かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



    タグ:NHK

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/05/17(木) 17:53:57.90 ID:CAP_USER9
    5ED2DBD2-DF6A-44AE-8015-4D8880A9328A


    「日本は韓国に侵攻した」という字幕をでっち上げたNHK「あさイチ」。訂正時の説明が不十分だとして自民党・和田政宗議員が追及する構えを見せている。

    前回の記事:【炎上】NHKが「日本は韓国を侵略した」と字幕で捏造
    ついに政治家が騒動を捉えた。

    NHKあさイチ。一昨日の字幕の件で今朝、訂正したが原因の説明がない。下町を案内する英語ガイドの発言で、日本が「韓国」を侵攻と、言っていない語句がテロップ挿入されており単純ミスとは考えにくい。私も事実関係を問い合わせているが、視聴者への自主的な説明がなければ国会で聞くことになるのでは

    — 和田 政宗 (@wadamasamune) May 17, 2018

    ▼自民党・和田政宗議員。実は元NHKアナウンサー。

    NHKについては国民から受信料を徴収する公共放送であるのに反日的な偏向報道を行っていると批判されていた。特にモリカケ問題ではあからさまに安倍総理を敵対視し、加戸前知事の証言をきちんと報じないなどあるまじき報道のやり方が目立っていた。

    その流れで「日本は韓国を侵攻した」とでっち上げたのだから故意犯の可能性も高い。何かの聞き間違いやケアレスミスといった類のものではないだろうから、担当スタッフの素性と政治信念から洗い直したい。

    歴史を改変するような放送だったのでさすがに訂正だけでは炎上騒ぎは収まらないだろう。

    加計学園問題のとき、加戸前知事は目に余るNHKの偏向報道を問題視して「NHKは日本偏向協会の略じゃないんだから」と強烈な皮肉を言ったことがあった。

    参考:加戸前知事「NHKって日本偏向協会の略でしたっけ?」

    今回の韓国でっちあげ騒動の問題点は奥深いところに根ざしているように思えてならない。

    http://netgeek.biz/archives/118636 

    【NHKが字幕捏造を訂正するも原因は説明せず →自民党・和田政宗議員が国会での追及を示唆 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ザ・ワールド ★ 2018/05/11(金) 10:59:06.91 ID:CAP_USER
    cn250
     
    2018年5月10日、環球網は、中国外交部の定例記者会見で日本人記者が放った一言に、会場が笑いに包まれたと報じた。

    10日に行われた同部記者会見で、日本人記者は「中国中央テレビ(CCTV)が今日午後、中国海警局が上海付近の公海で密輸船数隻を拿捕(だほ)したと報じました。そのうち1隻は別の船に石油を送っていたとのことで、北朝鮮に関係があるのではないかとの見方が出ています。関係国では密輸活動への監視を始めましたが、中国は監視を強めていますか」と質問した。

    これに、会見を担当した耿爽(グン・シュアン)報道官は「CCTVの報道だとおっしゃいましたが、あなたはCCTVの人ではないですよね?」と逆質問。
    すると日本人記者は「今のところはまだ違います」とユーモラスに答え、会場の笑いを誘った。耿報道官がさらに「どこのメディアですか?」と聞くと、記者は「NHKです」と回答している。

    「まだ違います」という回答に、自身も笑顔を見せた耿報道官は、質問に対し「そのニュースは見ていないが、北朝鮮に関係するかについては、わが国は国連安保理の対北朝鮮決議を一貫して全面的に、正しく、真剣に、厳しく実施することを原則としている。わが国がこれに向けて努力していることは明らかだ」と答えた。

    さらに、北朝鮮に関わる密輸活動の監視を強化しているかをただされた耿報道官は、「国連安保理決議の実施に向けたわれわれの努力は、誰の目に見ても明らか」と繰り返すにとどめた。

    Record  China
    http://www.recordchina.co.jp/b599717-s0-c10.html

    【【これ笑えないし問題発言】中国外交部会見「あなたはCCTVの人ではないですよね?」NHK記者「今のところはまだ違います」会場が爆笑   】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/03/08(木) 21:24:58.42 ID:CAP_USER9


    no title

    no title


    朝日新聞が「森友学園の土地取引をめぐって文書の書き換えがあった」と報じた件について、新たな真実が分かり、NHKと毎日新聞が手を引き始めた。
    書き換えではなく別文書。朝日新聞の勘違いだった可能性が高まってきた。

    (1)まずNHKの報道から。別の文書に朝日新聞が騒いでいた問題の表現が見つかったとして紹介し、「本件については朝日新聞が一部の文言が削除された疑いがあると報じています」としっかり名指し。

    参考:「本件の特殊性」財務省の別文書に記載 森友文書問題(NHK)

    (2)毎日新聞も同じく、朝日新聞が主張している文言は別の文書で確認されたと記事にし、文書の中の「本件の特殊性に鑑み」という一文は地中にゴミが埋まっていることを指していると考えられると考察した。

    参考:別文書に「特殊性」の表現 国会開示にはなし(毎日新聞)

    いずれも「~と朝日新聞は報じていた」と紹介している点に注目。騒動を報道しているのはあくまで疑惑の段階であり、万が一、間違いであった場合は朝日新聞の責任になるとしっかり名指ししている。

    これより前、マスコミはとかげの尻尾切りになぞらえて、安倍総理が頭で近畿財務局が尻尾にあたると例えていた。

    しかし今の状況を表すに、尻尾にあたるのは朝日新聞だろう。

    NHKと毎日新聞の手のひら返しの報じ方をみるに事実上、疑惑追及から手を引くということだろう。長らく続いた森友学園問題は結局、野党と朝日新聞が損をしただけで終わった。
    しかしながらまだごねているのが立憲民主党・福山哲郎。

    毎日新聞の夕刊を手にして、とんでもない曲解を披露する。 



    福山哲郎は別の文書に「本件の特殊性に鑑み」という文言があったことからやはり不正な忖度があったに違いないと力説する。毎日新聞の考察は都合が悪いから無視するのだろうか?

    野党はそもそも文書の書き換えを疑っていたわけで、ここに来て論点をずらしてごね続けるのはおかしい。日本国民を含め、同業他社のマスコミ、騙された野党の怒りの矛先はこれから一気に朝日新聞に向かうはずだ。朝日新聞には早く何かコメントしてほしい。

    netgeek
    http://netgeek.biz/archives/114119

    【NHK&毎日新聞「うっわ…書き換えじゃなくて別文書…朝日新聞の勘違いじゃん。手を引くわ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★ 2018/02/07(水) 23:42:48.09 ID:CAP_USER9
    kunaityo

    宮内庁は6日、秋篠宮家長女の眞子さまと、都内の法律事務所にパラリーガルとして勤務される小室圭さんの結婚が延期されると発表した。
    おふたりは3月4日に一般の結納に当たる「納采の儀」、11月4日に結婚式を執り行う予定だったが、
    天皇陛下の退位、皇太子さまの即位など一連の皇位継承行事が終了した後の2020年に延期する。

    小室家をめぐっては、昨年12月に「週刊女性」(主婦と生活社)が、小室圭さんの母親・佳代さんが
    元婚約相手から受けた金銭的援助にかかわる400万円超の借金トラブルを抱えているとスクープし、
    先月25日には主要週刊誌3誌が一斉に両者の詳細なやりとりを含めて後追いで報じていた。

    結婚延期について宮内庁の加地隆治宮務主管は会見で「週刊誌報道は延期と関係ない」と説明しているが、元宮内庁職員で皇室ジャーナリストの山下晋司氏は「それをそのまま信用する人は少ないでしょう」と語る。

    そもそも今回、皇族の結婚が延期になるという異例の事態が生じた発端について、皇室の事情に詳しい人物はこう語る。


    「昨年5月にNHKが婚約をスクープし、その4カ月後の9月には宮内庁は正式に婚約内定を発表し、
    今年3月に『納采の儀』、同11月4日に結婚式を執り行うというスケジュールを決定したわけですが、
    NHKの第一報は宮内庁幹部も報道直前に知ったほど突然のものでした。
    そのため、宮内庁も皇室も現在に至るまで大慌てで対応を迫られ、余裕を持って準備を進めることができませんでした。
    その意味では、宮内庁の『(眞子さまと小室さんが)結婚の準備を進めるなかで十分な時間がないとお感じになり、
    いろいろな方に相談し、延期が良いとの結論に至られた』という説明は、そのとおりでしょう」

    また、マスコミ関係者もNHKのスクープが生んだ負の面をこう指摘する。

    「突然のスクープのせいで、宮内庁が小室家に関する“身上調査”を十分にできなかったと指摘する声も多いです。
    裏を返せば、もし5月のスクープがなければ、宮内庁は借金問題を把握し、対応を取ることで現在起こっているような混乱を回避できた可能性もあります。
    眞子さまは6日に公表されたコメントで『予期せぬ時期に婚約報道がなされました。このことに私たちは困惑いたしました』
    『当初の予定を大きく前倒しして婚約が内定した旨を発表することにいたしました』とおっしゃられ、
    暗にNHK報道によって計画が大幅に狂わされたことに不満を示されているとも受け止められます。
    これは、皇族のお言葉としてはかなり強いものを感じます。その意味でも、NHKの責任は重いといえます」

    そうしたNHKの責任について、別のマスコミ関係者は語る。


    「昨年12月に最高裁判所は、NHK受信契約を義務付けた放送法64条が合憲だとする判決をくだし、
    『NHKの受信料制度は公共の福祉に適合する』と判示しました。
    しかし、スクープによって皇族の結婚という国にとっても極めて重大な事項を混乱させたNHKに、果たして公共放送の資格があるといえるのでしょうか」

    さらに宮内庁OBも「公共放送のNHKが皇室に恥をかかせる事態を招いたというのは、罪が重い」と批判するが、
    今後そうした声が広まる可能性もありそうだ。

    Bussiness journal
    http://biz-journal.jp/2018/02/post_22252.html

    【【公共放送】眞子さまの拙速な結婚、NHK報道のせいか 突然のスクープで小室家の“身体検査”不十分に 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: trick ★ 2018/01/16(火) 19:04:14.52 ID:CAP_USER9
    北朝鮮ミサイル発射の模様 Jアラート 政府“建物の中や地下に避難を”(18:55)

    北朝鮮ミサイル発射の模様という 速報は誤りでした(19:00)
    Jアラートは出ていません(19:00)
    https://www3.nhk.or.jp/news/


    【【ワザと?ミス?】NHKがJアラート「誤報」 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル