かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:LCC

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 田杉山脈 ★ 2019/10/21(月) 00:25:47.16 ID:CAP_USER
    1A949B90-D4F8-4057-BD8F-5AAAA21EEB4C
     
    日本と韓国を結ぶ格安航空会社(LCC)の便が、値崩れしている。日韓関係が悪化した影響で、韓国からのインバウンド(訪日外国人)が激減しているからだ。大阪との往復便に1千円(本体価格)のチケットも登場したが、採算がとれるのか。

    「ありえない状況です」と話すのは、格安旅行サイト「ena(イーナ)」を運営する旅行会社エアプラス(東京都港区)の登山(とやま)幸典さん(50)。LCCのチケットの仕入れを担当する登山さんは、8月の最終週あたりから異変を感じ始めた。

     普段は安くても往復6千~7千円という大阪―ソウル便が、「エアソウル」は1千円、「イースター航空」は1200円。予約率によって価格は日々変動するが、往復5千円ほどだった福岡発着便は3千円前後に。「ティーウェイ航空」の福岡―ソウル便は2千円まで下落した。

     登山さんは「特に福岡は安値が顕著で、大阪や成田にも飛び火している。11月は冬休み前で休みが取りにくく、旅行を控える傾向にあるので、さらに値崩れするかもしれない。日本から行くならいまがチャンス」と言う。

     日本政府観光局(JNTO)に…

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASMB7630WMB7TIPE02K.html

    【【韓国セルフ経済制裁】ついに「往復1千円」も LCC値崩れ、日韓関係悪化で 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 孤高の旅人 ★ 2019/05/13(月) 10:30:09.59 ID:/9qp4WVX9
    F664CC38-0B53-41E7-B4DB-B07CE874B77D
     
    韓国LCC、事故把握も報告せず…国交省が指導

     韓国の格安航空会社(LCC)「ティーウェイ航空」が運航中に起きた客室乗務員の重傷事故を報告しなかったとして、国土交通省が同社に指導を行ったことがわかった。国際民間航空条約などでは、機長は発生国の航空当局などへ速やかに事故を報告するよう定めており、国交省は韓国の航空当局にも同社を指導するよう申し入れた。

     事故は今月2日に発生。同社のソウル発成田行きの便が成田空港に着陸する約20分前に大きく揺れ、転倒した女性客室乗務員が足を骨折する重傷を負った。
     国交省などによると、同社は骨折の事実を事故当日に把握したが報告しなかった。翌3日、国交省が別の便の遅延について問い合わせた際、事故が起きたことを伝えてきたという。同社は「遅延便の乗客対応などで遅れてしまった」との趣旨の説明をしているという。
     国交省は同社に適切な報告を行うよう指導した。事故については航空事故と認定し、運輸安全委員会が原因調査を行っている。
     同社日本地域本部は読売新聞の取材に「こちらでは答えられない」としている。

    読売新聞
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20190513-OYT1T50026/ 
    【韓国LCC、事故把握も報告せず…国交省が指導 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル