かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:NATO

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2019/12/01(日) 04:36:41.92 ID:3pzE6txd9
    5D27B25F-D1A4-4A59-A1DD-B476E2BE3864

    ビジネス
    2019年11月29日 / 22:10 / 1日前更新
    米、NATO首脳会議で中国の脅威を提起へ=当局者
    Reuters Staff


    [ワシントン 29日 ロイター] - ロンドンで来週開かれる北大西洋条約機構(NATO)首脳会議で、米国が中国の脅威について提起することが米政権当局者の話で29日、明らかになった。

    米国が指摘する中国の脅威には、同国が第5世代の通信規格「5G」ネットワークを巡り支配的な立場にあることなども含まれる。政権当局者は、米国は同盟国に対し信頼のおけるネットワーク供給業者を選定するよう呼び掛けるとし、「これは米国にとって極めて優先順位が高い問題で、トランプ大統領はこうしたメッセージを改めて伝える」と述べた。

    その上で、中国はNATOに対する脅威となっていると指摘。「中国はNATOが責任を持つ地域を含め、世界中で積極的に存在感と影響力を増大させている」と述べた。

    米国はこれまでも、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]が製造する機器がスパイ行為に利用される恐れがあるとして、同盟国に対し警戒を呼び掛けてきた。

    ロイター
    https://jp.reuters.com/article/nato-usa-london-idJPKBN1Y32DB  【【米国】NATO首脳会議で中国の脅威を提起へ=当局者 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2019/11/08(金) 07:19:38.42 ID:ANIDnJgp9
    A420A9D1-734F-4053-8E3A-790098A25D10

    NATOは「脳死」とマクロン氏 加盟各国が反論、ロシアは称賛
    2019年11月8日 5:41 
    発信地:パリ/フランス [ フランス ヨーロッパ ロシア ロシア・CIS トルコ 中東・北アフリカ ]


    【11月8日 AFP】エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)仏大統領は7日、英週刊誌エコノミスト(Economist)が掲載したインタビューで、北大西洋条約機構(NATO)が「脳死」に至っていると発言した。これを受け、加盟国の間ではNATOの真価をめぐる議論が勃発。独米はNATOを強く擁護したのに対し、非加盟国のロシアはマクロン氏の発言を称賛した。

     70年の歴史を持つNATOは来月、英国で首脳会議を開催する予定。同誌が掲載した英語の書き起こしによると、マクロン氏はインタビューで「われわれが今経験しているのはNATOの脳死だ」と表明。欧米間の協調欠如や、主要加盟国トルコによるシリアでの一方的な行動を非難した。


     マクロン氏は「米国と他のNATO同盟国の間には戦略的意思決定での協調が全くない」と指摘。「われわれの利害にかかわる地域で、NATO加盟国のトルコが協調を欠いた攻撃的行動に出ている」と述べた。

     しかしアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)独首相は、NATOは「必須」の存在であると擁護。マクロン氏の「十把一からげの批判」は「不要」と述べた。

     訪問先のベルリンでメルケル氏と共同記者会見を開いたイエンス・ストルテンベルグ(Jens Stoltenberg)NATO事務総長は、欧米間同盟の弱体化は「欧州を分割する」恐れがあると警告。同じく訪独中のマイク・ポンペオ(Mike Pompeo)米国務長官も、NATOは「重要で、不可欠」だと述べた。

     一方、ロシア外務省のマリア・ザハロワ(Maria Zakharova)報道官はマクロン氏の「脳死」発言について、「最高の言葉だ……NATOの現状についての的確な定義だ」と評した。 

    AFP
    https://www.afpbb.com/articles/-/3253705
     
    【【NATOは「脳死」とマクロン氏】加盟各国が反論、ロシアは称賛 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2019/11/08(金) 06:55:45.70 ID:tHP/MPr79
    A420A9D1-734F-4053-8E3A-790098A25D10

    仏大統領、NATOは脳死
    トルコのシリア侵攻巡り
    2019/11/8 06:52 (JST)


     【パリ共同】フランスのマクロン大統領は、米欧の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO)について、加盟するトルコによるシリア侵攻を巡り、組織として加盟国の行動を規制していないことなどから「脳死」状態にあると指摘、存在目的を問い直す必要があると主張した。英誌エコノミスト電子版が7日インタビューを報じた。

     マクロン氏は、シリア北部から過激派組織「イスラム国」(IS)掃討を目指し有志国連合率いてきた米国のトランプ政権が一方的に軍部隊を撤収する一方、トルコが欧米と連携してきたクルド人勢力排除を狙って侵攻したことに関し、いずれもNATOで事前に協議がなかったと批判。

    共同通信 
    https://this.kiji.is/565292996627481697  【【NATOは脳死】マクロン仏大統領が過激発言 トルコのシリア侵攻巡り 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2019/05/26(日) 22:12:56.51 ID:txtyEdkl9
    航空自衛隊は2019年5月27日(月)から6月29日(土)まで、アメリカ空軍が実施する演習「レッド・フラッグ・アラスカ」へ参加します。期間中は、アラスカ州アイルソン空軍基地、エレメンドルフ・リチャードソン統合基地とその周辺空域などで訓練を実施します。

    空自の参加部隊は三沢基地の第3航空団、浜松の警戒航空隊、小牧基地の第1輸送航空隊で、人員は航空総隊がおよそ210名、航空支援集団からおよそ70名、計280名規模です。派遣する航空機はF-2A/Bが6機、E-767を1機、C-130Hを2機、計9機です。

    このうち、「レッド・フラッグ・アラスカ」の期間は6月7日(金)から6月22日(土)で、防空戦闘訓練、戦術攻撃訓練、戦術空輸な訓練を実施し、日米共同訓練を通じた部隊の戦術技量、日米共同対処能力の向上を図ります。なお、F-2の日本/アラスカ間の移動時は、航空自衛隊KC-767とアメリカ空軍の空中給油機が空中給油を予定しています。また、この訓練には、タイ空軍、韓国空軍、NATO軍が参加する予定です。


    no title

    レッドフラッグ・アラスカ、画像はVMFA-232


    Fly Team 2019/05/26 21:25
    https://flyteam.jp/news/article/110510

    【【韓国も参加】空自、レッド・フラッグ・アラスカにF-2やE-767など9機派遣 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2019/01/30(水) 08:52:55.91 ID:30WknVLR9
    no title

     【モスクワ共同】ロシア通信によると、ウクライナのポロシェンコ大統領は29日、ウクライナが2024年に欧州連合(EU)に加盟申請すると表明した。北大西洋条約機構(NATO)加盟を目指す方針も確認した。

     ポロシェンコ氏は3月31日に予定されている大統領選への出馬を宣言、2期目の施政方針を示した。

     ウクライナは東部の紛争などを巡りロシアと対立しているが、EU、NATOは紛争当事国の加盟を認めないため、対ロ関係の改善が不可欠となる。

     ポロシェンコ氏は「ロシアとの間で、たとえ冷たくても平和が必要だ」と述べ、悪化した関係の修復を目指す考えを示した。

    2019/1/29 23:48
    共同通信
    https://this.kiji.is/462990146720777313

    【【欧州】ウクライナ、24年にEUに加盟申請 NATO加盟も目指す方針 ロシアとの関係改善が不可欠 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2019/01/15(火) 16:16:10.01 ID:qAwA6mwk9
    tramp
     
    【ワシントン時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は14日、トランプ大統領が昨年、複数回にわたって北大西洋条約機構(NATO)から離脱したいとの意向を周囲に漏らしていたと報じた。国際協調に背を向けるトランプ氏はかねて、NATO加盟国による負担不足を批判し、米国の関与縮小もほのめかしていた。

    複数の政権高官によると、トランプ氏は昨年7月にブリュッセルで開催されたNATO首脳会議の前後、軍事同盟の必要性に疑問を呈し、政権幹部らに離脱したいと語っていた。いずれも非公式の場での発言だった。
     
    マティス前国防長官やボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)はトランプ氏の説得に追われる一方、首脳会議開始前に加盟国間で合意文書を作り上げるよう急がせたという。

    (2019/01/15-15:53)
    時事ドットコム
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019011500862&g=int

    【【米国】トランプ大統領、NATO離脱意向 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: SQNY ★ 2018/08/31(金) 01:07:51.97 ID:CAP_USER
    no title
     
    ・NATO機、日本海上空で民間機を緊急降下させる

    ウラジオストク沖の日本海上空で、NATOの偵察機とみられる航空機が、3日連続で民間機を緊急降下させた。ロシアのマスコミが報じた。

    消息筋によると「NATO加盟国の1つのレーダートランスポンダ・コードを持つ正体不明の航空機が30日午前、再び管制塔に通知せずに15本の航空路を無秩序に横切った」。

    偵察機とみられる航空機との衝突を避けるために、民間機3機が緊急措置を講じなければならなかったという。
    航空機は、28日及び29日と同様、ロシアの海岸線に沿って日本海の中立水域の上空を飛行した。

    現在ロシア東部では、9月11~15日の軍事演習「ボストーク(東方)2018」に向けた準備が行われている。演習には、ロシア軍全体のおよそ3分の1にあたる約30万人の兵士が参加する。ロシアのショイグ国防相は演習について、1981年以来最大規模になると指摘した。

    2018年08月30日 21:20 スプートニク
    https://sptnkne.ws/jyKK

    【【日露】NATO機が日本海上空で民間機を緊急降下させる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ψ( ̄∇ ̄)Ψ ★ 2018/07/20(金) 10:49:53.39 ID:CAP_USER9
    tramp
     
    ◆「第3次世界大戦起きるかも」トランプ大統領の発言が波紋
    2018年7月20日 5時55分 

    アメリカのトランプ大統領は、NATO=北大西洋条約機構の加盟国のモンテネグロについて「国民は攻撃的だ」と述べ「状況によっては第3次世界大戦が起きるかもしれない」と指摘しました。これにモンテネグロ政府が声明を出して反論し波紋を広げています。

    トランプ大統領は、17日、アメリカのFOXテレビのインタビューの中で、NATOに去年、加盟した旧ユーゴスラビアのモンテネグロについて発言しました。

    この中で「アメリカの兵士がモンテネグロの防衛のために戦う必要はあるのか」という質問にトランプ大統領は「同じ疑問を持っている。ちっぽけな国だが、国民は強く、攻撃的だ」と指摘しました。

    そのうえで、モンテネグロで軍事衝突があった場合NATOの集団防衛の定めに従ってアメリカ軍が防衛に参加する事態を念頭に「状況によっては、第3次世界大戦が起きるかもしれない」と述べました。

    トランプ大統領のこの発言に対してモンテネグロ政府は19日、声明を出し「わが国はNATOの一員として世界の平和と安定に貢献している。アフガニスタンではアメリカ軍とともに活動している」と反論しました。

    モンテネグロは、人口が62万人で、軍は2000人しかおらず、この地域で影響力を強めているロシアによる政治的な介入を防ぐため、NATOに加盟しただけに、トランプ大統領の発言が波紋を広げています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180720/k10011540761000.html

    【【国際】トランプ大統領「第3次世界大戦が起きるかも」 モンテネグロ政府が声明を出して反論し波紋 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/07/12(木) 00:53:21.12 ID:CAP_USER
    FA63231C-2D0A-4ED4-8FF6-E03055E520D2
     
    朝鮮半島の完全非核化全面支援で一致
    2018/7/12 00:48

    【ブリュッセル共同】北大西洋条約機構(NATO)首脳会議は11日、朝鮮半島の完全かつ検証可能で不可逆的な非核化を「全面的に支援」することで一致した。

    共同通信
    https://this.kiji.is/389805915958559841 
    【【CVID】NATO、朝鮮半島の完全非核化全面支援で一致】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2018/07/04(水) 02:40:58.72 ID:CAP_USER9
    no title

    トランプ大統領がNATO首脳に書簡、国防費増額求める 米紙報道
    2018.07.03 Tue posted at 18:01 JST

    (CNN) ブリュッセルで来週開催される北大西洋条約機構(NATO)首脳会議を前に、トランプ米大統領が先月、NATO加盟国の首脳らに国防費の増額を求める書簡を送っていたことが分かった。2日付の米紙ニューヨーク・タイムズが伝えた。

    事情に詳しい情報筋はCNNの取材に対し、書簡の存在を認めたものの、書かれた文言は確認しなかった。書簡について説明を受けた別の外交筋によると、「非常に厳しい」内容で、米国の我慢が限界に達しつつあるとの警告も含まれていたという。
    ニューヨーク・タイムズによれば、書簡はドイツやカナダ、ベルギー、ノルウェーなどに送られた。どれも似たような文言が入っていたが、メルケル独首相にあてた書簡は特に批判的だった。

    書簡を読んだ関係者による要約として同紙が伝えたところによると、トランプ氏はこの中で、ドイツの国防費が不十分な状態が続けば、同国を手本にするほかの加盟国にも示しがつかないと主張。

    NATOのメンバーが負担を共有していないのに米軍兵が派遣先で命を落としたり、重傷を負ったりする状態では、米国民を納得させることが難しくなると主張した。
    トランプ氏はさらにメルケル氏やカナダのトルドー首相、ノルウェーのソルベルグ首相らに対し、各国の国内から国防費増額に抵抗する政治的圧力があることは承知していると述べたうえで、米国では増額のために相当の政治力を駆使したと強調している。

    NATO加盟国は2014年の首脳会議で、国防費を国内総生産(GDP)の2%以上とする目標を設定した。トランプ氏はこれまでも、ほとんどのメンバーがこの目標に達していないと批判し、「米国民にとって不公平だ」と繰り返し訴えてきた。

    CNN
    https://www.cnn.co.jp/world/35121880.html 

    【【今度はNATOで大騒ぎ】トランプ大統領がNATO首脳に書簡、国防費増額求める 米紙報道 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 孤高の旅人 ★ 2018/05/26(土) 13:58:44.08 ID:CAP_USER9
    NATOに日本政府代表部 理事会で開設同意

     【ブリュッセル共同】欧米の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO、本部ブリュッセル)加盟国代表で構成する意思決定機関、北大西洋理事会は25日までに、ブリュッセルの在ベルギー日本大使館にNATO日本政府代表部を開設することに同意した。代表部大使は林肇駐ベルギー日本大使が兼任する。
     日本政府は4月1日に施行された法律で、代表部設置を正式決定。設置日は「調整中」(政府関係者)とされる。同大使館には既にNATO担当の外交官がおり、増員は行わない方針。
     日本は域外のパートナー国として、北朝鮮への対応などでNATOと関係を強化する。
     
    2018/5/26 10:33 
    https://this.kiji.is/372920906697163873 

    【【NATO】北大西洋条約機構に日本政府代表部 理事会で開設同意 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル