かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:K-POP

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: オセルタミビルリン(愛知県) [US] 2020/09/01(火) 17:56:55.76 ID:dcyO04Kk0● BE:896590257-PLT(21003)

    BTS「ダイナマイト」が米ビルボードシングル1位 韓国アーティスト初
    2020年9月1日 16:53 AFPBB

    韓国のヒップホップボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」が英語の新曲「ダイナマイト」で、同国のアーティストとして史上初めて米国の主要シングルチャート「ビルボードホット100」で1位に輝いた。
    8月31日発表された。世界的に絶大な人気を誇る7人組がまた一つ、新たな記録を打ち立てた。
    「ダイナマイト」はBTSが初めて全編英語で歌ったシングルで、8月21日にリリースされ、わずか1週間でストリーミング回数3390万回を記録し、シングル盤30万枚を売り上げた。
    ビルボードでは女性ラッパーのカーディ・Bとミーガン・ジー・スタリオンのコラボ曲「WAP」から、1位の座を奪った。
    韓国の文在寅大統領は、「本当に素晴らしい」「K-POPの誇りをさらに高める偉業だ」などと、BTSの快挙をたたえた。
    BTSはビルボードのアルバムチャートでは、これまで3枚のアルバムが1位となっている。だが、シングルチャートであるホット100では3月に「On」で4位にランクインしたのが最高だった。
    今回のホット100での1位は、グループとしても韓国アーティストとしても初となる。

    https://www.afpbb.com/articles/-/3302281
    no title

    no title

    no title

    【【キモッ】韓国BTS”ダイナマイト”が米ビルボードシングル1位。ムン「K-POPの誇りをさらに高める偉業だ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚯蚓φ ★ 2020/09/01(火) 16:47:23.94 ID:CAP_USER
    no title

    ▲「Do Not Loop Dynamite(Dynamiteのみ繰り返して再生しないでください)」

    ツイッターの英語アカウント「BTS on Billboard(@BTS_Bilboard)」が最近共有した投稿の一部だ。「いいね」が1万6000回、リツイートが約5900回のこの掲示物「Dynamite Survival Kit」(以下、サバイバルキット)は、熱心なファンのためのいわば「百人力」のオンラインガイドブックだ。

    スポーティーパイ、アップルミュージック、タイダル、アマゾンミュージック、ユーチューブのようなグローバル音源ストリーミングプラットフォームで、ファンが防弾少年団(BTS)の新曲「Dynamite」を消費して、ビルボードチャートに最大限影響を与えることができる攻略法を詳しく説明しておいた。このアカウントのフォロワーは約140万人。BTSファンダム・ア-ミ-の公式アカウントもフォローする。

    サバイバルキットのDynamite消費のガイドラインは緻密である。△無料アカウントで聞けば、有料アカウントストリーミングの3分の2のみ反映される、△有料アカウント無料体験イベントは、このリンクに入って登録、△Dynamiteだけを繰り返して聞けばカウントが少ないので、他の曲をいくつか挟んだプレイリストを生成して聞き、周りに共有、△アイチューンズでDynamiteをプレゼントするときは、ビルボードシングルチャートへの反映のためにギフトカードの活用などである。

    募金と資金支援のためのアカウントである「@fundsforbangtan」(フォロワーは5万3000人)もある。サバイバルキットは、米国アーミーに「Dynamite音源を買うためにお金が必要な場合は、@fundsforbangtanにコンタクトせよ」とし、米国外アーミーには、「米国内でのDynamite販売量増大のために、@fundsforbangtanに寄付しなさい」と促している。このアカウントでは、音源購入、領収書送付、補償手続きまで案内する。

    業界の専門家たちは、「国内の一部のアイドルファンの『音源総攻(音源消費総攻撃)』の文化が、海外にも伝播されたのだ」と口をそろえた。様々な「総攻」「募金」のアカウントは数えきれないほど多い。BTSだけでなく、いくつかの有名K-POPアイドルのファンの一部が、このようなアカウントを運営する。

    専門家らは、「他の歌手にも被害を与える操作行為だ」とし、「今後K-POPのイメージに打撃を与え、ビルボードチャートの公信力にまで影響を与えることができる」と懸念を示す。

    イ・デファ評論家は、「このような『サポート』がチャートにどれだけ実質的に影響を及ぼすかは分からない」としながらも、「買い占めと便法、広報問題によってメロンチャートの信頼性が墜落したように、ビルボードチャートも同じ道を進みかねない」と語った。キム・ハクソン評論家は、「『私の歌手』の成功のための努力が、結果的に、そのチャートの公信力を低下させる結果を生みかねない」と指摘した。

    国威宣揚に酔って、K-POPの「影」に目をつぶった業界全体を振り返らなければならないという声もある。キム・ユンハ評論家は、「暗黙的に助長した歌謡芸能事務所、音源プラットフォーム、メディアも責任から自由でない」と指摘した。

    イム・ヒユン記者

    東亜日報
    https://www.donga.com/jp/article/all/20200831/2166946/1/


    【【韓国の汚い工作】 「音源消費総攻撃」Kポップの危険な影~ビルボードチャートの公信力にまで影響】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2020/08/07(金) 08:44:08.90 ID:CAP_USER

    no title

    ▲ 日本のメディアと各界の著名人は、「K-ポップやK-ドラマのグローバル成功の原因は、政府の政策と支援があった」と一貫して言及している。
    _______________________________________________________

    K-POP(Kパプ)の成功の裏には、国家政策がある?

    日本のアイドル企画会社『ジャニーズ・エンタテイメント』のNEWSの元メンバー手越祐也は、最近公開した自叙伝に、「韓国政府がBTSを後押ししていた。英語できていたらNEWSもビルボードを獲得していただろう」という主張を展開した。

    「韓国は国策として韓流を作る」、「政府の支援の下でアイドル育成も行われている」などの意見は一人だけの幼稚な発言ではない。過去に『冬のソナタ』など、第1世代の韓流が日本にブームを起こした頃から現在まで、日本のメディアや各界の専門家を通じて一貫して言及された内容である。

    日本の該当認識はその根が深い。

    在日ジャーナリストのキム・ミンジョンは、「1998年、金大中(キム・デジュン)政権で段階的に日本文化を開放するのを見たほとんどの人は、“韓国は政府が文化を牛耳っている” という認識を持ち始めた。また、映画『シュリ』や南北分断を基にした『JSA』、『シルミド』が日本で人気を博し、“韓国は映画に分断の話を盛り込んで政策を反映する国家” という憶測も生じた」と説明した。

    結局、K-ドラマとK-POPブームが世界的な影響力を及ぼし、根拠のない主張が嫌韓と合わさって既定事実になったというのである。


    no title

    ▲ 日本政府の経済産業省のホームページには、彼らの文化復興政策である『クールジャパン』キャンペーンについての説明が掲載されている。
    _______________________________________________________

    自国の伝統文化や大衆文化を世界的に伝えようとする努力は、全ての国で行われている。日本には文化復興関連の国家政策がないのだろうか?もちろんある。通称『クルヂェペン(COOL JAPAN)ケムペイン(キャンペーン)』である。

    『クールジャパン』は2010年、日本内閣府の経済産業省が『クールジャパン(室)』を設置して、本格的に始まった。経済産業省のホームページによれば、『クールジャパン』は日本のファッション、マンガ、アニメ、ゲーム、食べ物などの日本文化を海外伝え、経済成長につないで行くというブランド政策と説明している。

    ジャーナリストのキム・ミンジョン氏は、クールジャパンが大きな効力を上げられない点について、一つ目に「日本特有の情緒を強要したこと」と、二つ目に「閉鎖的な著作権政策」を挙げた。 彼女は、「映画、ドラマ、J-POP、マンガの全てが普遍性ではなく、日本だけの特有な情緒を世界にアピールしていて、その限界点が表れている。また、コンテンツの著作権や芸能人の肖像権が厳しく、自然発生的な派生を防いできた」と説明した。

    日本を代表するアイドル企画会社のジャニーズ・エンタテイメントは最近、オンラインの写真掲載を承諾してYouTube禁止令を解いた。すでにサイ(PSY)の『江南スタイル』が、YouTubeを通じて世界を熱狂させた後である。

    結局は手越祐也を始めとする現地の専門家が『K-POPは政府の政策』という主張をすればするほど、自国の文化政策が大きな反響を起こせなかったり失敗したことで、ブーメランとして帰るわけである。

    スポーツ京郷(韓国語)
    http://sports.khan.co.kr/entertainment/sk_index.html?art_id=202008061548003&

    【【韓国はゴリ押し】「K-POPは国策」という日本の主張・・・それなら『クールジャパン』って何だ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ろこもこ ★ 2020/07/19(日) 14:25:13.52 ID:CAP_USER

    世界を魅了してやまないK-POPアイドルたち。しかし、彼らの行為が大炎上することがある。最近ではBLACKPINKのミュージックビデオにインドから非難が殺到。過去にはBTSのメンバーが「キノコ雲」プリントのTシャツを着ていた写真が日本で物議を醸した。

    こうした不祥事はなぜ繰り返されてしまうのか。背景には“韓国の歴史”があるのではないかと米紙「ニューヨーク・タイムズ」が報じている。
    私たちの神は玩具じゃない!

    女性K-POPグループ「BLACKPINK(ブラックピンク)」のミュージックビデオに、象の頭を持つヒンズー教の神、ガネーシャが数秒間登場した。メンバーが金縁の椅子に座ってラップをするシーンで、ガネーシャの神像は宝石をちりばめた「アラジンのランプ」のそば──床に置かれていたのである。

    問題となった『How You Like That』のミュージックビデオは「文化の盗用」であり、さらには「神聖な宗教的象徴物であるガネーシャを、床に小物として放置するという形で不適切に使用した」として、インドのK-POPファンから非難を受けた。

    「アーティストのことは恨んでない。だが、ヒンズーの信仰と神々はポップカルチャーのミュージックビデオに登場するおもちゃではない」

    インド・デリー在住のファンはツイッターにそう書き込んでいる。インドや東南アジアの文化がK-POPにおいて軽視されたのは今回が初めてではない、とも付け加えた。

    騒動が大きくなると、YouTubeに投稿されていた動画からガネーシャは突然削除され、ファンは「勝利」を宣言した。BLACKPINKの所属事務所であるYGエンターテインメントは「意図しないミスだった」とし、関連イメージを削除した。
    ファンあってのアイドルだけど…

    K-POPは韓国最大の「輸出品」で、レベルの高いダンスなどのパフォーマンスが人気だ。

    韓国コンテンツ振興院が3月に発表した報告書によれば、韓国の音楽産業は2018年に50億ドル以上の収益をあげている。そのほとんどがK-POPによるものだという。たとえば2019年、YGエンターテインメントの収益は2億2000万ドルにも上った。

    そしてこの現象の鍵を握っているのは、ファンだ。ファンたち自身もそのことを理解している。

    彼らはアルバムがリリースされたとき、あるいはアイドルたちの誕生日が来たときにはSNSを使って大々的に祝う。さらには実費で地下鉄に広告を出すなどし、BLACKPINKのようなグループをスターの地位に押し上げてきた。

    そんなK-POPファンたちは世界中におり、人種や年齢、社会経済的にも多様なコミュニティーをネット上に作り上げている。彼らは政治活動にも積極的で、一部はトランプ大統領の集会を標的にして空予約を大量に取る「いたずら」までした。
    K-POPグループ自体もまた文化の垣根を越え、新たな音楽を見つけようと模索している。男性グループBTSは2018年、アフロビートと韓国民謡のリズムを融合した楽曲『Idol』をリリースし、称賛された。
    しかし、ときには文化的、人種的に越えてはならない一線を越えてしまい、つまずくこともある。ミュージックビデオの背景やカラフルな衣装に、宗教的、または社会的に慎重に取り扱うべきモチーフを取り入れたことで、不適切だと非難されたことは過去にもあったのだ。

    たとえばBLACKPINKのメンバーは、黒人のボックスブレイズ(細かな三つ編みをたくさん作る髪型)にしたうえでインドのビンディー(額の装飾)をつけたことで批判された。

    そして今回のガネーシャもまた、ファンたちを刺激した。YGエンターテインメントにはSNSやメールを通して意見が殺到し、なかにはファンが作成したテンプレート通りのものもあった。ファンたちは公式な謝罪と、ガネーシャ象の削除を要求していたという。

    6月30日、YGエンターテインメントはガネーシャを削除した新しいバージョンの『How You Like That』のミュージックビデオを公開した。同社は「気づいてすぐにミュージックビデオを編集した」としている。

    デリー出身の大学生で、K-POPファンのヴェダンシュ・ヴァルシュニー(21)は、K-POPによる文化のマッシュアップについて「自分たちの文化が表現されている、と(嬉しく)感じる人もいるでしょう。だだし、無礼なやり方をしているときは話が違います」と語った。

    【【韓国】K-POP「文化の盗用」が繰り返される理由─今度は“ヒンズーの神”で炎上】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: チミル ★ 2020/03/22(日) 06:18:05.01 ID:6do7B+wU9
    no title
     
    韓国のポップ音楽「K-POP」のアイドルを目指す日本の若者が増えている。日本ではなく韓国を選ぶのはなぜか。デビューを夢見てレッスンに励む若者が集う東京都内のダンス教室を訪ねた。(松浦奈美)

    壁一面に鏡が張られた部屋に韓国語の歌が大音量で流れると少女の表情が一変し、躍動感あるダンスが始まった。2月の午後。韓国料理店などがひしめくJR新大久保駅(東京・新宿)近くにあるK-POPアイドルの養成をうたう…

    以下有料記事

    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57039100Z10C20A3SHB000/


    【【韓国】日本の10代、夢はK-POPアイドル「私も世界に」…なぜ日本ではなく韓国を選ぶのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2020/03/06(金) 15:24:57.13 ID:CAP_USER
     kr250
    [韓流]韓流スターの日本公演も困難に 「入国者隔離」措置で

    【ソウル聯合ニュース】日本政府が5日、新型コロナウイルスの対応策として韓国からの入国者に対し指定の場所で2週間の待機を要請するなどの措置を表明したことを受け、韓国芸能界も影響を注視している。
     
     この措置は9日午前0時から3月末まで適用されることから、韓流スターが今月中に日本で公演などを行うことは事実上困難になった。

     今月日本で予定されていたK―POP公演は、ほとんどが新型コロナウイルスの感染拡大防止のために中止や延期が決まっているが、実施が予定されている公演もある。

     人気グループ、SUPER JUNIOR(スーパージュニア)は今月25、26両日にさいたまスーパーアリーナで予定していた公演の開催が難しくなった。所属事務所傘下のレーベルSJは、コンサートの日程について追って告知する予定だ。

     日本の今回の措置はひとまず3月末までとされているが、業界では今後の動きについても推移を注視している。

     4月3~5日に千葉・幕張メッセで大型韓流フェスティバル「KCON JAPAN」の開催を予定していた総合コンテンツ大手CJ ENMの関係者は、社内で対応を協議中だと説明。決定すれば発表すると述べた。

     人気ガールズグループのTWICE(トゥワイス)は、当初今月3、4日に開催予定だった東京ドーム公演を4月15、16日に延期した。所属事務所のJYPエンターテインメントは「(状況を)鋭意注視している」と明らかにした。

    朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/06/2020030680169.html

    【【韓国悲報】3月下旬の日本国内のKPOPコンサート絶望的に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/01/06(月) 09:25:35.45 ID:CAP_USER
    (写真=SBS)『それが知りたい』の放送
    no title


    疑惑だけが飛び交っていた「音源買占め」の実体が明らかになった。

    1月4日放送されたSBSの『それが知りたい』では「操作された世界-音源の買占めか? バイラルマーケティングか?」編を放送した。

    音源買占めとは、大手の芸能事務所やプロダクション、レコード会社などが専門ブローカーを雇い、所属するアーティストの楽曲をメディアやネット上などで何度も流し、音楽配信チャートなどで上位にランキングされるよう仕向ける不正行為のことだ。

    【関連】K-POPの新たな“闇”か。チャート1位のための「音源買占め疑惑」とは?(https://sportsseoulweb.jp/star_topic/id=8069

    数年前からK-POP界で噂されていたが、BlockBのラッパーであるパクキョンが11月24日に自身のSNSを通じて、「Vibeのように、ソン・ハイェのように、イム・ジェヒョンのように、チョン・サングンのように、チャン・ドクチョルのように、ファン・インウクのように買占めをちょっとしたい」という文を掲載して、音源買占め議論が始まった。

    その後、パクキョンのSNSで言及された歌手たちは一斉に「事実無根であり名誉毀損」として強硬対応を示唆し、パクキョンを告訴した状態だ。 法的攻防が避けられなくなったのだ。

    その後しばらく静まり返ったように思えたが、『そこが知りたい』スタッフたちが音源買占めに関する情報提供を受け、再び話題を集めた。

    番組では具体的な証言が続いた。タイガーJK、スルタン・オブ・ザ・ディスコなど現役で活動中の歌手たちが実際に買占め提案をかなり前から受けてきたことを明かし、タイガーJKは歌の歌詞に「一億ですか」などを入れて買占めを批判してきたことも明らかにした。

    このほかにも、前・現職の広報代行会社の関係者、所属事務所の関係者たちが出演し、音源買占めの実体に関する証言を加えた。

    しかし、買占め疑惑で言及された歌手側は、いずれも事実無根を維持し、「フェイスブックなどでバイラルマーケティングを行っただけなのに」と主張した。

    しかし、関係者の証言によると、バイラルマーケティングだけではチャート順位まで動かすことはできないという。

    その背景に隠れている音源操作方法などについても公開したが、尾を引くのは難しいと予測した。 特に、自分たちが広報する歌手の順位操作だけでなく、ライバル歌手の順位操作まで可能だ」と付け加えた。

    同日の放送では、一つのコンピューターで同時多発的に音源を再生するなどの姿が映った映像も公開され、衝撃を与えた。

    放送後にIU、ソンミなどもSNSを通じて一撃を加えた。しかし、Vibeなどの該当歌手は、依然として悔しさを吐露している。 そのため、「音源買占め」論議をめぐる真実攻防が続く見通しだ。

    一方、今回の放送では問題が音源サイトだけに限られていないことも明るみになった。ポータルサイトのリアルタイム検索ランキングはもちろん、国民請願までもすべて操作が可能だという合理的な疑いを提起し、さらに深い余韻を残している。

    2020年01月05日
    スポーツソウル(韓国語)
    https://sportsseoulweb.jp/star_topic/id=8861

    【【韓国以外は知ってた】K-POPの闇 「音源買占めチャート操作」の真相が明らかになった】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル