かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:ISO

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ttongsulian ★ 2019/09/22(日) 12:27:00.16 ID:CAP_USER
     D752C6EB-7F20-4141-B286-A5204CBEC068
    ウリナラが国際標準化機構(ISO)理事国に再選出されて、1993年理事国に初進出以降7回目の選出記録を打ち立てた。

    産業通商資源部国家技術標準院は16~20日、南アフリカ共和国ケープタウンで開かれた第42回ISO総会で韓国が理事国に選任されたと22日明らかにした。この席には160余りのISO加盟国700人余りが出席した。

    これによってイ・スンウ国家技術標準院長が来年から3年間、ISO理事を引き受けることになる。

    ISO理事国はアメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、日本、中国など6個常任理事国と総会で選ばれて再任不可の規定が適用される14個選出国など20ヶ国だ。

    選出に先立って韓国は1993~1994年、1996~1997年、2002~2003年、2006~2007年、2010~2011年、2014~2016年などにわたって任期2~3年の選出理事国を引き受けている。

    ウリナラがISO理事国の地位に上がったことで国際標準化政策決定の過程で主導的に参加することができるようになったと国標院は評価した。

    韓国は今年任期が満了する2個理事国の席に置いて9ヶ国と競争をしてベルギー、カナダ、オーストラリアなどと最終候補4ヶ国に上がった。

    その後、終盤まで熾烈な得票活動をした末にこれまで力を入れてきたASEAN、中東、アフリカ地域の国々の強力な支持を受けて、カナダと共に劇的に通算7回目の理事国進出に成功した。

    特に今回の選挙戦では中国や日本を始めとして、これまで強力な新南方政策推進によるASEAN(東南アジア諸国連合)の国々の全幅的な支持が大きな力を発揮したものと見られると国標院は分析した。

    国標院関係者は「最近の日本の輸出規制と関係なく、標準分野で日本とは協調が上手くいってきた方」としながら「先立って北東アジア3国の標準協力体である韓中日標準協力会議でもウリの理事国進出を支持することにした」と伝えた。

    ウリナラは総会期間にアメリカ、ドイツ、サウジアラビアなどと標準・認証分野で相互協力を強化した。

    人工知能(AI)分野の先導国家であるアメリカとは国際標準化機構AI技術委員会の案にウリナラが提案したスタディグループを新設するために協力することにした。

    4次産業革命の主導国であるドイツとは標準化協力チャンネルである『韓・独標準協力対話(S-Dialogue)』を出帆することで最終決定して、11月に初会議をソウルで開催する予定だ。まず協力課題には未来車とスマート製造分野と決めた。

    サウジ側とは今後技術規制によるウリ企業の被害を最小化するために車両用燃料効率試験所構築事業や昇降機など試験認証分野の協力を強化することにした。

    またシンガポール、タイ、ベトナム、マレーシア、インドネシア、フィリピンなどASEAN6ヶ国の標準化機構代表と会って4次産業革命及び試験インフラ力量強化など韓・ASEAN標準協力事業推進に対して議論した。

    韓国,国際標準化機構理事国に7回目選出…"日本も支持"
    2019-09-22 11:00
    聯合ニュース(韓国語)
    https://www.yna.co.kr/view/AKR20190921035500003


    【【日本も支持】韓国が国際標準化機構(ISO)理事国に選ばれる…2016年以来7回目 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: nita ★ 2018/07/23(月) 06:50:23.97 ID:CAP_USER9
    7/23(月) 5:48配信

     工業製品の品質やその管理体制の基準を定める国家規格「JIS」や国際規格「ISO」の認証機関が、不十分な審査で企業に認証を与える不正をしていたことがわかった。大手素材メーカーなどの品質不正が相次ぐなか、企業の品質管理をチェックする認証機関の不正も明らかになったことで、国際的に高い評価を得てきた日本の製造業に対する信頼を一段と損なうおそれがある。 

     不正な審査をしていたのは、世界75カ国以上で規格の認証を手がける英国の大手機関「ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド(LRQA)」の日本支店(横浜市)。18世紀に船級協会として創立され、品質管理に関する認証機関の草分け的存在であるロイドレジスターグループの子会社だ。国内の審査件数も多い。 

     朝日新聞が入手した内部資料によると、航空・宇宙関連企業3社から依頼を受け、品質管理の仕組みを定める国際規格「ISO9001」に、航空宇宙産業で必要な項目を追加した規格「JISQ9100」に関する審査を昨年実施。複数の韓国人審査員が審査を担当したが、経歴が不十分で無資格だったり、所定の訓練を受けていなかったりする人物が含まれていた。審査員がまとめた報告書が適正かどうかをチェックする工程を省略した不十分な審査も複数見つかった。 

     内部資料によると、LRQAは審査の手続きが不十分なまま、依頼を受けた企業に認証文書を発行しており、こうした不正行為は日本支店の代表者(当時)も了承していた。 

     認証機関が適正に活動しているかをチェックする公益財団法人「日本適合性認定協会(JAB)」が問題を把握し、意図的な不正で重大な悪質性があったと結論づけた。同協会はLRQAに対し、認証機関としての認定を取り消す処分を今月12日に出した。処分をしたことはホームページで同19日に公表したが、機密情報にあたるとして詳しい処分理由は説明していない。 

     協会の処分には審査業務を停止させる強制力がないため業務は継続できるが、LRQAは6月、「JISQ9100」の認証業務から撤退すると表明した。 

     LRQAは昨年11月、アルミ製品の検査データ改ざんが発覚した神戸製鋼所大安工場(三重県いなべ市)に対し、JISとISOの認証を一時停止する処分を出していた。銅管を製造する北九州市の神鋼子会社についても、今年2月にJISとISOの認証を取り消している。 

     LRQAは不正や処分について、「お客様との守秘義務の関係上、情報をご提供することは差し控えます」としている。(野口陽) 

         ◇ 

     〈JISとISO〉 JISは日本工業規格の略称。工業標準化法に基づき、鉱工業品の種類・形状・品質・性能などを定める国家規格だ。ISOはスイスに本部を置く国際標準化機構が制定した国際規格。製品やサービスの品質やレベルの基準を世界中で同じにして、国際的な取引をスムーズにする狙いがある。組織の品質管理や環境活動を管理する仕組みについて定める「ISO9001」「ISO14001」が有名。JISは国際規格との整合化を図っており、ISOと同内容のものも多い。 

    ヤフーニュース(朝日新聞)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00000007-asahi-bus_all

    【【社会】JIS認証機関、複数の韓国人審査員が無資格・手抜き審査 イギリス大手の日本支店 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル