かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:FIFA

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/04/17(水) 21:39:21.30 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】大韓サッカー協会が2023年女子ワールドカップ(W杯)招致へ正式に立候補する「招致登録書」を、北朝鮮との共同ではなく韓国単独で国際サッカー連盟(FIFA)に提出したことが17日分かった。

    協会関係者によると、韓国は南北共同開催を目指していたが、北朝鮮と協議する機会がなかったため、締切日の16日付でFIFAに登録書を提出したという。

    南北共催は2月にFIFAのインファンティノ会長が提案。これに賛同した大韓サッカー協会は先月15日に招致意思を表明する書類を提出した。

     だが韓国側は南北共同開催について北朝鮮側と協議をすることができず、正式に立候補する期限を迎えた。

     韓国のほか、日本、アルゼンチン、オーストラリア、ボリビア、ブラジル、コロンビア、ニュージーランド、南アフリカの9カ国が立候補した。開催地は20年3月に決定する。

     大韓サッカー協会関係者は、単独で登録書を出したが、FIFAで北朝鮮との協議を続けると話した。

    聯合ニュース 2019.04.17 20:00 
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190417004700882?section=entertainment-sports/index


    no title

    大韓サッカー協会の鄭夢奎(チョン・モンギュ)会長(左)とFIFAのインファンティノ会長(大韓サッカー協会提供)=(聯合ニュース)

    【【サッカー女子W杯招致】韓国が単独立候補=北と協議できず FIFAで北朝鮮との協議を続ける】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2019/04/07(日) 10:35:02.92 ID:CAP_USER
     kr250
    大韓サッカー協会(KFA)の鄭夢奎(チョン・モンギュ)会長が国際サッカー連盟(FIFA)理事再選に挑戦したが苦杯をなめた。韓国サッカーの行政力の国際的地位維持にも赤信号が灯った。

    アジアサッカー連盟(AFC)は6日にマレーシアのクアラルンプールで開かれた総会で、FIFA理事のうちアジアに割り当てられた5人を決める選挙を実施した。再選を狙った鄭会長をはじめとする8人の候補者から5人を選ぶ選挙だった。

    開票の結果、鄭会長は落選した。カタールのモハンナディ氏をはじめ、インドのパテル氏、フィリピンのアラネタ氏、中国の杜兆才氏、日本の田嶋幸三氏がアジアを代表しFIFA理事を務めることになった。

    中東と東南アジア、東アジアがまんべんなくFIFA理事のポストを確保した中で、鄭会長は中国と日本に押されて席を失った格好となった、2017年のFIFA評議会新設とともに2年任期の委員に当選した鄭会長が再選に失敗したのは国際サッカー界で韓国の声を伝える重要なルートが消えたことを意味する。

    鄭会長はAFC副会長のポストも失った。当初韓国が持っていた東アジアの割り当て分はモンゴルが引き継いだ。

    AFC会長にはバーレーンのシェイク・サルマン・ビン・イブラヒム・アル・カリファ氏が再選に成功し、2023年までの任期を保証されることになった。サルマン会長は2011年に当時の鄭夢準(チョン・モンジュン)大韓サッカー協会名誉会長を押さえFIFA副会長に任命されている。2年後の2013年からはAFC会長も務めている。

    2019年04月07日10時28分
    中央日報
    https://japanese.joins.com/article/072/252072.html?servcode=600&sectcode=610

    【【朗報】韓国サッカー協会会長、FIFA理事再選に失敗 AFC副会長のポストも失う】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/05/20(日) 11:26:22.16 ID:CAP_USER
    no title


    国際サッカー連盟(FIFA)ワールドカップのソーシャルメディアのアカウントに登場した日帝の戦犯旗『旭日旗』の写真が、韓国人の抗議によって9時間後に別の写真に入れ替えられた。

    『全世界戦犯旗追放キャンペーン』を繰り広げる誠信(ソンシン)女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授によれば、去る19日にFIFAワールドカップ公式Instagramのアカウントに登場した24時間の広報映像に、旭日旗のフェイスペイントをしたサッカーファンの写真が登場した。

    徐教授チームと韓国ネチズンは、FIFAに抗議のメールを送った。9時間後、該当の写真はSNSのアカウントから削除された。代わりに韓国とベルギーファンが、自国の国旗を顔に描いて応援する写真が登場した。

    徐教授は、「ネチズンだけでなく、ワールドカップのスポンサー関連の業務担当者なども加勢して、FIFAに戦犯旗の写真と再発防止の要請が受け入れられた」とし、「今回の件をきっかけに、FIFAに旭日旗はナチスの旗と同じ意味である事を伝達したの最大の収獲」と話した。

    旭日旗は第二次世界大戦当時、日本の帝国主義の軍旗として使用された。国際社会でナチスの象徴であるハーケンクロイツ(卍をひっくり返した形)は、徹底的にタブー視される。しかし旭日旗に対してはハーケンクロイツほど内容があまり知られておらず、特に制裁は行われていない。

    NAVER/中央日報(韓国語)
    http://sports.news.naver.com/wfootball/news/read.nhn?oid=025&aid=0002822118

    【【政府として抗議するべき】「FIFA公式Instagramのアカウントに旭日旗の写真」~韓国人の抗議で9時間で消える】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: あしだまな ★ 2018/04/30(月) 09:14:48.17 ID:CAP_USER9
    tramp
     
    2018年4月28日、網易体育は、トランプ米大統領のサッカー・ワールドカップ(W杯)招致をめぐるどう喝に、国際サッカー連盟(FIFA)が注意を促したと報じた。

    記事によると、26年のW杯には米国とカナダ、メキシコの3カ国が共同開催で立候補する意向を示したが、トランプ大統領のツイッターへの書き込みが波紋を広げている。

    トランプ大統領は、ツイッターで「米国のワールドカップ招致に反対するなら、米国は国連でそうした国を支持しない」と明らかなどう喝とも思える内容の発言をした。

    政治とスポーツを一緒くたにしたこの発言に、FIFAはトランプ大統領に規範の順守を求めた。
    FIFAはいかなる形式であってもサッカーの試合に政治的行動を持ち込むことを禁じており、過去にはパキスタンとグアテマラが政治がらみの問題で資格停止などの処分を受けている。

    26年W杯にはモロッコも立候補を表明しており、ロシアやフランス、ベルギーなどが支持を明らかにしている。さらにアフリカ諸国もモロッコの開催を支持する可能性が高い。

    記事は「今回のトランプ統領のツイッターへの書き込みでは『米国の開催』が強調されており、こうしたむげな発言は共同開催に亀裂を生じさせかねない」と伝えている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14649377/

    (CNN) トランプ米大統領は28日までに、同国とカナダ、メキシコが共同招致を目指すサッカーの2026年ワールドカップ(W杯)本大会に触れ、「我々が常に支える諸国が我々の招致に反対するなら恥ずべきことだ」との考えを示した。

    ツイッターに書き込んだもので、「我々に賛同しないのならなぜこれらの諸国を我々が支持しなければならないのか?(国連の場でも)」と続けた。

    一方、国際サッカー連盟(FIFA)の報道担当者はトランプ氏の発言を受け、「一般的な規定に従い招致手続きにおける特定の声明にはコメントしない」との声明を発表。その上で26年大会の開催地選出におけるFIFA規定、特に行動規範の定めへの注意を促すだけだと説いた。

    ロイター通信によると、これら規定の中には招致過程において適切でない影響力を及ぼそうとする活動制限などが含まれている。

    米国などの3カ国は昨年4月、ニューヨークでの記者会見で共同開催案を発表。米国サッカー連盟のスニル・グラティ会長(当時)は「米大統領は共同招致を全面的に支援している」と述べていた。

    2018年のW杯本大会はロシアで開催予定。ただ、米国代表は予選で敗退したため出場資格はない。

    https://www.cnn.co.jp/showbiz/35118518.html
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20180427/sci18042723100019-n1.html

    【【米国】トランプ大統領「アメリカのサッカーW杯招致に賛同しない国は国連で支持しない」→FIFAが注意 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル