かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:LG電子

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2020/06/27(土) 16:13:45.91 ID:CAP_USER
     6B78CF84-DEB3-47AF-8302-809A3D7FB9F2
    ここ最近、セキュリティ業界を震撼させているサイバー犯罪者集団が「Maze Group」と名乗るグループだ。韓国のLGエレクトロニクスが彼らの最新のターゲットとなった。

    Maze Groupはセキュリティ情報サイトのBleepingComputer に犯行声明を寄こし、LGのネットワークに侵入し、約40ギガバイト分のソースコードを奪い取ったと宣言した。彼らは他の犯罪者グループと同様にターゲットのデータにロックをかけ、身代金を要求することで知られている。

    Mazeによると彼らが奪い取ったコードは、Python言語で書かれたもので米国の大手企業と関連を持つプロダクトのものだという。BleepingComputerのサイト上に掲載されたスクリーンショットから、ファイル内のコードが米国のAT&Tによって販売されたLGデバイスのものであることが確認できた。

    一部のファイルの拡張子は「.KDZ extension」となっており、LG端末のファームウェアである可能性が高い。また、ファイル名がG850から始まっていることから考えて、LGのスマートフォン「LG G8X ThinQ」のものだと推測できる。

    このようなコードが犯罪者の手に渡ることは、消費者にとって非常に恐ろしい事態を引き起こしかねない。ハッカーらはプログラムの脆弱性を探り出し、高度にターゲティングされた別の攻撃を加える可能性がある。身代金ウイルスを送り込むことや、暗号通貨の採掘プログラムを仕掛ける、または、監視ツールを送り込むことも可能になる。

    BleepingComputerはこの件でLGにコンタクトをとったが、6月25日時点で回答は得られていない模様だ。

    これまでのMazeの履歴から考えて、彼らはLGに対し一定の期限までに身代金の支払いを求めたものと推測できる。期限内に支払いがなかった場合、Mazeは入手したデータを一般に開示するだろう。

    これまでいくつかの大手企業が身代金支払いを拒絶した結果、データを暴露されてしまった。6月の初旬にはシンガポール本拠のSTエンジニアリングが、10ギガバイト近いファイルを公開されていた。

    また、1月には米国ニュージャージー州本拠の医療データ企業Medical Diagnostic Laboratories(MDLab)が被害に遭い、9.5ギガバイトのデータを奪われた。さらに複数の米国本拠の国際法律事務所も被害に遭っていた。

    Mazeは奪い取ったデータを、さらに別の悪辣な手法でマネタイズする可能性もある。データを地下のフォーラムで販売すれば、大金を払ってそれを入手しようとする別の組織が現れるだろう。

    筆者はLG側にコメントを求めている。回答が得られ次第、この記事をアップデートしたい。

    Yahoo Japan!ニュース Forbes JAPAN 6/26(金) 14:30配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/82671deb27323a58d9db4827293795922876cfb6

    【韓国LGにサイバー攻撃、有名ハッカー集団が身代金要求か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: HAIKI ★ 2020/05/04(月) 22:35:17.07 ID:CAP_USER
    4817E5B7-14A4-4884-A35B-0D9E2BACEDBC
     
    サムスンディスプレーとLGディスプレーは年末から液晶パネル(LCD)から撤収するための構造調整の真っ最中だ。
    BOEをはじめとする中国の液晶パネルメーカーが低価格物量攻勢を掲げて主導した「チキンゲーム」に完敗したためだ。
    韓国企業が撤収する液晶パネル市場では特にBOEが生産量と技術力で名実ともに1位に浮上した。
    そんなBOEが最近積極的な投資で韓国企業の次世代収益源である有機EL市場まで狙い始めた。

    (略)

    中央日報
    https://japanese.joins.com/JArticle/265524

    【【韓国悲報】サムスン・LGの液晶パネル破った中国BOE、今度は有機EL市場まで狙う】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/03/23(月) 21:24:08.58 ID:CAP_USER
    no title

    no title


    日本が初めて東京五輪の延期の可能性に言及したことで、韓国国内の電子企業各社がほろ苦い思いをしている。新型コロナウイルス感染症によって五輪まで危ぶまれ、統制が不可能な状況に陥っているからだ。サムスン電子、LG電子などの企業は、東京五輪が実際に延期されれば今年のマーケティング計画と事業計画の見直しが避けられない状況だ。

     サムスン電子は東京五輪の複数の公式スポンサーのうちの1社だ。国際オリンピック委員会(IOC)によると、今回の東京五輪で公式スポンサーシップを締結した企業は計80社。このうちサムスン電子は韓国の企業としては唯一、東京五輪の公式スポンサーシップを締結している。サムスン電子はまた、コカ・コーラ、トヨタ、インテル、アリババ、パナソニック、VISA、GE、Airbnb、オメガなど計14の企業と共に、五輪の最上位スポンサーシップであるワールドワイドオリンピックパートナーになっている。それだけ五輪開催によって享受できる広報効果が大きい。サムスン電子は2018年、五輪公式スポンサー契約期間を2028年まで延長することをIOCと決めた。

     当初、サムスン電子とLG電子は東京五輪にかける期待が大きかった。世界最大のスポーツイベントを通じ、日本での市場シェアを拡大することができると考えたからだ。特にサムスン電子は高速通信規格「5G」を筆頭にスマートフォン「ギャラクシーS20」と「ギャラクシーZフリップ」の大々的なマーケティングを進める予定だった。日本のNTTドコモが今月25日から5G移動通信サービスを開始し、27日にはソフトバンクも5Gサービスを開始するため、それに合わせて5G対応スマホの販売台数を増やす戦略だった。

     サムスン電子の日本でのスマートフォン市場シェアは、他国に比べて相対的に低い。日本のMM総研(MMRI)によると、昨年の日本のスマートフォン市場ではアップルがシェア47.4%で1位だった。シャープが13%、サムスン電子は9.1%だった。アップルは今年の下半期になってから5G対応スマホを発売する予定で、サムスン電子は日本の5G時代の幕開けと五輪を契機とした日本市場の攻略を準備していた。IT業界の関係者は「しかし五輪が実際に延期されればこうしたマーケティング戦略は水の泡だ」と話した。

     LG電子も同じだ。LG電子は現在、OLED(有機発光ダイオード)で日本のテレビ市場を攻略している。LG電子は東京五輪がテレビの需要を拡大すると期待していた。実際に大型スポーツイベントが実施される期間にはテレビの販売台数が増えるからだ。グローバル市場調査企業のIHSマークイットは今年初め、東京五輪のようなスポーツイベントによって、今年はOLEDディスプレーパネルの需要が昨年より50.5%増加するとの見通しを示した。

     テレビメーカー各社はまた、今回の東京五輪を契機として8K(超高画質)テレビ市場が本格的に幕を開けると期待していた。NHKが8Kによる全試合生中継を決めていたからだ。これを通じて、不足していた8Kコンテンツが増え、8Kテレビの購入を考える消費者が増えるとみていた。しかし、五輪の延期の可能性が取り沙汰され、「五輪特需」はもう終わりだとの話が出ている。テレビ業界の関係者は「五輪を狙って攻撃的なマーケティングを準備していたが、日程に狂いが生じたためこの戦略を修正しなければならない」として「期待したほど五輪特需が起きない可能性もある」と話した。

    キム・ソンミン記者

    朝鮮日報 2020/03/23 20:23

    【【最上位スポンサーの韓国企業】東京五輪延期の可能性に落胆するサムスンとLG 五輪特需なくなる可能性も…業界が憂慮】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2020/03/15(日) 20:37:45.45 ID:CAP_USER
    |冷蔵庫1位と103の家電製品の中で大賞

    no title

    ▲ 日本の「家電大賞2019」で最高製品賞を受けたLG電子のLG SIGNATURE冷蔵庫
    _______________________________________________________

    LG電子は15日、LG SIGNATURE(シグニチョ)冷蔵庫が日本の『家電大賞2019』で最高製品賞を受け、独自の技術とデザインを認められたと明らかにした。

    LG SIGNATURE冷蔵庫(製品名=GR-Q23FGNGL)は『家電大賞2019』の冷蔵庫部門1位(金賞)だけでなく、日本を代表する103の製品のうち、2019年の最高の製品である大賞に選ばれた。『家電大賞』で冷蔵庫が大賞に選ばれたのは、今回が初めてである。

    家電大賞は2015年から毎年、日本の家電専門誌『GetNAVI』と家電専門オンラインニュースサイト『家電 Watch』が共同で授与している。1年間日本で販売された家電製品を対象に、オンライン投票を通じて受賞製品を選定する。今回の賞は昨年11月22日から今年1月6日まで投票が行われ、前年よりも2倍を超える約2万人が参加した。

    (略)

    LG電子H&A事業本部長のソン・デヒョン(社長)は、「LG電子だけの独自の技術とデザインを備えたLG SIGNATURE冷蔵庫を前面に出し、日本のプレミアム冷蔵庫市場を続けてリードする」と強調した。

    アジアトゥデー(韓国語)
    https://getnavi.jp/homeappliances/477576/

    【【韓国】日本を捉えた!「LG SIGNATURE冷蔵庫」・・・『家電大賞2019』の大賞を受賞】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル