かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:NASA

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ぐれ ★ 2024/04/16(火) 17:09:36.11 ID:COhbPUls
    2024年4月16日 15:20 

    【4月16日 AFP】米航空宇宙局(NASA)は15日、今年3月に米フロリダ州の民家に落下した物体は国際宇宙ステーション(ISS)から廃棄された宇宙ごみ(スペースデブリ)の一部だったと認めた。

     フロリダ州ネープルズ(Naples)在住のアレハンドロ・オテロさんは先月8日、物体が自宅の「屋根と2フロアを突き破り」、あやうく息子に直撃するところだったとX(旧ツイッター)に投稿。ISSから廃棄された貨物パレットの一部である可能性が浮上した。

    (略)

    https://www.afpbb.com/articles/-/3515126

    【米民家に落下した物体はISSの宇宙ごみ NASA】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2024/04/10(水) 08:56:58.09 ID:60s7A8bb
    米国航空宇宙局(NASA)に勤務する韓国人職員が女性数人に性的暴行を加えた容疑で起訴された。

    9日(現地時間)、テキサス州ハリス郡検察によると、NASAのエンジニアであるS(37)は現在合計6件の性的暴行容疑で裁判を受けている。

    ハリス郡のキム・オッグ検事長は3日の記者会見でSを「連続性犯罪者」と称した。オッグ検事長は「SがNASAに勤務している点を前に出して女性たちに接近した」とし「日本、英国、カナダなどの海外にたびたび旅行していた点で追加の被害者がいるとみられる」と話した。

    Sの犯行は2019~2022年間、マッチングアプリを通じて行われた。現在まで明らかになった被害者は6人だ。「Sが知らないうちに薬物を飲ませて意識を失った」「警察に通報すれば性関係の動画を公開すると脅迫した」などの証言もある。

    今回の捜査は性的暴行被害者の経験談を共有するウェブサイトがきっかけとなった。警察は2月末にSを逮捕した当時、捜索令状を発行して彼の自宅から携帯電話14台や女性の下着など証拠物を確保した。

    S側は容疑を全面否定している。Sの弁護人は「すべての関係は合意の上で行われた」とし「女性たちが虚偽主張をしている」という立場を明らかにした。現在Sは60万ドル(約9100万円)の保釈金を出して釈放されたが、裁判所から24時間自宅軟禁命令を受けた状態だ。

    NASAによると、Sは9年間エンジニアとして従事していた。NASA側は「Sの逮捕当時、我々は法執行機関に最大限協力した」とし「捜査結果などに基づいて(Sに対する)適切な措置を取る」という声明を出した。

    中央日報日本語版 2024.04.10 08:44
    https://japanese.joins.com/JArticle/317247

    【NASA韓国人職員、6人の性的暴行容疑で起訴される…勤務先を前に出して接近】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2024/01/26(金) 18:28:58.74 ID:Wh+WNVPk
    (機械翻訳)

    NASAは、有人月探査プロジェクト「アルテミス計画」の一環として、韓国から月面にキューブ衛星を送ることを提案したが、政府は予算がないとして拒否したと報じられている。

    科学界によると、NASAは昨年10月、韓国などアルテミス計画参加国に対し、現在開発中の探査機「アルテミス2」を使ったキューブ衛星輸送プロジェクトを提案しました。

    キューブ衛星は、長さ10cmのキューブを1つの「ユニット(U)」に標準化した超小型衛星の一種です。製造コストが比較的低いため、かつては学生の教育に利用されていましたが、近年の衛星性能の向上に伴い、月や火星の探査にも利用されています。

    NASAは、宇宙飛行士を乗せて月を周回するアルテミス2のスペースが余ったことになり、協力関係を強化するため、月探査用のキューブ衛星を搭載することを各国の機関や企業に提案したと報じられています。約100億ウォンの費用でキューブ衛星を製造・調達すれば、月に送ることができる。

    しかし、提案を受けた科学技術情報通信省は、予算上の理由からNASAに参加できないと通告しました。すでに国会に予算案が提出されているので補正予算案が提出されたが、予算は国会に反映されなかった。

    科学界では、政府は海外の研究機関との連携を重視するが、生ぬるい態度で良い機会を蹴っていると批判している。ある科学関係者は「この機会を逃せば、宇宙分野で米国主導の同盟国の仲間入りができない可能性が高い」と指摘した。

    科学技術情報通信部は、今週海外出張中の趙成慶(チョ・ソンギョン)第一次官がNASAと会談し、アルテミス計画の参加拡大について協議すると発表したが、具体的な協力計画は出ていないとの批判が続いている。

    イ・サンリョル氏は先日、科学ジャーナリスト向けの記者会見で「2017年からアルテミス計画への参加について議論し始めたが、まだ計画がないのは事実だ」と述べた。

    2021年、韓国は米国主導の有人月探査計画に関する一連の国際協力原則であるアルテミス合意に署名しました。当時、大韓民国は10番目の署名国でしたが、現在では33カ国が加盟しています。

    カン・ギョンジュ

    https://n.news.naver.com/mnews/article/015/0004941618?sid=105

    【【韓国】衛星を月に送るチャンスだったが、NASAの提案は予算不足で却下された「機会が蹴られた」 科学界の怒り】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: すらいむ ★ 2023/12/15(金) 18:27:18.90 ID:TwM3OkU8
    米NASAの探査機ボイジャー1号で通信障害、データ受信できず

    (CNN) 46年前に打ち上げられた米航空宇宙局(NASA)の探査機「ボイジャー1号」でコンピューター障害が発生し、地球との通信の一部が途絶えている。

     ボイジャー1号は現在、太陽系を離れて未知の領域を飛行中で、地球との距離は約240億キロ。
     地球から打ち上げられた宇宙船としては最も遠く離れている。
     双子の探査機「ボイジャー2号」は地球から200億キロの距離にあり、両機とも太陽の磁場や粒子が届かない恒星間空間を飛行している。

    (略)

    CNN 2023.12.14 Thu posted at 15:38
    https://www.cnn.co.jp/fringe/35212814.html

    【【NASA】探査機ボイジャー1号で通信障害、データ受信できず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2023/04/26(水) 18:06:59.85 ID:x5hZHDPe
    アメリカを国賓訪問している尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は、ワシントン郊外にあるNASA=アメリカ航空宇宙局の施設を訪れ、「韓米の宇宙協力は『宇宙同盟』へとさらに飛躍するだろう」と述べました。また、韓国の大統領室は、韓国がアメリカ主導の有人月探査「アルテミス計画」に本格的に参加すると発表しました。

    尹大統領は現地時間の25日、ハリス副大統領の案内で、ゴダード宇宙飛行センターを訪問しました。

    尹大統領は、「価値の同盟である韓米同盟の領域が地球から宇宙に拡大され、新たな韓米同盟70周年の中心に宇宙同盟が据えられることを期待する」と強調しました。

    尹大統領は、韓国版NASAとなるKASA=宇宙航空庁の設立を進めていることを紹介し、両機関の共同研究開発や活発な人的交流、情報交換を呼びかけました。

    ハリス副大統領は、「われわれはアメリカと韓国の同盟の新たなフロンティアである宇宙での協力を強化するという約束を新たにする」と表明しました。

    これに合わせて、科学技術情報通信部とNASAは、宇宙探査協力の強化に向けて共同声明を発表しました。

    韓国は、アメリカが主導する、月や火星などの宇宙探査や宇宙利用に関する基本原則を定めた国際的な合意「アルテミス合意」に、2021年に署名しています。

    KBS 2023-04-26 13:24:13/Update: 2023-04-26 13:26:03
    http://world.kbs.co.kr/service/news_view.htm?lang=j&Seq_Code=85288
    no title

    【【国賓】尹大統領がNASA訪問 「アルテミス計画」に韓国も参加へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: すらいむ ★ 2022/08/12(金) 22:17:36.23 ID:CAP_USER
    NASA、月に原発を計画…長期滞在へ日米でインフラ研究本格化

     国際的な有人月探査「アルテミス計画」で、宇宙飛行士が月面基地に長期滞在する時代を見据え、電気や水、住居などのインフラを確保する研究開発が日米で本格化している。
     月面で活動する基盤が整えば、月への旅行などの実現にもつながり、宇宙がますます身近になりそうだ。

    (略)

    読売新聞オンライン 8/12(金) 15:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b7b6e01a3236ed7b6f434047edce89160d60c44e

    【【宇宙開発】NASA、月に原発を計画…長期滞在へ日米でインフラ研究本格化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2022/08/01(月) 18:56:44.11 ID:CAP_USER
    「ソウル~ニューヨーク7時間」…超音速旅客機、下半期に試験飛行
    no title

    米航空宇宙局(NASA)と米防衛産業企業ロッキード・マーチンが開発中の超音速旅客機X-59。[写真 NASA]

    CNNなど外信は先月31日「米航空宇宙局(NASA)が製作中の超音速旅客機X-59が年末に試験飛行を始めるだろう」と伝えた。

    X-59はNASAと米防衛産業企業ロッキード・マーチンが共同で開発している超音速旅客機で、全長約30メートル、最大幅8.8メートルで、細く長い流線型の機体を持つ。

    X-59は17キロメートル上空で音速より速い時速1500キロメートルで飛行できるが、これはソウルからニューヨークまで7時間20分で行ける速度だ。

    X-59の最大の特徴は、ソニックブーム現象を最小化した点だ。ソニックブームとは航空機の超音速飛行により発生する爆発音をいう。X-59は速い速度で飛行してもバスケットボールを床に弾ませる音程度の騒音しか発生せず周辺に被害を与えない。

    また別の特徴は一般的な旅客機と違い操縦席にガラス窓がないことだ。代わりに操縦士は外部ビジョンシステムと呼ばれるディスプレー画面を通じて前方を見ながら機体を操縦する。

    NASAは21日に風洞テスト中であるX-59の写真とともに「テストの結果は非常に成功的だった」と伝えた。NASAによるとX-59は遅くとも10年以内に商用化される予定だ。

    中央日報
    https://japanese.joins.com/JArticle/293793

    【【韓国報道】「ソウル~ニューヨーク7時間」…超音速旅客機、下半期に試験飛行】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2022/07/06(水) 20:49:44.42 ID:CAP_USER
    kr250
    韓国初の月軌道衛星 来月3日に米国で打ち上げ

    【ソウル聯合ニュース】月を周回する韓国初の月軌道衛星「タヌリ」が、8月3日に米国で打ち上げられる。

    科学技術情報通信部によると、タヌリは5日、打ち上げに向け中部・大田の韓国航空宇宙研究院から仁川国際空港に移され、航空便で米国へ運ばれる。7日に米フロリダ州のケープカナベラル宇宙軍基地に到着する予定だ。状態の点検や燃料注入などの準備を経て、8月3日午前8時24分(現地時間同2日午後7時24分)ごろに米宇宙企業スペースXのロケットで打ち上げられる。

    タヌリは12月ごろ月周回軌道に乗り、2023年の1年間、月の上空100キロを周回しながら月着陸船の着陸候補地を探るとともに月の科学研究、宇宙インターネット技術の検証といった任務を遂行する。

    韓国政府は米国と協力してタヌリに米航空宇宙局(NASA)の撮影機器を搭載し、NASAはタヌリの深宇宙通信と航行をサポートする。

    聯合ニュース
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/07/05/2022070580244.html


    【【宇宙】 韓国初の月軌道衛星「タヌリ」 8月3日に米国で打ち上げ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: oops ★ 2021/12/18(土) 02:14:25.08 ID:4D7dlGLF9
    no title

    NASAの探査機オデッセイが撮影したマリネリス峡谷/Handout/Getty Images North America/Getty Images

    (CNN) 火星にあるグランドキャニオンより大きな渓谷を周回機で調べた結果、地表付近に「大量の水」が存在することが分かった――。欧州宇宙機関(ESA)がそんな調査結果を明らかにした。

    ESAとロスコスモスの共同ミッションで2016年に打ち上げられた周回機「エクソマーズ微量ガス周回探査機」が、火星のマリネリス峡谷で水を検出した。この渓谷は米国のグランドキャニオンに比べ全長10倍、深さ5倍、幅20倍の大きさを誇る。

    水はこの渓谷の下に位置しており、探査機に搭載された高分解能エピサーマル中性子検出器「FREND」によって検出された。同機器は火星の地表下約1メートルにある水素の分布を調査できる。

    火星の水の大半は極地方に存在し、氷として固まったままの状態にある。マリネリス峡谷は赤道のすぐ南に位置するため、水が氷の状態で維持されるほど気温が下がることは通常ない。

    一連の観測内容は2018年5月から21年2月にかけて同探査機が収集した。火星では以前、他の探査機が地表のすぐ下を調べた結果、砂塵(さじん)の下に少量の水が検出されたこともある。

    no title

    周回機が捉えた地図。高濃度の水が検出された部分が青や紫で示されている/I. Mitrofanov/ESA

    今回の発見について詳しく記した論文は15日の科学誌「イカロス」に発表された。

    論文を執筆したFRENDの主任研究員、イーゴリ・ミトロファノフ氏は「(微量ガス周回探査機なら)砂塵の層の1メートル下を透視して、火星の地表下で本当は何が起きているかを見ることができる。重要なのは、以前の機器では検出不可能だった豊富な水をたたえる『オアシス』を発見できる点だ」と語る。

    no title

    2006年7月に撮影されたマリネリス峡谷北部/ESA/DLR/FU Berlin

    FRENDでの調査の結果、マリネリス峡谷には大量の水素が存在することが判明した。これらの水素が水分子として結合していると仮定すると、地表付近の物質の実に40%は水だとみられるという。

    2021.12.17 Fri posted at 12:08 JST
    https://www.cnn.co.jp/fringe/35181029.html


    ■今回発表された論文はこちら
    The evidence for unusually high hydrogen abundances in the central part of Valles Marineris on Mars
    https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0019103521004528?via%3Dihub


    【【宇宙ヤバイ】火星に「大量の水」発見、グランドキャニオンより巨大な渓谷で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: すらいむ ★ 2021/12/15(水) 18:28:34.76 ID:CAP_USER
    taiyou
    NASAの宇宙探査機が太陽コロナに到達 史上初

     米航空宇宙局(NASA)は12月14日(現地時間)、NASAの宇宙探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」が太陽の上層大気であるコロナに到達したと発表した。
     NASAは「歴史上初めて、宇宙船が太陽に触れた」としている。
     コロナで粒子や磁場のサンプリングを行っているという。

    (略)

    ITmedia NEWS 12/15(水) 14:45
    https://news.yahoo.co.jp/articles/88cf1ab1b05c2ff292f8c76ce2bbadd01e49db89

    【【宇宙】NASAの宇宙探査機が太陽コロナに到達 史上初】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: デビルゾア ★ 2021/12/08(水) 06:14:04.05 ID:/+x2LRoJ9
    東京大学、アストロバイオロジーセンター(ABC)、科学技術振興機構の3者は12月6日、NASAの系外惑星探索衛星「TESS」と地上望遠鏡の連携により、138光年先に発見した系外惑星「TOI-2285b」が地球の約1.7倍の半径を持ち、日射量が地球が太陽から受ける量の約1.5倍という、これまでに発見された系外惑星の大半より弱い日射を主星から受けていることを発表した。

    (中略)

    TOI-2285bと主星の距離は、地球と太陽の距離の1/7ほどの2150万km弱しかないが、主星が低温度のため、惑星が主星から受ける日射量は、地球が太陽から受ける日射量の約1.5倍ほどと見積もられている。この日射量は、これまでに発見されたほかの多くの系外惑星と比べると穏やかだというが、それでももし惑星が地球と同じように薄い大気しか持たない岩石惑星であった場合、惑星表面の水がすぐに干上がってしまう程度には強力だという。

    ただし、もし惑星の中心核の外側にH2Oの層が存在していて、かつその外側を水素を主体とする大気が覆っていた場合、H2O層の一部が液体として安定的に存在する可能性があるとする。そのような内部組成を仮定した上で、TOI-2285bの内部の温度と圧力のシミュレーションが実施されたところ、惑星の表層に液体の水(海)が存在する可能性があることが導き出されたという。

    今後、実際にTOI-2285bの表層に液体の水が存在するかどうかを調べるためには、まずは惑星の質量を正確に測定し、すでに判明している惑星の半径や日射量の情報と合わせて惑星の内部組成を制約することが重要となるという。

    (中略)

    研究チームでは、TOI-2285bの発見は、将来の系外惑星における「生命の痕跡探し」への重要な一歩ともいえるとしており、今後、次世代の大型宇宙望遠鏡や地上の巨大望遠鏡により、温暖な系外惑星の大気中に水や酸素などの生命の痕跡となる分子を探る研究が可能になることが期待されるとしている。また、TESSは少なくとも2022年まで探索を継続する予定のため、今回と同様に地上望遠鏡との連携を行うことで、TOI-2285bと同等、もしくはより有望な惑星の数を今後さらに増やすことができると期待されるともしている。

    https://news.mynavi.jp/techplus/article/20211207-2219357/

    【【科学】東大など、138光年先に海がある可能性のある地球サイズの岩石惑星を発見 “生命の痕跡探し”への重要な一歩へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ttongsulian ★ 2021/07/26(月) 07:00:11.94 ID:CAP_USER
    kr250

    一般人も宇宙観光を楽しむ「ニュー・スペース(New Space)」時代が到来し、韓国でも宇宙旅行に対する関心が高まっている。韓国メディア・アジア経済が伝えた。

    記事によると、韓国人で初めて宇宙を旅したのは韓国航空宇宙研究院(KARI)に所属していた李素妍(イ・ソヨン)博士。李博士は2008年4月8日、ロシアの「ソユーズTMA-12」に搭乗して国際宇宙ステーション(ISS)へ到着し、10日間滞在した。これにより李博士は韓国人初、そして女性では世界で49人目の宇宙飛行士として認められ、韓国は宇宙飛行士を輩出した36番目の国になった。

    2006年に韓国政府が実施したこの宇宙飛行士選抜プロジェクトには3万6204人の応募があったという。3.5キロメートルのランニングテストをはじめ、8カ月にわたって行われた選考過程では、総合常識から言語、社会、宇宙への適応力まですべての面で「完璧な」人物が求められ、熾烈な競争の末、李博士と高山(コ・サン)さんの2人が宇宙飛行士候補に選抜された。2人は翌年3月からロシアのガガーリン宇宙飛行士訓練センターで1年間訓練を受けたが、最終的に高さんが保安規定違反で脱落したため、李博士が宇宙行きの切符を手にしたという。

    李博士と高さんの訓練や飛行に韓国政府が費やした金額は260億ウォン(約24億8000万円)にも達したとのこと。しかし李博士は宇宙飛行から数年後の2012年、米国でMBA(経営学修士)過程に入学。翌年には韓国系米国人と結婚し、現在も米国で暮らしているという。記事は「本来ならば韓国の宇宙開発のアイコンとして研究開発(R&D)を率いるべきでありながら、260億ウォンをかけて育てた宇宙飛行士は国を去り、有人宇宙飛行のノウハウも消えてしまった」と報じている。

    一方で2017年には、2024年に実施される米航空宇宙局(NASA)の月着陸プロジェクト「アルテミス」のチームに、1万8000倍の競争率を突破して韓国系米国人のジョニー・キムさんが選ばれたことも韓国で話題になったという。キムさんは米国ではマイノリティーであるアジア系移民の出身である上に、家庭内暴力の常習者だった父親が銃を乱射し、出動した警察に銃殺されたという悲痛な過去も持つ。その後、キムさんは米海軍の特殊部隊「Navy SEALs」に入隊し銀星章を受賞する活躍を見せた後、ハーバード大学医学部に進学し外科医に。そして最終的には最高のスペックを必要とするNASAの宇宙飛行士になった。

    この記事を見た韓国のネットユーザーからは、「李素妍は食い逃げしたようなものだな。韓国籍まで捨てて、今や米国人だ。二度と同じ失敗を繰り返してはいけない」「私企業でさえ留学させる時は逃げられないよう条件を課すのに。黙って米国に行かせたの?」「だから重要な仕事は女性に任せるべきじゃない」「祖国を裏切った者として国家情報院が処罰してほしい」など、李博士に対する批判の声が多く寄せられている。

    一方では「全国を回って講演すること以外、李さんに任せる仕事がなかったんだよ。だから韓国で居場所を見つけられずに国を去ってしまった」「インタビューで『韓国では仕事がないから専攻を変えて勉強し直す』と語ってた。ただ悪口を言うのではなく、人材を活用できない韓国社会に目を向けて反省すべき」など、李博士を擁護するコメントも見られた。

    2021年7月25日(日) 7時30分 Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b879757-s25-c30-d0201.html


    【【NASAも露も出禁の韓国】260億ウォン(約24億8000万円)を費やし36番目の保有国になったのに…消えた「韓国人宇宙飛行士第1号」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2021/06/27(日) 22:09:04.97 ID:CAP_USER
    us250

    2021年6月25日、環球時報は、米航空宇宙局(NASA)局長が国際宇宙ステーションプロジェクトから中国を永久に排除することを支持すると発言したことを報じた。

    記事は、NASAのビル・ネルソン局長が23日に下院の聴聞会に出席した際、2011年に米議会で承認された、国家の安全を理由としてNASAの予算を中国または中国企業との2者間協力に使用できないようにする「ウルフ修正条項」の永久化について質問され、「(永久化)を支持する」と発言したと紹介。これは、国際宇宙ステーションの研究プロジェクトに中国を永久に参加させないことを意味すると伝えた。 一方で、ネルソン局長が「米中間で協力の分野を見いださないというわけではない。宇宙空間の資源同士が衝突する危険を回避したり、スペースデブリ(宇宙ごみ)を減らす試みでは協力が可能」と捕捉したことを紹介している。

    その上で、米国はこれまで中国を国際宇宙ステーションプロジェクトから排除し続けてきたとし、香港大学宇宙研究実験室のクエンティン・パーカー教授が依然「中国は国際宇宙ステーションの一員になりたがっていた。それが政治的な理由により参加が阻まれたことで、かえって彼らを(宇宙ステーション開発において)激励することになった」と述べたことを伝えた。 そして、天問1号の火星上陸、神舟12号と中国の天宮宇宙ステーションとのドッキングなど、中国は次々と自前の技術を開発し、自らの力により宇宙ステーション分野で活路を見いだすに至ったと指摘。この状況に米国や欧州は焦りを覚え始めているとした。(翻訳・編集/川尻)

    Record China 2021年6月27日(日) 21時0分
    https://www.recordchina.co.jp/b878529-s25-c30-d0193.html

    【【宇宙開発】米NASA局長、中国を国際ステーション開発から「永久に締め出し」支持】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: すらいむ ★ 2021/05/30(日) 18:03:25.61 ID:CAP_USER
    kr250

    韓国が「アルテミス合意」に署名 10カ国目の参加

     韓国がNASA(アメリカ航空宇宙局)の推進する「アルテミス合意」に署名しました。
     署名式は韓国・ソウルで5月24日に行われました。

     アルテミス合意は月面探査における初の国際的枠組みとして2020年10月にオンライン上で行われた「国際宇宙会議」の中で署名が行われ、当時はオーストラリア、カナダ、イタリア、日本、ルクセンブルク、イギリス、アラブ首長国連邦(UAE)そしてアメリカの8カ国で締結されました。
     その後11月にウクライナ、今回韓国の署名は10カ国目となりました。
     今後も同様に加盟国が増えていく見通しです。
     なお、バイデン政権で初めての加盟国となりました。

    (略)

    sorae 2021-05-30
    https://sorae.info/space/20210530-artemis.html

    【【宇宙開発】韓国が「アルテミス合意」に署名 10カ国目の参加】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2021/05/20(木) 20:38:44.94 ID:YZU/MNX69
    nsachina

    <NASAが2011年に公開した「キュリオシティ」のCG動画にそっくりだと中国でネットが炎上>

    やっちゃったかもしれない──祝融のCG動画(左)と2011年のNASA動画 CHINA NEWS SERVICE/NASA

    5月15日、中国の火星探査車「祝融」を搭載した探査機「天問1号」が火星に着陸した。旧ソ連、アメリカに次ぐ3カ国目の着陸成功で、歴史的な偉業といえる。だが、中国の航空当局がその後公開した着陸の過程を示すCG動画が、米NASAの古い映像にそっくりだと物議を醸している。

    【動画】米中の着陸映像を比べる

    中国の国営メディアが放送した2分間の動画には、着陸機が周回機から切り離され、機体を制御しながら火星の表面に着陸する様子など、幾つかの重要な瞬間が描写されている。

    国営通信社の中国新聞によれば、動画を作成したのは、中国国家航天局(CNSA)の主要な請負業者である中国航天科技集団公司(CASC)の第5研究院だ。

    mars3.png

    動画は「祝融」が火星着陸に成功した翌日に公開されたものだが、これを見た人々の間から、2011年にNASAのジェット推進研究所(JPL)が制作したCG動画と似ている部分が多くあると指摘する声があがっている。

    JPLが制作した動画は、NASAの火星探査機「キュリオシティ」が2012年8月に火星着陸を予定していたなか、その前年である2011年6月に公開されたものだ。今回中国が公開した「祝融」着陸のCG動画は、画質はこのNASA動画よりも優れているものの、数多くの場面がこの動画から「着想を得た」もののように見える。

    mars2.png

    「許されない盗用」だと批判噴出
    2つの動画を比べてみると、エフェクトやタイミング、構図やライティングがよく似ている。探査機そのものの外見は異なるものの、動画のアングルや、着陸機(探査機)がパラシュートを開いて降下・着陸する部分の動画の組み立てなど、複数の箇所がまったく同じに見える。

    中国の一部ソーシャルメディア・ユーザーの間から、この「偶然の一致」についてのコメントが噴出。NASAの動画を参考にした、という程度の説明は彼らには通用せず、「盗用だ」と非難する声まであがっている。

    mars1.png

    あるユーザーは、「NASAのJPLが2011年に公開した動画をコピペしただけの動画だ。こんな動画を公開することは、中国の宇宙開発計画を貶める行為だ」と投稿。

    別のユーザーは「こんな風に構成をまるごとコピーするなんて許されない!」と書き込んだ。

    動画が「パクり」かどうかはともかく、中国の探査機が火星着陸に成功したことが、世界も認める偉業であることは確かだ。

    中国の古代神話に登場する火の神から名前をとった「祝融」は、2020年7月に「天問1号」に搭載されて打ち上げられた。祝融には合わせて13の装置が搭載されており、火星の北半球にあるユートピア平原で地質調査を行う予定。なんらかの発見があれば、同じく最新鋭の火星探査機「パーシビアランス」で探査を行っているNASAの科学者たちと共有される見通しだ。
    急ピッチで進む中国の宇宙開発

    中国は急ピッチで宇宙開発を進めており、4月には独自の宇宙ステーションの建設に向けて、中核施設「天和」の打ち上げを成功させた。重さ22.5トンの「天和」は宇宙ステーション全体を制御する役割を果たすモジュールで、宇宙飛行士の生命維持装置や居住空間を備えている。

    中国独自の宇宙ステーション「天宮」は、国際宇宙ステーションの5分の1の規模で、宇宙飛行士3人が滞在できるつくりになる予定。2022年までに完成する見通しだ。

    ジョン・フェン

    ヤフーニュース(NEWSWEEK)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1c4b10d823d216ef306f92ff2839479d983a117e


    【中国が公開した火星探査機着陸の過程を示すCG動画が、米NASAの古い映像にそっくりだと物議】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: シャチ ★ 2021/05/15(土) 20:08:00.53 ID:/QJinjB69
    no title
    (CNN) 米航空宇宙局(NASA)の宇宙探査機ボイジャー1号が太陽系外で「持続的な低い音」を検出したことが、新たな研究で明らかになった。

    ボイジャー1号は1977年9月5日、姉妹機ボイジャー2号の数週間後にフロリダ州のケープカナベラルから打ち上げられた。当初の設計寿命は5年間だったが、打ち上げから43年以上が経過した今なお、両機は星間空間からデータを地球に送信し続けている。

    ボイジャー1号は太陽系と星間空間の境界をなす「ヘリオポーズ」を越え、現在は星間物質の中を進んでいる。科学誌ネイチャー・アストロノミーに10日発表された論文によると、今回検出されたのはプラズマ波の音だった。

    研究を主導した米コーネル大のチームは、約225億キロ離れたボイジャー1号から送られてきたデータを調査。その結果、星間ガスの放出が確認された。

    コーネル大博士課程で天文学を研究するステラ・コック・オッカーさんは声明で、「星間ガスのかすかで持続的な低音を検出した」と述べた。

    ボイジャー1号は1979年に木星、80年に土星の近傍を通過し、2012年8月にヘリオポーズを越えた。

    星間空間に入った後、ボイジャー1号のプラズマ波実験装置は、太陽によって引き起こされる星間ガス内の揺れを検出。しかし研究チームは、こうした激しい変化の合間に、安定した継続的な音があることにも気付いた。

    今回の論文の上級著者を務めたコーネル大のジェームズ・コーデス教授(天文学)は声明で、「星間物質は静かもしくは穏やかな雨のようなもの」と説明。「太陽のアウトバースト(急激な増光現象)が起きると、雷雨中に急激に光が増加した時のようになり、その後また穏やかな雨に戻る」と語っている。


    5/12(水) 10:55配信 CNN.co.jp
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c245c64f904f68ca31304e5b02a8876c47816cab


    【【宇宙】ボイジャー1号、太陽系外で「持続的な低音」を検出】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 少考さん ★ 2021/05/09(日) 20:15:07.81 ID:j7PpgPh09
    911E1FF0-741C-4FB7-8468-37FBBAD081BC

    中国のロケット残骸、インド洋に落下と国営メディア NASAは批判

    [北京 9日 ロイター] - 地表に落ちることが懸念された中国の大型ロケット「長征5号B」の残骸は9日、モルディブ沖のインド洋に落下した。中国国営メディアが、中国有人宇宙事業弁公室の話として伝えた。米航空宇宙局(NASA)は、宇宙ごみの扱い方を巡って中国を批判した。

    中国国営メディアによると、残骸は北京時間午前10時24分(日本時間午前11時24分)に大気圏に再突入。東経72.47度、北緯2.65度の地点に落下した。モルディブ諸島西方の海上に当たる。大部分は大気との摩擦で燃え尽きたという。

    追跡を続けてきた米宇宙軍司令部は、ロケット残骸がアラビア半島上空で大気圏に再突入したことを確認したが、破片が陸地や海上に落下したかどうかは不明としている。ウェブサイトに発表した声明では「米宇宙軍司令部は、衝突の正確な場所や破片の大きさについて公表しない。いずれも現時点では不明である」とした。

    米航空宇宙局(NASA)のネルソン長官は大気圏再突入後に声明を発表し「宇宙開発を行う国は、宇宙物体の大気圏再突入が地上の人々および財産に及ぼすリスクを最小限にする一方、それらの運用に関する透明性を最大限に高めなければならない。中国がスペースデブリ(宇宙ごみ)に関して責任ある基準を満たしていないことは明白だ」と非難した。

    中国が同型のロケットを打ち上げるのは2回目。2020年5月に打ち上げた際はアフリカのコートジボアールに破片が落下し、複数の建物に被害が出た。けが人の報告はなかった。

    中国は4月29日、宇宙ステーションの3人用居住区施設を運ぶために同ロケットを打ち上げた。中国外務省は7日、残骸の大半は再突入で燃え尽き、被害を及ぼす恐れはほとんどないとの見解を示していた。

    ロイター:2021年5月9日12:43 午後/UPDATED 4時間前
    https://jp.reuters.com/article/china-rocket-indian-ocean-idJPKBN2CQ01U

    ※関連リンク

    米宇宙軍
    https://www.spacecom.mil/News/Article-Display/Article/2600853/chinese-long-march-5b-re-enters-over-arabian-peninsula/fbclid/IwAR1Pu72yOoQwACZzbgtBpTpFyjwBEFihgB09hoy9jYV1qU7cPhPzE75mWm8/

    NASA
    https://www.nasa.gov/press-release/nasa-administrator-statement-on-chinese-rocket-debris/


    【【NASA】中国のロケット残骸、インド洋に落下と国営メディア NASAは批判【米宇宙軍司令部】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 夜のけいちゃん ★ 2021/04/19(月) 20:43:25.27 ID:xcmfHG/49
    2021/04/19 20:21

     米航空宇宙局(NASA)は日本時間19日夜、火星探査車「パーシビアランス」に搭載していた小型ヘリコプターの飛行試験に成功したことを、データで確認したと発表した。地球以外の天体でヘリが飛んだのは初めてという。

     ヘリは重さ1・8キロ・グラムで、長さ1・2メートルの回転翼や太陽光パネルなどを備えており、創意工夫を意味する「インジェニュイティ」という名前がついている。計画では、ヘリは高さ3メートルに上昇し、空中で30秒間浮遊した後に着地する予定で、大気が地球の1%ほどしかない火星でヘリが十分な浮力を得られるかが課題だった。

     ヘリの内部には、1903年に人類初の動力飛行に成功したライト兄弟の「ライトフライヤー号」の翼の一部が搭載されている。NASAは「地球の航空飛行を実現したライト兄弟のように、インジェニュイティで火星飛行の可能性を切り開きたい」と説明していた。
     NASAは今後も試験を重ね、2030年代前半に計画する有人火星探査などへの活用を目指す。

    読売新聞
    https://www.yomiuri.co.jp/science/20210419-OYT1T50240/

    【【宇宙】火星でヘリコプター飛んだ!…NASA、地球外で初の快挙】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚯蚓φ ★ 2021/02/26(金) 12:23:21.96 ID:CAP_USER
    no title

    火星行きの仮想搭乗券の見本//ハンギョレ新聞社
    no title

    1093万人の名前が刻まれたチップ3つが入っているプレート//ハンギョレ新聞社
    no title

    プレートが取り付けられている位置(赤い円)//ハンギョレ新聞社

     火星滞在1週間目を迎えた探査車「パーシビアランス」には、地球人1093万2295人の名前が入ったプレートが搭載されている。

     米国航空宇宙局(NASA)が2019年5~9月にオンラインで行った「あなたの名前を火星に送ろう」イベントに参加した人たちの名前だ。NASAは電子ビームで参加者たちの名前を爪大ぐらいのチップ3個に刻み込み、これを台形のプレートに入れてパーシビアランスに載せた。同イベントの参加者たちには仮想の火星行き搭乗券が発給された。

     NASAは23日、火星に名前を送った1090万人の国別分布を調査して発表した。これによると、火星に最も多く名前を送った国はトルコで、252万8844人だった。インドが177万8277人、米国が173万3559人でそれぞれ2番目と3番目に多かった。国籍を韓国人と書いた参加者は20万3814人で、全体で8番目に多かった。北朝鮮側からも2044人が参加した。

    中国と日本からの参加者はそれぞれ29万2071人と3万1920人で、比較的少なかった。1人以上の名前が搭載された国の数は計250カ国に達する。名前だけではあるが、国の数から見れば、事実上、全世界が同時に火星に行ったことになり、NASAとしては全世界を対象にPR効果を上げるのに成功したということだ。

     NASAによると、文字の大きさは1マイクロメートル(100万分の1)よりも小さい。チップの中には探査車の命名エッセイ公募展で決選に進んだ生徒155人の名前も入っている。

     このプレートにはまた、太陽を中央に置いて左右両側に地球と火星が太陽光線でつながっている様子をレーザーで刻みこんだ絵がある。この絵の太陽光線の間にはモールス符号も刻まれている。「Explore As One」(一つとして探査する)という意味だという。地球と火星が同じく太陽系の一員としてつながっていることを意味する言葉だ。プレートはパーシビアランス後尾の横軸中央に取り付けられている。

     NASAは2011年のキュリオシティ打ち上げの際も名前を送るイベントを行ったことがある。当時は120万人が参加した。

     NASAは現在、ウェブサイトで次の火星行きのチケット予約者を募集している。24日時点で約600万人が申し込んだ。

    クァク・ノピル先任記者
    http://www.hani.co.kr/arti/science/science_general/984416.html
    韓国語原文入力:2021-02-25 09:40訳H.J

    ハンギョレ新聞
    http://japan.hani.co.kr/arti/culture/39252.html


    【【NASA】 いま火星の地には韓国人20万人の名前が…日本人は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: かわる ★ 2021/02/20(土) 18:16:03.23 ID:mKee7gbJ9
    米航空宇宙局(NASA)の探査車「パーシビアランス」が火星着陸に成功した。着陸地点のクレーターはかつて川が流れ込んで形成されたデルタ地帯で、微生物が活動していた痕跡が見つかる可能性があると期待されている。

      米東部時間午後3時55分(日本時間19日午前5時55分)に管制官らが着陸のシグナルを受信した。パーシビアランスは7月30日にフロリダ州ケーブカナベラル空軍基地で打ち上げられ、飛行距離は2億9200万マイル(約4億7000万キロメートル)に及んだ。

      パーシビアランスには「インジェニュイティ」と名付けられた小型ヘリコプターも搭載されている。状況次第で3月にも飛行を試みる可能性があり、人類史上初めて地球以外の惑星で大気中を飛行することになる。
    no title

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-02-18/QOQT5MT1UM1E01?srnd=cojp-v2

    【【米航空宇宙局】NASA探査車「パーシビアランス」が火星に着陸、人類史上初めて地球以外の惑星で大気中を飛行-生命の痕跡探る】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル