かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:GM

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニーリフト(三重県) [RU] 2020/11/20(金) 11:05:52.37 ID:MZu6tttm0● BE:789862737-2BP(2000)
    DF675A37-44DF-4263-9E07-78CA011BD736

    韓国GMの協力会社からなる「協信会」が、韓国GMの労使対立で協力会社は危機を迎えていると訴え、労使に賃金団体交渉の早期妥結を求めた。

    協信会は19日、韓国GM富平(プピョン)工場西門で「韓国GMの妥結しない賃金団体交渉に対する協力会社の生存のための訴え」を発表し、
    「賃金団体交渉がすぐに妥結しなければ、流動性が脆弱な協力会社は不渡りを出す事態を迎えるかもしれない」と憂慮を表した。
    特に先月末から続いている韓国GM労働組合の残業・特別勤務拒否、4時間の部分ストで、協力会社が被害を受けていると主張した。この日の集会には協力会社の代表およそ100人が参加した。

    協信会は「賃金団体交渉の遅延で生産に深刻な支障が生じている。さらなる支障が生じてはいけない」とし「協力会社の不渡りなど取り返しがつかないことが発生すれば、
    韓国GMの部品サプライチェーンに深刻な影響が及ぶ」と強調した。また「生産への支障で協力会社は自動車企業より厳しい苦痛に直面している」と訴えた。
    協信会は「一部の会社は電気代のほか、職員の給与も適時に支払えない状況」とし「第2次、第3次協力会社は事業をあきらめるところが増えている」と伝えた。
    協信会と韓国GMによると、労働組合の部分ストなどで先月は5064台の生産損失が発生した。また、部分ストが今月末まで続く場合、今月の生産台数は当初の目標の半分にもならない見通しだ。
    協力会社の社長は韓国GM労使に自制と協力を訴えた。協信会は「あらゆる知恵を集めて遅滞なく賃金団体交渉を妥結させてほしい」とし「韓国GMの後ろでは30万人の協力会社の役職員と家族が不安を感じながら見守っている」とも伝えた。
    韓国GM労働組合は先月末から3日間、4時間ずつの部分ストを始め、今月もこの日まで9日間(営業日基準)の部分ストをした。
    部分ストをした期間は今月14営業日基準で半分以上の9日間にのぼる。韓国GMの労使は7月から今年の賃金団体交渉を続けているが、合意点を見いだせていない。また富平第2工場の新規生産量配分などをめぐっても対立している。
    こうした中、GM本社の役員が18日、「韓国撤退説」を示唆し、注目を集めている。スティーブ・キーファーGM海外事業部門代表はこの日、ロイターのインタビューで「労働組合が韓国を競争力がない国にしている」とし「近いうちに労働組合の問題が解決しなければ衝撃があるだろう」と述べた。業界は2018年に続いてGMが韓国市場から撤退する可能性があることを示唆したものと解釈している。

    2020/11/19 ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d8a74e6fccc55b3adb84bb40a0c9c60d03b14bcb

    【【悲報】 韓国経済、崩壊 30万人が生命危機、社長100人が号泣 「もう電気代も払えない給料も未払い」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/11/21(土) 08:41:04.40 ID:CAP_USER
     kr250
     韓国GM労働組合が米ゼネラルモーターズ(GM)本社最高位役員の「撤退警告」を無視して20日、5回目のストライキを決議した。労組は23日から25日まで班ごとに勤務時間を半分にして4時間だけ働くことを決めた。

     一方、19日に今年初のストライキを決議した起亜自動車労組のチェ・ジョンテ支部長は翌20日、起亜自動車本社(ソウル市瑞草区)前で断髪式を行い、経営者側に抗議の書簡を渡した。今年上半期に新型コロナウイルス禍で生産に大きな支障が出た自動車業界だが、下半期は労組のストで再び危機を迎えている。

     米GMのスティーブ・キーパー上級副社長兼海外事業部門代表は18日(現地時間)、「韓国GMの労組は生産台数を人質にしている」「数週間以内に労組問題が解決されなければ、長期的な影響が出るだろう」と語っていた。韓国撤退の可能性を公に警告したものだが、労組はその二日後、さらなるストでこれに答えた。韓国GM労組は先月30日から同日まで12日間のストを行っている。来週3日間のストが追加されれば、生産上の支障は2万5000台に増えると見られている。昨年41万台を販売した韓国GMは、今年上半期の新型コロナ禍で6万台の生産損失を出した。韓国GM関係者は「コロナによる損失を11-12月の時間外勤務で挽回(ばんかい)することにしたのに、時間外勤務や残業まで拒否されたため、損害は甚大だ」と語った。

     起亜自動車労組も24日から27日まで一日の勤務時間を半分にして4時間だけ働く。起亜自動車社側は、同じグループ会社である現代自動車労使が今年合意した水準の成果給など(基本給凍結、成果給100%+120万ウォン〈約11万円〉、商品券20万ウォン〈約1万9000円〉、自社株など)を提示したが、労組はこれを拒否し、19日に交渉決裂を宣言した。労組は通常賃金拡大、定年延長(60歳から65歳へ)、解雇者復職などを要求している。業界関係者は「韓国の自動車産業は比較的防疫に成功しており、下半期からライバル企業を追い抜くチャンスを迎えていたが、労組の欲が足を引っ張る形になった」と語った。

    朝鮮日報11/21(土) 8:21
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c2d7adaa0fa743006e35ad812264755dd7345262

    【【韓国】撤退警告から二日、韓国GM労組またストライキ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2020/11/19(木) 13:54:27.64 ID:CAP_USER
    DF675A37-44DF-4263-9E07-78CA011BD736
     
    韓国GMの協力会社からなる「協信会」が、韓国GMの労使対立で協力会社は危機を迎えていると訴え、労使に賃金団体交渉の早期妥結を求めた。

    協信会は19日、韓国GM富平(プピョン)工場西門で「韓国GMの妥結しない賃金団体交渉に対する協力会社の生存のための訴え」を発表し、「賃金団体交渉がすぐに妥結しなければ、流動性が脆弱な協力会社は不渡りを出す事態を迎えるかもしれない」と憂慮を表した。特に先月末から続いている韓国GM労働組合の残業・特別勤務拒否、4時間の部分ストで、協力会社が被害を受けていると主張した。この日の集会には協力会社の代表およそ100人が参加した。

    協信会は「賃金団体交渉の遅延で生産に深刻な支障が生じている。さらなる支障が生じてはいけない」とし「協力会社の不渡りなど取り返しがつかないことが発生すれば、韓国GMの部品サプライチェーンに深刻な影響が及ぶ」と強調した。また「生産への支障で協力会社は自動車企業より厳しい苦痛に直面している」と訴えた。協信会は「一部の会社は電気代のほか、職員の給与も適時に支払えない状況」とし「第2次、第3次協力会社は事業をあきらめるところが増えている」と伝えた。

    協信会と韓国GMによると、労働組合の部分ストなどで先月は5064台の生産損失が発生した。また、部分ストが今月末まで続く場合、今月の生産台数は当初の目標の半分にもならない見通しだ。

    協力会社の社長は韓国GM労使に自制と協力を訴えた。協信会は「あらゆる知恵を集めて遅滞なく賃金団体交渉を妥結させてほしい」とし「韓国GMの後ろでは30万人の協力会社の役職員と家族が不安を感じながら見守っている」とも伝えた。

    韓国GM労働組合は先月末から3日間、4時間ずつの部分ストを始め、今月もこの日まで9日間(営業日基準)の部分ストをした。部分ストをした期間は今月14営業日基準で半分以上の9日間にのぼる。韓国GMの労使は7月から今年の賃金団体交渉を続けているが、合意点を見いだせていない。また富平第2工場の新規生産量配分などをめぐっても対立している。

    こうした中、GM本社の役員が18日、「韓国撤退説」を示唆し、注目を集めている。スティーブ・キーファーGM海外事業部門代表はこの日、ロイターのインタビューで「労働組合が韓国を競争力がない国にしている」とし「近いうちに労働組合の問題が解決しなければ衝撃があるだろう」と述べた。業界は2018年に続いてGMが韓国市場から撤退する可能性があることを示唆したものと解釈している。

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d8a74e6fccc55b3adb84bb40a0c9c60d03b14bcb

    【韓国GM協力会社社長100人「ストのため電気代も払えず…助けて」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2020/11/18(水) 20:39:38.55 ID:CAP_USER
    GMkankoku
     今年の賃金団体交渉で会社側と対立している韓国GMの労働組合に対し、GM本社が18日「韓国から撤退する可能性がある」と警告した。

     米国GMのスティーブ・キーパー上級副社長兼海外事業部門代表はこの日、ロイター通信の電話インタビューに対し「労組のストによって1万7000台余りの生産に支障が出ており、今週末までに生産への影響は2万台に達するだろう」として「新型コロナウイルス感染拡大による生産損失6万台を勘案すると、韓国GMは今年、利益を計上するのは困難だろう」と述べた。

     さらに、キーファー副社長は「韓国GMの労組は生産台数を人質に取って財政的打撃を与えており、このために本社は韓国GMへのさらなる投資や新車割り当てが困難になっている」とした上で「労組の振る舞いのせいで韓国が競争力のない国になっている」と批判した。さらに「数週間以内にこの問題が解決されなければ、長期的な影響が出るだろう」と述べた。長期的な影響とは、GMの韓国撤退を念頭に置いた発言だ。

     これに先立ち、全国金属労働組合の韓国GM支部は今月16日、中央争議対策委員会を開催し、20日までに前半組と後半組それぞれ4時間ずつの部分ストと残業・休日特別勤務拒否の延長を決めた。韓国GMの労組と会社側は今年、24回にわたり交渉を実施したが、賃金交渉の周期と富平第2工場への新車割り当てなどの主要な問題について歩み寄ることができなかった。

     これについて韓国GMは、次世代のグローバルな新製品の生産に向けて予定されていた富平工場への投資関連費用の執行を保留し、再検討することを決めた。当初、富平第1工場では来年から、昌原工場で生産したC-CUV(クロスオーバー)車の派生モデルを生産するために1億9000万ドル(約200億円)を投じる計画だった。

     韓国GMは2014年から昨年まで、6年連続で赤字を計上している。18年には8593億ウォン(約800億円)の当期純損失を計上し、昨年の損失も3202億ウォン(約300億円)に達した。カハー・カゼム韓国GM社長は今年9月「労使紛争が悪化すれば、GM本社は韓国からの撤退も検討するだろう」と言及していた。

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/376cd8b2c99849c33e54e07a3f72c1879a77c902

    【GM本社が韓国撤退を警告‥「労組が韓国の競争力を低下させている」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2020/11/14(土) 19:34:08.73 ID:CAP_USER

    hundai
    「LG化学のバッテリー」GMの電気自動車「火災の危険性」...韓国も9千5百台リコール
    記事入力2020.11.14。午後5:01 記事原文 スクラップ

    [アンカー]
    米国のゼネラルモーターズ、GMが全世界で販売されたボルトの電気自動車が充電中に火災発生の危険があると認めて、大規模なリコールを発表しました。

    この電気自動車は、LG化学のバッテリーが装着されているが、国内もリコール対象車が9千5百台に達します。

    イグァンヨプ記者の報道です。

    [記者]
    米国のGM本社が2017~2019年の間に生産されたシボレー・ボルトの電気自動車のリコールに入ると明らかにした。

    LG化学のバッテリーが搭載されたモデルで計6万8千600台リコール対象であり、国内では9千500台量含まれます。

    GMは、道路交通安全局がシボレー・ボルトの電気自動車の所有者から火災の危険と関連した申告を受けて調査を行い、きたGMも協力したリコールの背景を説明しました。

    電気自動車の充電の間に次の後部座席で火災が発生し、2人が煙を飲んで、家一軒火が燃え移るもしました。

    GMの電気自動車は、充電が100%ほど高くなったとき、火災の危険が大きいことが分かったが、まだ正確な原因は把握中です。

    米国道路交通安全局は、充電ではない状態でも、火災の危険があると警告して家の外の屋外に駐車することを勧告しました。

    GMは消費者にバッテリ残量を90%に制限するのが火災を防ぐことができいるとし、ソフトウェア更新プログラム方式をホームページなどを通じて発表しました。

    [提示オルテガ/ GMボルトの電気自動車総括エンジニア(GMホームページ公示):火災事故時のバッテリーが充電完了であるか、ほぼ完了段階であり、問題のバッテリーは、韓国梧倉工場で作られたLG化学の製品です。】

    韓国GM側の国内電気自動車運転者にリコール措置を詳細に説明することにしました。

    LG化学はGM社とバッテリーパックの火災調査と関連して協議を行ってきたとし、正確な原因が何であるかを把握するには時間がかかるだろうと言いました。

    先にLG化学のバッテリーを使用した現代車は、サムスンSDI電池を搭載したBMWとフォードなども電気自動車モデルの火災危険性を理由にリコールを実施しました。

    NAVER(韓国語)
    https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=001&oid=052&aid=0001514097&rankingType=RANKING

    【【韓国悲報】米国GM、大規模リコール 韓国LG化学のバッテリーに火災の可能性】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2020/11/07(土) 07:53:26.28 ID:CAP_USER
     労働組合のストライキで生産に支障を来している韓国GMが6日、「予定されていた富平工場の投資執行を保留して再検討する」と明らかにした。先月30日と今月2日に半分(組別に4時間)だけ働く部分ストを断行した労組が、再び三日間(6日、9日、10日)の部分ストを続けることから、会社側が「投資保留」という強い対応に出たものだ。賃金・団体協約の過程で労組に圧力を加えるための措置だと見られるが、GMが韓国から撤退する可能性があるという警告メッセージを投げかけたものではないかという解釈もある。

     韓国GMが保留することにした投資計画は、富平第1工場で来年から執行することにした1億9000万ドル(約196億円)だ。韓国GMは2022年末から昌原工場でCUV(クロスオーバー・ユーティリティ・ビークル)の新車を生産することにしたが、このCUVの派生製品を富平第1工場にも割り当てるとして、昨年10月に投資計画を発表した。現在、「トレイルブレイザー」しか生産していない富平第1工場の生産継続のため追加投資をするという内容だった。会社側はまた、今年の賃金団体協議の過程で、国内の自動車メーカーでは初めて「1年ごとに行う消耗的な賃金交渉を終わりにし、2年に一度しよう」と、2年分のボーナス700万ウォン(約64万円)を提案した。だが、労組が「絶対に受け入れられない」としてストを起こしてすぐ、会社側が投資計画を撤回したものだ。

     韓国GM側は「今年上半期は新型コロナウイルス流行などで6万台以上の生産損失が発生、深刻な現金流動性危機を経験したが、最近は労組の残業や時間外勤務拒否、部分ストなどで7000台以上のさらなる生産損失が発生した」「今回の追加ストで累積生産損失は1万2000台に達すると見られ、流動性の状況が非常に悪くなっている」と明らかにした。ある業界関係者は「最近の労組のストで現金不足問題が悪化し、現実的に見て新規投資が不可能になったと聞いている」と語った。

     韓国GMのカハー・カゼム(Kaher Kazem)社長は9月、業界関係者に「また生産に支障が発生したら、GMは韓国から去るしかない」と発言した。このため、業界では「韓国GMは新規投資を徐々に減らしていき、最終的には撤退という手順を踏むことになるのではないかと懸念される」という声が上がっている。

    柳井(リュ・ジョン)記者

    朝鮮日報 記事入力 : 2020/11/07 07:41
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/11/07/2020110780007.html


    【【カハー・カゼム社長】「GMは韓国から去るしかない」労組ストライキで…韓国GM「富平工場投資保留」韓国から撤退の可能性警告】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/09/24(木) 10:43:47.28 ID:CAP_USER
     韓国GMのカハー・カゼム(Kaher Kazem)社長は最近、業界幹部と会った席上、最近の経営難について触れ、「今年(労組のストで)生産に再び支障が生じれば、韓国事業を本当にやめるしかない」と語ったという。

     2017年9月に赴任したカゼム社長は18年、群山工場閉鎖直前に労組との交渉をいとわず、労組に監禁までされる暴力事態を直接経験した。苦労の末に労使・政府による交渉を取りまとめ、韓国GMの法定管理(裁判所主導の会社再建)を防いだ。最近は「今年は必ず損益分岐点をクリアする」と社員を激励している。しかし、韓国GMが追い込まれた最近の状況は事業継続が到底難しい水準だと訴えた格好だ。

     カゼム社長は今年7月、「違法派遣」の疑いで検察に起訴され、出国禁止措置が取られている。韓国GMを巡る違法派遣論争は過去8年余りにわたり続いてきたが、カゼム社長は最近代表理事(代表取締役)として在職しているという理由で法人と代表を同時に処罰する「両罰規定」に従い、犯罪者にされかけている。カゼム社長は最近、知人に対し、「子を持つ父親として、子どもに犯罪者と思われるかと思うとつらい」と漏らしたという。

     オーストラリア国籍でGM社内でさまざまな市場を経験したカゼム社長は今月末で任期3年が経過するが、出国禁止状態で異動の発令が阻まれている。カゼム社長は知人に「韓国には有能な人材が誰も来たがらない」と漏らした。「韓国GMの社長になれば、すぐに前科者になる」という事実がGMで世界的に知られて形だ。業界関係者は「韓国では企業のCEOになれば、数百件の犯罪で起訴されかねないのが事実だ。韓国の硬直した労働法体系と非現実的な政府命令、予測不可能な司法システムが企業経営を締め付けている」と話した。

    柳井(リュ・ジョン)記者

    朝鮮日報 2020/09/24 10:30
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020092480045

    違法社内下請けの疑いで起訴され「韓国での事業を本当にやめることも」
    no title



    【【韓国GM社長】「誰が韓国でCEOをやりたがるか 有能な人材が誰も来たがらない 韓国GMの社長になればすぐに前科者になる」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル