かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:SLBM

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/10/16(水) 12:31:41.09 ID:CAP_USER
    un250
     
    国連総会で各国が北を糾弾するのに…北の弾道ミサイルに一言も触れぬ韓国、「韓半島の平和」ばかり再度強調

    外交部は趙大使の発言も公開せず

    仏英日は「北の非核化」で声をそろえる

     韓国外交部(省に相当)が、国連総会第1委員会で北朝鮮問題に関する発言権を得たにもかかわらず、国連安保理決議に違反する北の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)挑発について全く言及しなかったことが15日までに確認された。韓国の趙兌烈(チョ・テヨル)国連大使は当時、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が先月の国連総会基調演説で表明した「韓半島の平和」メッセージを再度強調し「北朝鮮が非核化を実現することを真剣に希望する」とだけ言及した。外交部は、こうした趙大使の発言内容を公式にメディアに明かすこともなかった。11日に開かれた会議で北朝鮮のミサイル挑発を糾弾した国は、英国・フランス・ノルウェーなど欧州諸国と日本だった。北朝鮮の金星(キム・ソン)国連大使は、逆に韓米を名指しして、この国々の軍事活動がむしろ対話・和解の雰囲気を壊していると反発した。

     趙兌烈大使は11日、第1委員会第4回会議において「ストックホルムで米朝実務交渉が再開されたが、実質的な結果は出てこず、意見の違いも狭まらなかった」としつつ「だからといって、われわれは健全でない悲観論に誤って引きずられてはならないだろう」と発言した。その上で趙大使は「われわれは米国と共に北朝鮮との対話の場に残りたい」「文大統領が先月国連総会で演説したように、韓国の平和は全世界の平和とつながっている」と語った。

     韓国政府は、北の挑発の最大の被害当事国でありながらも、およそ7分に及ぶ発言の中で北朝鮮のSLBMや弾道ミサイル発射について一言も指摘しなかった。北朝鮮がこの1年余りの非核化交渉の最中に核施設を稼働させた行為についての言及もなかった。元外交部次官のある人物は「この日の発言は、趙大使にとっては退任直前の国連大使として最後の発言だった」として「国連安保理の北朝鮮制裁決議に真っ向から違反する北朝鮮のSLBM発射について、軍縮・国際安全保障事案を扱う国連第1委員会で言及すらできないという現実に、胸の内は苦しかったことだろう」と語った。

    北朝鮮を糾弾して安保理決議の履行を求めたのは、フランス・英国・日本などだった。フランスのヤン・フアン軍縮大使は「国際原子力機関(IAEA)の報告書の通り、北朝鮮の核プログラムは依然として稼働しており、ここ数カ月繰り返された弾道ミサイル発射を通して理解できるように、北朝鮮はこれを廃棄するためのいかなる真剣な行動も取らなかった」と指摘した。英国のエイダン・リドル軍縮大使も「北朝鮮が完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)に乗り出すまで、北朝鮮制裁は厳格に維持されるべき」と語った。日本の高見沢将林・軍縮大使は「北朝鮮は全ての核兵器、核施設だけでなく全ての弾道ミサイルについて、完全かつ検証可能で後戻りのできない廃棄に乗り出すべき」と発言した。ポルトガルやイタリア、スウェーデン、アイスランドなど欧州諸国とマレーシアなども北朝鮮の非核化履行を求めた。

     だが金星大使は「米国も今年、ICBM(大陸間弾道ミサイル)『ミニットマンIII』やSLBM『トライデントII』、巡航ミサイル『トマホーク』を発射した」として、ミサイル実験を行ったのは北朝鮮だけではないと主張した。また「韓国が米国と合同軍事演習を再開し、最先端の攻撃兵器であるF35A戦闘機を配備した。こうした暴力的挑発行為が対話と和解の雰囲気に悪影響を及ぼした」と、韓米政府を非難した。

     峨山政策研究院のシン・ボムチョル安保統一センター長は「もしや北朝鮮との対話の雰囲気が壊れるのではと思って、韓国政府は北朝鮮の決議違反行為すら見逃してやっている」として「交渉するにしても北朝鮮に対して言うべきことは言ってこそ、北も状況判断を誤らない」と語った。

    ニューヨーク=呉允熙(オ・ユンヒ)特派員

    朝鮮日報 2019/10/16 11:20
    【【韓国】国連で北朝鮮のSLBMに一切言及せず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2019/10/09(水) 10:48:31.41 ID:ownk00O19
     un250
    【ニューヨーク=吉田圭織】国連安全保障理事会は8日、北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を話し合う非公式会合を開いた。開催を要請した英独仏を含む欧州6カ国は会合後、北朝鮮に「大量破壊兵器と弾道ミサイルの開発計画を完全で検証可能かつ不可逆的に放棄する」よう求める共同声明を出した。

    声明はミサイル発射を「地域の安全と安定を脅かす明らかな安保理決議違反」と断定した。声明にはベルギーやポーランド、エストニアも加わった。

    関係者によると、会合で各国は米朝に協議の再開を求めることで一致した。中国は北朝鮮の立場を説明し、ミサイルの発射は「米国との協議の進展が遅いことに対する不満」と述べたという。安保理全体としての声明や決議は出さなかった。

    2019/10/9 5:13 (2019/10/9 9:06更新) 日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50776430Z01C19A0000000/

    【【国連】欧州6カ国、北朝鮮のSLBM発射を非難 共同声明で 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しじみ ★ 2019/10/04(金) 04:54:04.39 ID:KzC6isjm9

    北朝鮮は2日、新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の実験を行ったとみられる。SLBMの開発は着手から比較的日が浅いが、核弾頭搭載に向けて急速に進んできた。今回の発射がSLBMであれば、この3年間では初めてとなる。


    発射の数時間前に、北朝鮮は今週末に米国と核開発問題の協議を再開すると発表していた。

    ミサイルの正確なタイプや、発射プラットフォームはなお不明だが、専門家は「既存の枠を超える」動きだったように見えると指摘した。

    ■何が起きたか

    2日午前7時すぎ、北朝鮮のウォンサン(元山)から北東約17キロの沖合でミサイルが発射された。ウォンサンは同国の軍事拠点の1つで、過去にもミサイルが発射されている。

    日本政府は当初、2発のミサイルが発射されたと発表したが、その後1発が分離したと修正。日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したという。

    韓国のチョン・ギョンドゥ国防相は、イージス艦がミサイル1発を探知し、飛距離は450キロ、最高高度は910キロで高い角度で飛距離を抑える「ロフテッド軌道」で打ち上げられたと説明した。

    ミサイルを発射したのが潜水艦か、海上プラットフォームかは不明だ。

    ある米政府高官は、当座の分析に基づくとミサイルは海上プラットフォームから発射され、潜水艦に搭載できる弾道ミサイルだとの見方を示した。

    ■これで生じる新たな脅威とは

    ミサイルが標準的な軌道で発射されていれば、飛距離は最長1900キロとなり、中距離ミサイルに分類される。韓国と日本の全土が射程内に収まる形。両国にとって近海に展開した潜水艦からのミサイルは、ミサイル防衛システムでの対応がより困難となる。

    SLBMの脅威は潜水艦の航続距離次第でどんどん高まる。北朝鮮が保有する「ロメオ級」は約7000キロの航続距離を持つとみられ、片道ならハワイ近くまで到達できる。

    ただロメオ級のエンジンはディーゼル式で非常に音が大きいので、探知されやすい。特に米軍は旧ソ連の潜水艦に数十年も対処してきたという経験がある。

    ■北朝鮮のSLBM開発の経緯

    北朝鮮がSLBMの開発に乗り出したのは2015年で、16年8月に1回目の発射を実施。2段階式固定燃料の「北極星」がロフテッド軌道で打ち出され、500キロ飛翔し、実験が成功したとみなされた。

    それ以降実験の情報は聞かれず、北朝鮮は中長距離のSLBM開発を進めていた様子がうかがえる。

    以前の発射実験は、ウォンサンからおよそ110キロ離れた港湾都市シンポ(新浦)で行われた。この地は北朝鮮の潜水艦部隊の大部分の根拠地となっているもようだ。

    北朝鮮の潜水艦は総数こそ世界最大級だが、大半は小型か旧ソ連時代の古いタイプで、弾道ミサイル搭載能力があるのは1隻にとどまるとみられている。

    同国は今年7月、金正恩朝鮮労働党委員長が大型の新造潜水艦を視察し、その実践配備が近いと表明していた。

    専門家は、北朝鮮の国営メディアが公表した写真から、新造潜水艦はロメオ級を改良して外殻を拡大しただけで、より大きな新型ではないとの見解を示した。

    ■第2撃能力を備えたか

    SLBMは、先制核攻撃を受けた場合に報復する「第2撃能力」を確保する上で鍵になるとみなされている。

    この能力を備えるには、潜水艦は核の弾道ミサイルを発射できるだけでなく、敵を攻撃できる範囲で航行し続けることが必要になる。

    軍事専門家は、北朝鮮の潜水艦技術が第2撃能力を得る地点まで高まったかどうか懐疑的だ。

    ■他の最近のミサイル実験

    北朝鮮は、金正恩氏がトランプ米大統領と今年6月30日に板門店で会談し、核問題の協議再開を約束して以降、計9回のミサイル発射実験を行ってきた。

    今回を除けば、いずれも短距離ミサイルやロケット弾で、想定している攻撃対象は韓国や在韓米軍だ。

    2017年11月には大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験があり、これは標準的な軌道なら飛行距離は最長1万3000キロと、米本土に届く。

    ただ専門家は、北朝鮮が大気圏再突入に耐えられ、精密に標的に到達できるような小型核弾頭を製造する技術はまだ習得していないと考えている。
    no title

    no title

    ロイター
    https://jp.reuters.com/article/explainer-northkorea-missiles-idJPKBN1WI03T

    【【ニュース解説】北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)、本当の脅威度と実戦配備の壁 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ホムンクルス◆p6L6fkSrzrGe 19/09/27(金)20:21:06 ID:825
    F67FF2A2-9A84-4D3F-A995-45636537FBF8

    北朝鮮の動向を分析しているアメリカの研究グループは、最新の衛星写真から北朝鮮がSLBM=潜水艦発射弾道ミサイルの発射実験に向けた準備を進めている可能性が高いという分析結果を明らか
    にしました。

    アメリカの研究グループ「38ノース」は26日、北朝鮮東部のシンポ(新浦)にあるSLBM=潜水艦発射弾道ミサイルを搭載できる新型の潜水艦が建造されているとされる造船所の衛星写真の分析結果を明らかにしました。
    それによりますと、先月26日と今月23日に撮影された写真から、岸壁ではトラックに乗せられた長さ10.35メートル、直径1.75メートルの円筒形の容器が確認できるとしています。

    これはSLBM「北極星1号」の格納容器の大きさと一致するということで、38ノースは実際のミサイルを発射する前に模擬弾を使って潜水艦から適切な速度と角度で射出できるかを実験するための準備を進めている可能性が高いと分析しています。

    この造船所ではこれまでの分析からも岸壁を覆い隠す屋根のような建造物が設置されたことが確認されるなど建設作業が活発に進められていることが分かっていて、38ノースは「北朝鮮はSLBM能力の確立を目指しているとみられる」と指摘しています。

    NHK 9月27日
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190927/k10012101471000.html

    【【北朝鮮】“北朝鮮がSLBM発射実験準備の可能性” 米研究グループ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: アンドロメダ ★ 2019/08/29(木) 19:07:38.41 ID:eyaJNJj89
    kp250


    米シンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)は28日、北朝鮮が東部の咸鏡南道新浦の造船所で潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)搭載用とみられる潜水艦を建造し、SLBMの発射実験の準備を進めている可能性があるとの分析結果を発表した。
    分析は26日の衛星画像に基づく。

    「北朝鮮の弾道ミサイルや核の脅威の増大を示し、追跡や先制攻撃が困難であることから、地域の防衛を困難にさせる」と指摘。
    「核戦力を存続可能なものに近づけ、完全な非核化の可能性を減らす」との懸念を示した。

    朝鮮中央通信は7月下旬、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長が、新たに建造した潜水艦を視察し、潜水艦は日本海側で任務を行うと指摘した、と伝えた。
    韓国の北朝鮮専門家の間には、米韓が今月実施した合同訓練を北朝鮮の要求通りに中断しない場合、SLBMを発射して抗議の意思を示すとの予測もあった。

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASM8Y324LM8YUHBI00F.html?ref=tw_asahi

    【【半島有事】北朝鮮が潜水艦弾道ミサイルの発射準備か 米機関が分析 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/17(水) 10:01:46.75 ID:CAP_USER9
     米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は16日、今月6日に撮影された商業衛星写真に基づき、北朝鮮西岸の南浦港で、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の水中発射試験台として使われる新たな「はしけ船」の運用に向けた準備が進んでいるとの分析を発表した。

     はしけ船の脇に小さなクレーン船が写っており、何らかの工事をしているもようだという。運用可能になる時期は不明だとしている。

     はしけ船は昨年9月時点では地上部分で建設作業が続き、同11月に海面に浮いたのが確認されていた。

    産経新聞
    http://www.sankei.com/smp/world/news/180117/wor1801170013-s1.html

    【【北ミサイル】SLBM発射試験台準備か 北朝鮮西岸、「38ノース」分析 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル