かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:F35

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼  2021/08/07(土) 06:56:09.65 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】北朝鮮から指令を受け、韓国軍の米国製ステルス戦闘機導入に反対する活動をした4人に対し、韓国情報機関の国家情報院(国情院)と警察庁安保捜査局がスパイ罪と呼ばれる国家保安法第4条などを適用したことが6日、分かった。

     清州地裁は2日、逃走の恐れがあるとして、4人のうち3人に対し逮捕状を発付した。

     4人は北朝鮮工作員の指令を受けて米製最新鋭ステルス戦闘機「F35A」の導入に反対する街頭署名活動やリレー形式の1人デモなどを行った疑いがもたれている。

    聯合ニュース 2021.08.06 09:31
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20210806000500882?section=nk/index

    no title

    2日、逮捕状発付の是非を判断する令状審査に出席する4人=(聯合ニュース)

    【【韓国】北朝鮮の指令で米ステルス機導入に反対 4人にスパイ罪適用】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/03/04(木) 07:53:51.21 ID:CAP_USER
     F35
    2021年3月、何かと三菱に対して、根拠のない気炎を上げる韓国。韓国軍の戦闘機F35の重整備について困っている様で、本音では頭を抱えて涙目らしい。

     名古屋にある三菱重工業のF-35最終組み立て施設「FACO」が、アジア太平洋地域の国際整備拠点(MRO&U)として昨夏から運用が開始された。航空自衛隊のF-35だけでなく、在日米軍や在韓米軍のF-35も受け入れの予定だ。しかし、問題は韓国で起きている。整備の問題だ。

     「韓国のF-35の整備に関しての決定を下すのは韓国軍だ。日本の拠点利用に関しては、日本やアメリカから正式なオファーがない」と言い出したのだ。(一体、何様のつもりなんだろう)…国際版のニュースは、韓国では報道されないのか。

     このF-35は、一定の飛行時間が経過すると大規模なメンテナンスやエンジンのオーバーホールなどが必要となる機種だ。この作業は、導入国の企業が独自に行うのではない。アメリカのフォートワース、イタリアのカーメリ、日本の名古屋、オーストラリアのウィリアムズタウンに設置された国際整備拠点に機体を持ち込んでサービスを受けなければならない。

     韓国が文句を言い続けようと、韓国のF-35もいずれかの拠点で整備しなければ、国際法上地球の空に飛ばすことは許されない(でも、北は飛ばしているけどね、わからないものを)。国民感情として、日本の名古屋は使いたくないらしい。

     それはそうだ。日帝時代の日本の財産の現金化を打ち出し、三菱グループ内に徴用工の裁判を起こしていれば、頼みにくいよね。

     韓国的考え方をすれば、韓国のF-35に盗聴器がしかけられるかもしれない。ボルト1本抜かれれるかもしれない。疑心暗鬼になる。自分の国が、他の国に報復的にやっていることが韓国では常識。でも、日本人は、どこの国が相手だろと、まっとうな整備を完璧にする。本当のプロだからだ。それが、国際信用だからだ。

     韓国では、先々のことを想定しないで、三菱を攻撃してしまった。今更、反省するのもできない悲しい民族性。

    じゃあ、F-35使わなければいいんじゃね?


    GLOBAL NEWS ASIA
    https://globalnewsasia.com/article.php?id=6971&&country=1&&p=2

    【【韓国】F-35の整備問題、三菱の施設は使いたくない、頭を抱えて涙目らしい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: すらいむ ★ 2021/02/27(土) 16:48:05.22 ID:CAP_USER
    F35
    アメリカ空軍は自衛隊も導入しているステルス戦闘機F-35を「失敗」と認めつつあるとの指摘

     アメリカの航空機メーカー、ロッキード・マーティンが中心となって開発した戦闘機「F-35」は、自衛隊も「地域の安定に多大な貢献をしてくれる期待の戦闘機」と太鼓判を押している記事作成時点では最新鋭のステルス戦闘機です。
     そんなF-35に対して、アメリカ空軍のトップが「失敗」と認めるような発言をしたと報じられています。

     The US Air Force Quietly Admits the F-35 Is a Failure - ExtremeTech
     https://www.extremetech.com/extreme/320295-the-us-air-force-quietly-admits-the-f-35-is-a-failure

     F-35 Does Not Work, But It Will Cost $1.7 Trillion
     https://www.esquire.com/news-politics/politics/a35631305/f-35-doesnt-work-1-7-trillion-dollars/

     Brown Launching Major TacAir Study with CAPE, Considering ‘5th-Gen Minus’ - Air Force Magazine
     https://www.airforcemag.com/brown-launching-major-tacair-study-with-cape-considering-5th-gen-minus/

     2021年2月17日、アメリカ空軍の参謀総長であるチャールズ・ブラウン氏は記者団の前で、「空軍は今後数カ月間で、短期および長期的な航空戦力の配分を見直すための研究を実施します」と発言。
     F-35やF-22のように高価な第5世代戦闘機だけでなく、「第5世代マイナス」もしくは「第4.5世代」と位置づけられている比較的低コストな戦闘機が求められているとの見方を示しました。

     また同時に、ブラウン氏は「今後は航空機の使用頻度は控えめにしていきたいと思います。毎日フェラーリで通勤するのではなく、日曜日だけフェラーリでドライブするのと同様に、我々の最高級機をローエンドな戦闘には使わないようにして、戦力の消耗を抑えていきます」と述べました。

    (略)

    Gigazine 2021年02月26日 19時00分
    https://gigazine.net/news/20210226-f-35-stealth-fighter-failure/

    【【軍事技術】アメリカ空軍は自衛隊も導入しているステルス戦闘機F-35を「失敗」と認めつつあるとの指摘】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニライカナイφ ★ 2021/02/15(月) 22:19:40.53 ID:vadOCccH9
    ステルス戦闘攻撃機として空軍型、海軍型、そして垂直離着陸が行える海兵隊型の3タイプが開発されたF-35。実はこの機体についてエンジンが原因で来年までに最悪の場合20%が使用停止になる可能性があると報じられています。

    ▼簡単にまとめると
    ・エンジンのタービンブレードが想定以上に早く摩耗
    ・エンジンのメンテナンスに時間がかかり要員も不足
    ・問題が是正されない場合、最大20%の機体が運用できなくなる
    ・F-35はタッチパネルや音声認識がまともに動かないという問題も抱えている

    軍事系ニュースサイト『ディフェンスニュース』によると今月12日、米国国防総省当局者の話としてF-35に搭載されている戦闘機用としては極めて高出力なエンジンとなっているプラット・アンド・ホイットニーF135エンジンに問題があるといい、2022年までにこのエンジンを搭載したF-35の5~6%が利用できなくなる可能性が高いと報じています。

    これまはあくまでアメリカ軍が保有している機体に限った話になるのですが、その原因についてはF135エンジンに関してローターブレードのコーティングが想定以上に早く消耗していることが明らかになりこれにより多くのメンテナンスがかかる問題が発生しています。更にメンテナンスを行なう人員が足らなくなるという物理的な問題も発生しており、現時点で2022年時点で5~6%のF-35がエンジンが理由で運用できなくなると説明しています。

    ▼プラット・アンド・ホイットニーF135の燃焼試験。エンジン出力は一般的な戦闘機のエンジン2基分に匹敵する
    no title


    ただ、この数値は現在の状態が改善された場合の数値であり、人員補充など是正がされない場合は最悪20%のF-35が運用できなくなるとしており、例えば米空軍ではF-35によるアクロバット飛行チームも全米で行なう8回分の航空ショーを取りやめる発表するなどエンジンの消耗を抑えるためF-35の稼働率が低下しているとしています。

    F-35についてはこれまでも複数の問題が発生しており、例えば新技術として搭載している音声認識やタッチパネルに問題があるというものです。記事では匿名のF-35戦闘機パイロットは、タッチパネルの大型ディスプレイスクリーンが装備されているものの、触っても反応しないなど約20%で発生していると報告。またF-35の音声制御機能は基本的に役に立たないとしており、「実際に音声制御を使って戦闘機を操作しているパイロットに出会ったことはない」と不満を漏らしたたと報じています。
    no title


    ZAPZAP
    https://zapzapjp.com/F-35-F135-2021-02.html

    【【軍事】米戦闘機のF-35、来年までに最悪20%が使用不能になる可能性】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/11/08(日) 08:35:57.56 ID:CAP_USER
    F2
    航空自衛隊ホームページより

    2020年11月5日、中国のポータルサイト・百度に「日本はなぜ大量のF-35を購入しながら、さらに自前のステルス戦闘機を開発しようとしているのか」とする記事が掲載された。以下はその概要。

    日本が米国から購入するF-35戦闘機の総数は100機を超えており、すべて納品されれば米国に次いでF-35を多く配備する国となることは間違いない。F-35の各種性能は非常に先進的で、今なお世界で唯一の現役第5世代艦載機であることから、多くの国が食指を伸ばしている。

    ところが、思わぬことに日本はこれに飽き足りず、自前のステルス戦闘機開発のスケジュールを示した。日本の防衛省によると、F-Xと呼ばれる次世代戦闘機は米国のF-22に匹敵する能力を持ち、長らく就役しているF-2と置き換える計画だという。

    そして、F-Xプロジェクトは技術も経験もある三菱重工が請け負った。そこで多くの人が疑問に思っていることは「日本は先進的なステルス戦闘機を大量導入するのに、どうしてさらに時間とコストを費やして国産戦闘機を作ろうとしているのか」ということだ。ネットユーザーからは「日本による米国不信の表れ」との声さえ出ている。

    知っての通り、日米関係は非常に複雑であり、各方面で協力を進める一方で、対立もますます多くなっている。そしてあまり知られていないが、米国は自らの絶対的優位を保つために、急速な発展を遂げる日本を押さえつけようとしたこともあったのだ。また、戦後は大量の米軍が日本に駐留し続けており、米軍が日本の安全を守る壁になっている一方で、日本の軍備拡大を監視し続けてきた。

    それゆえ多くの専門家は、日本が先進的なF-35を大量導入したとしても、米国製武器への過度の依存は避けるべきだと考え、より多くの主導権を自らの掌中に収めておくためにも、自前の戦闘機を作る必要があるとの認識を持っている。
    (翻訳・編集/川尻)

    2020/11/7 21:38 (JST) Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b850480-s0-c10-d0135.html

    【【中国メディア】日本が大量のF-35を購入しながらステルス機を自主開発、米国を信用できなくなったか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/11/01(日) 16:14:40.93 ID:CAP_USER
     東アジアにおける米国の同盟国と言えば日本と韓国だ。どちらも米国からステルス戦闘機F35を購入する意向を示しているが、中国メディアの騰訊はこのほど、韓国にF35が急ピッチで引き渡されていると伝える記事を掲載した。

     韓国メディアの報道によると、韓国はすでに米国から24機のF35が引き渡されたという。記事は「この引き渡しは驚くべきスピードだ」とし、さらに韓国は40機のF35を追加購入し、うち20機は空母の艦載機となる可能性があると伝えた。

     この理由について記事は「大国としての地位を求めることが韓国では上から下まで共通の認識となっている」と分析。そのために空軍力を強化しているのだという。また、周辺国の軍事力に対抗する必要もあるが、特に「日本に負けられない」との意識は「政治的に正しいこと」となっていると指摘、日本は147機のF35を購入予定であるため、あるアナリストは「韓国は80機を購入予定だが、さらに倍増して160機とする可能性もある」との見方を示している。

     しかし、新型コロナウイルスの影響で米国ではF35の生産に遅れが出ており、韓国が追加で発注した40機の引き渡しは2022年から2023年に遅れる可能性があるという。また、韓国が開発中のKFXのプロトタイプが来年にも完成する可能性があるものの、プロトタイプから実機に至るまでにさらに数年かかるため、「東アジア一のステルス戦闘機大国」の計画実現にはかなりの時間がかかるだろうとしている。

     記事は、日本が大量のF35を購入するだけでなく、韓国がすでに24機のF35を保有しており、しかも大いなる野望を抱いていることに警戒感を示している。こうした日韓の動きは中国にとって大きな脅威となっているようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    サーチナ 2020-11-01 13:12
    http://news.searchina.net/id/1693982?page=1

    no title

    【【F35】日本に負けられないと気を吐く韓国が「東アジア一のステルス戦闘機大国」に?「日本に負けられない」との意識】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/10/20(火) 10:48:13.51 ID:CAP_USER
    F35Aの代わりに垂直離着陸機を配備、試作機もない韓国型戦闘機投入

       韓国政府が、軽空母事業のために垂直離着戦闘機F35Bを配備すると決める一方、従来配備予定だったF35Aに代えてKFX(韓国型戦闘機)を配備するという計画を青瓦台(韓国大統領府)に報告したことが19日までに分かった。空母用に作られたF35Bは、戦闘行動半径がF35Aの75%という水準だ。このためA型に代えてB型を配備すると戦力に空白が生じることは避けられないが、それをまだ試作品も出ていないKFXで埋めるというのだ。

     保守系最大野党「国民の力」の韓起鎬(ハン・ギホ)議員によると、防衛事業庁(防事庁)は今年6月、FX(次期戦闘機)第2次事業関連の推進計画を青瓦台に報告した。この報告で防事庁は「最近条件が変化し、軽空母クラスの大型輸送艦搭載用戦闘機(F35B)の優先確保を推進する必要がある」とし「F35Bの戦闘能力は、従来配備しようとしていたF35Aより低いので、不足要素はKFXなどで代替して推進する必要がある」と主張した。

     軽空母配備を理由に、F35Aは40機だけ配備した後、残る20機はF35Bで代替したいというのだ。韓国軍からは「大統領の公約である軽空母配備のせいで、戦闘機配備計画に支障が生じることになった」という声が上がった。

     韓国政府がF35Aの代わりにF35Bを配備しようとする理由は、軽空母搭載用の垂直離着陸機が必要だからだ。空軍用のF35Aは長い滑走路が必要だが、F35Bは垂直離着陸機能を持ち、空母用としてふさわしい。だが、複雑なエンジンのため武装能力はF35Aより著しく低い。爆弾倉が狭くなり、小型爆弾しか搭載できない。価格もB型はA型より30%ほど高い。値段は高いのに武装能力は低いF35Bを配備したら、従来の計画より空中戦力が低下することは避けられない。韓国軍関係者は「F35Aの航続距離や武装などを勘案して、北朝鮮の核・ミサイルを狙ったキルチェーン戦力を設立したのに、F35Bではこれを完全に遂行できないこともあり得る」と語った。

    これに伴い、韓国軍が戦力の空白をKFXなどで補強したいとしていることが分かったが、実現は確約し難い状況だ。韓国軍は、来年上半期にKFXの試作機を完成させ、5年間の地上・空中試験を経て2026年までに戦力化すると計画している。しかし韓国軍内外では、この計画そのものにも懐疑的な声が聞かれる。韓国国防安保フォーラムのシン・ジョンウ専門研究委員は「米国など戦闘機先進諸国も、新型戦闘機を作る際には戦力化が長期化する傾向がある」とし「KFX事業もまた、計画通りに推進されるのならいいが、戦力化は確約し難い状況」と指摘した。さらに、KFXは4.5世代戦闘機だが、F35Aは第5世代ステルス戦闘機だ。クラスが違う戦闘機を代替手段として考えること自体つじつまが合わない、というのが韓国軍の一般的な見方だ。

     韓起鎬議員は「韓国軍の戦力増強は大統領の意志ではなく北朝鮮の脅威と国家安全保障の観点から優先して決定されるべき」とし「軽空母配備で韓国空軍の戦闘力が質的・量的に低下する結果を招いている」と批判した。

    梁昇植(ヤン・スンシク)記者

    朝鮮日報 記事入力 : 2020/10/20 09:41
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/10/20/2020102080028.html

    no title

    ▲2019年10月14日、ソウル国際航空宇宙および防衛産業展示会で韓国型次世代KFX戦闘機の実物大模型が展示されている様子。韓国航空宇宙産業(KAI)は2021年にKFXの試作機を完成させ、26年までに開発を終える計画だ。


    【【韓国K空母】軽空母のせいでめちゃくちゃになったステルス機配備】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚯蚓φ ★ 2020/10/08(木) 14:30:00.74 ID:CAP_USER
    F35
    「空軍の主力戦闘機として導入中のF-35Aの整備を日本戦犯企業が引き受ける憂慮が大きくなった」というOBS報道に対して国防部が「対策を探す」と明らかにしました。

    ソ・ウク国防部長官は国会国防委国政監査で「私たちの戦略資産をどうして日本に送れるか」というソル・フン共に民主党議員の質問にこのように答えました。

    ソル議員は「来年、米国側で世界各国の整備庫を増やす計画を立てたと理解している。必ず固い覚悟を持って交渉しなければならない」と強調しました。

    カル・テウン記者

    OBSニュース(韓国語)
    http://www.obsnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=1235721


    【【軍事】 韓国国防部「日本戦犯企業のF-35A戦闘機整備、対策探す」~与党議員「米国に整備庫増やす計画ある」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/09/30(水) 09:17:09.21 ID:CAP_USER
    F35
    米国の最新鋭ステルス戦闘機であるF-35Aは韓国でも配備が進められているが、中国メディアの中華網は26日、韓国で配備され続けている最新鋭ステルス戦闘機は北朝鮮のみならず、中国の東北部にとっても脅威となると主張する記事を掲載した。

    記事は、日本が米国からF-35を購入した時期や1機目の引き渡しの時期は「韓国に比べて圧倒的に早かった」としながらも、現時点で引き渡されたF-35の数は日本が17機であるのに対し、韓国は20機目のF-35が飛行訓練を行っているのが確認されていると指摘し、韓国の方が日本を上回っていると強調。

    また、2020年5月下旬には24機目のF-35が米国で飛行テストを行っているのも確認されているとし、韓国は年内にさらに最低でも4機のF-35Aが引き渡される可能性があると指摘し、韓国に配備されるF-35Aは最終的には60機まで増える可能性があると主張した。

    続けて、中国人民解放軍はすでに対ステルス技術を確立しており、東シナ海や南シナ海で対ステルス技術の運用が行われていると指摘、中国は北朝鮮に対して韓国に配備されているF-35Aがもたらす脅威に備えるための情報を提供することは「理論上」は可能だとしながらも、「F-35Aは低空飛行も得意であると同時に航続距離も長いため、山が多い朝鮮半島の地形を活用して飛行されれば捕捉は難しくなる」と強調した。

    また、韓国でF-35Aが配備されている基地がある清州市は中朝国境から4ー500キロほどしか離れていないとし、北朝鮮で現役で使われている大部分の防空設備ではF-35Aによる低空飛行による攻撃に対処することはできないため、韓国に大量に配備されるF-35Aは北朝鮮はもちろんのこと、中国東北部にとっても脅威となると強調した。


    2020-09-30 08:12 サーチナ
    http://news.searchina.net/id/1693099

    【【中国報道】韓国のF-35Aの数は「日本を上回る」、北朝鮮のみならず中国にとっても脅威】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: マスク着用のお願い ★ 2020/08/20(木) 14:08:39.03 ID:L9wMXibL9
    F35

    トランプ大統領 UAEに最新鋭戦闘機F35の売却検討

    アメリカのトランプ大統領はイスラエルとの国交正常化で合意したUAE=アラブ首長国連邦に対し、最新鋭のステルス戦闘機F35の売却を検討していることを明らかにしました。

    アメリカのトランプ大統領は19日、ホワイトハウスで行った記者会見で、最新鋭のステルス戦闘機F35について、「UAEは多くのF35を購入したがっている。どうなるか見てみよう。今、検討しているところだ」と述べました。

    UAEは先週、歴史的に敵対してきたイスラエルと、アメリカの仲介のもと国交正常化で合意したばかりです。

    F35をめぐっては以前からUAEが購入に関心を示していて、アメリカ側がイスラエルとの国交正常化の合意を成立させるために、売却の検討に応じたのではないかという観測も出ています。

    ただ、イスラエルのネタニヤフ首相は声明で、合意の中にF35の売却が含まれていたことを否定したうえで、「アメリカは常にイスラエルの優位性を維持するとしてきた」として、売却は中東地域で唯一F35を実戦配備しているイスラエルの軍事的な優位性が脅かされると反対しています。

    イスラエルとUAEは歴史的な合意に至ったばかりですが、国交を結ぶための協議は今後さらに続く予定で、F35の売却をめぐる問題が協議の行方に影響を与える可能性もあります。

    2020年8月20日 13時22分 NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200820/k10012575251000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003 


    【【イスラエルは反対】トランプ大統領、UAEにF35の売却検討】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2020/07/10(金) 11:01:57.00 ID:vJV8n5xa9
     F35
    【ワシントン時事】米国務省は9日、最新鋭ステルス戦闘機F35計105機の日本への売却を承認し、議会に通知した。売却総額は推定約231億ドル(約2兆4800億円)。金額ベースでは、2010年にF15戦闘機84機やミサイルなど総額294億ドル(約3兆1500億円)をサウジアラビアに売却したのに次ぎ、過去2番目の規模となる。


     売却されるのは、空軍仕様のF35A63機、短距離離陸・垂直着陸能力を持つ海兵隊仕様のF35B42機など。日本政府は18年12月の閣議で、中期防衛力整備計画(中期防)に沿い、旧型のF15戦闘機を置き換えるために、F35を105機追加調達し、計147機体制にする方針を了解していた。

    2020年07月10日07時52分 時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020071000278&g=int


    【【アメリカ】日本へのF35売却承認 105機、総額2兆4800億円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚯蚓φ ★ 2020/07/03(金) 22:19:22.24 ID:CAP_USER
    no title


    航空自衛隊やアメリカ軍に配備されている最新鋭のステルス戦闘機・F35のアジア・太平洋地域の整備拠点として、愛知県にある三菱重工業の工場が、今月から運用を始めることになりました。
    (中略)

    防衛省によりますと、航空自衛隊のほか、在日米軍や在韓米軍、それに、韓国軍のF35の整備も想定されていて、将来的には、1年間に30機以上の整備を行うことになるということです。

    ソース:NHK<F35 アジア・太平洋地域の整備拠点 愛知の工場が運用開始に>2020年7月1日 19時01分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200701/k10012491601000.html

    空軍は昨年から導入されているF-35Aステルス戦闘機が日本戦犯企業の三菱重工業に渡って整備を受けるとした日本のメディアの報道を正面から否定しました。

    空軍関係者は「韓国軍戦力の整備は完全に私たちの軍が判断して決定する事案であるうえ、日本やアメリカ側の正式なオファーもなかった」と明らかにしました。

    ソース:OBSニュース(韓国語)[単独]「F-35の整備、私たち軍が判断...日三菱ない」記事入力時間 2020.07.02 14:59
    http://www.obsnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=1222186

    空軍は日本戦犯企業・三菱が韓国空軍のF-35ステルス戦闘機の整備を担当するというNHKの報道を否定したにもかかわらず、実際の選択肢は多くないことが分かりました。

    軍によると、17戦闘飛行団に配備されたF-35Aの整備のため、日本やオーストラリアに行くか米側の人材を入れる案が内部的に議論されましたが、結論が出ませんでした。

    これと関連し、メーカーである米ロッキードマーチン側は「日本、オーストラリアのように自国の整備権限を個別に取得すればよい」という立場ですが、価格などの問題で不透明な状況と伝えられました。

    ソース:OBSニュース(韓国語)韓F-35の維持、五里霧中... 美 "整備権獲得する必要が" 記事入力時間 2020.07.03 11:58
    http://www.obsnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=1222350

    【【バ韓国】韓国軍のF-35Aステルス戦闘機、愛知県の三菱重工が整備→韓国否定→米国「整備権取得して」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2020/05/06(水) 20:47:02.71 ID:CAP_USER
    no title
     
    韓国軍当局が、昨年導入したステルス戦闘機F-35Aの愛称を「フリーダム・ナイト(自由の騎士)」と呼ぶことが明らかになった。昨年12月に非公開で進めたF-35A戦力化行事当時こうした愛称を付けていたのに公開していなかった。軍内外ではこれをめぐり「北朝鮮が敏感になる戦略資産に対し軍当局が顔色をうかがったのではないのか」という話が出ている。

    韓国空軍が6日に明らかにしたところによると、新しい戦闘機を導入するたびに愛称を付けてきた慣例が反映され、F-35Aの愛称はフリーダム・ナイトに決まった。軍当局者は「フリーダムは大韓民国の体制である自由民主主義を象徴する。フリーダム・ナイトには自由民主主義を守護するという意味が込められている」と説明した。1970年代に配備され始めたF-5が「フリーダム・ファイター(自由の闘士)」と呼ばれたのと似た脈絡だ。空軍は内部公募を通じてフリーダム・ナイトという愛称をすでに昨年12月のF-35A戦力化行事の時に付けたという。

    ところが軍当局はこうした事実を公式に明らかにしなかった。F-15Kが2005年に大規模命名式行事で全勝を意味する鷲である「スラム・イーグル」という愛称を付けられたのとは対照的だ。

    「北朝鮮の顔色をうかがっている」という指摘が出る背景だ。空軍は昨年12月17日にF-35A戦力化行事を非公開で行い議論を呼んだ。行事は大統領と国防部長官は出席せずウォン・インチョル空軍参謀総長主管の軍内部行事形式で開かれた。外部からの出席者は防衛事業庁関係者と製造会社であるロッキード・マーチンの関係者ら少数に限定された。事前にF-35Aが公開されており追加で広報する必要性が少ないというのが軍当局の釈明だった。

    北朝鮮は2018年3月に米国で開かれたF-35A1号機出庫式の時から韓国のステルス機導入を「反民族的犯罪行為」と規定し、その後はことあるごとにF-35Aを非難してきた。北朝鮮全域を作戦範囲とし戦略目標を一挙に打撃する強大なステルス攻撃力に北朝鮮首脳部がアレルギー反応を見せたのだ。4日にも北朝鮮の宣伝メディア「メアリ」は「(韓国は)米国からステルス戦闘機F-35Aと高高度無人偵察機グローバル・ホークをはじめとする先端軍事装備を導入し続けるかと思えば、少し前には世界的な大流行病(新型コロナウイルス)事態にも物ともせず南朝鮮(韓国)・米国合同空中演習と海兵隊合同上陸訓練まで行った」と非難した。軍内部では北朝鮮がF-35Aを敏感に考える状況が負担となり軍当局がローキー戦略でF-35A関連事案を扱っているという見方が少なくない。

    空軍は昨年13機のF-35Aを導入した。今年の13機に続き来年に14機を導入し、2021年までに40機のF-35A確保を完了して戦力化すると計画だ。軍当局は今後F-35Aの追加導入に対し、現時点で公開や広報の計画はないという立場だ。

    中央日報 2020.05.06 18:40 
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/265650?servcode=200&sectcode=220



    【【韓国軍】北朝鮮の顔色うかがいステルス戦闘機F-35A 愛称「フリーダム・ナイト(自由の騎士)」も公開しなかった?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/04/29(水) 08:58:12.93 ID:v+eDSQz79
    https://snjpn.net/archives/193613
    端的只今さんのツイート

    立憲西村
    「次の世代であるF35を何故予約しなければいけなかったのか非常に不透明」

    自民小野寺
    「辛い言い方なんですが導入決めたのは民主党政権の時の大臣ですから、導入の話を言うとブーメランになります」

    立憲西村
    「沢山買わされる事になってしまった、これは安倍政権の時の話」

    自民小野寺
    「それも民主党」

    (略)

    ネット上のコメント

    ・情けなくなる。立憲自滅党

    ・.......wwきっと痛覚がないのですよ(^^;何本ブーメランが刺さっても痛くない。

    ・立憲民主党に「恥」の概念なし。聞いてるこちらのほうが恥ずかしいわ…☺️

    ・というかさ、TVに出てくるんだしそのくらいは押さえるというか事前準備してからくるもんなんじゃないの?なんか行き当たりばったりで話しているように感じるんだけど・・・。

    ・こんなん相手にせなならん小野寺さん可哀想すぎる( ´△`)

    ・もっとお勉強なさって!

    ・小野寺議員、頼もしいな…。落ち着いて相手のブーメランかわす…。

    【【ブーメランパヨク】立憲・西村智奈美「F35を何故予約したのか!」→ 小野寺五典「民主党政権」 ネット「立憲民主党に「恥」の概念なし】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/12/06(金) 20:56:21.95 ID:CAP_USER
     no title
    韓国軍周辺からは批判の声も「北朝鮮の顔色をうかがっている」

     今月17日に予定されているステルス戦闘機F35Aの戦力化行事に韓国国防部(省に相当)の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)長官が参加しないことが5日までに分かった。当初この行事は今年の初めに行われる予定だったが、韓国軍は理由を明確にしないまま複数回にわたり延期を続けてきた。F35A導入に強く反発している北朝鮮を意識した対応と考えられる。紆余(うよ)曲折の末に開催される今回の行事も最終的に鄭長官が参加しない場合、「度が過ぎた北朝鮮の顔色うかがい」などの批判も避けられない見通しだ。。

     ある韓国軍関係者は「鄭長官はF35A戦力化行事に参加しない方向で準備を進めている」「戦力化行事は空軍参謀総長主管という形になるだろう」と説明した。鄭長官が今回の行事に参加しない理由は、すでにF35A関連の行事に参加したためとされている。

     しかし韓国軍の周辺では「兵器の実戦配備を意味する戦力化行事に長官が参加しないのは不適切」などの指摘も相次いでいる。ある予備役将校は「他の通常兵器ではなくステルス戦闘機だ。韓国軍にとって最新鋭兵器となるF35Aの戦力化行事に長官が参加ないのは非常識だ」とした上で「北朝鮮の顔色うかがいが行き過ぎている」などと批判した。

    梁昇植(ヤン・スンシク)記者

    朝鮮日報 2019/12/06 10:20
    【【韓国】韓国軍のF35A戦力化行事、鄭国防相が出席を見送り】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2019/10/18(金) 21:14:40.50 ID:Ti/tCARr9 
    8113125C-8431-413A-A725-93D163655328
     
    https://anonymous-post.mobi/archives/14785
    戦闘機F35A、1機40億円割高で調達 検査院が報告

    上沢博之

    米国の有償軍事援助(FMS)による防衛装備品の調達状況について、国会からの要請を受けて検査をした会計検査院は18日、検査結果を国会に報告した。米国の最新鋭戦闘機F35Aの調達で、日本政府が国内企業を製造に参画させるなどしたため、1機当たりの調達価格が米国より40億円前後高くなっていたことなどが判明した。

     FMSでは、機密性が高く、高性能な米国の防衛装備品や関連の役務が調達できる。支払いは前払いで、納入後、精算される。納入まで数年かかり、原価などが非開示で検証や比較が難しい。

     検査院によると、2017年度の日本のFMS調達は3882億円で、13年度の1117億円の3倍超。F35Aやオスプレイ、イージス・システム、早期警戒機E2Dなどを調達している。米国で11年度に9位だった日本の調達額は、16、17年度に3位になった。

     検査院は、調達が増えているF35Aについて、1機当たりの日本の調達価格を契約内容から算出し、米国が公表した自国向けの調達価格との比較を試みた。

     日本が完成品を調達した12年度の価格は約1・2億ドル(当時の円換算で約97・7億円)で米国より約1270万ドル(同10・3億円)高かった。それが日本企業が製造に参画した13年度には約1・5億ドル(同129・6億円)に跳ね上がり、米国との差は4倍の5610万ドル(同46億円)に拡大。翌年度以降も米国より4千万ドルほど(14年度は同38・8億円、15年度は同47・6億円)高かった。

     価格差について米国側は、仕様…
    https://www.asahi.com/articles/ASMBK3RG7MBKUTIL00Z.html

    戦闘機F35A、1機40億円割高で調達 検査院が報告:朝日新聞 https://t.co/AZuiAyDz7j FMSで直接輸入するよりもライセンス生産が割高になるのは当たり前の話。しかも既にライセンス生産は取り止めてFMS直輸入に切り替えて今は安くなってるので問題点は既に終わってるのですが…

    — JSF (@rockfish31) October 18, 2019

    [email protected]
    2013年1月からYahooニュース個人に参加しました。北朝鮮の核ミサイルや弾道ミサイル防衛など、ニュースで話題の軍事関連を中心に解説しています。


    (略)

    【【捏造パヨク】朝日新聞「戦闘機F35A、1機あたり40億円も割高で調達!」 ⇒軍事ブロガー「今は安くなっているのですが…」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: SQNY ★ 2019/09/12(木) 20:26:33.54 ID:CAP_USER no title
    ・米、ポーランドへのF35売却を承認 32機

    【9月12日 AFP】米政府は11日、ポーランドへの最新鋭ステルス戦闘機「F35」32機の売却を承認したと発表した。北大西洋条約機構(NATO)に加盟する重要な同盟国ポーランドの空軍力を強化する動き。

     米国防安全保障協力局(DSCA)はF35について、老朽化した旧ソ連製のミグ29(MiG29)戦闘機やスホイ22(Su-22)戦闘機と置き換えられ、ポーランド空軍を増強すると述べた。

     NATO加盟国の空軍の中にはF35を採用している国もあるので、F35の導入によりポーランドとNATOの相互運用性が高まる。

     今回のF35売却計画は今年6月、ポーランドのアンジェイ・ドゥダ(Andrzej Duda)大統領が米首都ワシントンを訪問した際に発表された。ドゥダ大統領の訪問中、F35戦闘機2機がホワイトハウス(White House)上空を飛行し、性能をアピールした。

     ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は同月、ロシアに対抗するため、ポーランドに米兵1000人を増派するとも発表したが、ポーランド長年の悲願である米軍の恒久基地建設には至らなかった。

     ポーランドには既に米兵5000人がNATO軍と共に駐留しているが、加盟国が部隊を交代で派遣する輪番制の一環で、常駐軍ではない。

    2019年9月12日 10:53 AFP
    https://www.afpbb.com/articles/-/3244111?act=all

    【【軍事】米がポーランドへのF35、32機の売却を承認:ポーランド空軍を増強する動き 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/08/22(木) 11:40:40.06 ID:CAP_USER
     F35
    F35Aが2機が昨日清州基地に

    北朝鮮を意識し正式な戦力化の日程は決まらず

     有事の際、北朝鮮の核ミサイル基地や司令部を極秘に攻撃可能な「F35A」ステルス戦闘機2機が21日午後、忠清北道の清州基地に到着した。韓国軍当局は北朝鮮の反発などに配慮し、この日もF35Aが到着した事実を公表しなかった。

     ある韓国政府筋は「空軍のF35Aステルス戦闘機2機が21日午後1時50分ごろ、清州基地に到着した」と明らかにした。これに先立ちF35Aは今年3月29日と7月15日にも2機ずつ韓国空軍に引き渡されている。この日到着した2機を加えると韓国空軍が保有するF35Aは合計6機となった。当初F35Aは22日に4機が一度に米国からやってくる予定だったが、この日は2機が予想よりも早く到着したわけだ。上記の韓国政府筋は「残り2機は早ければ22日、遅くとも数日中に到着するだろう」とコメントした。

     韓国軍は今後11月に2機、12月に3機を追加で導入し、今年中に10機以上を戦力化する予定だ。しかし北朝鮮の反発を考慮し、導入の記念行事や公式の戦力化日程などはまだ決まっていない。北朝鮮はこれまで韓国軍のF35A導入について「9・19軍事合意違反」として激しく非難してきた。韓国軍内部ではこの日「F35Aの追加導入を契機に、北朝鮮が再び短距離ミサイルによる挑発に乗り出すのでは」との見方も出た。しかしある韓国軍関係者は「北朝鮮の反発を恐れてF35A到着の事実を隠せば、後から北朝鮮の挑発を一層あおる恐れがある」と懸念した。北朝鮮が先日、最大高度30キロメートル、飛行距離230キロメートルの新型戦術地対地ミサイルを発射したのも、F35Aが配備された清州空港を狙ったものとする有力な見方もある。優れたステルス性能によりひそかに敵陣への進入が可能なF35Aは、最大速度マッハ1.8、戦闘行動半径は1093キロメートルだ。空対空ミサイルや統合直接攻撃弾(JDAM)、小直径爆弾(SDB)などを搭載している。

    ユ・ヨンウォン軍事専門記者

    朝鮮日報 2019/08/22 10:00
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2019082280024


    【【北朝鮮に配慮】韓国を守るステルス戦闘機が到着、韓国人は知らなかった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ガーディス ★ 2019/07/18(木) 06:40:13.05 ID:OB8jjhzU9
     F35
    2019年07月18日06時13分

     【ワシントン時事】
    米国防総省は17日、トルコによるロシア製地対空ミサイルシステムS400の導入を受け、最新鋭ステルス戦闘機F35の多国間共同開発計画からトルコを排除すると発表した。

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071800166

    【【米国】トルコ、F35戦闘機の多国間共同開発から外される 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2019/06/12(水) 18:09:17.26 ID:CAP_USER
     F35
    ※韓国KBSの元記事(韓国語)
    「無料」といっていた軍通信衛星、知ってみると、数千億
    https://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=4219860


    2019年6月12日、韓国・KBSは、韓国軍がF‐35Aステルス戦闘機を購入する対価として米国から無償で提供されることになっていた軍専用通信衛星が「実は最低数千億ウォン(数百億円)の有償購入だった」と報じた。

    記事によると、約3カ月前に韓国初のステルス戦闘機となるF‐35Aが2機導入された。21年までに40機が戦力化される予定となっている。

    韓国は米ロッキード・マーティン社から兵器導入費としては過去最高となる約7兆4000億ウォンでF‐35Aを購入する代わりに、戦闘機技術と軍専用通信衛星の無償提供などを受けることになっていた。

    しかし、契約で昨年3月と決められていた衛星の引き渡しはいまだ行われていない。その理由について、記事は「実は購入する条件だった。防衛事業庁が14年の契約時に無償で提供されると虚偽の報告をしていた」と報じている。

    実際にロッキード・マーティン社は費用の支払いを求めて引き渡しを拒否しており、その費用は最低でも数千億ウォン台に上るとみられるという。これを受け、韓国監査院は虚偽報告などの責任を問い、防衛事業庁の幹部3人に懲戒処分を通告したが、防衛事業庁は再審を申請しているという。

    これに、韓国のネットユーザーからは

    「14年なら朴槿恵(パク・クネ)大統領の時か。前政権の悪事は掘っても掘っても終わりがない」
    「朴前大統領は成果を残すために書類の偽造までしていたのか」など前政権に対する批判の声や、
    「懲戒処分で終わらせていい問題じゃない。刑事処罰が必要」
    「防衛産業関連の不正には厳しい罰を与えてほしい」
    「数千億ウォンの不正なら全財産を没収して牢屋に入れるべきだ」

    など厳罰を求める声が続出している。


    2019年6月12日(水) 17時10分
    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b720253-s0-c10-d0058.html

    【【米韓】韓国のF‐35A導入、米国からの通信衛星の無償提供はウソだった=韓国ネット激怒】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル