かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:WHO

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: あずささん ★ 2021/07/19(月) 20:50:18.47 ID:yHFkoZFI9
    tedorosu
    世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が東京五輪に合わせて来日する方向で調整していることが分かった。菅義偉首相がテドロス氏と会談し、東京五輪・パラリンピックでの新型コロナウイルスの感染防止対策を巡り協議する。複数の政府関係者が19日、明らかにした。

    テドロス事務局長の来日が実現すれば、2019年6月の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)以来となる。WHOは東京五輪に向け、感染防止対策を国際オリンピック委員会(IOC)などに助言している。

    会談は22~24日の間で実施される予定。茂木敏充外相も23日にテドロス氏と会談する方向で検討されている。

    共同通信社
    https://nordot.app/789818826638393344

    【【コロナ/東京五輪】WHOテドロス事務局長来日へ 首相と五輪感染対策を協議】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 少考さん ★ 2021/07/17(土) 13:44:36.65 ID:wwhY9nla9
    tedorosu

    WHOが武漢での発生源巡る2回目調査を提案…中国は難色示す

    【ローマ=笹子美奈子、北京=田川理恵】世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長は16日、加盟国がオンラインで参加する会合で、新型コロナウイルスの感染が世界で最初に広がった中国湖北省武漢市で、発生源を巡る2回目の調査を行うよう提案した。

    テドロス氏は、食用の野生動物を取り扱っていた市場の調査や、「2019年12月にヒトへの感染が確認された地域の研究機関への監査」などの実施を求めた。中国に対して、「透明性に基づいた適切なデータを共有し、次の段階に協力することを期待する」と述べた。

    中国外務省の 趙立堅ジャオリージエン 副報道局長は16日の定例記者会見で、「発生源の問題を政治化すべきではない」などと述べ、調査実施に難色を示した。

    (略)

    読売新聞 2021/07/17 12:18
    https://www.yomiuri.co.jp/world/20210717-OYT1T50130/



    【【WHO】武漢での発生源巡る2回目調査を提案…中国は難色示す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ボラえもん ★ 2021/07/06(火) 19:12:15.30 ID:/OTkK1c69
    7E23A5B2-D95E-41C4-8BC4-757529F6AA63
     
     WHO=世界保健機関のテドロス事務局長が東京オリンピックに合わせて来日し、大会の新型コロナ対策に協力する姿勢を打ち出す方向で調整していることがJNNの取材でわかりました。

     複数の政府関係者によりますと、テドロス氏は東京オリンピック・パラリンピックの安全な開催を強く後押しするため、大会にあわせて日本を訪れる意向を示しているということです。
    実現すれば、新型コロナの世界的な感染拡大以降、テドロス氏がWHO本部のあるスイスの周辺国以外に出張する初めてのケースとなります。

     背景には、WHOとして感染症に打ち勝つ姿勢や、国際社会に前向きなメッセージを打ち出したいとの思いがありますが、日本政府内には来年に事務局長選挙を控えるテドロス氏が存在感を高めたいのでは、との見方も出ています。
    来日中には菅総理らと会談も行う方向で調整が進められているということです。(06日15:38)

    ヤフーニュース(TBS news)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/876c6c1327c5ed9a101cc4f714405bff6bb20a6b

    【【WHO】テドロス事務局長が東京五輪に合わせて緊急来日へ 菅首相と会談予定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロ ★ 2021/07/03(土) 19:05:17.41 ID:CAP_USER9
    ca470c6
    WHO(=世界保健機関)は2日、新型コロナウイルスのデルタ株が世界で急速に広がっていることについて「非常に危険な時期を迎えている」と警鐘を鳴らしました。

    WHO テドロス事務局長「私たちは今パンデミックの中でも非常に危険な時期を迎えている」

    テドロス事務局長は、インドで確認されたデルタ株が感染拡大を続ける中、ワクチン接種率が低い国を中心に「病院がコロナ患者であふれかえる」事態を再び引き起こしていると懸念を表明しました。デルタ株は少なくとも98か国で確認されているということです。

    また、担当者は、ヨーロッパのサッカーのサポーターらの間で感染が拡大していることなどを踏まえ、東京オリンピックについて「適切な予防措置を取らなければ感染は拡大する」と強く注意を呼びかけました。

    日テレニュース24
    7/3(土) 12:24
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b33fef781c1fc14a7231515d64a108232885558f

    【【WHO】「東京五輪で適切措置とらねば感染拡大」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: どこさ ★ 2021/06/20(日) 18:07:10.63 ID:MpsjzBja9
    39133080-B8C4-4D2C-B5C0-191529AF0E60

    南米中心に流行する新たな変異ウイルス「ラムダ株」 WHOが「注目すべき変異株」に指定

    世界保健機関(WHO)は今週、南米で流行する新型コロナウイルスの新たな変異株「ラムダ」を「注目すべき変異株」(VOI)に指定した。日本ではいまだよく知られていない変異株であるだけに、警戒が必要だろう。

    この新たな変異株は2020年8月にペルーで最初に確認され、当初は「アンデス型」と呼ばれてきた。系統名はC.37。現在使われている呼称のラムダ株のラムダ(λ)はギリシャ文字の1つ。

    WHOによると、ラムダ株はこれまでにチリやペルー、エクアドル、アルゼンチンなど南米を中心に29カ国で感染が確認されている。南米以外でも、アメリカやドイツ、スペイン、イスラエルなどでも感染者数が目立っている。日本国内ではこれまでに感染が確認されていない。

    ●ペルー感染者の81%がラムダ株
    ペルーでは2021年4月以来、新型コロナウイルス感染者のうち、81%をラムダ株が占めた。

    「ペルーは現在、非常に強い第2波に見舞われている」。2019年度内閣府主催の青年国際交流事業「世界青年の船」に筆者とともに参加したペルーの首都リマ在住の公務員、グスタボ・イリアスさん(32)はこう話した。

    ペルーは感染者数が200万人を超え、感染死者数も20万人近くに及んでいる。 国際統計サイト「Worldometer」のデータによると、人口100万人当たりの感染死者数は約5700人に上り、世界最多になっている。

    一方、チリではラムダ株が過去60日間の感染で32%を占めた。これは、ラムダ株がブラジル型変異ウイルスのガンマ株(33%)とほぼ同程度で流行していることを意味する。そして、イギリスで最初に発見されたアルファ株の4%をはるかに上回っている。チリは感染者数が約150万人に及び、感染死者数は3万人を超えている。

    WHOは、ラムダ株が感染力が高く、中和抗体に対する耐性を持つ可能性があると指摘した。

    しかし、WHOはエビデンス(実証的な証拠)が限られていることから、ラムダ株については引き続き、さらなる調査が必要だと述べた。

    WHOは、変異型を「懸念される変異株」(VOC)と「注目すべき変異株」(VOI)に分類している。警戒度はVOCよりVOIの方が低く、VOIはあまりニュースの見出しを飾ることはない。

    しかし、インドで最初に確認され、現在はVOCに分類されているデルタ株も、5月11日まではVOIに分類されていた。ラムダ株も、デルタ株同様に今後世界中で感染が広がる可能性がある。

    ●ワクチン先進国で猛威を振るうデルタ株
    WHOはデルタ株について、6月15日の時点で80の国や地域から報告があったと発表した。

    米製薬大手ファイザーとの新型コロナウイルスワクチンの共同開発を主導した独バイオ製薬ビオンテックのウグル・サヒン最高経営責任者(CEO)は16日、デルタ株による感染再拡大を警告した。

    ワクチン接種先進国であるイギリスではデルタ株の猛威に見舞われ、6月17日の新規感染者数が1万1000人を超えた。死者数も19人に及んだ。イギリスでは成人人口の80%が少なくとも1回のワクチンを接種済み。2回の接種を終えた成人人口の割合も58.2%に達している(6月17日時点)。

    ソウルにあるミズメディ・ウィメンズ病院の内科医を務め、韓国の新型コロナウイルス専門家として知られるタン・ヒョンギョン氏は筆者の取材に対し、「ワクチンは感染者からの感染拡大を防ぐためには、限られた効果しか持たない」と指摘。「ワクチンは100%効くものではない。ワクチンはウイルス感染からすべてを守ってくれはしない」と警鐘を鳴らす。

    世界各地で次々と出現し、感染が広がる変異ウイルス。日本は7月23日から、世界200カ国以上から約9万3000人を受け入れる東京オリンピック・パラリンピック大会を開催する。新たな変異株の出現に目を光らせ、水際対策やゲノム解析をぐっと強化しなくてはいけないだろう。

    ●コパ・アメリカの惨状
    日本が教訓としなくてはいけないのが、パンデミックの真っ只中にブラジルで13日から開催されているサッカーの南米選手権(コパ・アメリカ​)の惨状だ。大会3日目にして既に52人の陽性者が出ている。このうち、全登録選手の9%に当たる23人が感染した。サッカーダイジェストWebの16日付の記事は、「もうこれはサッカーの大会ではない。1人の感染者も出さなかったチームを勝ちにすればいいのではないか」と語る元ブラジル代表ゴールキーパーの皮肉交じりのコメントを引用している。

    Yahoo 高橋浩祐 6/17(木) 23:10
    https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashikosuke/20210617-00243514/


    【【WHO】南米流行のC.37「ラムダ株」注目すべき変異株(VOI)認定 ペルー死亡率世界記録 感染力増加 Y字形抗体を回避 現在調査中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2021/06/02(水) 08:36:25.74 ID:NBris74q9
    cn250
    中国、15年からコロナの軍事的研究を開始か…「生物兵器攻撃で敵の医療体系を崩壊」

    世界の新型コロナウイルスへの対応を検証する独立調査委員会は5月12日、最終報告書を公表した。この委員会は世界保健機関(WHO)の194の加盟国の決議で設立されたものであり、議長はクラーク前ニュージーランド首相などが務めている。報告書は5月24日から始まるWHOの年次総会の討議資料となる。

    公表された報告書のタイトルは「新型肺炎:最後のパンデミックにしよう」であるが、その結論は「危険の兆候に注意を払っていれば、パンデミックによるここまでの大惨事は防げたはずだ」というものである。2019年12月に中国・武漢市で感染拡大が最初に確認された際の初期対応については「切迫感が欠如していた」と指摘、また各国が警告に十分な注意を払わなかったために20年2月は手痛い「失われた月」になったとの見方を示した。パンデミック再発防止のために「WHOをはじめ各国の指導者は大々的な改革を模索する必要がある」と強調しており、改革の柱は以下の通りである。

    (1)ワクチンを公共財に位置づけ、迅速に開発できるようにする。

    (2)各国に責任を負わせる権限を持つ、世界的な脅威に関する評議会を創設し、関係国の承認なしに情報を公開できる疾病監視システムを構築する。

    まず(1)についてだが、主要7カ国(G7)の今年の議長国である英国政府は4月30日、「ワクチン研究開発に向けた資金を集めるため、22年にサミット(首脳会談)を開催する」と表明した。今後のパンデミックに備えてワクチン生産のスピードアップを目指す国際団体を支援する。支援するのは「感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)」である。CEPIは、日本、ドイツ、ノルウェーのほか、米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏が設立した財団などの出資で17年に発足した。

    CEPIは3月10日、「次のパンデミックに備えて100日以内にワクチンを開発できるようにするためには、メッセンジャーRNAなどの最新の技術開発を迅速化するとともに、承認の円滑化に向けた世界の医薬品当局の製造加速化の連携も欠かせない」との考えを示し、総額35億ドルの5カ年戦略への資金提供を呼び掛けていた。

    英国政府の官民連携による構想には、英アストラゼネカや米ファイザーなどワクチンの製造を手掛ける企業の幹部や科学者らが参加するようだが、ロシアや中国の専門家などが参加するかどうかはわからない。ワクチンの特許権放棄を表明したバイデン米政権は、米国のバイオ技術が中国やロシアに流出しないよう対応策を検討している(5月8日付ロイター)ことなどから、世界が一丸となった協力体制が構築できない可能性がある。

    米国立衛生研究所の一部資金が武漢ウイルス研究所に
    問題がより深刻なのは(2)のほうである。

    WHOは3月末の最終報告書で「新型コロナウイルスが武漢ウイルス研究所から流出した可能性は低い」と結論付けたが、独立調査委員会の米国の専門家(国内・国際保健法)は責任の所在を明確にしていない。「中国政府による武漢市での疾病発生の報告が大幅に遅れ、WHOによるウイルス起源の調査を阻害したにもかかわらず、独立調査委員会は中国政府の責任を問わなかった」と批判した(5月12日付ロイター)。

    米国政府関係者の間では「武漢ウイルス研究所からの流出説」が以前から根強いが、国務省は4月15日に公開した武器コンプライアンスに関する報告書で「中国当局は生物兵器禁止条約(1975年に発効)に違反してウイルスなどの軍事的応用に関する活動を行っている」と記載した。この点について17年から中国と協議を行っていたが、「中国当局は昨年、国務省武器管理規制担当者とのオンライン会議を拒否した」という。

    米国務省が中国と協議していた背景が徐々に明らかになりつつある。英紙デイリー・メールは9日、「米国務省が対外秘としている報告書のなかには『武漢ウイルス研究所の研究員を含む中国の科学者は、2015年からコロナウイルスの軍事的可能性に関する研究を開始した』と記載されている」と報じた。

    経済産業研究所
    https://www.rieti.go.jp/jp/papers/contribution/fuji-kazuhiko/266.html
    2021年5月24日掲載

    【【チャイナウィルス】中国、15年からコロナの軍事的研究を開始か…「生物兵器攻撃で敵の医療体系を崩壊」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2021/05/26(水) 18:31:01.44 ID:CAP_USER
    who
    2021年5月26日、韓国・KBSは、東京電力福島第一原発の処理水の海洋放出問題をめぐり「日本と韓国が世界保健総会(WHA)で激突した」と報じた。

    記事によると、韓国の保健福祉部の権徳チョル(クォン・ドクチョル)長官は25日午前(現地時間)に行った基調演説で、原発処理水の海洋放出問題について「利害当局国との十分な事前協議なく行われてはならない」と強く述べ、日本政府に情報を包み隠さず公開するよう求めた。また、「世界保健機関(WHO)と国際原子力機関(IAEA)をはじめとする国際社会の客観的かつ十分な検証が必ず行われなければならない」と強調したという。

    一方、午後に発言権を得た在ジュネーブ日本政府代表部の斉田幸雄公使は、韓国側の発言に対し「日本はこれまで原発処理水の海洋放出問題について包み隠さず説明してきた」とし、「海洋放出が技術的に実現でき、国際慣例に合致するということはIAEAが認めている」と反論したという。

    その後、韓国側は再び在ジュネーブ韓国政府代表部のイム・ソンボム次席大使が発言権を得て「韓国国民の健康に重大な影響を及ぼす問題だ」と主張。「韓国政府は日本政府の積極的な情報公開と協議を願っている」と述べたという。

    これを見た韓国のネットユーザーからも「そんなに安全できれいな水なら日本国内にある川に放流すればいい。それを日本国民が同意するか?」「それなら他国に迷惑を掛けず、日本国民の飲み水として使用するべき」「日本の政治家のうそは世界最高だ」など日本の主張に反発する声が上がっている。

    また、韓国政府に対し「もっと強硬な対応をするべき。水産業に命を懸ける国民が見張っている」「国民の命がかかっているのになぜ政府はそれしか言えないのか。海洋放出は避けられないのなら、せめて管理監督にアジアの国が参加できるようにするとかしてほしい」などと求める声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)

    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b877088-s25-c100-d0191.html

    【日本と韓国、原発処理水問題めぐりWHO総会で激突=韓国ネット「そんなにきれいなら日本内に放流して」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2021/05/25(火) 18:07:03.23 ID:CAP_USER
    kr250
    韓国の保健福祉相はWHO(=世界保健機関)の総会で、福島第一原発の処理水を海に放出する日本政府の決定について触れ、「事前協議なく放出してはいけない」と強調しました。

    韓国のクォン・ドクチョル保健福祉相は25日、オンラインで開かれているWHOの年次総会で演説し、公衆衛生を脅かす要素について、国家の迅速な情報共有が重要だと訴えました。その上で、同じ原則が日本政府による福島第一原発の処理水の海洋放出方針にも適用されるべきと主張し、日本政府の情報公開を求めました。

    また、前例のない事案であるとして「利害当事国との十分な事前協議なく海洋放出が行われてはいけない」と強調。WHOやIAEA(=国際原子力機関)など「国際社会の客観的な検証を促す」としています。これまでも、韓国政府は度々、国際社会に対し、処理水放出への懸念を伝え同調を求めてきました。

    また、IAEAの検証とは別に日本政府から情報提供を受けるための2か国間協議が必要との立場を示しています。

    ヤフーニュース(日テレnews24)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/bf0d2d3d063988f63ae52ffd76173af655f89b18

    【処理水 韓国「事前協議なく放出いけない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2021/05/11(火) 13:20:26.02 ID:CAP_USER
    kp250
    世界的に新型コロナウイルス感染症のパンデミック(伝染病の世界的大流行)が続いている中、感染者が1人も確認されていない国がある。それは北朝鮮だ。

    世界保健機関(WHO)が11日に公開した「新型コロナ週間状況報告書」によると、先月23-29日に北朝鮮住民751人が新型コロナ検査を受けたところ全員が陰性だったと、北朝鮮保健省が報告したという。

    また、新型コロナ感染者はいないが、「新規検査者のうち139人はインフルエンザと似た疾患や重症急性呼吸器症候群(SARS)の患者だった」というのが北朝鮮側の主張だ。

    北朝鮮は現在、住民を対象に逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)方式の新型コロナ検査を10日間隔で2回実施している。現在まで約2万6000人(検体5万1698個)が新型コロナ診断検査を受けたが、感染者は依然として「0人」だ。

    こうした中、北朝鮮でも新型コロナワクチン導入についての悩みが深まっている。当初、北朝鮮は新型コロナワクチン国際共同購入プロジェクト「COVAXファシリティー」を通じてアストラゼネカ(AZ)ワクチン199万2000回分のうち今月までに170万4000回分を受ける予定だった。

    しかしAZワクチンを委託生産中のインドで最近、新型コロナ感染者が一日40万人台まで急増したため、当局は「ワクチン輸出一時禁止」措置を取った。この余波で北朝鮮へのAZワクチン供給も遅れている。GAVI(ワクチンと予防接種のための世界同盟)は北朝鮮への新型コロナワクチン供給が今年下半期に可能と予測している。

    北朝鮮は最近、国営メディアで、一部のワクチンの副作用に言及しながら「ワクチン万能論」を批判した。

    一方、北朝鮮は新型コロナ事態の長期化に対応して防疫を強調している。マスク着用をはじめ、徹底的な消毒、社会的距離など防疫守則に対する緊張を連日促している。

    以前まで北朝鮮の大規模な行事では、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が出席する行事の場合、誰もマスクを着用しないのが慣例だった。同じ行事でも金委員長が出席しない場合は全員がマスクを着用してきた。しかし6日に報道された写真では金委員長など指導部を除いたすべての出席者がマスクを着用していた。

    北朝鮮は新型コロナ防疫として封鎖に焦点を合わせている。昨年1月末、中国発新型コロナ流入を防ぐため中朝国境の住民の往来と外国人の入国を原則的に遮断し、中国・ロシアを行き来する航空便の運航および国際列車の運行も中断した。

    ヤフーニュース(中央日報)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/84ce3f1f2f548d9f8f1f0c059b8837dd789a1459

    【【韓国報道】北朝鮮、2万6000人のコロナ検査で感染者ゼロの秘訣】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2021/05/06(木) 20:58:53.85 ID:0dc3HQau9
    th3

     まさかの2期目に意欲か!? 米医療専門メディア「スタットニュース」が、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長に再選意欲があると報じたことで、世界中から猛反対の声が上がっている。テドロス氏は新型コロナウイルス対策をめぐって、“震源地”である中国に忖度した対応の連発で世界中から「中国寄り」との批判を受けていたからだ。

     テドロス氏の任期は残すところあと1年。2019年12月に中国・武漢発で世界的大流行となった新型コロナ対策の陣頭指揮を執ってきたが、振り返れば後手後手の連続だった。

     辞任を求める声が多い中、まさかの再選意欲を示したことに世界中から「ふざけるな!」「再選したら国連はもう終わり」「テドロスが再選するなら、もうWHOはいらない」などの声が噴出している。

     現時点で対立候補が現れるかは不明だが、中国寄りとの批判が強いテドロス氏の再選に「待った!」をかけるとしたら、米国しかないだろう。

    「トランプ前大統領が中国寄りのWHOに愛想を尽かして、昨年に脱退を正式通告したのは誰もが知るところ。1月に新大統領に就任したバイデン氏が脱退を取り消す大統領令にサインしたが、これだけ批判の声が大きいテドロス氏を再選させれば、WHOへの最大資金拠出国である米国の国民が許さない」(在米ジャーナリスト)

     米国は新型コロナの感染者数が3000万人以上、死者数も約60万人と世界最大の“被災国”だ。それだけに新型コロナの“震源地”である中国への怒りは強い。

    「こうした状況をつくったテドロス氏を無条件で再選させたら、バイデン氏に批判の声が跳ね返りかねない。また、WHO脱退を表明していた怨敵トランプ氏からも突き上げを食らうことになる。バイデン氏はテドロス氏への刺客候補を立てざるを得ず、WHOの事務局長選を舞台に米中の代理戦争に発展する可能性は高い」(同)

     今後の展開に注目が集まりそうだ。

    ヤフーニュース(東京スポーツ)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1bb52af619cf24fa6bddee39d164f8b676347047

    【WHOテドロスが再選に意欲 各国から「ふざけるな!」「再選したら国連はもう終わり」「再選するなら、もうWHOはいらない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼  2021/05/04(火) 03:01:56.95 ID:CAP_USER
     【ジュネーブAFP時事】米医療専門メディアSTATは3日、来年で5年の任期が切れる世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長(56)が2期目を目指す考えを固めたと報じた。テドロス氏に近い関係者の話として伝えた。
     WHO事務局長は2期まで務められるが、加盟国の投票を経なければならない。

    時事ドットコム 2021年05月04日01時19分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021050400038&g=int

    no title

    世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長=1月21日、ジュネーブ(AFP時事)

    【【中共の傀儡WHO・テドロス事務局長(56)】2期目を目指す 2期目は加盟国の投票=米報道】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼  2021/04/01(木) 19:51:39.44 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】北朝鮮で先月までに累計2万1000人余りが新型コロナウイルスの検査を受け、依然として感染者がいないと報告されたことが1日、分かった。

     世界保健機関(WHO)によると、3月18日までに北朝鮮で累計2万1663人がPCR検査を受けたが全員陰性だった。

     3月12~18日に753人が検査を受け、このうち131人はインフルエンザなどと似た症状があった。

     北朝鮮は新型コロナ感染拡大防止のため、昨年1月から国境を閉鎖している。

     新型コロナワクチンの公平な分配を目指す国際的な枠組み「COVAX(コバックス)」は、北朝鮮に199万2000回分のワクチンを割り当て、このうち170万4000回分を5月までに供給する方針を明らかにしている。

    聯合ニュース 2021.04.01 11:51
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20210401002100882?section=nk/index

    no title

    平壌の工場で消毒作業が行われている=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)

    【【WHO】北朝鮮で2.1万人がコロナ検査 「全員陰性」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼  2021/03/31(水) 22:31:41.24 ID:CAP_USER
    tedoros
     新型コロナウイルスの起源を調査するWHO=世界保健機関の国際調査チームは、中国・武漢にある研究所からウイルスが流出した可能性は「極めて低い」とする報告書を公表しました。

     WHOの国際調査チームは30日、報告書を公表し、ウイルスは自然界から中間的な動物を媒介してヒトへと広がった可能性が「非常に高い」と指摘した一方、武漢にあるウイルス研究所から流出した可能性は「極めて低い」としました。

     国際調査チームは今年1月から2月にかけて中国入りしていましたが、今回の報告書は中国側と共同でまとめた形をとっています。

     報告書ではコロナウイルスとコウモリやセンザンコウとの間に高い関連性があり、新型コロナウイルスを保有している可能性があるとはしているものの発生源だとは特定しておらず、中間的に媒介した動物も何かは示していません。

     テドロス事務局長は声明で、「この報告書は非常に重要な始まりだが終わりではない、私たちはまだウイルスの発生源を発見しておらず、これからも科学的に追究し続け、手をこまねいてはならない」としています。

     WHOが公表した報告書について、日本やアメリカ、イギリスなど14か国は、共同声明を発表しました。声明は、WHOの調査について、「調査の実施が大幅に遅れ、完全なオリジナルのデータ及び検体へのアクセスが欠如していた」と指摘。そのうえで「WHOが中国で実施した調査について、共通の懸念を表明する」と強調し、専門家主導による第2段階の調査の必要性を訴えました。

     また、「関連する全てのヒト、動物、環境のデータ、研究、発生初期段階に関わった当事者に完全にアクセスできることが極めて重要」だとして、中国を念頭に正確な情報の開示を求めています。

     一方、中国外務省は30日夜、声明を発表し、報告書は「科学的で、専門的な精神を示した」などと評価しました。その上で、「ウイルスの起源をめぐる問題を政治化することは、世界的な協力を著しく阻害している」と主張。「起源については世界的な課題であり多くの国で調査すべきだ」として、武漢がウイルスの発生源だと主張するアメリカなどをけん制しました。

    TBS NEWS 31日 9時08分
    https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4234868.htm

    【【テドロス事務局長】「この報告書は非常に重要」WHOコロナ報告書「武漢研究所からの流出可能性は極めて低い」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ストレプトミセス(東京都) [CN] 2021/02/16(火) 06:44:18.67 ID:/84Dn36Z0● BE:448218991-PLT(14145)
    3F5C872F-1B30-4E1D-92DB-124DFE52E01A

    【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)は15日、英製薬大手アストラゼネカが開発し、韓国とインドの 提携先で生産される新型コロナウイルスワクチンの緊急使用を承認した。これにより、WHOが主導するワクチン共同調達の国際枠組み「COVAX」を通じた途上国などへの供給が、月内にも可能になる。

     WHOのシマン事務局長補は声明で「これまでワクチンへのアクセスがなかった国も、ようやく接種が始められる」と強調した。

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021021600120&g=int


    【韓国とインドでコロナワクチン生産 緊急使用承認 途上国などへ供給月内にも可能に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ロドシクルス(大阪府) [US] 2021/02/11(木) 23:38:40.82 ID:l22S78Xq0● BE:329591784-PLT(13100)

    【ジャカルタ=一言剛之】中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスに関する現地調査を行った世界保健機関(WHO)国際調査団のメンバー、オーストラリア人研究者のドミニク・ドワイヤー氏は10日夜、豪放送局ナインニュースのインタビューに対し、「新型コロナは中国から始まったと思う」とする見解を述べた。

    微生物学と感染症の専門家であるドワイヤー氏は「中国以外の地域から始まったとする証拠は極めて限られている」と指摘し、コウモリを媒介して感染した可能性が最も高いとの考えを述べた。中国側の対応については「見解の相 違や熱の入った意見の応酬はあったが、誰もが正しいことをしようと努めていた」と評価し、調査でウイルスへの理 解が深まったと強調した。

    https://news.livedoor.com/article/detail/19682637/

    【WHO調査団メンバー「コロナは中国から始まったと思う」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2021/02/09(火) 21:30:24.79 ID:CAP_USER
     【北京=三塚聖平】中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスの起源解明を目指す世界保健機関(WHO)の国際調査団は9日、現地での活動を終えるのに際して記者会見を行い、武漢の実験施設からウイルスが漏れた可能性は非常に小さいとの見方を示した。流行初期に多数の感染者が確認された「華南海鮮卸売市場」に、どのようにウイルスが入ってきたのかについては結論を出せなかった。

     WHO側の専門家は「実験室の事故でウイルス流出が引き起こされた可能性は極めて低い」と述べた。トランプ米前政権が指摘した中国科学院武漢ウイルス研究所からウイルスが流出したとの疑惑を否定した形だ。ただ、調査ではウイルスの宿主動物を特定できないなど、起源解明が進まなかった可能性がある。

     会見には、中国側から参加した国家衛生健康委員会幹部も出席。司会役を務めた同委報道官は調査が順調に進んだと強調した。

     調査団は、日本の前田健・国立感染症研究所獣医科学部長ら各国の専門家ら約10人で構成。1月14日に武漢に到着し、2週間の隔離期間後に活動を本格化。華南海鮮卸売市場や中国科学院武漢ウイルス研究所などで立ち入り調査を行った。

     WHOは当初、1月上旬の現地入りを目指したが、中国当局が入国許可を出さなかったため予定が遅れ、WHOのテドロス事務局長が「失望」を表明。中国当局は調査受け入れを理由に、自国のコロナ対応を正当化する可能性もある。

    産経ニュース 2021.2.9 20:53
    https://www.sankei.com/world/news/210209/wor2102090034-n1.html

    no title

    記者会見するWHOの国際調査団のメンバー(右端と同2人目)ら=9日、中国・武漢(共同)

    【【茶番】WHO活動を終え記者会見 武漢の実験施設からの漏洩否定 中国国家衛生健康委員会幹部も出席 司会役は同委報道官】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひよこ ★ [US] 2021/02/05(金) 14:54:28.66 ID:84EOUsyJ9

    no title

    【ソウルAFP=時事】新型コロナウイルスの感染者は出ていないと主張する北朝鮮が、世界保健機関(WHO)が支援する分配計画でワクチンの申請を行い、199万回分を受け取る予定であることが、ワクチン普及に取り組む国際組織「Gaviワクチンアライアンス」の報告で分かった。(写真は資料写真)

     北朝鮮が国際支援を求めたのが公式に確認されたのはこれが初めて。同国の医療インフラは、どんな感染症の大流行に対応するにも痛ましいほど不十分とみられている。

     Gaviなどが率いるワクチン分配計画「コバックス」が今週発表した中間報告書によると、新型コロナワクチン199万回分が北朝鮮に供給される予定となっている。

     Gaviは4日AFPに対し、ワクチンが暫定的に割り当てられているすべての国から「ワクチンの申請があった」と明かした。

     同報告書によると、北朝鮮には英製薬大手アストラゼネカと英オックスフォード大学が共同開発し、インドにある世界最大のメーカー、インド血清研究所で製造されたワクチンが供給される予定。

     北朝鮮は以前から感染者ゼロを強調しているものの、同ウイルスが最初に確認されたのが隣国であり最大の貿易相手国・援助国の中国であることから、その可能性は低いのではないかと指摘する専門家もいる。

    時事通信 2021年02月05日11時31分 
    https://www.jiji.com/jc/article?k=20210205041141a&g=afp 

    【コロナ感染者「ゼロ」の北朝鮮にワクチン供給へ 199万回分】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 和三盆 ★ 2021/01/31(日) 21:24:34.30 ID:RbM0bY/j9
    2021/01/31 20:26
    新型コロナ
     【武漢(中国湖北省)=吉岡みゆき】新型コロナウイルスの発生源を調べるため、武漢入りしている世界保健機関(WHO)の国際調査団は1月31日、流行初期に感染者が集中した華南海鮮卸売市場を視察した。市場は閉鎖から1年以上が経過しており、感染経路などの解明につながるかは不透明だ。

    WHOがこの市場を視察するのは初めて。扱っていた食用の野生動物を介し、出入り業者にウイルスの集団感染が起きた疑いがあり、WHOは調査の焦点と位置づけてきた。5万平方メートルの敷地に約1000店が入居していたが、中国当局が昨年1月1日に閉鎖した。

     調査団は中国の関係者と卸売市場の敷地に入り、視察は約1時間で終わった。内部は水産物の水槽などほとんどの備品が撤去済みとされる。中国側から店舗の位置の説明などを受けるだけで、実質的な成果を得られなかった可能性が高い。

    読売新聞
    https://www.yomiuri.co.jp/world/20210131-OYT1T50072/

    【【やってる感】WHO調査団の「華南海鮮卸売市場」視察、約1時間で終了…実質的成果なしか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/01/20(水) 08:03:52.10 ID:CAP_USER
    cn250
    国際公衆保健の専門家団体が、中国による新型コロナウイルス感染症への初期対応の遅さを指摘したことで、中国側が反発した。

    18日(現地時間)ロイター通信によると、“パンデミックの事前準備および対応に関する独立委員会(IPPR)”はこの日 報告書を公表し、中国による新型コロナへの初期対応方式を批判した。

    IPPRは、新型コロナが中国湖北省の武漢で初めて発病したことに言及し「はっきりしていることは、中国の中央と地方保健当局が1月に公衆保健措置をより強く適用することができたということだ」と伝えた。

    このような指摘に中国側は「我々は武漢で新型コロナが拡散した時、迅速に都市を封鎖した」とし「これは 中国が、全世界が新型コロナに対備するための貴重な時間を稼いであげたことだ」と反発した。

    中国政府は、昨年1月23日から4月8日まで武漢を全面封鎖していた。

    中国側は、この点を強調し「国際社会は合理的・科学的な観点で、中国の努力を見つめなければならない」と主張した。

    WOW!Korea
    https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0120/10284897.html

    【【中国】 “遅かったコロナ対応”の指摘に いきり立つ中国「武漢封鎖で時間を稼いだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/01/19(火) 16:33:57.96 ID:CAP_USER
    WHOchina
    新型コロナウイルスへの各国の対応などを検証しているWHO=世界保健機関の独立委員会は、中国の初期対応に遅れがあったとする報告書を公表しました。

     WHOの独立委員会は18日に公表した中間報告書で、「中国の保健当局は去年1月の時点で、より強力な公衆衛生上の措置を取れたはずだ」として、感染拡大の初期段階で中国当局側の対応に出遅れがあったと指摘しました。

     また、WHOについては「期待されている仕事を行う能力や権限が不足している」とし、新たな感染症の検証などが自由にできていないとしています。その上で、WHOが去年1月22日まで緊急委員会を開催せず、公衆衛生上の緊急事態宣言を1月30日まで先送りしたことを疑問視しています。

     こうした中、イギリス政府は18日、80歳以上の高齢者と介護施設の入居者の半数以上がワクチン接種を受けたと発表しました。これを受けて、次に優先順位の高い70歳以上の人や70歳未満で基礎疾患のある人たちに接種を開始するということです。(19日10:53)

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b9e08f8e5913861f47d2a852b515e49c8c7fcb3d

    【【コロナ】「中国の初期対応に遅れ 措置取れたはず」WHO独立委員会指摘】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル