かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:AUKUS

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2024/05/01(水) 16:58:03.34 ID:pjLPI/gL
    [シドニー 1日 ロイター] - 韓国の申源シク国防相は1日、米英豪の安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」への部分参加に向けた協議を行ったと明らかにした。

    AUKUSは先月、日本と先端防衛技術分野で協力することを検討していると発表。年内に協議を開始すると明らかにしていた。

    申氏は豪韓の外務・防衛担当閣僚会談後、記者会見で「AUKUSの第2の柱と連携する可能性について話し合った」とした上で「(AUKUS)メンバーが第2の柱のパートナーとして韓国を検討していることを歓迎する」と述べた。

    韓国は防衛、科学、技術面で第2の柱に貢献できると指摘した。

    AUKUSの第1段階である「第1の柱」は豪州に原子力潜水艦を配備するもので、新たなメンバーの参加は検討されていない。

    一方、第2の柱は量子コンピューティング、極超音速ミサイルなどさまざまな分野での軍事技術共有に軸足を置き、米英豪は他国にも参加を呼びかける意向を示してきた。

    オーストラリアのマールズ国防相は「韓国は非常に優れた技術を持ち、価値観を共有する国だ。AUKUSの第2の柱が発展するにつれて将来的にチャンスが生まれる。日本との関係でもそれが実現するだろう」と語った。

    5/1(水) 14:52 ロイター
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4557cd026d513e9cf2b46d692af2b54322148865

    ※関連スレ
    【産経新聞】 中国外務省の報道官、日本に自制要求 AUKUS連携巡り「言行を慎むべきだ」 [4/9] [仮面ウニダー★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1712610077/
    【中国メディア】米英豪AUKUSが日本を抱き込みか?実現すれば警戒すべき。アジア版NATOに発展させる一歩目となる [4/9] [ばーど★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1712622193/
    【林官房長官】AUKUSとの連携に期待感 米英豪の安保枠組み [4/9] [ばーど★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1712630073/

    【AUKUS、韓国とも連携協議 米英豪の安保枠組み】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 尺アジ ★ 2024/04/08(月) 22:02:36.70 ID:k+nOb0Uf9
    アメリカ、イギリス、オーストラリアの3か国による安全保障の枠組み「AUKUS」が、日本など新たな国の加入の検討を開始したとの報道を受けて、中国は重大な懸念を表明しました。

    イギリスのフィナンシャルタイムズは8日、アメリカ、イギリス、オーストラリアの3か国による安全保障の枠組み「AUKUS」が参加国拡大に向けた協議を開始すると報じました。

    AUKUSをめぐっては去年11月、自民党の麻生副総裁がオーストラリアの講演で日本を加えてはどうかと提案。アメリカは日本の加入を模索してきたとされ、エマニュエル駐日大使は3日付のウォール・ストリート・ジャーナルへの寄稿で、日本が最初のパートナーになるとの見通しを示しています。

    こうした動きや報道について、中国外務省の毛寧報道官は8日の記者会見で反発しました。

    中国外務省 毛寧報道官
    「中国はこれに重大な懸念を表す。私たちは関係国家が排他的な小さいサークルを作って陣営対抗をすることに反対だ」

    ※続きは以下ソースをご確認下さい

    4/8(月) 18:15
    TBS NEWS DIG Powered by JNN

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5a10f40b856249ec88d167741bd01b61ac88eae5

    【中国「重大な懸念」 米英豪の安全保障の枠組みAUKUSへの日本加入検討報道】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 尺アジ ★ 2024/04/08(月) 21:51:22.87 ID:k+nOb0Uf9
    [ロンドン 7日 ロイター] - 英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は、米英豪による安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」が参加国拡大に向けた協議を開始すると報じた。米国は中国に対する抑止力として、日本の関与を模索してきた。
    AUKUSが「第2の柱」に据える量子コンピューティング、海中での能力、極超音速、人工知能(AI)、サイバー技術での協力を巡る協議について、米英豪の国防相が8日に発表する見通し。
    第1の柱であるオーストラリアへの原子力潜水艦の配備については参加国拡大を検討していないという。
    3カ国はインド太平洋地域で台頭する中国に対抗する取り組みの一環として2021年にAUKUSを立ち上げた。中国は危険な取り組みだとけん制している。
    中国の海洋進出拡大が懸念される中、バイデン米大統領は日本やフィリピンをはじめとするアジアの同盟国との連携強化を目指す考えを示してきた。
    エマニュエル駐日米大使は3日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)への寄稿で、日本が第2の柱で米英豪以外の「最初のパートナー」になるとの見通しを示した。

    2024年4月8日午前 8:15
    REUTERS

    https://jp.reuters.com/world/taiwan/3ZZZGYOULNKZNMBTDJ6UNZEBQQ-2024-04-07/

    【【国防】AUKUS参加国拡大を協議へ、日本との連携に米が意欲=FT】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 仮面ウニダー ★ 2022/12/15(木) 07:20:05.95 ID:xJOH1ZlY
    (北村 淳:軍事社会学者)

     アメリカが中国海洋戦力に対する劣勢を挽回すべくイギリスとオーストラリアを引き込んで対中軍事同盟「AUKUS」を結成して1年経過した。

     AUKUSの目玉は、なんといってもアメリカとイギリスが協力してオーストラリアに攻撃型原子力潜水艦(以下「攻撃原潜」)を供給するという取り決めである。

     そもそもAUKUSが結成されるはるか以前より、中国海洋戦力が南沙諸島を制圧しつつある状況に脅威を感じ始めたオーストラリアは、極めて弱体な海軍力を強化するために新型の非原子力推進潜水艦(以下「潜水艦」)を12隻手に入れることを決定した。しかし、自国に潜水艦建造技術がないため、海外から技術を導入し海外メーカーの協力を得ながらオーストラリア国内で建造する計画が打ち出された。

    「世紀の武器取引」といわれた12隻の潜水艦開発建造には、フランス、ドイツ、そして若干遅れて日本も名乗りを上げた。

     日本国内では安倍首相が自ら動いたことも相まって日本優勢などという手前勝手な期待が持たれたが、2016年4月、かねてよりオーストラリア海軍や政界に食い込んでいたフランスの提案が採用された(本コラム2016年3月3日、4月14日、5月5日参照)。

    奪い取られた「世紀の武器取引」

     しかし、実際にフランスとオーストラリアによる共同開発計画がスタートすると、建造予定価格は見積もりの数倍に跳ね上がり、納入推定期限も数年以上先送りになってしまった。

     そのため、オーストラリア国内やアメリカ海軍関係者などの中からは「日本製潜水艦を採用するべきであった」との声が上がった。実は海上自衛隊の潜水艦を知るアメリカ海軍の潜水艦関係者たちは、性能、価格、そして日米海軍の協力関係などの諸点によって日本製を推していたのだった。

     とはいっても国家間の契約を締結し、フランス政府も強力にバックアップしている潜水艦建造計画を蔑ろにできないオーストラリア政府は、窮地に追い込まれてしまった。

     ちょうどその折、中国海洋戦力に追いつかれ、一部能力では追い越されてしまったアメリカは、自らが主導する対中包囲網に同盟国や友好国の戦力を強化させて結集して、海洋戦力復活までの時間稼ぎを画策し始めた。

     その一環として、アメリカはイギリスとともにオーストラリアの苦境を救い、確固たる軍事同盟を結成してしまうという挙に出た。すなわち、フランスとの契約を米英両国がバックアップして反故にしてしまい、12隻のフランスの新型潜水艦の代わりに米英の攻撃原潜(6~8隻)をオーストラリアに供給しようというのである。つまりは、アメリカとイギリスで「世紀の武器取引」をフランスから奪い取ってしまったのだ。

    以下ソースから
    2022.12.15(木) (北村 淳:軍事社会学者)
    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/73125?page=3
    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/73125?page=4

    【【JBpress】「AUKUS」潜水艦計画に今更の声「日本の潜水艦を採用すべきだった」笑いが止まらない中国】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ttongsulian ★ 2022/09/24(土) 20:21:51.73 ID:CAP_USER
    U.S. in Talks to Build First Nuclear Subs for Australia
    https://www.wsj.com/articles/biden-administration-in-discussion-to-build-first-nuclear-subs-for-australia-in-u-s-11663963244


     米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は23日、米政府がオーストラリア向けの原子力潜水艦数隻の建造を検討していると報じた。米英豪は安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」を通じ、米英が技術協力しオーストラリア国内で計8隻の原潜を建造・配備する予定だが、完成は遅れる見通し。軍拡を続ける中国に対抗するため、一部を米国製にして配備を早める狙いという。

     同紙が伝えた欧米の外交筋の話によると、米英豪3カ国の高官は、米国が建造する原潜数隻を2030年代中ごろまでにオーストラリアに提供する案について協議した。

    2022/09/24 共同通信
    https://nordot.app/946303819868930048


    【【軍事】米国、豪州向け原潜の建造を検討 中国軍拡に対抗と米紙報道】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ぐれ ★ 2022/04/12(火) 21:11:18.95 ID:IAvf0fZY9

    米国、英国、オーストラリアの3カ国がインド太平洋地域の安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」に日本の参加を打診していることが12日、分かった。極超音速兵器開発や電子戦能力の強化などで日本の技術力を取り込む狙いがあるとみられる。日本政府内ではAUKUS入りに積極的な意見がある一方、米英豪3カ国とは2国間の協力枠組みがあるため、参加の効果を慎重に見極める考えもある。

    複数の政府関係者によると、米英豪3カ国はそれぞれ非公式に日本のAUKUS参加を打診。極超音速兵器や電子戦能力のほか、サイバー、人工知能(AI)、量子技術などの先端技術分野で、日本の技術力との相乗効果に期待がある。

    (略)

    産経ニュース: 2022/4/12 20:33
    https://www.sankei.com/article/20220412-73VOZUMHBVKTFFHLLJHSZHUYQU/

    【【オーカス】AUKUS参加、米英豪が日本に打診 極超音速兵器など技術力期待】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: どどん ★ 2022/04/06(水) 21:44:26.42 ID:aiL/v4LH9
    cn250
     アメリカとイギリス、オーストラリアが極超音速兵器を共同開発すると表明したことに対して、中国外務省は「目的はアジア版のNATOだ」と反発しました。

     5日、アメリカ、イギリスとオーストラリアの首脳は声明で、「ロシアによる理不尽で不正で非合法なウクライナ侵攻」と強調し、3カ国による安全保障の枠組み「AUKUS」で極超音速兵器の共同開発に合意したと発表しました。

     これについて中国外務省の広報官は6日の会見で「ウクライナ危機を口実にしている」と述べ、「目的はアジア版のNATOを作り、アメリカの覇権主義を守るためだ」と主張しました。

     また、こうした動きは「軍拡競争をエスカレートさせる」と非難しています。

     中国は、これまで「AUKUS」についてアジア太平洋地域の平和を脅かすとして「深刻な懸念」を表明しています。

    テレビ朝日
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3bd92a85de9c191bcc7d60d0de32ae99a2a3380c

    【「目的はアジア版NATO」中国が米英豪の極超音速兵器開発に反発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼  2021/10/27(水) 20:35:33.40 ID:CAP_USER
    RTXIT05T-thumb-720xauto-277414

    韓国初の国産戦闘機「FA50」に搭乗する文在寅大統領 Yonhap via REUTERS

    <韓国は、英米日豪が主軸となって自由経済諸国が構築するインド太平洋の安全保障ネットワークから取り残されることになる>

    2021年10月19日午前10時過ぎ、北朝鮮が今年に入って7回目のミサイルを発射した。米ワシントンで現地時間の同日午前から日米韓3カ国の北朝鮮問題担当高官による協議が予定され、ソウルでは同日午後から日米韓の情報組織代表の会談が予定されていた。

    また、19日から23日までソウル近郊の京畿道城南市にあるソウル空港(軍用空港)で「ソウル国際航空宇宙・防衛産業展示会(ソウルADEX2021)」が開催されるなど、北朝鮮を取り巻く行事が重なっており、これらを牽制する狙いがあったと見られている。

    韓国軍が配備するステルス戦闘機F35をめぐる問題

    文在寅大統領は、10月20日、水原空軍基地から韓国初の国産戦闘機「FA50」に搭乗し、京畿道・天安やソウルの上空を飛行した後、ソウル空港に着陸してADEX2021の開会式に出席した。国産戦闘機の優秀性と安全性を内外にアピールしたが、韓国軍の問題が明らかになっている。

    10月13日付の朝鮮日報によると韓国陸軍が1999年から2000年に導入した12機のドイツ製BO105偵察ヘリの標的捕捉探知装置(TADS)が故障して修理もできない状態にあるという。

    韓国陸軍が導入したBO105はTADSを使って夜間にも標的を捕捉できる仕様だが、故障のために夜間の偵察は難しく、昼間に肉眼でのみ偵察が可能で、同紙は韓国軍が1200億ウォン(約114億円)の血税を無駄にしたと報道した。

    同紙はステルス戦闘機F35Aの問題点も指摘した。韓国防衛事業庁は2015年、米国とF35A戦闘機の25ミリ機関砲弾薬の購入契約を結んだが、米軍が韓国軍の実弾使用を認証していなかったため訓練弾を契約した。2018年に認証されたが、実弾は供給されていないという。

    韓国軍は、2019年3月から順次、F35Aを配備してきたが、訓練弾5万5100発が配備されたのは20年5月だった。同紙は実弾どころか訓練弾も使われたことはないと伝えている。

    韓国軍は当初、60機のF35Aを配備する計画だった。しかし、日本政府が護衛艦「いずも」と「かが」をF35Bが発着できる軽空母に改修する計画を発表した直後の19年8月、韓国政府が軽空母の開発に着手すると発表し、20年8月、F35Aの20機を垂直離着陸型のF35Bに変更すると発表した。

    ロッキード・マーチン社が公表しているF35Aの航続距離は2200キロメートル以上で、韓国内のすべての空軍基地から北朝鮮全域をカバーする。一方、F35Bは航続距離が短く、また、搭載できる兵器も少ないことから有事の際の運用に限界がある。


    Newsweek 2021年10月27日(水)18時58分 佐々木和義
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/10/quadaukus.php


    【【インド太平洋の安保同盟】QUADとAUKUSから取り残される韓国】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼  2021/10/21(木) 15:49:38.53 ID:CAP_USER
     【シドニー時事】英軍制服組トップのカーター国防参謀長は、米シンクタンクの新アメリカ安全保障センター(CNAS)が開いたイベントで、米英オーストラリア3カ国による安全保障の枠組み「AUKUS(オーカス)」について、日本などを含める形で拡大する可能性があるとの認識を示した。豪公共放送ABCが21日報じた。

     カーター氏は、AUKUSの参加国拡大に関して問われ「AUKUSは排他的に設計されていない」と説明。日本のほか、英語圏5カ国による情報共有の枠組み「ファイブアイズ」を米英豪と構成するニュージーランドとカナダも、将来的に参加する可能性があるとの考えを示した。


    時事ドットコム 2021年10月21日09時07分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021102100309&g=int

    no title

    イギリスのカーター国防参謀長=2020年8月、アルルーワス(AFP時事)


    【【英米豪】AUKUS(オーカス)、将来は日本参加も 英軍制服組トップのカーター国防参謀長が認識】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼  2021/10/08(金) 21:24:46.66 ID:CAP_USER
    uk250

    <世界を驚かせた米英豪の同盟「AUKUS」創設のきっかけは、今年3月、ロンドンのオーストラリア高等弁務官事務所での出来事だった。なぜオーストラリアは原子力潜水艦を求めるのか。なぜジョンソン英首相は「渡りに船」と捉えたのか>

    英国の空母「クイーン・エリザベス」の艦隊の日本訪問は文字通り、インド太平洋時代の幕開けを告げることになった。

    「クイーン・エリザベス」が日本を離れてちょうど1週間後の9月15日、英国、米国、オーストラリア政府はインド太平洋に新たな安全保障同盟「AUKUS(オーカス)」を創設することを突如発表し、世界を驚かせた。

    この発表は手始めにオーストラリアに原子力潜水艦を供与することを明らかにした。中国はすぐにこれを冷戦思考だとして非難し、CPTPP(環太平洋パートナーシップ協定)への加盟を申請するなど、巻き返しに出ている。

    しかし、AUKUSの創設はかなり前から周到に準備、計画されていたものであった。英国は米国と連携して、インド太平洋での新秩序の形成に向けて歩みを始めている。

    コードネーム<フックレス作戦>

    英国政府筋によれば、AUKUS創設のきっかけになったのは、今年3月、英国の海軍制服組のトップである第一海軍卿、サー・トニー・ラダキン提督がロンドン市内のオーストラリア高等弁務官事務所(英連邦加盟国は英国には大使の代わりに高等弁務官を置いている)に招かれた時のことだった。

    ラダキン提督はそこで会談したオーストラリア海軍長官のマイケル・ヌーナン提督から意外な相談を持ちかけられた。「英国、米国は同盟国の潜水艦艦隊の建造に協力することが可能かどうか」という内容だった。

    これは、オーストラリアがフランスから提供を受ける予定のアタック級通常型潜水艦12隻の建造計画を破棄し、英米から高性能の原潜の供与を受けられるかという打診だった。

    この突然の要請はただちに英首相府(ダウニング街10番地)に持ち込まれて協議された。ジョンソン首相とその周辺の専門家たちは、オーストラリアの申し入れを好機と捉えた。

    彼らは当時、EU離脱後の英国の新戦略「統合レビュー」を公表したばかりであり、その具体的な行動として、空母「クイーン・エリザベス」の艦隊をインド太平洋に派遣する計画ではあったが、それだけでは不十分と考えていたからである。

    英国がインド太平洋で恒常的に活動するにはもっと確固とした法的な枠組みが必要だったのだ。

    ジョンソン首相にはオーストラリアの要請はまさに渡りに船だった。もし、オーストラリアへの原潜の供与を一つのプロジェクトとして位置付けることができれば、それをばねにさらに広範な安全保障協力へと拡大することができるし、それを英米豪で行えば新しい安全保障同盟の創設につなげることができると考えたのである。

    しかし、同盟の創設は繊細で機微な問題である。情報が外部に漏れると必ず外国が干渉してくるし、特にフランスがじゃましてくることが予想された。

    そのため、首相府はこの問題は英米豪で合意するまですべて極秘に進めることを決め、「フックレス作戦」というコードネームのもと、政府内でもごく少数のスタッフだけがこの計画を進めることになった。

    (略)

    秋元千明(英国王立防衛安全保障研究所〔RUSI〕日本特別代表、大阪大学大学院招聘教授)

    Newsweek 2021年10月8日(金)15時50分
    https://m.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/10/aukus-2_1.php

    【【米英豪・軍事同盟】イギリスがAUKUS結成を画策した理由──激変するインド太平洋情勢】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍【LV30,ほうおう,9C】第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 21/09/19(日)19:49:34 ID:???

    アメリカ合衆国、イギリス、オーストラリアの新たな軍事協定『AUKUS(オーカス)』が注目されています。

    南シナ海での中国の横暴を封じるために、アメリカ合衆国とイギリスはオーストラリアに原子力潜水艦を配備するのを支援するとしました。

    これによって、オーストラリアはフランスと共同開発するとしていた通常動力型潜水艦12隻ではなく、合衆国・イギリスと共同開発する原子力潜水艦8隻を導入することになると見られます。

    フランスとの契約の全面破棄です。

    500~900億オーストラリアドル(約3兆9,960億円~約7兆1,928億円)という巨額の契約破棄なのでフランスは当然ながら怒り、駐米・駐豪大使を召喚するという措置を直ちに取りました。

    で、興味深いことが起こりました。

    2021年09月17日、フィリップ・ルポル駐韓大使が武官同席の下、ソウル市で記者会見を開き、今回の契約破棄のついての説明を行いました。
    しかし、力点はそこではなく、フランスの武器(および技術)を調達しませんかという働きかけでした。

    韓国メディア『亜州経済(韓国版)』の記事から駐韓大使の発言部分を以下に引用します。

    「フランスは韓国と核廃棄物再処理技術等の取引・協力を真に望んでいる」
    (ただし「これは民需用だ」と一線は引きました)

    「フランスは軍事技術でも原子力潜水艦と空母建造までの全ての技術を持っている国」

    「原子力潜水艦に関するすべての技術を持っている国はフランスとアメリカだけだ」

    「原子力潜水艦から空母まで合衆国の技術はいずれも必要ない」

    ⇒参照・引用元:『亜州経済(韓国版)』「『原子力潜水艦・空母、米の技術は必要性ない』…フランス、韓国と国防協力意向を示唆」
    https://www.ajunews.com/view/20210918140830623


    明らかに売りこみです。
    合衆国はフランスに事前に交渉を全く行っていなかったため、フランスの猛反発に慌てたアントニー・ブリンケン国務長官は「フランスは重要な同盟国」と表明し、火消しに努めています。

    約4~7兆円もの商売を台無しにされたのですからフランスが怒るのも無理はありません。

    (略)

    マネーワン 9月19日
    https://money1.jp/archives/62507


    【【軍事】フランスが韓国に原潜・空母を売りこむ。「4~7兆円の売上喪失」で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/09/17(金) 09:42:40.15 ID:CAP_USER
    cn250
    中国は、米・英が今月15日(現地時間)オーストラリアと共に新たな3か国安保パートナーシップ「オーカス(AUKUS)」を発足させ、オーストラリアに原子力潜水艦保有の支援を決定したことについて「極めて無責任なことだ」と反発した。

    中国外務省の報道官はきのう(16日)の定例会見で「米国と英国がオーストラリアと原子力潜水艦の合作を進めていることは、地域の平和・安定を深刻に害し、国際核非拡散の努力を害することだ」と指摘した。

    この報道官は、オーストラリアへの原子力潜水艦の技術輸出について「彼らが核輸出を地政学ゲームの道具とみなしダブルスタンダードを貫いていることは、極めて無責任なことだ」と批判した。

    つづけて「核拡散防止条約(NPT)の非核保有国であり南太平洋非核地帯条約の当事国であるオーストラリアが原子力潜水艦の技術をもつことになれば、核非拡散条約を順守する誠意があるのか疑問を呈する理由がある」とし「中国は、これらに関する事態の展開を注目していく」と語った。


    2021/09/17 09:03配信 WOW!Korea
    https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0917/10315393.html

    【【オーカス(AUKUS)】米・英による「オーストラリアへの原子力潜水艦支援」に反発ー中国 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル