かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:NASA

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/02/13(木) 14:56:08.25 ID:CAP_USER
    no title

    月表面の極限環境をそのまま再現した建設技術研究院の装備試験施設。[中央フォト]

    月に基地を建設するためには建設装備が必須だ。3Dプリンタで構造物を印刷することができるというが、少なくとも地盤を調査して地面を掘る装備が必要だ。それも日中は摂氏150度、夜には氷点下190度まで下がるような真空状態で土ぼこりを上げながら行わなければならない。

    そのため、地球で使う装備を月に持っていってもまともに作動しない。差し当たり、潤滑油が固まり、そして沸騰するだろう。そのため装備が月でその役割を十分果たせるかどうか、前もってテストしておく必要がある。このような試験ができる場所は世界に一つだけある。昨年11月、韓国建設技術研究院(建技研)が京畿道一山(キョンギド・イルサン)に作った「未来融合館」だ。宇宙先進国で真空状態の高温・低温大型容器(チェンバー)を作り、月探査ロボットをテストしてきたが、こちらは真空と極限温度に加えて土ぼこりが積もる月表面まで再現した。月とほぼ同じ環境で装備とロボットをテストできる世界で唯一の施設だ。

    世界各国はこの施設に注目している。米国航空宇宙局(NASA)は施設活用の可能性を調べるため、今年4月に未来融合館を訪問する。英国の宇宙ベンチャー「スペースビット(Spacebit)は7月に各種試験関連の協議を行うためここを訪れる予定だ。建技研のイ・チャングン極限環境研究センター長は「各国の宇宙局と宇宙企業がここで装備をテストする様子を見守りながら、我々が宇宙技術の活用方法とアイデアを学ぶことができるという利点がある」と話した。

    中央日報 2/13(木) 14:22配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200213-00000050-cnippou-kr

    【【韓国】NASAも注目する韓国の宇宙装備試験施設】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2020/01/13(月) 21:14:01.79 ID:CAP_USER
    A284183F-C9A0-44F9-85F3-CA66C696E5AB
     
    ハーバード大医学部卒、米海軍特殊部隊出身…1600倍の競争率を突破

    米国航空宇宙局(NASA)の月・火星探査プロジェクト「アルテミス計画」の任務が与えられる新たな宇宙飛行士11人に、韓国系の元医師、ジョニー・キム氏が選ばれた。

     12日(現地時間)、NASAのホームページによると、ジョニー・キム氏は米カリフォルニア州に定着した韓国系移民の米国人で、ロサンゼルス北西にあるサンタモニカの高校を卒業した後、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)、ハーバード大学医学部を卒業した。

     ジョニー・キム氏は、マサチューセッツ州にあるハーバード大学の提携病院とボストンで総合病院の医師として勤務し、その後米海軍特殊部隊(ネイビーシールズ)に入隊して訓練をこなし、コンバットV シルバー・ブロンズメダルを授与された。2017年にNASAに入り、およそ2年間のアルテミス計画のための訓練を終え、宇宙飛行士に選ばれた。

     今回の宇宙飛行士選抜は志願者が約1万8000人で、選ばれた宇宙飛行士は約1600倍の競争率を勝ち抜いた。選ばれた11人は先月10日、米テキサス州ヒューストンのジョンソン宇宙センターで訓練終了式に臨んだ。

     NASAのジム・ブライデンスタイン局長は「11人の宇宙飛行士は米国のベストを代弁している」として「2020年は米国の地で、米国のロケットに搭乗した米国の宇宙飛行士を宇宙に送り出すプロジェクトを再び始める元年となるだろう」と述べた。

     NASAは今回選ばれた宇宙飛行士たちをまず国際宇宙ステーション(ISS)に送り込んで訓練させた後、2024年までに月有人探査に参加させる計画だ。さらに、究極の目標である火星有人探査は2020年代の半ばから2030年の間に実現するだろうとNASAは説明した。

    ファン・ミンギュ記者

    朝鮮日報 2020/01/13 20:35
    【【韓国系「火星人」誕生へ】…NASA、月・火星探査の11人を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/12/20(金) 20:46:25.37 ID:CAP_USER
    BE209E9B-9061-4C61-8F61-F85B808C0F7A
     
    2019.12.20 10:39

    NASA(=アメリカ航空宇宙局)の長官が19日、NNNの単独インタビューに応じ、アメリカ人の次に月面に立つのは日本人宇宙飛行士の可能性が大いにあると語った。
    NASAは日本時間20日夜、民間企業・ボーイングに開発を依頼した有人型宇宙船・スターライナーの無人打ち上げ試験を行う。打ち上げを前にNNNの単独インタビューに応じたNASAのブライデンスタイン長官は、次世代の宇宙開発における日本の重要性を強調した。
    ブライデンスタイン長官「日本は素晴らしいパートナーだ。月を周回する『ゲートウェイ』の建設計画に関する協力関係においてもだ。だから、アメリカ人以外で月に初めて着陸する宇宙飛行士は、日本人であることも大いにあり得るだろう。トランプ大統領と安倍首相の関係は非常に強固なものだ。日米両国が引き続き宇宙において、探索のみならず国家安全保障という意味で、前進することが重要だ。そうした両国の関係性は、今後も強いものである必要がある」
    ブライデンスタイン長官は、日本の今後の協力に期待感を示した上で、アメリカ人と日本人宇宙飛行士を同時に月面に立たせるプログラムを進めていくと語った。

    日テレnews24
    http://www.news24.jp/sp/nnn/news162145382.html

    【【宇宙開発】 NASA長官“日本人月面着陸の可能性も”】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍【LV28,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 19/11/22(金)15:14:56 ID:???
    kr250

    2019年11月18日、韓国・ハンギョレ新聞は、韓国の科学技術情報通信部が発表した「月軌道船事業」の変更内容について、事業の核心的なパートナーである米航空宇宙局(NASA)が「難色を示している」と伝えた。
    記事によると、同部は9月に軌道船の軌道を円形から楕円形に変えると発表した。ところが、与党・共に民主党の李哲煕(イ・チョルヒ)議員が17日に公開した資料によると、NASAの関係者が先月16~17日に韓国を訪れた際、研究の責任機関である韓国航空宇宙研究院に「変更は受け入れられない」とし、地球から月までの軌道船の航路を変更してでも円形軌道を維持するよう求めたという。

    研究院側は19日に米テキサス州ヒューストンのジョンソン宇宙センターで、再びNASAと協議を行う計画だ。
    同部の関係者は「(9月に発表した内容は)軌道の変更を確定したというものではなく、NASAと議論するという意味だった」とし、 「軌道の変更をはじめとした技術サポートに関する問題についてNASAとしっかり協議していく」と話したという。

    しかし記事は「先行きは明るくない」としている。同研究院所属の研究者は「NASAが求める航路の変更は難易度が高く、韓国の独自技術では難しい」とし、「ところがNASAは2週間前に航路を含む事業設計は韓国の役割で、NASAはサポートしないとの書面を送ってきた」と話したという。

    これについて李議員は「同研究院の無能さと同部の安易な対処によって国際的に恥をさらすことになっている。
    予算を保留して事業計画を全面的に再検討し、同部と同研究院を対象に厳しい監査を行うべきだ」と指摘した。月軌道船事業の全体事業費は当初、1978億ウォン(約183億円)だったが、同部は9月に288億ウォンの増額を申請し国会の審査を待っている状態だという。

    これに韓国のネットユーザーからは「韓国に月の探査はまだ無理」「正直期待すらしていなかった」「最初からビジョンもなかったし、能力も足りなかった」「無理そうなら最初から諦めるべき。税金を無駄にしないで」「基礎科学能力も足りないし航空宇宙関連の専門家や施設も不足している」「他国の技術力に頼って成果を得ようとするから、このような問題が起きる」「なぜ数千億ウォンをつぎ込んでまで月の探査をしなければならないのか分からない」など厳しいコメントが寄せられている。

    (略)

    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b761033-s0-c10-d0149.html

    【【韓国】韓国の月探査が継続困難に?ネットがっかり「まだ無理だった」「税金の無駄」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニライカナイφ ★ 2018/12/19(水) 14:30:04.99 ID:CAP_USER9
    57157E4E-484F-40CA-954D-FCCCD61F3D77
     
    「世界で最も先を行く医療と製造業技術を持つ韓国と宇宙資源探査技術を共同で研究したいです」。

    米航空宇宙局(NASA)ラングレー研究所のロバート・モーゼス責任研究員は17日、韓国経済新聞とのインタビューで「宇宙産業先進国になるためには人が火星や月で直接生活するのに必要な資源探査技術分野に関心を持たなければならない」としてこのように話した。モーゼス研究員は仁荷(インハ)大学で開かれた宇宙産業基礎共同研究に向けた国際セミナーに参加するため訪韓した。

    宇宙資源探査技術は人間が月や火星で生活するために必要な空気、水、燃料などをどのように作り出し便利に活用できるのかを研究する分野だ。地球と全く異なる環境で発生しうる身体変化に対応する医療体系構築もここに含まれる。彼は「優秀な技術を持つ医療陣、情報通信技術(ICT)で作った医療装備、第4次産業革命技術の速やかな適用など韓国医療界の長所に注目している。韓国医療界は意志決定スピードが速く、臨床試験も活発なため宇宙医療市場開拓にぴったりだ」と話した。モーゼス研究員は14日に仁荷大学病院宇宙医学研究所を訪問し火星居住者の健康を脅かす要素について病院医療陣と協議した。

    彼は「韓国は自動車、半導体、製鉄、石油化学など重工業分野を通常の国より速く成長させた経験がある。こうした技術と経験をまとめて宇宙探査技術と組み合わせれば2020年以降に民間人の宇宙旅行時代が開かれる上で多くの役割を担える」と強調した。韓国の自動車、携帯電話、通信技術などを宇宙産業で使う物体、素材、燃料分野に組み合わせれば世界で最も速く結果を出せるという説明だ。

    彼は宇宙で必要なものを現地で直接生産し活用する技術を研究している。彼が構想中の友人居住システムの外壁は空気が漏れず軽くなければならないため織物で作らなければならない。居住施設の中には現地で水と燃料を作り出す装置も備えなければならない。彼は「こうしたすべての技術はNASA単独では不可能なので韓国の医療や製造業技術と協力する共同研究開発体制構築を希望する」とした。

    中央日報
    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=248283&servcode=300&sectcode=330

    【【韓国メディア】米NASA研究員「世界で最も先を行く医療と製造業技術を持つ韓国と宇宙資源探査技術を共同研究したい」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニライカナイφ ★ 2018/08/20(月) 13:33:18.20 ID:CAP_USER9
    ◆台湾総統、NASA訪問 米の厚遇に中国反発も

    台湾の総統府は20日、外遊中の蔡英文総統が米現地時間19日午前、米テキサス州ヒューストンの米航空宇宙局(NASA)ジョンソン宇宙センターを訪問したと発表した。
    台湾メディアによると、台湾の総統が米本土の政府関連機関を直接訪れるのは初めて。

    米国が台湾との親密さを見せつけ、中国をけん制している可能性がある。
    中国は反発しそうだ。

    写真:米ヒューストンのジョンソン宇宙センターで説明を受ける台湾の蔡英文総統(19日、蔡氏のフェイスブックより)
    no title

    蔡氏は12~20日にかけて中南米を歴訪し、19日には帰路の経由地であるヒューストンに滞在。 
    同センター内にあるミッションコントロールセンターなどを視察した。 

    蔡氏は自身のフェイスブックに訪問について投稿した。 
    現場で説明に当たった宇宙飛行士から「宇宙から美しい台湾の明かりが見えたと聞いた」と書き込んだ。 
    宇宙センター訪問は政治色は濃くないものの、米政府が従来の慣例を破る訪問を認めたのは間違いない。 

    今回の外遊では蔡氏に対する米の厚遇ぶりが鮮明になっている。 
    蔡氏は13日、往路でロサンゼルスに立ち寄った際にレーガン大統領図書館を訪問。 

    レーガン氏の米台関係への貢献をたたえる談話を発表した。 
    台湾の総統が米本土の公開の場で談話を出すのは異例。 
    従来、米国は中国への配慮から台湾の総統が領内を経由する際にはメディア対応などを厳しく規制していた。 

    米は通商やアジアの安全保障を巡って中国との摩擦が激化しており、台湾問題を中国をけん制するための外交カードとして活用する場面が増えている。 
    3月には台湾とのあらゆるレベルの高官の往来を促進する「台湾旅行法」を成立させた。 
    同法が成立して以降、蔡氏が米を訪れるのは初めてだった。 

    蔡政権は中国が掲げる、中国大陸と台湾が一つの国に属するという「一つの中国」原則の承認を拒み、中国は圧力を強めている。 
    米台の接近は中国の神経を逆なでしている。 

    蔡氏が12日、台湾資本のコーヒーチェーン「85℃」のロサンゼルスの店舗に立ち寄ったところ、中国のネット上で「台湾独立を支援する企業だ」との批判が殺到。 
    同社の中国店舗に不買運動が呼びかけられる騒ぎになった。 

    日本経済新聞 2018/8/20 10:04
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34333820Q8A820C1EAF000/

    【【中共潰しの一環?】台湾の蔡英文総統、NASA訪問…米国での厚遇に中国から反発も 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: じゅげむ ★ 2018/02/11(日) 11:40:48.60 ID:CAP_USER9
     米航空宇宙局(NASA)の太陽観測研究チームは、「1月半ばから、太陽の黒点がほとんどない状態が2週間近く続いている」と発表した。
    昨年夏には、最強クラスの太陽フレア現象が発生したことは記憶に新しいが、太陽の活動サイクルは停滞期に移行しつつあるという。

     太陽の活動を継続観測しているNASAのソーラーダイナミクス天文台(SDO)は今月1日、「過去2週間にわたって、黒点が消失しているため、太陽が自転しているか把握するのが困難だ」と発表した。

     太陽の表面に見える黒点は、約11年(9~12年と幅がある)サイクルで増減を繰り返しており、黒点部分は、その部分の温度がまわりより1000~2000度低くなっているため、暗く見える。
    太陽の自転にともなって東から西へ移動していくことから、その動きによって太陽活動をとらえることができるのだが、SDOが公開した動画を見ると、表面に変化がないので、回転しているかどうかわかりにくい。

     情報通信研究機構(NICT)の宇宙天気情報センター(SWC)によると黒点数の各月の平均値は、昨年9月には26.2だったのが、10月以降は10を下回る月が続いていた。
    今年1月には、「0」が並ぶ日が目立ち始め、20日~29日は連続で「0」だった。
    最新データによると、今週に入ってからはじょじょに活発化し、7日は「20」だったものの、今年の夏以降は減少傾向が高まるという。

     NASAは「2008年12月に始まった現在の第24周期(サイクル24)は、来年に活動が最小期を迎えると予測されており、黒点消失が続くのはその前兆現象だ」と見解を示している。

    ハザードラボ
    http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/3/23732.html

    2月1日の太陽。黒点が見えない(NASA/SDO)
    no title


    左は昨年の太陽活動を示した表、右は今後の予測(宇宙天気情報センターSWC)
    no title


    9日現在の太陽。中心部分に黒点が戻ってきた(NASA/SDO)
    no title
    【【地球寒冷化】太陽黒点「1月から消失続く」NASA「活動最小期への前兆」 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル