について議論した」と伝えました。

    しかし、暴力の停止やASEANの特使など議長声明に盛り込まれた合意内容については一切触れませんでした。

    NHK 2021年4月25日 5時21分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210425/k10012996331000.html


    【【ASEAN】特使をミャンマー派遣で対話仲介へ 議長声明を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひよこ ★ [CN] 2021/04/17(土) 21:04:10.02 ID:PYaVPvFF9

    no title

    ミャンマー国軍のミン・アウン・フライン総司令官=2018年8月、ネピドー(EPA時事)


     【バンコク時事】タイ外務省スポークスマンは17日、ミャンマー情勢を協議するため、東南アジア諸国連合(ASEAN)が今月下旬に開く予定の特別首脳会議に関し、クーデターを実行した国軍のミン・アウン・フライン総司令官が出席の意向を示したことを明らかにした。議長国ブルネイは、首脳会議を24日にジャカルタで開く方向で調整を進めている。


     クーデターに反発する民主派は、国軍に対抗して独自に「統一政府」の樹立を宣言した。ASEAN外交筋は総司令官が出席する場合、「民主派代表がジャカルタに来る可能性は低い」と指摘。これに対し、民主派幹部のアウン・チー・ニュン氏は、取材に「われわれも参加する必要がある。国際社会の支援が必要だ」と訴えた。
     会議には総司令官のほか、首脳数人が参加を表明したという。対面式での開催を目指すが、一部首脳は出席を明言しておらず、オンラインで参加する可能性もある。

    時事通信 2021年04月17日20時07分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021041700582

    【ミャンマー国軍トップ出席へ 今月下旬のASEAN会議】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: うずしお ★ 2021/03/13(土) 23:14:13.81 ID:TtEzqxAe9
    kuaddo
    日米豪印4カ国の枠組み「クアッド」は12日に初めて首脳会合を開き、新たなステージに達した。ただ、インドは中国を極度に刺激することは回避したい意向で、日本政府内でも北大西洋条約機構(NATO)のような軍事同盟への発展には否定的な見方が大勢となっている。日本は4カ国の協力を深化させる一方、東南アジア諸国連合(ASEAN)などに対中包囲網を広げる礎としたい考えだ。

     日米豪印は2004年12月のスマトラ沖地震の際に「コアグループ」を形成、国際社会の人道支援を主導した。06年には第1次安倍晋三政権が誕生し、民主主義4カ国の連携を提唱。中国の軍事的台頭が進むと、17年11月に公式の事務レベル会合、19年9月には初の外相会合が実現するなど連携は強まり、第2次安倍政権が掲げた「自由で開かれたインド太平洋」は4カ国共通の目標となった。

     ただ、インドは中国と国境紛争を抱える一方、伝統的な非同盟政策もあり、クアッドの軍事協力は共同演習などにとどまる。首脳会合の共同声明でも中国の名指しは避けた。こうした中で日本は日印2国間の防衛協力を進めつつ、クアッドの枠組みを新型コロナウイルス対策や重要技術、気候変動などに広げ、結束を強化していく戦略だ。

    auone(産経ニュース)
    https://article.auone.jp/detail/1/2/3/10_3_r_20210313_1615637061788722

    【政府、ASEANなど対中包囲網の礎目指す 日米豪印「クアッド」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ろこもこ ★ 2021/02/17(水) 21:06:12.71 ID:CAP_USER
    kr250

    2021年2月16日、韓国メディア・韓国日報は「ASEAN(東南アジア諸国連合)における韓国の影響力は1%にも満たない」と題した記事を掲載した。

    記事によると、シンガポールのシンクタンク、ISEASユソフ・イサーク研究所がこのほど、ASEAN加盟国を対象とした調査結果をまとめた報告書を発表した。今回初めて韓国の経済的、政治的影響力を調査したところ、どちらも1%未満(それぞれ0.6%、0.3%)と集計されたという。また、「新型コロナウイルス感染症問題を支援する対話パートナー」「米中対立の中におけるASEANのパートナー」「最も好きな旅行先」を尋ねる質問で、「韓国」との回答率はそれぞれ5.4%、3.2%、4.7%だったという。記事は「ASEANにおける韓国の地位は微々として振るわない」と評している。

    報告書は、日本については「最も信頼できる強大国」(67.1%)「最も好きな旅行先」(30.2%)で1位に選ばれていると紹介。「米中の対立でASEANが直面している潜在的リーダーシップの空白を、ソフトパワーの強い日本は埋めることができる」とも評している。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは「親日国シンガポールのシンクタンクの言うことなどどうでもいい」「日本が潜在的リーダーシップの空白を埋める?。根拠は何だ?」「日本はかつて米国を脅かした経済大国だが、韓国は韓流と経済成長で、今ようやく東南アジアに名刺を配っているようなものだ。日本より信頼度や影響力が劣るのも当然だよ」「今回初めての調査だったんでしょ。これからだよ。韓国、ファイト」「東南アジアで日本が高く評価されているのは事実だ。韓国は少し彼らを低く見ているところがあって、イメージが悪いのも事実。でも、日本の影響力はだんだん弱まっている。韓流に乗って韓国のイメージは良くなっている。これからが重要だよ」などの声が寄せられている。(翻訳・編集/麻江)

    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b872154-s25-c100-d0195.html 


    【【韓国の影響力は1%にも満たない】ASEANにおける日韓の影響力に大きな差? 韓国ネット「韓流に乗って韓国のイメージは良くなっている」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/11/14(土) 17:23:30.52 ID:CAP_USER
     no title

    韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は今日(14日)の午後、TV会議で開催された「第23回 ASEAN(東南アジア諸国連合)プラス3(日中韓)首脳会議」で、菅義偉首相と初めて多国間会議で会うこととなった。

    文大統領はこの日の午後3時30分に開催された“ASEANプラス3首脳会議”の冒頭発言で「尊敬する議長、各国の首脳の皆様、特に日本の菅首相、お会いできてうれしい」とあいさつした。

    文大統領は去る9月24日、菅首相就任祝いのために 初めて電話会談をして以降、この日 初めて菅首相とTV会議で対面することとなった。

    文大統領は「我々は1997年の東アジア通貨危機を通して、大切な経験をした」とし「一つの国の危機は すなわち隣国の危機であり、共同対応と協力の重要性を悟った。このことはASEANプラス3首脳会議が発足するきっかけとなった」と語った。

    つづけて「いまや我々は、この23年間 積み重ねてきた協力の経験を土台として、新型コロナウイルス感染症に立ち向かい、連帯し協力する国際協力の模範となっている」とし「新型コロナASEAN対応基金、必須医療物品の備蓄制度は、ASEANプラス3が共に築いた意味深い結果である。必須人材の移動もその糸口が見えている」と説明した。

    また「経済分野でも、新型コロナ以降の時代を先制的に準備しなければならない」とし「世界経済は、来年には新型コロナ以前の水準にまで回復するものとみられているが、国家間の回復速度の差は大きい」と見通した。

    文大統領は、保護貿易の世界的風潮や金融市場の不確実性について「一つの国の力だけでは解決するのが困難な問題だ」とし「我々は経済の回復力を強化し、包容的で持続可能な成長方案を探し出すため、知恵を集め協力すべきだ」と語った。

    WoW!Korea 11/14(土) 17:05
    https://news.yahoo.co.jp/articles/40daecf0c6000ca93d5fa37370a48de048edd3e3


    【【韓国・文大統領】菅首相とTV会議で「初対面」…「尊敬する議長、各国の首脳の皆様、特に日本の菅首相、お会いできてうれしい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2020/11/12(木) 23:42:45.42 ID:CAP_USER
    no title
     日本政府が東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の首脳会議でまとめられる成果文書をめぐり、中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)や巨大経済圏構想「一帯一路」に関する文言の削除を求めていることが12日、分かった。一方、中国は日本が主導する「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」を念頭に、地理的概念を含む「インド太平洋」を盛り込むことに反対しており、日中両国がASEANを舞台に牽制(けんせい)し合っている形だ。

     ASEAN外交筋が明らかにした。それによると、中国政府は14日にテレビ会議形式で開かれるASEANと日中韓3カ国(ASEANプラス3)の首脳会議、米露も含む東アジア首脳会議(EAS)などでまとめる声明で、AIIBに言及するよう主張。日本は「特定の国がイニシアチブ(主導権)を持つ内容を入れるのは不適切だ」と反対し、米政府なども同様の立場を取っているという。

     昨年11月のASEANプラス3では交通インフラの整備などを盛り込んだ「連結性イニシアチブ」に関する共同声明でAIIBに言及した。だが、AIIBなどを活用したインフラ投資の結果、中国が返済に窮した発展途上国に政治的要求を突き付ける「債務の罠(わな)」が関係国の懸念を招いており、日本による削除要求はこうした動きを牽制する意味もある。

     一方、中国側は日本主導のFOIPを連想させる文言を成果文書の草案から削除するよう要求。ASEANが昨年6月に採択した「インド太平洋に関するASEAN・アウトルック(AOIP)」にも反対している。中国は昨年のEAS議長声明などでAOIPへの言及を認めたが、日米が主導する対中封じ込めにつながる恐れがあると警戒を強めたとみられる。

    産経ニュース 2020.11.12 21:07
    https://www.sankei.com/politics/news/201112/plt2011120047-n1.html

    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1605192165/

    【【産経新聞/独自】日本が「AIIB」削除要求 中国は「インド太平洋」反対…ASEAN声明で応酬】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2020/11/12(木) 21:39:56.25 ID:CAP_USER

    no title
    【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は12日、テレビ会議方式で開催された韓国・東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議で、予期できない危機を一丸となって克服してきた加盟国首脳の指導力に敬意を表するとし、韓国もASEANと協力していきたいとの意向を示した。その上で、ASEANの連帯と協力という精神があれば新型コロナウイルスがもたらした危機を共に克服できるとし、医療物資の調達やワクチン開発などを目的とした「新型コロナに関するASEAN対応基金」に韓国も積極的に参加すると表明した。

     ASEAN対応基金は4月に行われたASEANプラス3(韓中日)首脳会議で設立が決まり、韓国は100万ドル(約1億500万円)を拠出することを表明した。

     文大統領は「韓国はこれまで診断キットやマスクなどの防疫物資を支援し、ドライブスルー(自動車移動)式のウイルス検査所など、韓国式の防疫の経験を共有してきた」とし、「ASEANも韓国が困難な状況のときに防疫物資を支援して真の友情を伝えた」と振り返った。

     またビジネス関係者らの入国を円滑にするための「ファストトラック」や特別例外入国などの制度による交流と協力は韓国が新型コロナを克服する上で大きな力になったとし、韓国とASEANの協力をさらに強化する意向を示した。

     文大統領は、「韓国の新南方政策のビジョンと成果がASEANと韓国の双方に役立っている」と評価した上で、新型コロナの状況を反映した「新南方政策プラス」を紹介した。

     文大統領は「新南方政策プラス」について「包括的な保健医療協力をはじめとする7大協力分野を中心に新しい協力策を盛り込んだ」とし、「ポストコロナ時代に『人を中心とした平和・繁栄の共同体』を早期に実現する」と説明した。

     また、新型コロナによる被害規模は国ごとに異なり、治療薬やワクチンが開発されてすべての国に普及するまではどこの国も安心できないと述べた上で、「それでもASEANと韓国が協力すればコロナ危機に先んじて対応できる」と繰り返し強調した。

     文大統領は保健分野の協力などを骨子とする「ASEAN包括的回復フレームワーク」への全面的な支持を表明した後、「新南方政策プラス」との結合により、ASEANと韓国が共に偉大な繁栄を享受することを願うと述べた。

    聯合ニュース 2020.11.12 20:46
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20201112004100882?section=politics/index


    【【韓国・文大統領】ASEAN対応基金への積極参加表明「ASEANと韓国が共に偉大な繁栄を享受することを願う」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/10/15(木) 09:25:18.35 ID:CAP_USER
    suga3
    日本が中国の海洋進出に対応するために東南アジア諸国連合(ASEAN)各国との防衛協力を大幅に強化している。

    菅義偉首相は今月18日から4日間、ベトナムとインドネシアを訪問し、中国が南シナ海の掌握を試みようとしている動きに対して、共同対応案を協議する予定だと日本メディアが報道した。先月16日の首相就任後、初の海外歴訪だ。

    特に菅首相は今回のベトナム訪問で、日本が生産した防衛装備を輸出する法的な枠組みになる「防衛装備品・技術移転協定」を結ぶ方針だと14日、日本経済新聞が報じた。日本はこれに先立ち、フィリピン・マレーシアとも同様の協定を結んだ。

    ◆中国-ベトナム、南シナ海パラセル領有権葛藤

    日本がベトナムとの防衛協力を進めているのは、同地域で支配権を強化している中国を狙った布石だ。ベトナムは現在、南シナ海に人工島建設を進めている中国と領有権をめぐり葛藤している。

    中国軍はベトナムとの領有権紛争地域である西沙諸島(パラセル)周辺海域で毎年軍事訓練を行っている。4月には中国海洋警察局の巡視船がベトナム漁船と衝突して漁船が沈没する事件も起きた。

    日本がベトナムに輸出する防衛装備としては日本国内で生産するP1哨戒機とC2輸送機のほか、8月にフィリピンとも関連契約を結んだ三菱電機の警戒管制レーダーが候補になると日経は伝えた。

    ◆海上自衛隊、フィリピン海軍と共同訓練も

    日本のASEANに対する政策は、過去数十年間は経済分野の協力に集中していたが、最近では軍事協力方面にも拡張する傾向だ。

    昨年は日本海上自衛隊がフィリピン海軍と4回にわたり共同訓練を行った。海上自衛隊のTC90練習機5機と陸上自衛隊で不要となった多用途ヘリコプター部品も無償でフィリピンに渡した。フィリピンは南シナ海のスカボロ暗礁(Scarborough Shoal)近隣地域で中国と領有権紛争中だ。

    日本はマレーシアにも海上保安庁の中古巡視船を補修し、供与した。インドネシアとは外務・防衛担当閣僚会議を開催して協力を強化していて、タイとも防衛当局間の協力・交流を深めるために覚書を結んだ。

    ◆東南アジア、武器輸出市場としてターゲット

    日本は1960年代から平和憲法に則った「武器輸出三原則」を制定して武器と関連技術の輸出を原則的に禁止する政策を取ってきた。だが、2014年、安倍晋三内閣はこれに代わる「防衛装備移転三原則」を閣議で議決して武器輸出の道を開いた。

    「防衛装備移転三原則」とは▼紛争当事国と国連決議違反国には武器を輸出しない▼平和貢献や日本の安全保障に資する場合に限り武器を輸出する▼輸出相手国による目的以外の使用および第三国移転に対する管理が確保される場合に輸出を限定する--という内容だ。日本政府は、南シナ海の場合、中東とアジアを結ぶ海上交通路(シーレーン)の要衝地で、日本の安全保障にも直結する地域だとみている。

    2014年から武器の輸出が一部解禁されたが、実際に日本が完成装備品を輸出した事例はフィリピンの警戒管制レーダーが唯一だ。日本政府は今後、インドネシアやタイなどとも関連協定を結び、東南アジア国家に対する武器輸出拡大を模索する計画だと日経は伝えた。

    一方、日本政府は今年韓国で開かれる韓日中首脳会談に関連し、韓国政府が強制徴用問題に対して措置を講じない場合、菅首相は出席することができないという立場を伝えたと最近、日本メディアが報じた。

    中央日報 2020.10.15 07:44
    https://japanese.joins.com/JArticle/271194

    【【韓国報道】韓国には行かなくても…中国けん制のために東南アジア訪問の道に踏み出す菅首相】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル