かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:Amazon

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロ ★ 2020/08/19(水) 15:55:25.29 ID:CAP_USER9

    no title
     国際政治学者の三浦瑠麗氏(39)が出演するCMに抗議が殺到し、解約騒動にまでエスカレートしている。いったい、何が起きているのか。

     三浦氏を起用したのはアマゾンの会員向け有料サービス「アマゾンプライム」。リリー・フランキーや松本人志など有名人がワンカットずつ出演する映像だ。このCMに三浦氏も出演しているのだが、それに対してアマゾンプライムの会員契約を解約する動きが発生。17日には「#Amazonプライム解約運動」というハッシュタグがツイッターのトレンドで1位に入る事態になっているのだ。

     反感の理由は三浦氏が過去、徴兵制の導入を主張したり、テレビの「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、大阪に北朝鮮のスリーパーセル(工作員)が潜伏していると発言したかららしい。差別的なタカ派と受け止められたようだ。松本は同じ番組で川崎市で起きた児童殺傷事件の容疑者について「不良品」と発言したため批判されている。

     こうしたことからアマゾンプライムに対して、「他人を傷つけたり、間違った話をした人物を広告に起用するということは、企業がその発言に同意するのと同じ」という批判が起きた。ツイッターには<松本人志とか三浦瑠麗とか、CMを見るに耐えない><徴兵制主張者をCM採用する外国企業の不買運動に賛同します!>といった過激な投稿が並んでいる。

     アマゾンプライムに問い合わせたところ、PR担当者が「皆さまの反応を真摯に受け止め、今後の製作に反映したいと思います。このCMは当初の予定通り、まもなく終了します」とのこと。

     ただし、三浦氏起用の経緯やCMがいつ始まったのか、メールなどでどんな反応が届いているのかは「経営上の機密事項なので申し上げられません」とのことだった。

    ■安倍政権とベッタリ?

     それにしても、なぜ三浦氏は、ここまで世間の反感を買ったのか。

    「安倍政権とベッタリとみられているからです」とはITジャーナリストの井上トシユキ氏だ。 

    「松本さんも三浦氏も『ワイドナショー』に出演し、松本さんは3年前、安倍首相と食事した。そうしたことから以前から三浦氏も、安倍首相の取り巻きと認識されていたのです。そこに今年2月、アマゾンの子会社が政府系のクラウドサービス業務を請け負い、リベラル派から『アマゾンが安倍政権にすり寄っている』との声が上がった。そんなときに、三浦氏、松本さん、アマゾンがCMで一体化したため、一気に反発が起きたようです」

     三浦氏がハキハキものを言うことも一因ではないかという。

    「三浦氏はそのルックスから、右派の人たちから『ネトウヨの姫』と称えられています。当然ながら、左派の人たちは気に食わない。『学者のくせにアイドルぶっている』との声もあり、そうした不満が爆発したと考えていいでしょう」(井上トシユキ氏)

     アマゾンプライムも三浦氏も、まさかここまで視聴者が強く反応するとは想像していなかったに違いない。

    日刊ゲンダイ
    2020/08/19 13:50
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277522/

    【【パヨク】Amazonプライム解約運動 三浦瑠麗なぜここまで反感買った】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 緑色細菌(埼玉県) [MA] 2020/08/18(火) 17:04:03.80 ID:Ivvf8Q7R0● BE:345749931-2BP(2000)
    no title

    Amazonプライムビデオは、インターネットショッピングサービス「Amazon」が運営している動画配信サービスだ。激安価格で映画やドラマが見放題なだけでなく、オリジナル番組も多いことから、世界中で支持されているサービスである。そんなAmazonプライムビデオが大炎上している。

    ・三浦瑠麗さんの思想に反対する人たち
    AmazonプライムビデオがテレビCMの出演者として三浦瑠麗さん(39歳)を起用したところ、一部の人たちから猛烈な批判の声があがり、インターネット上で大炎上状態となった。怒っている人たちの大半は三浦瑠麗さんの思想に反対する人たちのようで、彼女がCMに出るたび、不快な気持ちになるようである。

    ・三浦瑠麗さんが出演しているCM動画が削除
    三浦瑠麗さんがAmazonプライムビデオのCMに登場するたびに不快に感じている人たちが、TwitterなどのSNSで三浦瑠麗さんをCMから消すように強い要望を書き込み。その影響なのか、Amazonプライムビデオの公式YouTubeから三浦瑠麗さんが出演しているCM動画が削除される事態に展開した。

    ・考えや思想をねじ伏せる「多様性に逆行する流れ」
    今回の件は、単に「三浦瑠麗さんの動画が削除されて一件落着」「これで沈静化」というわけにはいかないようである。さまざまな考えや思想を持った人たちによって成り立っている世界において、一部の強い声により、考えや思想をねじ伏せる「多様性に逆行する流れ」に繋がりかねないとの声が出ているのだ。

    (略)

    https://buzz-plus.com/article/2020/08/18/succumb-to-criticism-news/

    【【パヨクが弾圧】三浦瑠麗のCM動画をAmazonプライムが公式YouTubeから削除 / 批判者の圧力に屈したか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/07/11(土) 10:33:21.11 ID:CAP_USER
    6148DC12-E1D4-43CC-BB2E-EF3B7E60C84B
     
    2020年7月9日、韓国・聯合ニュースによると、米国の大手通販サイト「アマゾン」が、米国が指定する制裁対象国に商品を販売したとして、米国政府に罰金を納付する。

    記事が、米国のニュース専門放送局・フォックスニュースの報道として伝えたところによると、アマゾンが北朝鮮をはじめ、キューバやイラン、シリアなど米国の制裁国と取引した事実を認めたため、米財務省はアマゾンに13万4523ドル(約1440万円)の罰金を科した。

    アマゾンは北朝鮮やキューバ、イランの居住者や、これらの国の駐在員に商品を販売。制裁違反に該当するアマゾンの取引件数は数百件に上るという。

    アマゾンは、制裁対象国からの商品の注文を自動的に振り分け遮断できるよう、取引システムを改善する方針。

    このニュースに、韓国のネットユーザーからは、「北朝鮮に物を売ってはだめ」と批判が上がる一方、「時代錯誤的な経済制裁」「罰金を支払ったとしても、北朝鮮にも配達できるという宣伝効果は大きい」との声も。

    その他、「どのように配送したのか気になる。国境付近までは届けられても国内配送は誰が行った?」「配送は全世界、どこでもできるというわけではないんだね」「金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長も注文した?」「今後、アマゾンに注文する時は『South Korea』としっかり伝えた方が良さそうだ」などといったコメントが寄せられている。


    2020年7月11日(土) 9時40分
    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b729470-s0-c20-d0155.html

    【【Amazon】制裁対象国と取引し罰金=北朝鮮への販売に韓国ネット驚き「どうやって届けた?」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル